人気ブログランキング |

タグ:宇喜多直家 ( 3 ) タグの人気記事

 

漆黒の烏城、備前岡山城を歩く。 その3「本丸中の段」

「その2」の続きです。

下の段南面から中の段に登ります。

ここも枡形虎口になっており、不明門(復元)を見上げながらL字に曲がらされます。


e0158128_18332784.jpg


石段を登ると、鉄門跡があります。


e0158128_18342860.jpg


この両側の石垣を渡すように、かつて鉄板で覆われた櫓門がありました。


e0158128_18365968.jpg


鉄門跡を過ぎてまっすぐ西へ進むと、中の段南西隅櫓の大納戸櫓跡があります。

この大納戸櫓は、櫓の多さでは全国で最多級といわれる岡山城の櫓のなかで最も大きな3重4階の櫓で、その姿は天守といってもいいような雄姿だったといいます。


e0158128_18370305.jpg


説明板に、古写真に写るその姿が紹介されていました。

一説には、永禄年間(1558~70年)に宇喜多秀家の父・宇喜多直家が築いたといわれる沼城の天守移築したものとも言われます。

沼城は岡山城の北東10kmほどの位置にありました。

古写真に残る大納戸櫓は、城郭の天守が登場したころの形態を示していることから、沼城の天守だったという説の信憑性は高いと考えられているそうです。


e0158128_18383076.jpg
e0158128_18405058.jpg


大納戸櫓から中の段西側を北に向かって伸びる多門櫓跡です。

説明板によると、大納戸櫓から伊部櫓の間に、長さ37m、幅4mの多聞櫓があったそうです。


e0158128_18433021.jpg
e0158128_18433379.jpg


ここがその伊部櫓跡

説明板によると、伊部櫓は白壁造りの3階建ての櫓だったそうです。


e0158128_18454191.jpg
e0158128_18454554.jpg


そして、伊部櫓と北側の数寄方櫓をつなぐ長さ30m、幅5m多門櫓跡です。


e0158128_18484928.jpg
e0158128_18485206.jpg


そして、ここが数寄方櫓跡

数寄方櫓も伊部櫓と同じく白壁造りの3階建ての櫓だったそうです。


e0158128_18531138.jpg


そしてこちらが、中の段北西隅にある岡山城唯一の現存する櫓月見櫓です。


e0158128_18542087.jpg


月見櫓は、池田氏二代目藩主の池田忠雄が岡山城の増改築に際して、本丸搦め手に備えて建てた隅櫓です。

1階が×4間で、地上2階、地下1階の構造で、城外側から見ると二重に見え、城内側から見ると、地階に屋根がつくため三重に見えます。

変則的な櫓で、櫓からの眺望を考慮して城内側は開放的になっており、櫓では珍しく最上階に廻縁がついています。

その名のとおり、ここで月見の宴が催されていたのかもしれません。


e0158128_18543095.jpg


説明板です。


e0158128_18543881.jpg


石碑には、「国宝」と刻まれていますね。

これは、戦前の「旧国宝」のことです。

現在は重要文化財に指定されています。


e0158128_19044082.jpg


中の段の真ん中には、かつて表書院がありました。

表書院は岡山藩の政庁の役割を果たしていた建物で、大小60を超える部屋があったとされています。

現在、その建物は残っておらず、だだっ広い空間にその区画を示す部屋割りが地面に表示

されています。


e0158128_19044475.jpg
e0158128_19044842.jpg
e0158128_19045104.jpg


説明板には、その平面図が紹介されていました。


e0158128_19063682.jpg
e0158128_19064233.jpg


中の段表書院跡から見上げる天守です。


e0158128_19095365.jpg
e0158128_19095754.jpg


こちらは、表書院の中庭にあった泉水

復元です。


e0158128_19135334.jpg
e0158128_19135826.jpg


こちらは穴蔵

もとは屋根があり、非常用の食料を保存していたと考えられています。


e0158128_19200011.jpg
e0158128_19200342.jpg


中の段広場内には、発掘調査で出土した宇喜多秀家時代の石垣が展示されています。


e0158128_19201396.jpg
e0158128_19200937.jpg
e0158128_19200683.jpg


これらの石垣は、出土した場所にそのまま残されて展示されています。

写真を見てわかるように、かなり深い場所から出土しています。

この出土によって、この中の段が江戸時代での城域の拡張工事の際に作られたということがわかります。


e0158128_19230508.jpg


で、最初に紹介した鉄門跡のすぐ上にある不明門(あかずのもん)です。

その名の通り、儀式のとき以外に開かれることはなく、この名称となったそうです。

でも、南側の鉄門跡から不明門は、大手門にあたるはず。

大手門は使用せず、鉄門から表書院の中を通って北側の搦手門の廊下門から本段に登っていたのでしょうか?


