人気ブログランキング |

タグ:大谷吉継 ( 3 ) タグの人気記事

 

真田丸 第34話「挙兵」 ~七将襲撃事件~

  石田三成徳川家康暗殺未遂事件からわずか1か月余りの慶長4年(1599年)3月3日、太閤死後に豊臣秀頼の後見役を務めていた前田利家が病没します。五大老の一角として唯一、家康と対等に渡り合うことができ、さらには、武断派、文治派の双方から人望に厚かった利家の死によって、それまでなんとか保たれていた均衡が一気に崩れ、予てから「三成憎し」で団結していた武断派の加藤清正、福島正則、藤堂高虎、黒田長政、浅野幸長、細川忠興、脇坂安治の七将が暴発。三成を殺害すべく襲撃します。


しかし、この動きを事前に察知した三成は、佐竹義宣の協力を得て屋敷を逃げ出し、伏見城に逃げ込みます。この騒動を収拾したのが、徳川家康でした。家康は武断派を説得して鉾を収めさせ、襲撃した武断派が三成の身柄引き渡しを要求したため、三成を蟄居にすることで手を打たせます。そして閏3月10日、三成は家康の次男・結城秀康の警護のもと佐和山城に戻り、謹慎生活となりました。こうして三成は政治の表舞台から遠のくことになります。


e0158128_19301095.jpg この経緯のなかでの有名な逸話として、武断派の襲撃を受けた三成が、敵である家康のもとに助けを求めて単身乗り込み難を逃れたという話がありますよね。このエピソードから、三成が単に小賢しいだけのインテリ官僚ではなく、豪胆な一面を持った武将だったという印象を受けます。石田三成という人物を描く上で欠かせないエピソードといえますが、今回のドラマでは、この逸話は採用されませんでした。というのも、この話は最近では否定的な見方が強いようです。この説の典拠となっている史料はすべて明治以降のもので、それ以前に成立した史料には、三成が家康屋敷に赴いたことを示すものはないからだとか。まあ、たしかに、あまりにもリスキーな選択で、合理主義の三成としては、冒険的すぎる行動といえます。小説やドラマなどでは、ここは三成のいちばんの見せ場なんですけどね。


e0158128_21350278.jpg ただ、血気にはやる武断派との間の調停役を家康が引き受け、騒動を収拾したというのは史実のようです。ドラマの時代考証を担当されている丸島和洋氏のツイッターによれば、このとき、家康に事態収拾の協力を要請したのは、大谷吉継だったといいます。今回のドラマで、吉継が娘婿の真田信繁を家康のもとに派遣したのは、その動きを下敷きにしたストーリーだったわけですね。実際、このとき吉継はがかなり進んでいて動きづらかったでしょうから、使者を通じての協力要請だったかもしれません。信繁の動きは、まったくもって荒唐無稽フィクションではなかったんですね。


 この事件を収拾したことにより徳川家康はその影響力を拡大し、一方で石田三成は一時失脚します。一説には、すべて家康の描いたシナリオ、家康自身がこの事件の黒幕だった・・・なんて俗説もありますが、いかがなものでしょう。いずれにせよ、この武断派と文治派の対立が家康にとって有利にはたらいたことは間違いありません。これ以降、豊臣政権の政務は家康が一手に握ることとなります。


 三成が失脚して約1年が過ぎた慶長5年(1600年)4月、会津国の上杉景勝が、家康との対立姿勢を露わにします。家康は上杉家に対して何度も上洛を促す使者を送りますが、景勝は病気と称してこれを拒否しつづけ、一方で、領内の城の補修工事を進めます。この態度から、上杉家は謀反の疑いをかけられるのですが、上杉家家老の直江兼続は、その釈明のための書状を家康に送ります。しかし、その書状には、家康を痛烈に非難した内容が書かれていたといわれ、それを読んだ家康が激怒し、上杉討伐を決定します。世に言う「直江状」ですね。歴史はいよいよ、関ヶ原の戦いに向かいます。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



by sakanoueno-kumo | 2016-08-29 22:54 | 真田丸 | Trackback | Comments(0)  

