タグ:古戦場跡 ( 44 ) タグの人気記事

 

太平記を歩く。 その189 「正平の役(八幡の戦い)古戦場跡」 京都府八幡市

正平7年/文和元年(1352年)閏2月19日、後村上天皇(第97代天皇、南朝第2代天皇)が都を臨む男山八幡に入ると、翌日には南朝方武将の楠木正儀北畠顕能らが足利尊氏不在の隙を突いて入京し、尊氏の嫡男・足利義詮に攻撃を仕掛け、近江に追いやります。

京で捕らえられた光厳上皇(北朝初代天皇)、光明上皇(北朝第2代天皇)、崇光上皇(北朝第3代天皇)、直仁親王は当時南朝方の拠点だった賀名生に移され、ここに、17年ぶりに南朝方が京の都に返り咲きました。

しかし、その喜びもつかの間の3月15日、近江で勢力を盛り返した義詮軍が再び都を奪還し、3月21日には男山八幡の後村上天皇行宮を包囲。

ここから約2ヵ月、包囲戦が行われます。

世にいう「正平の役」です。

「八幡の戦い」ともいいますね。

前稿で紹介した「八幡行宮阯」から南へ約2kmの間には、その古戦場跡を示す石碑が数か所に建てられています。


e0158128_23053267.jpg
e0158128_23035763.jpg

まず、八幡行宮阯から歩いて5分ほど南下したあたりにある本妙寺の入口には、「正平役城之内古跡」と刻まれた石碑が立っています。

写真後ろの石碑です。

「城之内」ということは、このあたりも後村上天皇行宮の中だったってことでしょうか?


e0158128_23040236.jpg

石碑裏面です。

「昭和二年十月」と刻まれています。


e0158128_23065733.jpg

続いて、本妙寺から南に5分ほど歩いた場所にある八幡市民図書館の前には、「正平役園殿口古戦場」と刻まれた石碑もあります。


e0158128_23081540.jpg

『太平記』巻31「八幡合戦事付官軍夜討事」の中に、「顕能卿ノ兵、伊賀、伊勢ノ勢三千余騎ニテ、園殿口ニ支テ戦フ」という記述があり、おそらくその「園殿口」というのが、このあたりなんでしょうね。


e0158128_23081925.jpg

こちらの石碑の裏にも「昭和二年十月」と刻まれています。


e0158128_23113017.jpg

八幡市民図書館から1.5kmほど南下した八幡大芝にある八角堂の近くには、「正平役血洗池古蹟」と刻まれた石碑があります。

「血洗池」とは物騒な名称ですが、池に茅原が茂っていたため、茅原(チハラ)が訛って、古戦場ということも相まってこう呼ばれるようになったのではないかと考えられているそうです。


e0158128_23113698.jpg

この石碑がなかなか見つけられずに苦労しました。

近くを何回も通り過ぎていたのに気付かずで・・・。


e0158128_23114037.jpg

こちらは、「昭和二年七月」と刻まれています。


e0158128_23142439.jpg

最後に、「正平役血洗池古蹟」から南へ200mほど下ったところにある松花堂庭園前の交差点に、「正平七年役神器奉安所 岡の稲荷社」と刻まれた石碑があります。


e0158128_23142828.jpg

岡の稲荷社は、戦いに敗れた後村上天皇が賀多生へ落ちのびる際、この地に三種の神器隠し置いたと伝えられ、それを狐が守護していたため、のちに稲荷社が建てられたと伝えられるそうです。


e0158128_23143210.jpg

こちらも裏面には「昭和二年七月」と刻まれています。


e0158128_23175970.jpg

3月21日に始まった攻防戦は、洞ケ峠、財園院、森の薬園寺、園の法圏寺口、足立寺の佐羅科、如法経塚など、男山八幡を囲む各所で戦闘がくりひろげられましたが、南朝方は次第に兵糧が少なくなり、5月11日、後村上天皇は八幡を出て再び賀名生に落ち延びます。


e0158128_23180392.jpg

ちなみに余談ですが、上記で紹介した石碑は、すべて、幕末から明治・大正にかけて京都で帯織物業で財を成した三宅安兵衛という人の遺言によって、その長男・三宅清治郎氏が私財を投げ打って建てたものだそうで、石碑は京都市内から八幡市、宇治市、京田辺市、精華町、井手町、山城町、加茂町に広がり、その数は400を越えるといわれています(参照:三宅安兵衛の碑)。

