人気ブログランキング |

タグ:大森兵蔵 ( 2 ) タグの人気記事

 

いだてん~東京オリムピック噺~ 第12話「太陽がいっぱい」 ~金栗四三の五輪マラソン初挑戦~

 明治45年(1912年)7月14日、いよいよ金栗四三選手が出場する第5回ストックホルムオリンピックマラソンの日がやってきました。天候は快晴。ストックホルムは北欧スウェーデンの首都で、北緯60度に近い位置にあり(ちなみに日本の最北端の稚内でも北緯45度)、亜寒帯気候で7月の平均日最高気温は22度前後という過ごしやすい気候の都市ですが、数年に一度、熱波に襲われることがあり、それが、この年だったそうです。この日のストックホルムの気温は、陽の当たる場所では40度を超えていたといいますから、まさに、本話のタイトルどおり、雲ひとつない「太陽がいっぱい」の日でした。


 ドラマのとおり、この日、それまで床に伏していた大森兵蔵監督が、安仁子夫人の制止をふりきって、金栗選手と共にスタジアムに向かいました。先に行われた三島弥彦選手の短距離走で、自身の体調不良によって力になってやれなかったことが気になっていたのかもしれません。12時半、彼らはホテルを出てタクシーを探したものの拾えず、電車で行こうとするも、満員で乗れなかったようです。そこで、二人は競技場まで歩くことにしました。ドラマのように大森監督を背負って歩いたかどうかはわかりませんが、足手まといではあったでしょう。マラソンのレース前の金栗選手にとって、これは大きな体力の消耗になったでしょうね。


 そもそも、スタジアム近くに大会事務局が用意した選手宿舎があったのですが、日本選手団は、周囲が言葉の通じない外国人ばかりでは気づかれするだろうという理由でこれを利用せず、少し離れた繁華街のホテルを宿としていました。これも、になったんですね。


 なんとか間に合った金栗は、おそらく入念なアップをするゆとりもなく、スタート地点に立ちました。ときの心境をのちに金栗は、「スタートで私は中位、私より小柄な外国人も多くて見劣りは感じなかった。」と語っています。短距離走の三島弥彦選手は明らかな体格の違いに圧倒されたようでしたが、長距離はそれほどでもなかったようですね。


e0158128_15304501.jpg


ピストルの音で出場選手68人が一斉にスタート。マラソンはスタジアムを走って、外に出ていくことになっています。スタート地点では集団の中ほどにいた金栗でしたが、スタートしたとたん、外国人選手は猛スピードで飛び出し、たちまち金栗は最後尾になります。のちの金栗の回顧談です。


 「68人の選手が競技場の外に出たとき、私はビリだった。外国人はぐんぐんスピードを出す。あわてて無理にピッチを上げたのがわるかった」

 「スタートして外人は短距離を走るように走り、私は最後となり、実に面食らった。いわゆる調子がはじめから乱されていた」(『日本スポーツ百年』日本体育協会編)


 スタートでつまづいた金栗でしたが、その後、最初のハイスピードが仇となって失速してきた選手を徐々に抜き去り、少しずつ追い上げを見せます。しかし、次第に暑さによって体力を消耗し、目まいに襲われ始めました。後年、彼はこのように述懐しています。


 「途中で2、30人抜いて折り返し点をまわり、これなら相当いけるぞと思ったのも束の間、脚が痛みだし汗が目に入り、15マイルを過ぎるあたりから意識がぼんやりし始めて、途中で水をのんだりかぶったりしたのがなおいけなかったか」(『日本スポーツ百年』日本体育協会編)


 テレビ中継もラジオ中継もない時代ですが、選手たちの順位は、スタジアムで待つ観客にも逐一伝えられていたといいます。スタンドにいた嘉納治五郎団長をはじめ、大森監督ら関係者たちは、ドラマのようにさぞかし気をもんでいたことでしょうね。もっとも、大森監督がおとなしくベッドで寝ていてくれれば、レース前の体力の消耗はもう少し少なくてすんだでしょうが。


 レースを制したのは、暑さに慣れた南アフリカケネス・マッカーサー選手でした。何より、68名のマラソン競技参加者中、ほぼ半数の33名がゴールできなかったという結果が、このレースの過酷さを雄弁に語っているといえます。そして、その33名のなかに、金栗選手も入っていました。ところが、当初、その途中棄権者リストのなかに金栗の名前がなく、さりとてゴール地点にも現れず、忽然と姿を消してしまっていました。つまり、棄権ではなく失踪しちゃったんですね。その辺の経緯は来週に持ち越しのようでしたので、当ブログでも、ネタバレはやめておきます。つづきは来週にて。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-03-25 23:59 | いだてん~東京オリムピック噺~ | Comments(0)  