真田丸 第33話「動乱」 ~家康襲撃未遂事件~

 太閤亡きあと、五大老筆頭であるはずの徳川家康が、法度に反して諸大名との縁組を次々と行った問題で、慶長4年(1599年)1月19日、家康以外の四大老・五奉行は、伏見の徳川屋敷に詰問使を派遣します。このときの家康は、詰問使を恫喝して追い返したとも、のらりくらりととぼけてあしらったとも伝わりますが、いずれにせよ、家康は私婚の罪を認めようとはしませんでした。これに憤慨した石田三成が、家康に毅然と立ち向かいます。ドラマでは、三成が家康襲撃を企てた設定になっていましたが、別の説では、三成はもうひとりの筆頭大老である前田利家の元に集結し、軍備を整えたともいわれます。


e0158128_23084082.jpg これを受けて、徳川屋敷にも家康を支持する大名たちが集まり、警固が行われます。ここに、情勢は一触即発のムードとなりました。このとき、三成側についたのは、四奉行のほか、宇喜多秀家、毛利輝元、上杉景勝、佐竹義宜、小西行長、長宗我部盛親らで、一方の家康側についた大名は、伊達政宗、福島正則、池田輝政、藤堂高虎、黒田長政、加藤清正、細川忠興、加藤嘉明、浅野幸長等で、ドラマにあったように、大谷吉継も、この時点では徳川方につきます。一般に、三成と吉継は無二の親友だったといわれますが、実際には、二人の友情に関するエピソードは、すべて後世に作られたものだそうで、どこまで心を寄せていたかは定かではありません。この時点での吉継の考えは、家康を支えることで、豊臣政権を盤石なものにするというものでした。ただ、最終的に関ケ原の戦いでは三成方につくわけですから、吉継自身、迷いのなかだったのかもしれませんね。

 で、その吉継との関係もあってか、ドラマのとおり真田昌幸、真田信幸、そして、ドラマでは三成に与していた真田信繁も、実は、このときは徳川屋敷の警固に加わっています。のちに犬伏の別れで敵味方に分かれる真田家ですが、この時点では、まだ一枚岩だったようですね。昌幸にしてみれば、勝負どころはまだ先にあるとみていたのでしょうか?

e0158128_19301095.jpg それと、今回のドラマでの石田三成と加藤清正の間柄は、今までにない微妙な関係ですね。一般に、清正と三成は犬猿の仲で、清正や福島正則武断派の三成に対する憎悪が、関ケ原の戦いの導火線になったと描かれることが多いですが、今回のドラマの清正は、いまの時点では三成を憎んではいないようです。この関係を、このあとどのように関ケ原の対立に持っていくのでしょうか? その前に、次週描かれるであろう「七将襲撃事件」にどう結びつくのか、興味深いです。


 それにしても、三成の不器用さが歯がゆいですね。清正が何度も歩み寄ろうとしているのに拒絶したり、宇喜多秀家を侮辱したような発言をして、「どうにもイラッとさせられる男だ」と言われたり、細川忠興を味方に引き入れようとして、逆に怒らせてしまったりと、人の心を読み取れないというか、デリカシーがないというか、こんなんでよくまあ、秀吉に気に入られたなあ・・・と。見ていて切なくなります。

吉継「徳川内府を殺してそのあとはどうする? おぬしは自分がまつりごとの要となるつもりか?」

三成「ほかにおらぬならば」

吉継「おぬしに人がついてくるのか?」

三成「やってみねばわからぬ!」

吉継「ならば今宵、どれだけの大名がおぬしに従った?」

もし、三成に人を引きつける能力があれば、歴史はどうなっていたでしょうね。

まあ、三成の性格がどうこうというより、家康の老獪さの前では結果は同じだったかもしれませんが。

関ケ原の戦いは、すでに始まっていました。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



by sakanoueno-kumo | 2016-08-22 23:59 | 真田丸 | Trackback(1) | Comments(2)  

