人気ブログランキング |

タグ:北条貞時 ( 1 ) タグの人気記事

 

KOBE de 清盛 史跡めぐり その2

兵庫運河にかかる清盛橋のそばに、「清盛塚」と呼ばれる史跡があります。

e0158128_22452989.jpg

高さ8.5mの石造十三重塔は県の重要文化財に指定されており、平清盛の死後100年以上経った弘安9年(1286年)に、北条貞時が清盛を弔うために建立したと伝わっています。
北条貞時とは、元寇のときの執権・北条時宗の嫡子です。

e0158128_22483646.jpg

かつては現在より南西11メートルの場所にあったそうですが、大正12年(1923年)に旧神戸市電の道路拡張工事に伴い移転されたそうです。
長い間この石塔は清盛の墓所と伝えられてきたそうですが、大正12年の移転に伴い発掘調査が行われ、その際に遺骨は発見されず、墓ではなく供養塔だと判明したそうです。

e0158128_2251680.jpg

石塔は平成7年(1995年)の阪神・淡路大震災の際に倒壊し、修繕しているそうです。
写真をよく見ていただくと、上から3番目の石と最上部の細い部分の色が違うのがわかるかと思いますが、これは震災によって破損したため新しい石にしたためだそうです。
史跡としての価値が下がったようで惜しい気もしますが、ある意味これも、阪神・淡路大震災という歴史の史跡ともいえるでしょうか?

e0158128_22524341.jpg

石塔が移設される以前、ここはもともと「琵琶塚」と呼ばれていました。
伝承によると、『平家物語』のなかで琵琶の名手として謳われている平経正の墓だと伝えられており、仁和寺の覚性法親王から拝領した琵琶の名器「青山」をともに埋葬したとされています。
経正は清盛の弟・平経盛の長男で、平敦盛の兄にあたります。
しかし、もとは前方後円墳だったそうで、その形が琵琶に似ていることから琵琶の名手である経正と結び付けられたのではないか、とも言われています。

e0158128_2254226.jpg

十三重の石塔の隣に建っている清盛像は、昭和43年(1968年)に神戸開港100年記念で建てられたものだそうです。
意外と新しいものだったんですね。

e0158128_22551641.jpg

清盛塚の前の道路を挟んで向かい側に兵庫運河があり、そこに清盛橋という名の橋がかかっています。
昭和62年(1987年)の架け替えの際に、市民の要望により清盛橋と名付けられたそうです。
橋には源平合戦平家物語絵巻などの真鍮板が飾られています。

e0158128_225740100.jpg

兵庫運河に沿って歩くと、「清盛くん」がいました。
これは史跡ではありません(笑)。

e0158128_22575677.jpg

古代、中世を通じて現在の神戸港の西部に当たる地域に、「務古(武庫)」、あるいは「大輪田の泊」、もしくは「兵庫」などと呼ばれる港湾がありました。
ここに清盛は、ライフワークだった日宋貿易の拠点として大修築工事を行い、人口の島「経ヶ島」の築造に着手し、港湾としての機能を強化させました。
そののち鎌倉時代以降、「兵庫島」「兵庫津」と呼ばれるようになります。
『平家物語』によって後世に大悪人としての評価が拭い切れない清盛ですが、ここ兵庫では昔から港を開いた大恩人扱いだったわけです。

気が向いたときの「その3」に続きます。
「その1」はこちら。
    ↓↓↓
KOBE de 清盛 史跡めぐり その1
KOBE de 清盛 史跡めぐり その3


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

by sakanoueno-kumo | 2012-09-26 22:58 | 神戸の史跡・観光 | Trackback | Comments(2)