上記裏面の写真をよく見てみると、すべて「三宅安兵衛依遺志建立」と刻まれていますね。

清治郎さん自身の名を刻まず、亡き父の名を刻んだあたりも、三宅清治郎という人の人となりをうかがい知ることができる気がします。

一度、「三宅安兵衛の碑めぐり」というのをやってみるのも、面白いかもしれませんね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-01-26 23:05 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その188 「八幡行宮阯」 京都府八幡市

京都府八幡市にある八幡行宮跡を訪れました。

ここは、正平7年/文和元年(1352年)2月に前稿で紹介した住吉行宮に移った後村上天皇(第97代天皇、南朝第2代天皇)が、その後、さらに京の都を目指して北上した行宮跡と伝わります。


e0158128_22215259.jpg

昭和15年(1940年)に建てられたこの石碑は、現在、車道沿いのカーブミラーに隠れてあまり目立ちません。


e0158128_22222238.jpg

「観応の擾乱」で幕府内が混乱する最中、足利尊氏は対立する足利直義・足利直冬追討の綸旨を得るため、正平6年/観応2年(1351年)10月、南朝の後村上天皇に一時降伏し、政権返上を申し出ます。

これを受けた後村上天皇は、北朝崇光天皇(北朝第3代天皇)の廃帝を宣言し、年号を南朝の正平6年に統一します。

世にいう「正平の一統」です。

e0158128_22261552.jpg

翌年の2月26日、足利直義は鎌倉で急死

通説では病死とされていますが、『太平記』では、これを尊氏の毒殺としています。


e0158128_22264577.jpg


八幡行宮跡碑から路地を東に50~60mほど入ったところには、「後村上天皇行宮趾」と刻まれた石碑があります。

こちらの方が立派な石碑です。


e0158128_22290234.jpg

北朝方の混乱を見た南朝の北畠親房は、正平一統を破棄

尊氏の征夷大将軍を解任し、宗良親王(後村上天皇の異母兄)を征夷大将軍として東西で呼応し、京都と鎌倉の同時奪還を企てます。


e0158128_22293266.jpg

後村上天皇は都の奪還を目指して当時南朝の本拠地が置かれていた大和国賀名生を出立。

同2月28日に前稿で紹介した摂津国住吉を行宮とし、閏2月19日、後村上天皇は都を目と鼻の先としたここ男山八幡に到着し、石清水八幡宮別当・田中定清の邸を仮皇居とします。

それが、ここ「八幡行宮阯」です。


e0158128_22300269.jpg

しかし、後村上天皇がこの地を行宮としたのは3か月足らず

北朝方の巻き返しに遭い、激戦の末、結局、京の都の地を踏むことなく、賀名生に戻ることになります。

世にいう「正平の役」です。

「八幡の戦い」ともいいますね。

次稿では、その古戦場跡をめぐります。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-01-25 23:55 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その174 「歯神さん」 大阪府東大阪市

「その171」で紹介した霊光院から西に少し坂を下ったところに、鉄柵で囲われた小さながあるのですが、ここは、楠木正成の弟・楠木正季の子・和田賢秀が祀られていると伝えられます。


e0158128_20490524.jpg

賢秀は従兄弟にあたる楠木正行・正時兄弟と共に、正平3年/貞和4年(1348年)1月5日の「四條畷の戦い」で討死しました。


e0158128_20490971.jpg

賢秀の墓所は「その167」で紹介した四条畷市のものが有名ですが、この祠は、四條畷の戦いの舞台を東大阪四条説に則ったものだと思われます。


e0158128_20491322.jpg

その説明書きによると、賢秀がこの地で戦ったとき、自分の刀が折れ、敵の刃を口で受け止め、その刃を歯で噛み切ったところから「歯神」として崇められ、歯痛に効く神として、古くから信仰され、「歯神さん」として人々から敬神されているそうです。


e0158128_20491623.jpg

四条畷市の墓所の説明書きでは、敵将にはねられた首が敵に噛み付いたまま睨んで離れなかったという伝承で、あちらでも歯痛に効く神「歯噛(神)さん」として信仰されているとしていました。

微妙に話が違っていますが、いずれも歯にまつわる伝承であることを思えば、やはり、死に際に敵に嚙みついたのはホントの話かもしれませんね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-12-27 23:07 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その173 「楠木正行首塚(東大阪)」 大阪府東大阪市

