人気ブログランキング |

タグ:和合亮一 ( 1 ) タグの人気記事

 

東日本大震災から3年、風を返して土を返して。

明日で東日本大震災の発生から3年が経ちますね。

もう3年というべきなのか、まだ3年というべきなのか、被災地から遠くはなれた地域に住む私には、正直、実感できません。

阪神・淡路大震災のときの3年といえば、とりあえずは復興の目処が立ち始め、被災地内でもそろそろ震災のことばかり振り返っていられないといった空気が見え始めていた頃だったと思うのですが、東北の現状は、まだまだ復興はおろか、復旧もままならない状態のようで・・・。

その意味では、まだ3年・・・というのが正しい表現なのかもしれませんね。

e0158128_21574605.jpg震災記念日の明日は、各地で追悼行事復興イベントが開催されるようですが、わたしも昨日、神戸文化ホールで行われていたPLAY FROM KOBE 3.11復興支援コンサート2014に行ってきました。

兵庫県合唱連盟主催のこのチャリティ・コンサートは、震災の翌年から行われているそうで、今年で第3回となるそうです。

復興支援のチャリティイベントに行ったというと、何か立派なことしたように聞こえますが、実は、単に我が娘が合唱部として出演しているのを観に行っただけなんですけどね。

まあ、理由はどうあれ、チャリティイベントに参加したことは事実で、今年は少しは被災地支援の役に立てたかな・・・と(めずらしく募金もしましたよ。だって、可愛い女子高生にお願いされたら、オジサンとしては冷たく無視できないですよね)。

で、せっかくだから、娘の出番だけじゃなく、最初から最後まで鑑賞してきました。

ロックやポップスのコンサートなら何度も足を運んだことがありますが、合唱曲のみのコンサートなんて、こんな機会でなけりゃ聴くことがないですからね。

4時間の長いステージでしたが、なかなか聴きごたえがありましたね(途中、少しばかり睡魔に勝てませんでしたが・・・笑)。

なかでもとくに印象に残った歌で、『風を返して土を返して』という曲がありました。

この歌は、この日出演されていた福島県の詩人・和合亮一さんという方が作詞した歌で、その内容は、福島第1原発事故後の福島を歌ったものです。

風と土を合わせると「風土」となります。

「風土」とは、その地域の地形気候地質はもちろん、文化宗教、そこに暮らす人々の気質精神なども含めた、深い意味が込められた言葉ですよね。

「風土」というのは、その地域の歴史ともいえます。

3年前の事故以来、福島では「風」「土」も、危険なものになってしまいました。

つまりは、「風土」を失った、「風土」を奪われたわけですよね。

わたしは、あの原発事故以来、日本は国土の一部を失ったと思っていましたが、それだけじゃなく、歴史の一部を失っていたんですね。

実に深く考えさせられました。

震災から19年経った現在の神戸は、ほぼ復興事業は終了しています。

津波被害の甚大だった宮城や岩手も、やがてはそこに新しい町が築かれ、新しい風土が形成されていくでしょう。

でも、福島は・・・一部の風土を失ったまま、3年前から何ひとつ変わってないんですよね。

過日行われた東京都知事選に勝利して以降、ますます原発推進の方向に舵を切った感が否めない政府与党ですが、よくよく考えてほしいものですね。

これ以上、国土風土を失わないよう・・・。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

by sakanoueno-kumo | 2014-03-10 22:14 | 日常 | Comments(0)