人気ブログランキング |

タグ:墓所 ( 105 ) タグの人気記事

 

天誅組の足跡を訪ねて。 その13 「井澤宜庵宅跡・墓所」

五條出身の天誅組隊士としては、「その12」で紹介した乾十郎のほかにも2人いましたが、そのなかのひとり井澤宜庵の住居あとにも石碑が建てられています。


e0158128_18451070.jpg


井澤宜庵は乾十郎と同じく、五條で医者をしていた人物です。

あまり有名な人ではありませんが、天誅組には軍医として参加していたそうです。

軍中では病傷人の面倒をよくみ、隊士の信頼も厚かったと伝わります。


e0158128_18451308.jpg


説明板によると、高取城攻めで負傷した吉村寅太郎の手当てもしたそうで、その丁寧な治療により、大将の中山忠光から褒美としてを贈られたといいます。


e0158128_18501128.jpg


近くの永楽院には、井澤宜庵の墓があります。


e0158128_18500491.jpg


説明板によると、天誅組が鎮圧された後、五條で津藩の軍勢に降伏して捕らえられ、五條の人々の働きかけによっていったん釈放されたそうですが、のちに今度は幕府の役人に捕らえられ、慶応元年(1865年)、乾が処刑された京都六角獄に投獄され、そこで毒殺されたそうです。

享年43

妻の禮以ととともにここに眠ります。


e0158128_18500751.jpg


五條代官所襲撃で殺害された代官の鈴木正信(源内)さらし首の絵が残っているそうですが、その絵を描いたのが井澤宜庵だったといいます。

明治31年(1898年)、政府は井澤宜庵に正五位を贈りました。



「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-10-17 01:46 | 天誅組の足跡を訪ねて | Comments(0)  

天誅組の足跡を訪ねて。 その10 「五條代官 鈴木源内墓所」

天誅組五條代官所襲撃によって殺害された代官・鈴木正信(源内)墓所が、五條代官所跡の石碑から北東200mほどのところにあります。


e0158128_17482808.jpg


墓は地元の人たちの墓地のなかにひっそりとあります。

その参道には、「鈴木源内外五士之墓」と刻まれた石碑があります。


e0158128_17483393.jpg


こちらがその墓です。


e0158128_17505757.jpg


文久3年8月17日(1863年9月29日)の五條代官所襲撃で殺されたのは、代官の鈴木源内をはじめ、役人の、長谷川岱祐、伊東敬吾、黒澤儀助、そして不運にもそこに居合わせた按摩師の嘉吉も巻き沿いになります。

また、後日、同じく役人の木村祐次郎、高橋勇蔵も落命します。

墓石は5基ですが、葬られているのは鈴木、長谷川、高橋、木村の4基と、伊東と黒澤が合祀された1基です。

嘉吉はここには葬られていません。


e0158128_17510266.jpg


代官の鈴木源内は700石の旗本で、前年に江戸から赴任してきたばかりでした。

温厚篤実な人物で、長寿の老人を表彰するなどして領民から慕われていたと伝わります。

幕府は、天領に対しては儒教風な善政主義をとり、代官を選任するときは、直参のなかから学識温で無欲な者を選びました。

由来、天領は大名への模範となる清廉な人物を任用したので、代官の中から汚職などの貪官汚吏が発生したことはほとんどなかったといいます。

いわゆる「悪代官」というのは、幕府直轄地にはほとんどいなかったようですね。

鈴木代官は、そういう幕府の考えを絵に描いたような代官で、善政への意欲が強く、殺される理由などどこにもありませんでした。


e0158128_17522385.jpg


中央のいちばん大きな墓石が鈴木源内の墓です。


e0158128_17535981.jpg


その左横が高橋勇蔵の墓。


e0158128_17541684.jpg


右横が長谷川泰助の墓。


e0158128_17560699.jpg


左出前が黒崎儀助伊東敬吾が合祀された墓。


e0158128_17561076.jpg


そして右手前が木村祐次郎の墓。

木村は、司馬遼太郎の短編『五条陣屋』で主人公のひとりとして描かれた人物です。

彼ら6人の首は、五条の須恵の道端に晒され、捨て札が立てられました。

捨て札に書かれた罰文は、司馬氏の『五条陣屋』のものを引用します。


「この者ども、近来違勅の幕府の意を受け、もっぱら有志(志士)の者を押えつけ、幕府を朝廷同様に心得、わずか三百年来の恩義を唱え、開闢以来の天恩を忘却し、これがため皇国を辱かしめ、夷荻の助けと成り侯事もわきまえず、かつ収斂の筋もすくなからず、罪重大、よって天誅を加える者也」


