タグ:古戦場跡 ( 54 ) タグの人気記事

 

幕末京都逍遥 その152 「城南宮」

「その150」で紹介した小枝橋から300mほど東にある城南宮は、慶応4年1月3日(1868年1月27日)に始まった鳥羽・伏見の戦いの際、薩摩軍が陣を布いた場所です。


e0158128_22125244.jpg


鳥羽街道を北上してきた旧幕府軍に対して、薩摩藩を中心とする新政府軍は、ここ城南宮から小枝橋方面に東西に長い陣を布いて北上軍への備えとしました。


e0158128_22125613.jpg

境内には、鳥羽・伏見の戦いを説明する駒札が建てられています。


e0158128_22104836.jpg

この大鳥居からの参道に、薩摩軍の大砲がズラリと並んでいたと伝えられ、明治に入って描かれた合戦絵巻にも、ここに大砲が並んでいる様子が描かれています。

「その150」でも紹介しましたが、鳥羽・伏見の戦いの戦端は、薩摩軍が放った一発の砲によって開かれました。

その最初の砲は、ここ城南宮に置かれた砲だったという説もあります。


e0158128_22163989.jpg


ニノ鳥居です。


e0158128_22165363.jpg


舞殿です。


e0158128_22172266.jpg


わたしがここを訪れたとき、本殿は改修工事中でした。


e0158128_22193939.jpg


後年、西郷隆盛が鳥羽・伏見の戦いを回顧して、

「鳥羽一発の砲声は百万の味方を得たるよりも情しかりし」

と語って笑ったという有名なエピソードがありますが、薩摩は、自分たちが起こした革命を完成させるため、手に入れた権力を盤石にするために、どうしても戦争がしたかったんですね。

だから、一旦は恭順を公言していた旧幕府軍を挑発し、無理にけしかけて戦争に持ち込みます。

しかも、偽の錦旗まで用意して。

これって、すでに瀕死の状態にある日本に対して、戦争を終らせるためといって原爆を投下したアメリカ軍と同じですよね。

歴史を否定するつもりはありませんが、歴史を歪曲して賛美するのも好きではありません。

鳥羽・伏見の戦いは「義戦」ではありません。

薩長と旧幕府との「私戦」です。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-20 00:01 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その151 「鳥羽離宮跡」

「その150」で紹介した小枝橋の石碑が建つ場所のすぐ南側に、鳥羽離宮跡があります。

鳥羽離宮は平安時代後期に白河天皇(第72代天皇)、鳥羽天皇(第74代天皇)、後白河天皇(第77代天皇)院政を行った御殿があったところです。

ここも、慶応4年1月3日(1868年1月27日)に始まった鳥羽・伏見の戦い時には戦場となりました。


e0158128_21590295.jpg


現在、鳥羽離宮跡は鳥羽離宮公園として整備されています。


e0158128_22012366.jpg
e0158128_21590686.jpg


公園の北側に、かつて鳥羽離宮の庭園の築山だった「秋の山」という小さな丘があるのですが、その傍に、説明板と案内板が設置されています。


e0158128_22014967.jpg


前稿で紹介した小枝橋での戦端が説明されています。

ただ、気になったのは最後の一文


新しい時代「明治」、ここ伏見から始まったともいえます。


とあります。

「その146」でも述べましたが、わたしは、鳥羽伏見の戦いを含む戊辰戦争は、する必要のなかった戦争だと思っています。

なので、この鳥羽・伏見の戦いがあったからこそ日本は近代国家を築けたかのような表現は好ましく思えません。

わたしなら、こう記します。

「翌年の函館五稜郭の戦いまで続く凄惨な内戦は、ここ伏見から始まりました。」と。


e0158128_22015295.jpg


説明板の横には、鳥羽・伏見の戦いの布陣図碑があります。


e0158128_22035181.jpg


秋の山の頂には、鳥羽・伏見の戦い顕彰碑が建てられています。


e0158128_22035443.jpg


碑文は漢文なのでよくわかりませんが、薩摩藩出身の元官僚で、黒田清隆内閣総理大臣だったときにはその秘書官を務めてのちに貴族院議員となった小牧昌業撰とありますから、おそらく、鳥羽・伏見の戦いを賛美する文章が刻まれているのでしょう。