「その166」「その168」「その169」「その170」楠木正行墓や首塚を紹介しましたが、まだありました。

前稿で紹介した枚岡神社首洗の井戸から、800mほど北東にある重願寺という寺院の近くの住宅地のなかに、ひっそりとあります。


e0158128_20345470.jpg

こんな目立たない場所に案内板があり、この細い道を入っていきます。

非常にわかりにくい。


e0158128_20360745.jpg

敷地内には、玉垣で囲われた空間と、顕彰碑が目に入ります。


e0158128_20365517.jpg

玉垣のなかには、首塚と思われる石龕が見えます。

右下に「楠木正行首塚」と書かれた立て札がありますが、実はわたしが来たとき、敷地内の隅っこに倒れており、わたしが起こして立てかけました。


e0158128_20390962.jpg

首塚の石龕です。


e0158128_20391231.jpg

扉部分にかすかに菊水の紋が確認できますが、かなり傷んでいます。


e0158128_20391669.jpg

花立てには菊紋が確認できます。


e0158128_20391916.jpg

首塚のそばに建つ「顕彰碑」


e0158128_20404632.jpg

碑文は漢文で書かれていたので、わたしには読解できません。
こちらの菊水は、はっきりと確認できます。


e0158128_20405190.jpg

前稿の首洗池から1km弱、「その170」で紹介した往生院六萬寺の墓所からは2kmほどの立地を考えると、おそらく、「四條畷の戦い」の舞台を東大阪四条説に則った首塚だと思われます。

とにかく、説明板も何もないので、詳しいことがわかりません。


e0158128_20425744.jpg

「首塚」のある場所の横の通りにあった鳥居です。

額の部分が外されており、この近くに神社があるのか、あるいは、この塚がかつて神社として祀られていたのか、わかりません。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-12-26 20:23 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その171 「楠木正行終焉の地(霊光院)」 大阪府東大阪市

東大阪市上四条町にある「霊光院」という寺院の入口に、「小楠公終焉所」と刻まれた石碑があります。

ここは、前稿で紹介した往生院六萬寺から500mほど北上した場所で、ここが本当に楠木正行終焉の地だったかどうかはわかりませんが、正平3年/貞和4年(1348年)1月5日の「四條畷の戦い」の舞台が、「その163」から「その167」で紹介した通説の現在の四条畷市ではなく、東大阪市の四条付近だったという説に則ったものだと思われます。


e0158128_20235282.jpg


ここ石碑が建てられたのは、明治21年(1888年)当時この土地を所有していた人物が、この場所を掘ったところ、、多数の人骨や武具などが出土したそうで、これを伝承の四条綴の戦いの遺物であると考え、これを丁重に埋め戻してこのを建てたそうです。

また、この「霊光院」と道を隔てた場所に、かつて「楠公院」という寺院があったそうで、この寺院の境内からも人骨や武具などが出土したらしく、供養塚が建てられいたそうですが、現在、その寺院はなくなり、供養塚もなくなっています。


e0158128_20235633.jpg


ただ、この地は応仁の乱後の文明9年(1477年)、管領の畠山義就畠山政長による家督相続争いの戦場にもなっており、武具や人骨などが出土する可能性が大いにある地域だそうで、四条綴の合戦との関連が裏付けられたわけではありません。

今だったら、いつの時代のものかまで分析できたんでしょうけどね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-12-24 21:17 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その170 「楠木正行本陣跡・墓所(往生院六萬寺)」 大阪府東大阪市

正平3年/貞和4年(1348年)1月5日の「四條畷の戦い」の舞台は、「その163」から「その167」で紹介した現在の四条畷市ではなく、東大阪市の四条付近だったという説もあります。


e0158128_20123538.jpg

その説に則った史跡が、当地には複数あります。

まず訪れたのは、楠木正行本陣となったと伝わる往生院六萬寺

その参道には、「小楠公銅像 東千メートル」と刻まれた石碑がありました。

昭和10年(1935年)に建てられたもののようです。


e0158128_20140406.jpg

そして、ここが往生院六萬寺。

その入口には、「楠木正行公四条畷合戦本陣跡」と刻まれたドでかい石柱があります。


e0158128_20140997.jpg

しかし、写真撮影はここまで。

境内はすべて撮影禁止だと言われました。

また、境内には楠木正成、正行供養塔正行像があると聞いてきたのですが、それらを見せてもらうこともできませんでした。

聞けば、墓所へのお参りは事前に問い合わせが必要で、わたしのような趣味の史跡巡り目当ての人には、見せてもらえないそうです。

住職さん曰く、あくまで供養のためのものだからと・・・。

まあ、たしかにおっしゃるとおりなんですが。

残念です。


e0158128_20183125.jpg

その伝承によると、往生院の伽藍も兵火に巻き込まれて焼失し、正行の亡骸を持ち帰った黙庵周諭禅師が、胴体だけをこの地に埋葬したといいます。

前稿で紹介した寶篋院に黙庵周諭禅師が正行の首を埋葬したという話と合致しますね。

でも、なぜ胴体と首を別々に葬る必要があったのでしょう?

e0158128_20183564.jpg

Wikipediaによると、焼失した伽藍は承応3年(1654年)に鷹司信房によって復興され、このとき正成・正行父子の供養塔も建立されたそうですが、明治時代になって四條畷神社創立の影響を恐れた往生院が、自ら二石の供養塔を隠蔽古文献を処分し、往生院は破壊されたそうです。

四條畷神社創立の影響を恐れたって、どういうことでしょうか?