e0158128_19230933.jpg


昭和41年(1966年)再建の鉄筋コンクリート製ですが、立派な門です。

こんな立派な門なのに、使われていなかったなんてもったいない。


e0158128_19231535.jpg


さて、不明門を潜って、「その4」では、いよいよ本丸本段に登ります。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-04-26 21:09 | 岡山の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

軍師官兵衛 第25話「栄華の極み」 ~鳥取城の戦いと宇喜多直家の死と安土城のライトアップ~

 三木城を落とした羽柴秀吉は、すぐさま但馬国・因幡国を平定すべく鳥取城の攻略にとりかかるのですが、ドラマでは完全スルーでしたね。「鳥取の飢殺し」と称された鳥取城の戦いは、同じく「三木の干殺し」と称された三木合戦とともに、日本史上もっとも有名な兵糧攻めのひとつです。その凄惨ぶりは三木合戦に勝るとも劣らず、残されている記録によれば、飢餓の極致に達した者たちは、人肉をも食らったとか。その概要を示すと、

 「飢餓を極めた城内では、虫の息になった者たちに人が集まり、刀で関節を切り離し、肉を切り取って食らった。とくに脳味噌は栄養価が高いため、あちこちで首の奪い合いがあった。」

 と記されています。まさに地獄絵図ですね。三木合戦の折は、黒田官兵衛はそのほとんどの期間を摂津有岡城の土牢で過ごしていましたが、この鳥取城攻めでは、秀吉の参謀として大いに腕をふるっていたはずです。ドラマで割愛されたのは、あまりにもおぞましすぎてNHK的に描けなかったのか、あるいは、この残酷な作戦を指揮する官兵衛の姿は、キャラ的にまずかったのか、いずれにせよ、ここまで今年の大河ドラマはたいへん面白いと思っているだけに、少し残念ではあります。本話のタイトルは「栄華の極み」ではなく、「飢餓の極み」でよかったんじゃないかと。

 鳥取城を落とした秀吉は、いよいよ毛利輝元の本拠地である安芸国を目指します。となれば、必ず通らなければならないのが備前国と備中国ですが、あの悪名高き備前の宇喜多直家は、調略によって既に織田方に与していました。しかし、だからといって油断できないのが曲者と言われた直家ですが、秀吉が鳥取城を落とした天正9年(1581年)には、直家は病床についていました。このとき直家の嫡男の八郎(のちの宇喜多秀家)はまだ10歳。自らの余命が残り少ないことを悟った直家は、息子の行く末を秀吉に頼みます。これを秀吉は快諾し、養子にしました。秀吉にしてみれば、願ったり叶ったりだったでしょうね。曲者の親父が病に倒れ、幼い嫡子の後見人になることで、ほとんど労せずして備前を手中にしたようなものでした。直家、よくぞ倒れてくれた!・・・と。

 ちなみに、ドラマの直家は自身の側室・お鮮も秀吉の側女に差し出していましたが、秀吉がお鮮を側室にしたかどうかは定かではないようですが、八郎とともに生母であるお鮮の後見人として宇喜多家をサポートしたのは事実のようです。お鮮はたいそう美人だったといいますから、女好きの秀吉が放っておいたとは考えづらいですね。直家、よくぞ倒れてくれた!・・・と(笑)。

 「栄華の極み」とは、安土城のライトアップだったんですね。『信長公記』によると、天正9年(1581年)7月15日、織田信長は安土城天主と惣見寺に数千の提灯をともし、新道や江の内の舟上で馬廻に松明をかかげさせ、山上を照らし出させたといいます。城の明かりは湖面に写り、その美しさは、この世のものとは思えないほどで、京や大坂から見物客が群れをなして集まったと伝えられます。イエナリエならぬ、城ナリエですね。そもそも戦国時代の城とは、戦のための大規模な砦であり、のちの時代のそれのように美を求めるものではありませんでした。ましてや、城を明かりで装飾するなどといった発想は、奇才信長以外には考え及ばなかったでしょうね。かつて見たことのない美しい光景に、当時の人々は、信長の威光新しい時代の訪れを感じたことでしょう。

 「宇喜多家は秀吉に賭ける。あの男は天下を取れる器じゃ。・・・信長は危うい。」

 まるで未来を知っているかのような死際の直家の台詞ですが、秀吉の天下を予見できたかどうかは別にしても、信長が危ういという見方は、あるいはこの時代の多くの者が感じ始めていたかもしれません。天下統一を目前にし、まさに「栄華の極み」にあった信長ですが、恐怖政治が長続きしないというのは、歴史の示すとおりでした。

 「わしとて上様が恐ろしい。だが、それゆえ懸命に働くのだ。」

 そう言った明智光秀が本能寺を攻めたのは、安土城のライトアップから1年足らずのことでした。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
  ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2014-06-24 22:18 | 軍師官兵衛 | Trackback(1) | Comments(2)  