公園では少年野球の子どもたちが元気いっぱいに汗を流していました。

かつて、ここで多くの無用の血が流れたなんて、彼らは知らないでしょうね。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-18 23:23 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その150 「鳥羽伏見の戦い勃発地(小枝橋)」

伏見から3kmほど北上した鳥羽地区に移動します。

名神高速道京都南ICから少し南下して西へ折れると、南北に流れる鴨川にあたるのですが、そこに小枝橋という鴨川に架かる橋があります。

この橋は、鳥羽・伏見の戦い戦端が開かれた場所と伝わります。


e0158128_21521431.jpg


慶応4年1月2日(1868年1月26日)、薩摩藩との戦いを決意した徳川慶喜は、朝廷の判断を仰ぐために1万5千の大軍を大坂から京へ進めます。

その進軍ルートは2つ、会津藩・桑名藩・新選組「その147」で紹介した伏見奉行所を目指し、旧幕府軍鳥羽街道を北上して洛中を目指しました。

これに対して薩摩藩を中心とした新政府軍は、ここ小枝橋から東にある城南宮に向けて東西に長い陣を布いて北上軍への備えとし、また「その146」で紹介した伏見の御香宮にも砲兵部隊を配置します。


e0158128_21521757.jpg


3日午前、旧幕府軍と新政府軍が、ここ小枝橋で接触します。

旧幕府軍を率いていたのは大目付滝川具挙でした。

滝川はこの1週間前の慶応3年12月25日(1868年1月19日)に起きた江戸の薩摩藩邸焼討事件の報を慶喜にもたらし、江戸での薩摩藩士の横暴を説き、旧幕府軍を強硬論に導いた人物でした。


e0158128_21522143.jpg


滝川は立ちふさがった新政府軍に対して「将軍様が勅命で京に上がるのだから通せ」と要求します。

ところが、ここを守備していた薩摩藩の椎原小弥太は、「朝廷に確認するまで待て」と、行く手を阻みます。

そこから長時間にわたって「通せ」「通さない」押し問答が繰り返され、このままでは埒が明かないとしびれを切らした滝川は強行突破を試みますが、これに対して新政府軍が発砲し、これをきっかけに戦闘がはじまります。


e0158128_21522808.jpg


この砲声は3kmほど南の伏見にも届き、それを合図に同時スタートのように戦闘が始まりました。

こうして鳥羽・伏見の戦いが起こります。


e0158128_21522436.jpg


現在の小枝橋です。

当然ですが、いまは鉄筋コンクリート製です。


e0158128_21523249.jpg


当時の小枝橋は、ここより少し南に架かっていたそうです。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-17 23:12 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その149 「魚三楼(弾痕)」

「その147」で紹介した伏見奉行所の近くにある料亭・魚三楼には、慶応4年1月3日(1868年1月27日)に勃発した鳥羽・伏見の戦いにおける銃撃戦でできたとされる弾痕があります。


e0158128_21380140.jpg


城下町である伏見は、L字路、T字路といった敵から見通せないように工夫された街路がいくつも組み合わさった「遠見遮断」と言われる構造になっています。

そのため、鳥羽伏見の戦いの際には、見通しの悪い街路を挟んで激しい市街戦が繰り広げられ、沿道の家屋の多くも戦災に遭いました。


e0158128_21392750.jpg


この魚三楼があった京町通も激戦の舞台となりました。

そのときの弾痕と伝えられるのが、表格子に残るこれです。


e0158128_21404944.jpg


生々しいですね。


e0158128_21405219.jpg


現在も残されている「両軍伏見市街戦概要図」では、この京町通りの南側に新選組が布陣していたといわれているそうで、あるいは、新選組の残した弾痕かもしれません。

このとき最も勇敢に戦ったといわれるのが、土方歳三率いる新選組と、林権助率いる会津砲兵隊だったと言われています。


e0158128_21423250.jpg


魚三楼は明和元年(1764年)創業という歴史をもつそうです。

鳥羽伏見の戦いでは、薩摩軍のまかないも担当していたといいます。

この戦いで伏見一帯は焼け野原になりますが、幸い、この建物は焼失を免れ、この弾痕を後世に伝えてくれました。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-13 00:20 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その148 「伏見口の戦い激戦地跡」