いだてん~東京オリムピック噺~ 第10話「真夏の夜の夢」 ~大森兵蔵の病と三島弥彦の気おくれ~

ストックホルムに着いて数日が経ち、現地での生活に慣れてくると、金栗四三三島弥彦の両選手は、練習を開始しました。宿舎のホテルから練習用のサブグラウンドはそれほど遠くなく、二人は毎日歩いてそこに通ったそうです。そのときのことを、金栗はこう語っています。


 「私は三島選手の手伝いをしてから、マラソンコースを一人で練習した。初めのうちは、気温も低く、外人選手も少なく、楽な気分で走っていたが、六月下旬から暑くなり、外人選手も多くなると、これら外人選手と一緒の練習による緊張と疲れとで、誰が鞭撻してくれる人がほしいと思った」(『日本体育協会五十年史』日本体育協会編)


 日本選手団といってもわずか2人。そしてコーチもいません。本来であれば、監督の大森兵蔵がその任にあたるところだったでしょうが、大森は日本を発つ前から患っていた肺病の病状が悪化し、とても選手たちの指導にあたれる状態にありませんでした。


e0158128_19124304.jpg 大森兵蔵は明治9年(1876年)生まれで、このとき36歳同志社、東京高等商業学校(現・一橋大学)に学び、カリフォルニアのスタンフォード大学経済学部を経て、マサチューセッツ州スプリングフィールドにある国際YMCAトレーニングスクールを卒業。在米中に結婚したアニー夫人(日本に帰化したのち、大森安仁子と改名)を連れて明治41年(1908年)に帰国し、日本に初めてバスケットボールバレーボールを紹介しました。アメリカの選手制度練習法を日本に伝えたのも彼で、競技会の創設を説いたのも彼。嘉納治五郎とともに大日本体育協会の設立にも尽力し、その専務理事にも就きました。日本初のオリンピック選手団の監督としては、うってつけの人物だったといえるでしょう。


 ただ、大森はこのときすでに肺の病に侵されていました。いまで言う肺結核ですね。なぜ、そのような身体で監督の任を引き受けたのかはわかりませんが、日本を発つ前はそれほど酷くはなかったのか、あるいはスポーツマンだけに自分の体力を過信していたのか、いずれにせよ、大森の病状は長旅の途中で悪化、シベリア鉄道での移動中に喀血し、その後は横になっている日々が続くようになります。ストックホルムに着いてからも、選手たちの練習を見るどころではなく、金栗と三島は、自分たちだけで何とかするしかありませんでした。上述した金栗の言葉にも、「誰が鞭撻してくれる人がほしいと思った」とあるように、監督を頼れずに外国人選手たちの中で気おくれしている様子が窺えます。


e0158128_16513466.jpg 「気おくれ」という点では、金栗より三島のほうが大きかったようです。三島は当時の日本人としては長身の174cmだったそうですが、日本では周りを見下ろす環境だったでしょうが、こちらに来てみると周囲は偉丈夫だらけで、むしろ見上げるほうが多い。一緒に練習をしていても、100m走で自分より1秒以上も速い選手がずらりといる。日本ではスポーツで向かうところ敵なしのスーパーアスリートだっただけに、こちらに来て初めて経験する劣等感に打ちひしがれていたようで、「恥ずかしくて、とても練習なんかしていられない」と泣き言をいい、ノイローゼ気味だったといいます。ドラマでもそうでしたね。100mと1秒というと、10m近い差があります。あるいは、練習中に外国人選手から嘲笑されたりしたこともあったのかもしれません。オリンピックは参加することに意義があるといっても、あまりに力の差が歴然としているようでは、やはり、モチベーションは保てませんよね。『黎明の鐘』となるのも大変です。


 ちなみに、大森兵蔵・安仁子夫妻の話に戻りますが、ドラマではシャーロット・ケイト・フォックスさんが演じるチャーミングな安仁子ですが、実際には、安仁子は兵蔵より20歳年上の姉さん女房です。結婚したとき兵蔵30歳、安仁子50歳。ストックホルムに来たこのときは56歳でした。なかなかなおばさんです(笑)。でも、30歳の兵蔵が結婚したいと思ったわけですから、きっと、よほど魅力的な50歳だったのでしょうね。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



by sakanoueno-kumo | 2019-03-11 19:15 | いだてん~東京オリムピック噺~ | Comments(0)