上記は司馬さんの創作ですが、おそらく似たようなものだったでしょう。

皇国を辱かしめたのは、どっちでしょうね。


e0158128_17583032.jpg


これらの墓は事件終息後、地元の人々が資金を出し合って建立したそうです。

幕府直轄地の役人だったという、ただそれだけで殺された5人。

維新後、天誅組の面々にことごとく位階が贈られ、靖国神社に祀られたのに対して、ひっそりと五條の領民たちとともに眠る6人。

いかに靖国神社というところが、維新後の薩長史観によって利用された偏った政治的神社であるかがわかりますね。

あんまり言うと炎上するので、このへんにしておきます。




「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-10-10 01:29 | 天誅組の足跡を訪ねて | Comments(0)  

一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。 その5 「朝倉義景・朝倉孝景墓所」

「その3」で紹介した朝倉氏館跡の東南隅旧松雲院墓地内に、第11代当主の朝倉義景墓所があります。


e0158128_20110644.jpg


木標には「五代」とありますが、朝倉氏の拠点を一乗谷に移した朝倉孝景を初代とした場合、義景は5代目になりますが、越前国に入国した朝倉広景を初代とすると、義景は11代目となります。

当ブログでは、11代とさせてもらいます。


e0158128_20155201.jpg


こちらが、その義景の墓です。


e0158128_20152983.jpg


朝倉義景は、天正元年(1573年)8月20日、刀根坂の戦い(一乗谷城の戦い)織田信長に敗れ、従兄弟の朝倉景鏡の勧めで賢松寺に逃れていましたが、そこで景鏡の裏切りに遭い、自刃します。

この墓は天正4年(1576年)に村民の建てた小祠が始まりで、寛文3年(1663年)に福井藩主の松平光通によって現在の墓塔が立てられたそうです。


e0158128_20153572.jpg


義景の死によって朝倉氏は滅亡し、義景は最後の当主となります。

義景の首は信長家臣の長谷川宗仁によって京都で獄門に曝され、その後、浅井久政・長政父子とともに髑髏に箔濃を施された話は、あまりにも有名ですね。

その髑髏をにして酒を飲ませたという逸話は、後世の作り話といわれています。


e0158128_20175476.jpg


一乗谷遺跡内には、もう1ヵ所、朝倉氏の墓所があります。

「その4」で紹介した中の御殿跡の東にある山道を登ります。


e0158128_20222015.jpg


これが、その墓所。

7代目当主・朝倉孝景の墓所です。


e0158128_20222445.jpg


木札には「初代」とありますが、上記と同じ理由で当ブログでは7代目とします。

7代目当主・朝倉孝景は、朝倉氏の拠点をここ一乗谷に移した人物です。


e0158128_20222848.jpg


朝倉氏は代々、越前守護代甲斐氏、尾張守護代織田氏とともに、三管領筆頭で越前・尾張・遠江守護の斯波氏の宿老を務めていました。

応仁元年(1467年)に応仁の乱が始まると、孝景は当初は西軍に属して京都で戦いましたが、文明3年(1471年)に越前に帰国し、越前守護代甲斐氏に代わって守護代職になることを条件に、東軍(幕府側)に寝返りました。

このため、甲斐氏と越前支配をかけた激しい戦いを展開し、文明7年(1475年)、越前をほぼ平定します。

ところが、守護斯波氏は孝景の越前支配を「越前押領」とみなし、文明11年(1479年)には、東軍(幕府側)に帰順した甲斐氏や二宮氏など被官人を引きつれ、「朝倉退治」と称して越前に下国、一進一退の戦いが続きます。

この戦いの最中、文明13年(1481)7月、孝景は病死しました。


e0158128_20223164.jpg


孝景の墓は、その法名から英林塚とも呼ばれます。

高さ約2mの宝篋印塔で、昔から、越前に危機が迫ると鳴動するとの伝説があるそうです。


e0158128_20242417.jpg


さて、朝倉氏5代103年の歴史をもつ一乗谷朝倉氏遺跡をめぐってきましたが、本稿をもって終わりにします。

本当は、遺跡の東にある一乗谷城跡にも登りたかったのですが、その時間がとれませんでした。

また今度の機会ということで。

最後に、日本100名城のスタンプを載せておきます。


e0158128_20080447.jpg




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2019-03-27 00:34 | 福井の史跡・観光 | Comments(0)  