「その137」 「その138」で紹介した寺田屋のすぐ西側にある京橋の傍に、「伏見口の戦い激戦地跡」と刻まれた石碑があります。


e0158128_23233784.jpg


京橋は宇治川に注ぐ川に架かる橋です。

江戸時代、京橋周辺は船着場として栄えました。

寺田屋がその船着場の旅館として幕末ににぎわっていたという話は、以前の稿でお話ししたかと思います。


e0158128_23234209.jpg


鳥羽・伏見の戦いの火蓋が切られる前日の慶応4年1月2日(1868年1月26日)夕刻、会津藩の先鋒隊約200名が大坂から船でここに上陸しました。

その際、会津軍の進軍を阻止すべく立ちはだかった薩摩軍小競り合いになり、やがて銃撃戦となります。

鳥羽伏見の戦いの前哨戦ですね。

その中には、「その147」で紹介した伏見奉行所から駆け付けた新選組の面々もいました。


e0158128_23234553.jpg


翌日も小競り合いは続き、そうこうしているうちに鳥羽方面から砲声が聞こえ、鳥羽・伏見の戦いが始まります。


e0158128_23234922.jpg


石碑の建つ京橋から川を見下ろします。

現在、雁木などが復元され、当時を思わせる景観が楽しめます。


e0158128_23252686.jpg


観光客を乗せた十石舟が走っています。


e0158128_23252914.jpg


戦いは薩長軍の勝利に終わり、退却する会津軍、新選組が民家に火を放ちながら淀方面へ敗走したので、このあたりの多くの民家が焼かれ、大きな被害を受けたそうです。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-12 00:48 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その146 「御香宮神社(薩摩軍本営跡)」

伏見にある御香宮神社を訪れました。

ここは、慶応4年1月3日(1868年1月27日)に始まった鳥羽・伏見の戦いで、薩摩藩の本営が置かれていた場所です。


e0158128_13155412.jpg


御香宮神社の創建の由緒は不詳ですが、貞観4年(862年)に社殿を修造した記録があるほど古い神社です。


e0158128_13215402.jpg


現地説明板によると、慶応3年12月9日(1868年1月3日)、王政復古の大号令が下されますが、その2日前の12月7日、ここ御香宮神社の表門に「徳川氏陣営」と書いた大きな木礼が掲げられました。

ところが、その翌日に薩摩藩士の吉井幸輔(のちの友実)がその札を外し、ここに部隊を置いたのが最初だそうです。


e0158128_13183891.jpg


やがて年が明けた慶応4年1月2日1868年1月26日)、徳川慶喜は大軍を率いて大阪より進軍し、その先鋒が翌3日の午後に伏見京橋に着きます。

そこで薩摩藩士との間に小ぜり合いがおこり、そうこうしていると鳥羽方面から砲声が聞こえてきたので、これをきっかけに、御香宮神社の東側台地に砲兵陣地を布いていた大山弥助(のちの巌)の指揮により、御香宮と大手筋を挟んで目と鼻の先にある伏見奉行所の幕軍に対して砲撃を開始します。

敵方の陣営より少し高い位置にあったこの地は、砲撃にはもってこいの場所だったようです。


e0158128_13184231.jpg


これに対して土方歳三の率いる新選組は、砲撃の火蓋切って応戦しますが、やがて薩摩軍の放った砲弾が奉行所を炎上させ、新選組をはじめとした旧幕府軍は徹底を余儀なくされ、市街戦へと持ち込まれました。


e0158128_13184543.jpg


新選組二番組隊長である永倉新八は、島田魁、伊藤鉄五郎など10名の配下とともに重い甲冑を脱いで身軽となり、「決死隊」と称して御香宮神社の薩摩本営に向けて斬り込んできますが、戦局を変えることができぬまま圧倒的な火力の前に撤退させられています。