現在の寺院は、第二次世界大戦後に復興されたものだそうです。


e0158128_20183871.jpg

紹介できる写真が少ないので、寺院から見えるあべのハルカスでも載せておきます(笑)。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-12-17 00:06 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(2)  

太平記を歩く。 その162 「小楠公義戦之跡」 大阪市北区

大阪市営地下鉄谷町線と京阪電鉄が交わる天満橋駅を地上に上がった川沿いに、「小楠公義戦之跡」と刻まれた大きな石碑があります。

「小楠公」とは、楠木正成の嫡男・楠木正行のことで、父・正成は「大楠公」と呼びます。


e0158128_16471961.jpg

延元元年/建武3年(1336年)5月25日の「湊川の戦い」で正成が敗死したあと、楠木氏はしばらくのあいだ鳴りを潜めていましたが、嫡男の正行が成長すると、本拠地である河内国南部で次第に力を蓄え、正平2年/貞和3年(1347年)8月10日、ついに挙兵します。

『太平記』では、この年が父・正成の十三回忌に当たっていたからだと説明していますが、この頃、足利幕府内では足利尊氏の弟・足利直義と、尊氏の側近・高師直対立表面化しはじめており(これが、のちの観応の擾乱に繋がっていきます)、混乱の様相を見せていたことが挙兵の理由だったと考えられます。


e0158128_16472384.jpg

楠木軍は9月に藤井寺近辺で足利方の細川顕氏を破り、11月には住吉浜で山名時氏を破りました。

この住吉浜の戦いの際、敗走する敵兵がこの地で川に落ちて溺れているのを助け、体を温めて手当をし、衣服と薬を与え、4、5日休養させて敵陣へ送り帰したと伝えられます。

助けられた敵兵はこの恩に報いるため、翌年の「四條畷の戦い」では楠木軍として参戦した者が多数おり、正行と共に討死したと伝えられます。


e0158128_16472755.jpg

以下、『太平記』巻26「四条縄手合戦事付上山討死事」原文


「安部野の合戦は、霜月二十六日の事なれば、渡辺の橋よりせき落されて流るゝ兵五百余人、無甲斐命を楠に被助て、河より被引上たれ共、秋霜肉を破り、暁の氷膚に結で、可生共不見けるを、楠有情者也ければ、小袖を脱替させて身を暖め、薬を与へて疵を令療。如此四五日皆労りて、馬に乗る者には馬を引、物具失へる人には物具をきせて、色代してぞ送りける。されば乍敵其情を感ずる人は、今日より後心を通ん事を思ひ、其恩を報ぜんとする人は、軈て彼手に属して後、四条縄手の合戦に討死をぞしける。」


e0158128_16500694.jpg

この正行の行為は、士道の華として後世に讃えられました。

明治の元勲にして日本赤十字社創始者である佐野常民は、日本が赤十字に加盟する際、この故事を引き合いに出し、「赤十字精神の鑑」として日本人スピリッツを宣伝したとか。

そのおかげもあってか、日本は容易に条約加盟を認められたといわれているそうです。


e0158128_16511226.jpg

石碑の背後に流れる大川です。

ここに敵兵が溺れていたということですね。

ここは、有名な天神祭の会場として、年に一度、全国からの観光客で賑わう場所でもあります。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-12-07 10:01 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(2)  

太平記を歩く。 その135 「攻めが辻」 奈良県吉野郡吉野町

前稿で紹介した大橋跡から50mほど北に、「攻めが辻」と呼ばれる場所があります。

ここは、吉野神宮からの尾根道と、吉野駅からの七曲りを上り詰めて出合う場所で、三叉路になっています。


e0158128_20472725.jpg

ここは、吉野山に立てこもった大塔宮護良親王方の守りと、北条幕府方の二階堂貞藤(道蘊)率いる大軍の攻撃がぶつかり、激しい戦闘を繰り広げたところで、「攻めが辻」と呼ばれるようになったそうです。


e0158128_20492378.jpg

現在、その道脇には石標が建てられています。


e0158128_20492692.jpg

また、正平3年(1348年)に起きた高師直吉野焼き討ちの際にも、迎え討つ天皇方とこの地で激しい戦闘が繰り広げられました。


e0158128_20502133.jpg

わたしがここを訪れたのは夏真っ盛りの7月23日でしたが、春には、ここから千本桜が一目に見渡せるスポットだそうです。

かつて多くの兵の血が流れた場所だったなんて、桜見物に訪れた観光客は知らないでしょうね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-10-04 23:26 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その133 「大塔宮仰徳碑・火の見櫓」 奈良県吉野郡吉野町