月山富田城跡登城記 その5 「塩治興久の墓」

「その4」の続きです。

月山富田城のある月山の麓に、尼子氏一族の塩冶興久の墓と伝わる墓石があります。

塩冶興久は尼子氏の中興の祖・尼子経久の三男で、出雲国西部で大きな勢力を持つ名族・塩冶氏養子となり、塩冶姓を名乗っていました。


e0158128_22004262.jpg


享禄3年(1530年)、興久は父・経久に対して反乱を起こし、出雲国を追放されます。

『陰徳太平記』によれば、所領加増が認められなかったために反乱を起こしたとありますが、実際には、尼子家中における重臣たちの勢力争いが背景にあったといわれます。

経久の時代に一気に勢力を拡大した尼子氏でしたが、その分、在来の国人領主たちの尼子氏統治に対する不満も大きく、かつて出雲国守護を務めたこともある名族・塩冶氏を押し立てての全面対決に至ったと考えられます。


e0158128_22015986.jpg


説明板では、「尼子興久墓」となっています。

塩冶姓ではなんでダメなんでしょうね。


e0158128_22023624.jpg


出雲国を追われた興久は、妻の実家である山内氏を頼って備後国へと逃れて抵抗を続けますが、その後、天文3年(1534年)に自害

乱は終決しました。

この乱が尼子氏の勝利で終わったことにより、出雲国における尼子氏の権力基盤は盤石となっていきます。

尼子氏の栄華を築いたのは経久と言われますが、逆の意味で、興久もその功労者といえるかもしれません。


e0158128_22025002.jpg


さて、シリーズ5回に渡って紹介してきた月山富田城跡めぐりですが、本稿でひとまず終わりです。

月山富田城跡周辺には他にも尼子氏関連の史跡が数多くあったのですが、この日は時間的制約があってすべてを回ることが出来ませんでした。

また、機会を見つけて訪れてみたいと思います。

神戸から車で3時間以上かかるんですけどね。

最後に、日本100名城スタンプを載せておきます。


e0158128_15310125.jpg




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2019-02-09 20:01 | 島根の史跡・観光 | Comments(0)  

月山富田城跡登城記 その4 「堀尾吉晴の墓・山中鹿介幸盛供養塔」

「その3」のつづきです。

月山の北西の登山道を登りはじめてすぐに、巌倉寺という古い寺があるのですが、そこに、月山富田城の最期の城主・堀尾吉晴の墓があります。


e0158128_19031303.jpg


巌倉寺は聖武天皇(第45代天皇)の神亀3年(726年)に建立されたといわれる歴史ある寺院で、元々上流の山佐にあったものを、12世紀の後半に月山富田城の城主だった佐々木義清が、祈願寺とするために御子守神社とともに城内に移したといわれています。


e0158128_19031618.jpg


本堂です。

本尊は一木造りの聖観世音菩薩だそうで、藤原氏の時代の技法を伝えるこの本尊は、同寺所有の帝釈天立像とともに国の重要文化財に指定されているそうです。


e0158128_19053479.jpg


本堂脇から奥の墓地へ向かいます。


e0158128_19062734.jpg


この石段を登ったところに、堀尾吉晴の墓があるようです。

さすがは城主の墓というだけあって、特別な場所といった感じです。


e0158128_19151236.jpg


堀尾吉晴の墓です。


e0158128_19151671.jpg


高さ3m余りの立派な五輪塔です。


e0158128_19152044.jpg


堀尾吉晴は、尾張国出身の武将で、織田信長の家臣時代から羽柴秀吉の配下として働き、のちの豊臣政権時代には三中老のひとりに任命されるなど、秀吉の信任が厚い武将でした。

秀吉の死後は徳川家康に与し、慶長5年(1600年)関ケ原の戦いの功により、遠州浜松から出雲・隠岐24万石の大名として広瀬の月山富田城に入城します。


e0158128_19152598.jpg


しかし、月山富田城は急峻な山奥の中世以来の山城だったため、交通も不便で城下町を形成する土地もなく、時代にそぐわない城でした。

そこで吉晴は、宍道湖のほとりの標高28mの亀田山に築城を計画。

慶長12年(1607年)に着工し、5年間にわたる難工事のすえ、慶長16年(1611年)に完成しました。

それが、先ごろ国宝に指定された松江城です。


e0158128_19152821.jpg


もっとも、吉晴は落成間近の慶長16年(1611年)6月に急死しており、息子の堀尾忠氏もそれ以前に急死していたことから、松江城の初代城主は吉晴の孫・堀尾忠晴となりました。


e0158128_19145784.jpg


吉晴の遺骸は、その遺言によってこの地に埋葬されたそうです。

なぜ、吉晴にとってはそれほど思い入れがあったとは思えないこの地を埋葬場所に遺言したんでしょうね?