e0158128_13231772.jpg


本殿です。

激戦のなか、奇跡的に戦火を免れました。


e0158128_13254072.jpg


境内には、「明治維新伏見の戦跡」と刻まれた石碑があります。


e0158128_13254363.jpg


明治100年を記念して建てられたもののようで、揮毫は当時の内閣総理大臣佐藤栄作によるものだそうです。


e0158128_13270030.jpg


その横には、説明版が。


e0158128_13254615.jpg


説明板の最期には、こうあります。

「かくて明治維新の大業はこの一戦に決せられたのである。即ち我国が近代国家に進むか進まぬかは一に繋ってこの一戦にあったのである。この意味において鳥羽伏見の戦は我が国史上、否世界史上まことに重大な意義を持つわけである。」


見事な薩長史観ですね。

このような戦争賛美の文面を内閣総理大臣の名が記された看板でうたうのは、いかがなものでしょう?


e0158128_18412638.jpg


ここからは私見ですが、わたしは、鳥羽伏見の戦いを含む戊辰戦争は、する必要はなかった戦争だと思っています。

幕府はすでに政権を朝廷に返上しており、王政復古の大号令の名のもと、新時代のイニシアティブは薩長にありました。

もちろん、旧幕臣たちの不満の火種が各地で燻ってはいましたが、そのトップである徳川慶喜が恭順を示していたのだから、本来、戦をする理由はなかったのです。

ところが、自分たちが起こした革命を完成させるため、手に入れた権力を盤石にするために、薩長は無理にけしかけて戦争に持ち込みます。

しかも、偽の錦旗まで用意して。

そうしてできたのちの明治政府が、この戦いを「義戦」と位置付けるんですね。

戦争に「義戦」なんてものはありません。

戦争は単なる「勢力争い」です。

戊辰戦争は、薩長の新政権が、いったんは白旗を挙げている旧政権に対して、無理やりけしかけて兵を挙げさせ、再び息を吹き返さないように息の根を止めた戦争です。

明治維新から150年が過ぎて平成も終わろうとしている今、そろそろ薩長史観から脱却せねばなりません。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-09 21:25 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その144 「伏見長州藩邸跡」

前稿伏見薩摩藩邸跡を紹介したので、続いて伏見長州藩邸跡を訪れないわけにはいきません。

薩摩藩邸跡より800mほど南下した寺田屋の近くに、長州屋敷がありました。


e0158128_21401320.jpg


現地説明板によると、長州藩邸がこの地に置かれたのは江戸時代中期ごろと考えられているそうです。


e0158128_21411291.jpg


元治元年7月19日(1864年8月20日)の「禁門の変(蛤御門の変)」の際、長州軍は嵯峨天龍寺山崎天王山、そして、ここ伏見長州藩邸の3ヶ所に陣を布き、進軍を開始しました。

嵯峨天龍寺に来島又兵衛が、山崎天王山には久坂玄瑞や久留米藩士の真木和泉が、そして、ここ伏見には家老の福原越後(元僴)が宿営していました。

変当日、福原越後率いる500の兵は、竹田街道から北上すべく進軍しましたが、途中で会津、桑名、大垣藩と遭遇して衝突。

しかし、多勢に無勢で敗走し、一度藩邸に戻ったうえで体制を整えようとするも、京橋から彦根藩の砲撃を受け、ここ伏見藩邸も焼失してしまいました。

結局、戦いは1日で決し、長州軍の大敗北で幕を閉じます。


e0158128_21443552.jpg


その後、福岡は帰国しますが、第一次長州征伐の戦後処理に際して、交渉に来た薩摩藩の西郷隆盛の要求によって、福原越後は他の二家老とともに切腹の沙汰を受けました。

享年50。


e0158128_21432141.jpg


伏見の藩邸を失った長州藩は、以後、鳥羽・伏見の戦いまで京都に足を踏み入れることができなくなります。

もっとも、水面下では他藩士に扮して多くの長州藩士が紛れ込んでいたようですけどね。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-05 01:49 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その136 「禁門の変十七烈士之墓」

