人気ブログランキング |

タグ:宮部鼎蔵 ( 5 ) タグの人気記事

 

幕末京都逍遥 その126 「三縁寺(池田屋変之殉難烈士之墓碑)」

前稿で紹介した「岩倉具視公旧蹟九兵衛宅址碑」から300mほど南下したところにある三縁寺に、元治元年6月5日(1864年7月8日)に起きた池田屋事件で討死した攘夷派志士たちの墓があります。


e0158128_16053243.jpg


山門の横には、「池田屋変之殉難烈士之墓」と刻まれた石碑があります。


e0158128_16071046.jpg


かつて三縁寺は、「その38」で紹介した現在の京阪電鉄三条京阪駅の近くにありましたが、昭和54年(1979年)の駅前開発にともない、この地に移転されました。

その際、志士の遺骨も発掘され、ここに改葬されました。


e0158128_16205404.jpg


志士たちの場所は、本堂奥の墓地のいちばん高い場所にあります。

案内板などはないですが、ひと目みればそれとわかります。


e0158128_16205714.jpg


入口には鳥居があり、その一角だけ特別な場所といった感じです。


e0158128_16224045.jpg


まず正面には、宮部鼎蔵松田重助の墓碑があります。

肥後藩のふたりですね。

宮部は、このときのメンバーのなかでもリーダー的存在でした。


e0158128_16234049.jpg


その傍らにも、同じく宮部と松田の名が刻まれた小さな石碑があります。

ググってみると、こちらが元の墓碑で、先に紹介した大きな墓碑が新しく建てられたもののようです。


e0158128_16242653.jpg


こちらは、同じく肥後の上松源友胤の墓。

宮部の弟子です。


e0158128_16264158.jpg


こちらは、播州林田藩の大高又次郎の墓です。


e0158128_16264508.jpg


その横にあるこちらの墓碑は、長州藩の吉田稔麿、杉山松助、廣岡浪秀の3名、土佐藩の北添佶麿、望月亀弥太、石川潤次郎の3名の計6名の合同碑です。

事件発生後、現場に打ち捨てられたままになっていた志士たちの遺体は、三条にあった三縁寺に運び込まれて供養されたと伝えられます。

それが、ここに埋葬されている上松以外の9名でした(上松は池田屋事件で命を落とした人物ではありません)。

そのうち、宮部、松田、吉田、杉山、北添、石川、大高の7人は、のちの明治政府により「殉難七士」と呼ばれるようになります。

なぜ、望月廣岡は外されちゃったのでしょうね?

なんで「殉難九士」じゃだめだったのでしょう?

ちょっと気の毒な気がしないでもないです。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-09-07 01:30 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その38 「池田屋事変殉難志士墓所跡碑」

三条大橋を東に渡って100mほど歩いたところに、「池田屋事変殉難志士墓所跡」と刻まれた石碑が建てられています。

かつて、この場所には三縁寺」という寺があり、元治元年6月5日(1864年7月8日)に起きた池田屋事件で討死した攘夷派志士たちが葬られていました。


e0158128_18300097.jpg


事件発生後、現場に打ち捨てられたままになっていた志士たちの遺体は、ここにあった三縁寺に運び込まれました。

そのメンバーは、熊本藩の宮部鼎蔵、松田重助、長州藩の吉田稔麿、杉山松助、廣岡浪秀、土佐藩の北添佶摩、石川潤次郎、望月亀弥太、林田藩の大高又次郎の9人だったといいます。

そのうち、宮部、松田、吉田、杉山、北添、石川、大高の7人は、のちの明治政府により「殉難七士」と呼ばれるようになります。


e0158128_18300499.jpg


三縁寺は、昭和54年(1979年)に京阪電鉄三条駅前開発にともない、左京区岩倉花園町に移転したそうで、その際、志士の遺骨も発掘され、岩倉の新墓地に改葬されました。


e0158128_18300859.jpg


移転するにあたって、三縁寺と京阪電車との間で「維新史蹟池田屋事変三縁寺墓所跡」という石碑を建立するという契約が結ばれたそうですが、その後30年、建碑は行われていませんでした。

ようやくこの石碑が建てられたのは、平成22年(2010年)だったそうです。


e0158128_18301223.jpg


現在、石碑の建つ場所は、バイク置き場になっています。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-04-20 23:37 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その7 「東山霊山護国神社~池田屋事件殉難者の墓」

幕末京都といえば、真っ先に思い浮かぶのが新選組

新選組といえば、「池田屋事件」ですよね。

「池田屋の変」「池田屋事変」ともいいます。

ここ東山霊山には、池田屋事件で命を落とした志士たちが、揃って祀られています。


e0158128_20414125.jpg

いまさら説明するまでもないと思いますが、池田屋事件とは、旅館・池田屋にて尊王攘夷派志士たちが集って行われていた密談を新選組が事前に察知し、襲撃した事件ですね。

この事件によって、尊攘派は多くの有能な人材を失い、同時に、新選組の名が世間に轟きました。


e0158128_20414696.jpg

彼ら尊攘派の密談の内容は、祇園祭の前の風の強い日に、天皇が住む御所をつけ、中川宮朝彦親王幽閉し、京都守護職を務めていた会津藩主・松平容保暗殺、そして長州へ孝明天皇を連れ去るという計画だったといいます。