あるいは、月山富田城400年の歴史を自身の代で終わらせたことに対する鎮魂の思いだったのでしょうか?


e0158128_19175646.jpg


吉晴の墓の横には、山中鹿介幸盛供養塔と伝わる墓碑があります。

これは、慶長7年(1602年)に吉晴の内儀(妻)が、鹿介の遺徳を偲んで建てたものだと伝わります。


e0158128_19175944.jpg


でも、尼子氏の家臣に過ぎない鹿介の供養塔を堀尾家が建てるだろうか・・・という疑問は拭えないですね。

鹿介が悲運の英雄として語り継がれるようになるのは江戸時代中期からで、鹿介に関する逸話のほとんどが、江戸期に創られたものだと言われます。

堀尾氏が出雲国に入ったこの時代、鹿介がそれほど英雄扱いされていたとは考えづらいですし、もし、供養塔を建てるとするならば、尼子氏のものだったんじゃないかと。

無粋なことを言うようですが。


e0158128_19190383.jpg


あと、同じく巌倉寺には、吉晴の娘・小耶姫の墓もあります。

小耶姫は若くして重い病にかかり、20歳で池に身を投げて自ら命を絶った悲劇の姫君で、ここをお参りすると、婦人病が治癒すると言われています。

あと、もう一回だけシリーズ続けます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2019-02-08 22:13 | 島根の史跡・観光 | Comments(0)  

上野戦争に散った彰義隊の墓

前稿で紹介した西郷隆盛像のある上野恩賜公園には、彰義隊の墓があります。

彰義隊とは、江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜側近の旧幕臣を中心として結成した有志隊で、ここ上野が舞台となった上野戦争における佐幕側部隊です。


e0158128_14092115.jpg


鳥羽・伏見の戦いに敗れた慶喜は、江戸城に戻ると朝廷に対して恭順の意を示し、ここ上野にある寛永寺謹慎しますが、その慶喜の護衛江戸警備の名目で結成されたのが彰義隊でした。

もっとも、表向きの名目は慶喜の護衛と江戸警備ですが、実情は、慶喜の恭順姿勢に不満を抱く強硬派の集団でした。

頭取には渋沢成一郎、副頭取には天野八郎が投票によって選出され、幹事には本多敏三郎伴門五郎が就きました。

隊士には旧幕臣のみならず、町人博徒侠客も参加し、たちまち1000人を越える規模になります。


e0158128_14092510.jpg


慶応4年3月13日(1868年4月6日)、新政府軍の参謀・西郷隆盛と、旧幕府軍の陸軍総裁・勝海舟との歴史的会談が行われ、その約1ヶ月後の慶応4年4月11日(1868年5月3日)、江戸城は無血開城されることになり、慶喜も水戸にて謹慎することで決着します。

しかし、それに不満を持った彰義隊は、徹底抗戦を主張し、上野寛永寺に立て籠もります。

この不穏な空気を重く見た勝海舟は、再三、彰義隊の解散を促しますが、彼らは聞き入れることはなく、その後、彰義隊のなかでは慎重派だった渋沢成一郎が離脱して天野八郎ら強硬派がイニシアチブを取ると、ますます過激さを増していきます。


e0158128_14093664.jpg


京都に本陣を布いていた新政府軍は、関東での事態を重く見、西郷や勝では抑えきれないと判断して、大村益次郎を送り込んで指揮を執らせます。

江戸に入った大村は、たちまちにして陣形を整え、そしてとうとう5月15日(7月4日)、上野に結集した彰義隊3000人に対して、新政府軍2万人が総攻撃を開始。

その圧倒的な戦力の差から、開戦から1日も経たずに彰義隊は壊滅しました。


e0158128_14092901.jpg


この戦いにおける記録上の戦死者は、彰義隊105名、新政府軍56名といわれています。


e0158128_14093342.jpg


彰義隊士の遺体は、しばらく上野山内に放置されていたそうですが、三ノ輪円通寺の住職仏磨らによってこの地で茶毘に付されました。

説明板によると、正面の小墓石は、明治2年(1869年)に寛永寺子院の寒松院と護国院の住職が密かに付近の地中に埋納したものだそうで、のちに掘出されたそうです。

後ろの大墓石は、明治14年(1881年)12月に、元彰義隊士の小川興郷(椙太)らによって建てられたものだそうで、彰義隊は明治政府にとって賊軍だったため、政府をはばかって彰義隊の文字はありませんが、旧幕臣の山岡鉄舟の揮毫による「戦死之墓」の字が刻まれています。