高城山の登山道の途中にある丘の上に、かつて大塔宮護良親王が挙兵した吉野城火の見櫓跡があります。


e0158128_20220911.jpg

現在、火の見櫓跡は登山客の休憩場所になっており、あずまやがあります。


e0158128_20243038.jpg

標高435mの丘の上には、小さな石碑が建てられています。


e0158128_20243495.jpg

火の見櫓跡から北を見下ろすと、金峯山寺蔵王堂が見えます。


e0158128_20243757.jpg

拡大します。


e0158128_20293856.jpg

火の見櫓跡の向かい側の台地には、高さ8mに及ぶ「大塔宮仰徳碑」が建てられています。


e0158128_20294226.jpg

この碑は、日本皇紀2600年にあたる昭和14年(1939年)に、当時の皇国隆盛、勤王思想をより高揚させるために建てられたものです。


e0158128_20294509.jpg

いまは木々に覆われていますが、往時はここから西に金剛・葛城の山脈、北に龍門・高取の山並みが見渡せたそうで、大塔宮方の武士たちが合戦の合図の狼煙をここから上げたと伝えられます。


e0158128_20294880.jpg

石碑に埋め込まれた説明板です。


e0158128_20310503.jpg

わたしがここを訪れたのは夏真っ盛りの7月23日でしたが、春には、この石碑の周りはでいっぱいになるそうです。

昨今では、この碑の下で桜に酔う人はいても、碑の意味を知る人はほとんどいないようです。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-09-28 23:30 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その128 「金峯山寺・大塔宮御陣地」 奈良県吉野郡吉野町

前稿で紹介した蔵王堂の正面、玉垣に囲まれたなかに桜の木が4本植えられている空間があります。


e0158128_19274691.jpg

時代は遡って元弘3年(1333年)閏2月1日、北条幕府の二階堂貞藤(道蘊)を総大将とする大軍に責められた後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)の第二皇子・大塔宮護良親王は、ここに本陣を布いて戦ったと伝えられます。


e0158128_19290400.jpg

隅には「大塔宮御陣地」と刻まれた石柱が建てられています。


e0158128_19341839.jpg

『太平記』巻7「吉野城軍の事」によると、圧倒的な兵力で攻める幕府軍でしたが、天然の要害を持つ吉野城を攻めあぐみ、戦いは一進一退の攻防を繰り返します。

しかし、結局は衆寡敵せず、死を覚悟した大塔宮は、ここ蔵王堂前で最後の酒宴を開いたといいます。


e0158128_19342288.jpg

『太平記』の記述によると、このとき、大塔宮親王の鎧には7本の矢が刺さり、二の腕の2ヵ所に傷を負い、血が滝のように流れていましたが、宮は突き刺さった矢を抜こうともせず、流れる血を拭おうともせずに、毛皮の敷物の上に立って、大盃で3杯空けたといいます。

なんとも豪傑な親王ですね。


e0158128_19342693.jpg

雲が近いです。


e0158128_19373638.jpg

蔵王堂前庭の南側には、「村上義光忠死之所」と刻まれた石柱が建てられています。

村上義光は大塔宮護良親王の忠臣で、『太平記』では、「元弘の変」笠置山が陥落し、潜伏していた南都の般若寺から熊野へ逃れる親王に供奉した9名のなかの1人として登場します。

吉野城落城の際、前庭での酒宴も終わり、いよいよ死を決した大塔宮護良親王に対して、「ここで宮に死なれるのは犬死というもの、恐れながら今お召しの鎧直垂と甲冑を賜り、それを某が身に着けて敵を欺きましょう。その隙に宮は落ち延びてください。」と涙ながらに説き、身代わりとなって二天門に駆け上がり、「われこそは大塔宮護良親王である。」と叫んだのちに見事に腹をかき切り、壮絶な最期を遂げたといいます。

このとき義光は、自らのはらわたを引きちぎって敵に投げつけ、太刀を口にくわえたのちに、うつぶせになって絶命したといいます。

この間に大塔宮は高野山に落ち延びます。

歌書よりも軍書に悲し吉野山

松尾芭蕉の門弟・各務支考が詠んだ有名な句ですが、まさに、そんな歴史が感じられる場所です。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-09-21 23:33 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)