天王山の登山道の中腹に、「禁門の変十七烈士之墓」があります。

前稿で紹介したように、元治元年7月19日(1864年8月20日)の「禁門の変(蛤御門の変)」の際に山崎天王山に長州軍の本陣が布かれましたが、その際にこの地で命を落とした長州藩士以外の志士たちの墓です。


e0158128_20341335.jpg


戦いは1日で決し、長州軍の惨敗で幕を閉じますが、落ち延びる長州兵を追って幕府軍の追撃が山崎まで進軍してきます。


e0158128_20360218.jpg


長州兵とともに山崎まで退いた久留米藩士の真木和泉守保臣は、敗軍に長州に落ちのびて再挙を期すように告げ、長州藩主力兵たちを見送った真木以下17名は、禁裏のある京都の地を去るに忍びないとして天王山に登り、7月21日、金の烏帽子に錦の直垂、水干の衣を着て、鉄砲を撃ち、殿軍をつとめました。

その後、陣屋に退却し、最後は火をかけて全員割腹自刃したといいます。

このときの模様は、新選組の記録に残っているそうです。


e0158128_20361684.jpg


その17名の墓が、この「禁門の変十七烈士之墓」です。


e0158128_20422745.jpg


埋葬されている志士17名を列挙すると、


土佐・千屋菊二郎菅原孝健

土佐・松山深蔵橘正夫

宇都宮・岸上弘安臣

宇都宮・廣田精一執中

土佐・能勢達太郎平成章

肥後・小坂小二郎源雄宗

久留米・加藤常吉任重

土佐・安藤真之助強怒

久留米・真木和泉守平保臣

久留米・松浦八郎寛敏

久留米・池尻茂四郎懋

筑前・松田五六郎

肥後・加屋四郎藤原時雄

肥後・中津彦太郎藤原義直

肥後・酒井荘之助

肥後・宮部春蔵

肥後・西嶌亀太郎


だそうです。


e0158128_20424105.jpg


真木和泉の墓石です。

辞世「大山の 峰の岩根に埋めにけり わが年月の大和魂」


e0158128_20434151.jpg


彼らが自刃してから150年以上経ちますが、山の風景はきっと当時とそう変わらず時がとまったままで、いまでも彼らの無念の叫びが聞こえてきそうです。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-09-22 01:04 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その135 「離宮八幡宮・大念寺・宝積寺(禁門の変長州軍本陣)」

京都府と大阪府の境に位置する山崎天王山にやってきました。

このあたりは、元治元年7月19日(1864年8月20日)の「禁門の変(蛤御門の変)」の際に長州軍の本陣が布かれた地域です。


e0158128_11260439.jpg


前年の八月十八日の政変によって京を追い出されていた長州藩は、名誉回復のチャンスをうかがっていましたが、元治元年6月5日(1864年7月8日)に池田屋事件が起きると、藩内進発派の藩士たちは烈火のごとくいきり立ち、ついに総勢2000の兵を京都に向かわせます。