その後、小川家によって墓所は守られてきましたが、現在は歴史的記念碑として、東京都が維持管理しています。


e0158128_14094054.jpg


彰義隊の墓が建てられたのが明治14年(1881年)で、西郷隆盛像が建てられたのが、その16年後の明治30年(1897年)。

同じ上野恩賜公園内に敵対した西郷隆盛の像と彰義隊の墓が隣接しているわけですが、今は問題ないとして、明治の頃は、関係者はどんな心境だったのでしょうね。

少なくとも、彰義隊の遺族は快くは思っていなかったんじゃないでしょうか。

もっとも、大村の像じゃなかっただけ、マシだったかもしれませんね。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-12-29 00:37 | 東京の史跡・観光 | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その165 「鳥羽伏見の戦い防長藩士の墓」

東福寺の山門から南東に100mほど歩いたところに、「その164」で紹介した「防長忠魂碑」に刻まれていた鳥羽・伏見の戦いで戦死した48名の墓があります。


e0158128_13280713.jpg


山門をくぐって東へ坂道を上っていくと、「右 維新戦役 防長藩士之墓道標」と刻まれた石碑があります。

ここから、石畳の坂を登っていきます。


e0158128_13291045.jpg


この道は、頂上にある仲恭天皇陵に続く参道です。

防長藩士の墓は、この坂を上りきる手前にあります。


e0158128_13410820.jpg


ここが防長藩士の墓所です。

高さ150cmほどの同じ大きさの墓碑が整然と並びます。


e0158128_13411200.jpg


鳥羽・伏見の戦いは慶応4年1月10日(1868年2月3日)に終わり、特に激戦だった千両松の戦い(参照:その155)で戦死した石川厚狭介を含む長州藩士の24名の遺体がここに運ばれ、1名ずつ木の墓標が建てられて埋葬されました。

そして、東福寺塔頭の退耕庵菩提所となり、毎年1月4日を命日として慰霊祭が執行されるようになったそうです。

これをバックアップしていたのが、維新後、子爵となった品川弥二郎でした。

晩年の品川は「その78」で紹介した尊攘堂を建てて勤王の志士を慰霊に力を注いでいました。


e0158128_13412774.jpg


その後、明治33年(1900年)の三十三回忌14名の戦傷病死者が追祀され、さらに、


e0158128_13413088.jpg


大村益次郎襲撃に遭遇して闘死した静間彦太郎なども加えられて現在の48基になり、これに合わせて墓標が現在の石標に替えられ、墓地も整備されたそうです。


e0158128_13342623.jpg


左が、千両松の戦いで戦死した石川厚狭介の墓です。


e0158128_13360794.jpg


右側が静間彦太郎の墓。


e0158128_13365734.jpg


墓所敷地中央には、三十三回忌の際に設置された大石灯籠があります。


e0158128_13374580.jpg


「崇忠之碑」と刻まれたこちらの石碑も、三十三回忌の際に設置されたそうです。

碑文は幕末から明治にかけて活躍した長州藩出身の国学者・近藤芳樹


e0158128_13383808.jpg


墓所の上に見えるのは、鎌倉時代の第85代・仲恭天皇九條陵です。

時代はまったく違いますが、ここに眠るのは皆、勤王の志士たち。

天皇陵に見守られながら眠るのは、志士の本懐だったかもしれません。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-11-18 01:36 | 幕末京都逍遥 | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その160 「戊辰役東軍戦死者埋骨地(大専寺・文相寺・東運寺)」