軍師官兵衛 第14話「引き裂かれる姉妹」 ~福原城・上月城の戦い~

 羽柴秀吉が播磨国に入ったことで、去就を決めかねていた諸豪族たちも、次々に秀吉に従い始めます。しかし、何度説得工作を繰り返しても、秀吉に与することを頑なに拒み続けていた領主が2人いました。それは、福原城(作用城)主・福原助就と、上月城(七条城)主・上月景貞赤松政範という説も)で、いずれも、播磨国と美作国の国境付近に位置します。播磨国は大きく分けて、東播磨西播磨に分けられますが、黒田官兵衛の居城・姫路城がある東播磨は、御着城主・小寺政職三木城主・別所長治など、主だった領主はすべて織田方についていましたが、西播磨のすぐ西には、毛利氏の傘下に属している備前国岡山城主・宇喜多直家がおり、毛利氏の影響を多分に受けていました。しかし、ここを落とさなければ、播磨平定は成し得ません。そう考えた秀吉は、この2つの城の攻略を開始します。

 天正5(1577)年11月26日、まずは福原城を攻めます。この戦いについて『黒田家譜』には、こう記されています。

「孝高(官兵衛)の謀(はかりごと)にて三方を囲み、一方を攻め給う。これ孫子が所謂、囲師必闕という軍法なり」

 囲師必闕(いしひっけつ)とは、中国春秋時代の思想家・孫武の作とされる兵法書「孫子」にある戦法で、それによれば、四方すべてを包囲するのではなく、一方に逃げ道を作っておけば、敗色が濃厚になった敵兵が自ずとそこへ集まり、迎え討つかたちで一気に撃破できるので、味方の犠牲が少なくてすむ、というもの。この官兵衛の策が見事に功を奏し、福原城はわずか2日ほどで陥落します。

 福原城を落とした秀吉軍は、その勢いで28日に上月城へと兵を進めます。この戦いでも官兵衛は、竹中半兵衛とともに先遣隊として活躍しました。敵方もこの上月城を重要拠点と考えていたらしく、宇喜多直家は3000の援軍を送って秀吉軍を迎え撃ちますが、秀吉、官兵衛、半兵衛という智将3人の前に散々に打ち負かされ、無念のうちに撤退を余儀なくされます。

 宇喜多軍を打ち破った秀吉軍は、上月城に向けてさらに激しい攻撃を加え、そして完全に包囲すると、籠城戦において命の源である水の補給路を断ちます。この時点でもはや勝負有り。籠城兵たちは降伏を願い出て、城主の上月景貞は、自害して果てます。一説には、家臣の裏切りによって落命したとも言われます(ドラマでは、その説で描いていましたね)。

 と、ここまでがドラマで描かれていた上月城の戦いですが、秀吉が下村玄蕃助に宛てた書状によれば、秀吉は降伏してきた城兵たちの命乞いを受け入れることなく、逆に逃げられないようにをめぐらせ、次々と敵兵の首をはねた、とあります。さらに見せしめとして、女・子ども二百人余りを串刺し、磔にして晒すなど、残虐の限りを尽くしたといいます。一般に、あまり人を殺さない武将だった言われる秀吉ですが、ずいぶんとイメージが違う残虐ぶりですよね。つまるところ、秀吉は、味方の兵を殺さない武将だった・・・というのが正解でしょう。

 ちなみに、下村文書にあるこの残虐な逸話は、『黒田家譜』には記されていません。官兵衛こそ、できるだけ人を殺さない戦略家であり、きっとこのときの秀吉の行いを、快くは思っていなかったんじゃないでしょうか。

 あと、ドラマにもあったように、この戦いで落命した上月景貞の妻が、官兵衛の妻・実姉だったと言われています。つまり、上月景貞は官兵衛の義兄だったということですね。身内が敵味方に別れて戦うなど、戦国の世ではとくに珍しいことではありませんが、それゆえになおさら、勝負が決してからの秀吉の目に余る残虐な仕打ちは、官兵衛にとって気持ちのいいものでなかったでしょう。司馬遼太郎氏の『播磨灘物語』では、景貞は自害して果てるも、その妻と二人の娘は、官兵衛の手によって保護されたとあります(ドラマでも、そう描かれていましたね)。串刺しや磔にならずにすんでよかったといえますが、ただ、ともに籠城戦を戦った家臣の妻や子どもたちが残酷に処刑されたことを思えば、助かってもなお、決して心穏やかではいられなかったでしょう。

 のちに、なるべく人を殺さない戦略家となる官兵衛ですが、あるいは、この上月城の戦いが、そのキッカケとなったのかもしれませんね。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2014-04-07 20:42 | 軍師官兵衛 | Trackback | Comments(4)