真田丸 第16話「表裏」 ~信繁の直臣待遇と、大谷吉継、石田三成の逸話~

 上杉景勝に置き去りにされて取り残された真田信繁。しかし、豊臣秀吉はそんな信繁を馬廻衆に加えます。つまり、秀吉の家来になったということですね。実際にそんな事実があったかどうかはわかりませんし、何より、この時期に信繁が大坂入りしていたかどうかも定かではありませんが、のちに秀吉が信繁を人質の枠を超えて直臣なみに厚遇したというのは事実です。一般的には、信繁ははじめ豊臣家に人質として送られたといわれますが、一説には、そもそも最初から人質ではなく、秀吉に召し出されて出仕していたとの見方もあります。

 その理由としては、こののち真田昌幸の正室・山之手殿が大坂に人質として送られてくることがあげられます。真田家から2人の人質が差し出されるというのは不自然であり、正式な人質は山之手殿だけだったんじゃないかと考えられます。また、のちに信繁は秀吉によって従五位下・左衛門佐に任官され、さらに、秀吉の家臣である大谷吉継の息女を妻に迎えることになるわけで、これは、人質としては破格の待遇といえます。はじめは人質だったのが、途中から直臣扱いになったのか、あるいは、はじめから家来として召し出されたのか、いずれにせよ、秀吉が信繁に肩入れしていたのは事実でしょう。馬廻衆に加えられたという話も、あってもおかしくはありません。

e0158128_23084082.jpg のちに義父になる大谷吉継ですが、よく知られている吉継の姿は、顔を頭巾で隠した容貌ですよね。その理由は、吉継は当時、ハンセン病(癩病)もしくは梅毒を患っており、顔が崩れていたためと言われています。ところが、本ドラマでの吉継は、頭巾をかぶっていません。調べてみると、近年、吉継のハンセン病説を否定する見方が強くなってきているそうです。というのも、吉継が病のため頭巾を被っていたという描写は、江戸中期頃までの逸話集には出てこないそうです。たぶん、このドラマでは、その説を採ったのでしょう(幕末に描かれたこの浮世絵でも、頭巾は被っていませんね)。ただ、目を患っていたのは事実のようで、文禄3年(1594年)に直江兼続宛に出された書状に、そのことを示す記述が存在するそうです。この時期より15年以上先の話ですが。

 石田三成と昵懇だったといわれる大谷吉継ですが、二人の友情について、こんなエピソードがあります。あるとき、秀吉が主催した茶会において、出席した豊臣諸将は茶碗に入った茶を一口ずつ飲んで次の者へ回していったのですが、吉継に茶碗が回ってきたとき、顔から膿が茶碗に落ちたといいます。これを見た周りの諸将は、感染を恐れて茶碗に口をつけず、飲むふりだけをして隣にまわしていきますが、このとき三成だけは、平然と茶を飲み干したといいます。これを見た吉継は大いに感激し、以後、三成のいちばんの理解者となり、やがて関ヶ原の戦いに至った・・・と。この話が事実かどうかは定かではありませんが、吉継のハンセン病説が否定されると、この話もなかったことになりますね。三成の人となりを知る上で重要なエピソードだけに、少し残念な気もします。

 今話は特に話の進展がなかったので、余談めいた話を場当たり的に綴ってみました。それにしても、真田信繁、石田三成、片桐且元の絡むシーンを観ていると、山南敬助、土方歳三、井上源三郎に見えてしまうのはわたしだけでしょうか? それと、信繁と吉継のシーンも、半沢直樹黒崎検査官に見えてしまいます(笑)。吉継はオネエキャラではないようですが(笑)。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



by sakanoueno-kumo | 2016-04-25 23:13 | 真田丸 | Trackback(1) | Comments(4)