タグ:土方歳三 ( 3 ) タグの人気記事

 

幕末京都逍遥 その149 「魚三楼(弾痕)」

「その147」で紹介した伏見奉行所の近くにある料亭・魚三楼には、慶応4年1月3日(1868年1月27日)に勃発した鳥羽・伏見の戦いにおける銃撃戦でできたとされる弾痕があります。


e0158128_21380140.jpg


城下町である伏見は、L字路、T字路といった敵から見通せないように工夫された街路がいくつも組み合わさった「遠見遮断」と言われる構造になっています。

そのため、鳥羽伏見の戦いの際には、見通しの悪い街路を挟んで激しい市街戦が繰り広げられ、沿道の家屋の多くも戦災に遭いました。


e0158128_21392750.jpg


この魚三楼があった京町通も激戦の舞台となりました。

そのときの弾痕と伝えられるのが、表格子に残るこれです。


e0158128_21404944.jpg


生々しいですね。


e0158128_21405219.jpg


現在も残されている「両軍伏見市街戦概要図」では、この京町通りの南側に新選組が布陣していたといわれているそうで、あるいは、新選組の残した弾痕かもしれません。

このとき最も勇敢に戦ったといわれるのが、土方歳三率いる新選組と、林権助率いる会津砲兵隊だったと言われています。


e0158128_21423250.jpg


魚三楼は明和元年(1764年)創業という歴史をもつそうです。

鳥羽伏見の戦いでは、薩摩軍のまかないも担当していたといいます。

この戦いで伏見一帯は焼け野原になりますが、幸い、この建物は焼失を免れ、この弾痕を後世に伝えてくれました。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-13 00:20 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その147 「伏見奉行所跡」

「その146」で紹介した御香宮神社から200mほど南下したところに、かつて伏見奉行所がありました。

現在、その跡地には石碑が建てられ、往時を思わせるが演出されています。


e0158128_23110565.jpg


慶応3年12月9日(1868年1月3日)に王政復古の大号令が下されると、4日後の12月13日に会津藩の命を受けた新選組は、伏見方面の治安維持の名目で伏見奉行所へ駐屯することとなります。

そして16日には、近藤勇を隊長に総勢150名が伏見奉行所に入りました。


e0158128_23134540.jpg


ところが、その2日後に近藤勇は、伏見奉行所へ帰る途中に伏見街道の墨染で狙撃され、肩を撃たれて重傷を負ってしまいます。

その後、新選組の指揮は副長の土方歳三が執ることとなります。


e0158128_23162127.jpg


年が明けた慶応4年1月3日(1868年1月27日)に鳥羽・伏見の戦いの火蓋が切られると、伏見奉行所の兵は大手筋を挟んで目と鼻の先にある御香宮神社に陣を布く薩摩軍と激戦を交わします。

しかし、火力に歴然とした差があり、やがて伏見奉行所は炎上、土方率いる旧幕府軍は、撤退を余儀なくされます。

このときの戦いで、土方はもはや剣の時代が終わったことを悟ったといいます。


e0158128_23162677.jpg


維新後、伏見奉行所の跡地は陸軍の土地となり、工兵隊の基地になりました。

伏見奉行所の石碑の向かい側には、「伏見工兵第十六大隊跡」と刻まれた石碑があります。

基地は第二次世界大戦後に米軍に接収され、その後、米軍から返還されると、市営住宅が建てられ、現在は桃楼団地という団地街になっています。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-11 01:29 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その105 「島原大門」

江戸時代の京都の花街「島原」にやってきました。

島原は、寛永17年(1640年)もしくはは寛永18年(1641年)に六条三筋町から移転してきた日本初の幕府公認の遊女街です。

正式名称は「西新屋敷」といいましたが、その急な移転騒動が九州の島原の乱の直後だったため、それになぞらえて「島原」と呼ぶようになったそうです。


e0158128_20092734.jpg


現在は花街としての面影はほとんど残っておらず、写真の「大門」と、唯一営業を続けている「輪違屋」、現在は文化美術館となっている「角屋」の3ヵ所だけが、当時の名残を偲ばせています。


e0158128_20093999.jpg


京都の花街は、島原以外に上七軒、祇園甲部、祇園東、先斗町、宮川町の6ヶ所があり、これらを総称して京都の六花街と呼ばれています。

西郷隆盛桂小五郎(木戸孝允)坂本龍馬ら幕末の志士たちも、それぞれ花街に馴染みの遊女がいましたが、ここ島原は、新選組屯所の壬生から近かったこともあって、近藤勇、土方歳三、芹沢鴨ら新撰組の面々が頻繁に通っていました。


e0158128_20095505.jpg


女にモテモテだった土方歳三は、自身でどれだけもてるかを書き綴った手紙も残されているそうで、そこには、島原の花君太夫天神(太夫に次ぐ位の女性)の一元の名前が手紙に記されているそうです。

総長の山南敬助が切腹の直前に格子戸越しに別れを惜しんだという明里も、島原の天神でした。

大正時代まで長寿した永倉新八は、島原の亀屋の芸妓・小常をのちに身請けしてとします。

のちの新選組を離脱して御陵衛士を結成した伊藤甲子太郎は、現在も営業を続けている輪違屋の花香太夫が馴染みだったとか。

まさに、島原は新選組隊士たちのやすらぎの場だったんですね。


e0158128_20100604.jpg


大門の横の見返り柳は、遊廓の入口付近に生えた柳の名称で、島原だけでなく全国の遊郭の入口にあったそうです。

遊廓で遊んだ男が、帰り道に柳のあるあたりで名残を惜しんで後ろを振り返ったことから、この名が付いたのだとか。


e0158128_20072692.jpg


一般に、江戸の遊女街の吉原「遊郭」と呼びますが、京の島原は「花街」といいます。

いずれも色町には違いありませんが、京都の人は島原を「遊郭」と呼ぶことを嫌うそうです。

どっちも同じような気がしますが、このあたりが、京都人の気位の高さってやつですかね。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-08-01 23:55 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)