そのとき、本営となったのが、「その128」で紹介した嵯峨天龍寺伏見長州藩邸、そして、ここ山崎天王山でした。


e0158128_11274019.jpg


山崎に陣取ったのは、長州の久坂玄瑞や久留米の真木和泉守保臣をはじめ300名でした。

彼らは、天王山、離宮八幡宮、大念寺、宝積寺などに布陣します。


e0158128_19072958.jpg


上の写真は天王山を登りはじめてすぐの場所にある大念寺です。


e0158128_19074526.jpg


それほど大きなお寺ではありませんが、ここも、長州の宿営となりました。

そのせいで、戦火に巻き込まれて伽藍は焼失し、再興されたのは明治12年(1879年)になってからだったそうです。


e0158128_19103106.jpg


大念寺からさらに坂を登ると、宝積寺という広い敷地を持つ立派な寺院があります。

ここも、長州軍の宿営となりました。


e0158128_19195277.jpg


ここは大きな寺院なので、大勢の兵が収容できたと思われます。

真木和泉もここにいたようです。


e0158128_21130211.jpg


上の写真は、天王山の麓にある離宮八幡宮です。

貞観元年(859年)創建という古い神社ですが、ここも、長州軍の屯所が置かれ、社殿は戦火に巻き込まれて焼失してしまいました。


e0158128_21151030.jpg


このとき離宮八幡宮と一緒に周辺の商家もことごとく焼失しました。

ほとんど山崎のまち全体が焼き払われたようです。

山崎が火の海と化したのは、変の翌日でした。

つまり、長州藩兵の残党狩りと、長州藩兵を宿営させた寺社に対する処罰で火を放たれたわけです。


e0158128_21252656.jpg


後世に伝わる「禁門の変」「蛤御門の変」といった呼び名は、戦を起こした当事者であるのちの明治政府が、この戦いをなるべく小さな局地戦みせるためにつけた名称で、当時の呼び方では、干支をとって「甲子(きのえぬ)の戦争」といわれたそうです。


e0158128_11144056.jpg


山崎天王山といえば、もう一つ、戦国時代の羽柴秀吉明智光秀が激突した山崎合戦の舞台としても知られています。

山崎合戦シリーズも以前起稿していますので、よければ一読ください。

   ↓↓↓

山崎合戦ゆかりの地


「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-09-20 23:59 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その127 「天龍寺(禁門の変長州軍本陣)」

世界遺産に登録されている嵐山天龍寺を訪れました。

ここは、暦応2年/延元4年(1339年)に吉野で崩御した後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)の菩提を弔うために、足利尊氏夢窓疎石を開山として創建したと伝わる大寺院です。


e0158128_18360061.jpg


創建から江戸時代にかけての500年の間に、天龍寺は7回も火災で焼失していましたが、8回目の火災が幕末にありました。

それは、元治元年7月19日(1864年8月20日)の「禁門の変(蛤御門の変)」に関連します。


e0158128_18391965.jpg


前年の八月十八日の政変によって京を追い出されていた長州藩は、名誉回復のチャンスをうかがっていましたが、元治元年6月5日(1864年7月8日)に池田屋事件が起きると、藩内進発派の藩士たちは烈火のごとくいきり立ち、ついに総勢2000の兵を京都に向かわせます。

そのとき、本営となったのが、山崎天王山伏見長州藩邸、そして、ここ嵯峨天龍寺でした。


e0158128_18402831.jpg


ここ天龍寺に陣を布いていたのは、藩内きっての豪傑・来島又兵衛率いる500の兵でした。

来島は今回の挙兵を最も強く主張した人物で、ここから進軍した来島隊は、「その55」「その56」で紹介したとおり、一時は薩会軍を圧倒する奮闘を見せますが、結局は多勢に無勢で、来島の戦死を機に形勢は逆転し、結果は長州軍の惨敗に終わります。


e0158128_18530824.jpg


その後、落ち延びる長州勢とそれを追う幕府勢の放った火で、洛中は火の海と化しますが、洛中から遠く離れたここ嵯峨野までその火が回ってくることはなく、事態は収まったかと思われました。

ところが、薩摩藩兵はここ天龍寺までやってきます。

その目的は、長州藩兵の残党狩りと、長州藩兵を宿営させた天龍寺に対する処罰でした。


e0158128_18441151.jpg


薩摩藩兵を率いていた村田新八は、天龍寺に向かって大砲を撃つことを命じました。

このときの砲撃による火災で、天龍寺の伽藍はことごとく焼失し、現存の伽藍の大部分は明治時代後半以降に再建されたものです。

長州軍の本陣にされてしまったばかりに、戦火に巻き込まれてしまった天龍寺。

まったくもって迷惑千万な話だったでしょう。


e0158128_18441718.jpg


後世に伝わる「禁門の変」「蛤御門の変」といった呼び名は、戦を起こした当事者であるのちの明治政府が、この戦いをなるべく小さな局地戦みせるためにつけた名称で、当時の呼び方では、干支をとって「甲子(きのえぬ)の戦争」といわれたそうです。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-09-08 00:28 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)