「その159」で紹介した光明寺跡から300mほど南下したところにある大専寺にも、鳥羽・伏見の戦いで戦死した旧幕府軍の戦死者を供養する墓碑があります。


e0158128_13013027.jpg

こちらが、その墓碑。

これまで紹介してきた碑と同じく「戊辰役東軍戦死者埋骨地」と刻まれています。


e0158128_13013698.jpg


また、大専寺から南西に100mほど歩いたところにある文相寺に境内にも、同じ墓碑があります。


e0158128_13032147.jpg


それがこれ。

同じく「戊辰役東軍戦死者埋骨地」と刻まれています。


e0158128_13032423.jpg


さらに、文相寺から300mほど南下した場所にある東運寺にも、同じ墓碑があります。


e0158128_13063637.jpg


これです。

これもやはり「戊辰役東軍戦死者埋骨地」と刻まれています。

石碑の後ろに大きな切り株があります。


e0158128_13063912.jpg


あるいは、往時を知っていた木だったかもしれません。


e0158128_13064266.jpg


これらの碑はすべて、ここまで何度も紹介したものと同じく、明治40年(1907年)に京都十七日会によって挙行された東軍戦死者四十年祭典の際に建てられたものだそうです。

こうして見ても、このあたり一帯の寺院のほとんどが、鳥羽・伏見の戦いに関係していたことがわかりますね。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-11-09 02:09 | 幕末京都逍遥 | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その156 「戊辰役東軍戦死者埋骨地(愛宕茶屋埋骨地)」

下鳥羽から桂川沿い鳥羽街道4kmほど南下したにも、「戊辰役東軍戦死者埋骨地」と刻まれた墓碑があります。


e0158128_22473844.jpg


かつてこの地には鳥羽街道の愛宕茶屋があったそうで、その傍に愛宕神社の分祀されたがあったそうです。

鳥羽・伏見の戦いの際、この場所でも激しい戦闘が繰り広げられたと伝わり、ここに墓碑が建てられました。

この墓碑も前稿で紹介した悲願寺墓地内のものと同じく、明治40年(1907年)に京都十七日会によって挙行された東軍戦死者四十年祭典の際に建てられたものだそうです。


e0158128_22453818.jpg


ここに眠っているのは、慶応4年1月5日(1868年1月29日)に戦死した東軍兵35名だそうです。

1月5日といえば、戦いが始まって3日目で、あの岩倉具視が作ったとされる偽の「錦の御旗」を新政府軍が掲げた日です。

あるいは、錦旗を見て戦意を喪失して敗走中の兵だっかたもしれませんね。


e0158128_22474930.jpg


石碑の前は、かつての鳥羽街道が今も通っており、その前には桂川の堤防があります。


e0158128_22504239.jpg


堤防の上から墓碑を見下ろします。


e0158128_22504686.jpg


墓碑の後ろには、枝打ちされてはいますが大きな銀杏の巨樹があります。

幹の太さから見て、結構な樹齢ではないでしょうか?

あるいは、ここで戦死した35名の最期を見届けていたかもしれません。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-31 21:08 | 幕末京都逍遥 | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その155 「戊辰役東軍戦死者埋骨地(悲願寺墓地)」

「154」で紹介した法傳寺から少し北上したところにある悲願寺墓地内に、鳥羽・伏見の戦いで戦死した東軍兵の埋葬地があります。


e0158128_22402449.jpg


鳥羽・伏見の戦い後、この付近で戦死した兵の遺骸がそのまま放置されていたそうで、それを見かねた下鳥羽の人々が、この墓地の一隅に穴を掘り、焼け残った家の梁や柱を集めて戦死者の遺骸をその上に積み、荼毘に付したうえで丁重に埋葬したそうです。

自分たちの家も戦災で焼けていたにもかかわらず、昔の人は皆、殊勝な人ばかりですね。

まあ、遺体がそこら中に散乱していたら、誰でもそうするでしょうか?


e0158128_22403107.jpg


ここに葬られたのは233名だそうです。

鳥羽・伏見の戦いでの東軍の戦死者は279人といいますから、その大半がここに眠っていることになりますね。


e0158128_22402856.jpg


墓碑には「戊辰役東軍戦死者埋骨地」と刻まれています。

同じ文字が刻まれた墓碑がここ以外にも複数存在しますが、いずれも、明治40年(1907年)に京都十七日会によって挙行された東軍戦死者四十年祭典の際に建てられたものだそうです。

十七日会は徳川家康の命日である十七日(元和2年4月17日)にちなんだ徳川家恩顧者の会だそうです。


e0158128_22415291.jpg


ここ悲願寺墓地の歴史は古く、奈良時代の高僧・行基が改装を行ったとされているそうです。

この墓地は寺所有の墓地ではないのですが、格式が高い墓地ということで、「寺」の称号が与えられたのだとか。

かつてはここより南にありましたが、昭和59年(1984年)の都市計画によって、現在の場所に移転され、そのときに鳥羽伏見戦の戦死者の遺骨も改葬されたそうです。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-28 08:04 | 幕末京都逍遥 | Comments(0)