たしかに、これが実行されれば大変なことになったでしょうが、ただ、この計画に関しては、新選組が捏造した冤罪だったという説もあり、真相は定かではありません。


e0158128_20415019.jpg

古高俊太郎の墓碑です。

古高は池田屋事件で落命した人物ではありませんが、事の発端となった人物。

彼が、「枡屋喜右衛門」という偽名を使って炭薪商を営みながら、間者として密かに武器弾薬を揃えていたところに新選組が家宅捜索に入り、捕縛された上に拷問にかけられ、池田屋の密会が明るみになります。

事件後も古高はに繋がれていましたが、同じ年の禁門の変の際における火災で獄舎近辺まで延焼、火災に乗じて逃亡することを恐れた役人により、判決が出ていない状態のまま他の囚人とともに斬首されました。

享年36。


e0158128_20415475.jpg

こちらは、熊本藩主・宮部鼎蔵の墓です。

宮部は幕末の初期段階から尊攘派に名の知れた人物で、この頃はすでに尊攘派の巨魁となっていました。

先の安政の大獄で処刑された吉田松陰とも親交が厚く、もし、宮部が明治の世まで生きていれば、政府の要職として活躍していたであろうと言われる人物です。


e0158128_20432324.jpg

ここ池田屋事件コーナー(?)以外にも、霊山には吉田稔麿、望月亀弥太など池田屋事件の落命者の墓碑が数多く祀られています。





「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-03-02 00:37 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

花燃ゆ 第8話「熱血先生、誕生」 ~吉田松陰と久坂玄瑞の出会い~

 久坂玄瑞吉田松陰師弟の運命の出会いの回でしたね。両親と兄に立て続けに死なれた玄瑞は、15歳にして家督を継ぎ、家業の藩医となるべく医学所で猛勉強をします。そして16歳になった頃には、その秀才ぶりが萩城下に知れ渡るほどの人物となっていましたが、もともと兄の生存中は医学より兵学に興味を持ち、「はからずも家督を相続して医の道を目指しているが、本心は患者の治療ではなく、天下の大患を治療したい」という思いを強くしていたといいます。

 玄瑞17歳のとき、九州各地を歴訪する旅にでます。この時代、秀才たちの旅といえば、天下に名が知れている人物を訪ね、議論を交わしてスキルアップするというもので、若き日の松蔭も、人と会うことを学問としていました。このときの玄瑞も、九州の名のある人物と面会する旅を続けますが、その旅先のひとつである肥後熊本藩の宮部鼎蔵をたずねた際、「貴藩には吉田寅次郎という英傑がおられるではないか。」と、松蔭に従学することを強く勧められたといいます。おそらく、萩城下で生まれ育った玄瑞ですから、松蔭の名をまったく知らなかったということはなかったでしょう。でも、国禁を犯して獄に繋がれていた人物ですから、17歳の若者にしてみれば、危険人物的な認識だったのかもしれませんね。この当時、すでに尊皇攘夷の巨魁として名を轟かせていた鼎蔵の口から松蔭という名を聞いて、はじめて松蔭という人物のスゴさを知ったのかもしれません。

 帰国した玄瑞は、さっそく松蔭宛の書状をしたためます。そして、松蔭の友人である土屋蕭海に頼んで届けてもらいました(ドラマでは、手紙の伝達役はになっていましたが)。その内容は、
 「開国、通商を迫る米国の外交使節は、弘安の役の北条時宗の如く、即刻切り捨てるべし!」
といった、極めて短絡的な過激攘夷論でした。といっても、この当時の尊皇攘夷志士たちの考え方はほぼこんな感じで、英才といえども若干17歳の玄瑞にしてみれば、精一杯の自説だったのでしょう。ただ、玄瑞はこの書状をすべて漢文で書いており、その博学さは松蔭にじゅうぶん伝わったはずです。

 ところが、この書状を読んだ松蔭は、猛然と筆をとり、玄瑞のプライドをこなごなに打ち砕く酷評の返事を書きます。
 「議論浮泛、思慮粗浅、至誠より発する言説ではない。私はこの種の文章を憎み、この種の人間を憎む。米国の使節を斬るのは時すでに遅し。往昔の死例をとって、こんにちの活変を制しようなど笑止の沙汰だ。思慮粗浅とはこのことをいうのだ。とるに足らない主張はやめて、もっと勉強せよ!」と。
 松蔭という人は、あらゆる人間にやさしく、そのやさしさと聡明さで人の長所を見抜き、獄につながれた囚人をも人変りさせてしまうほどの人物だったはずなのに、玄瑞に対する痛烈な罵倒の数々は、まるで別人の文ですよね。さぞ、玄瑞も驚いたことでしょう。

 もっとも、この返事には、松蔭なりの意図があったようで、間に入っている蕭海には、次のような書状を送っています。
 「久坂がもし凡人ならば、二度と書状を送ってくることはないだろう。しかし、彼は必ず僕を論破すべく、ふたたび書状を送ってくるに違いない。」と。
 おそらく、批判して大いに鍛えてやろうという目論見だったのでしょうね。そんな松蔭の期待どおり、玄瑞は大いに憤激した返事を送り付けてきますが、今度は松蔭はすぐに返事を書かず、1ヶ月ほど時をおいてから返事を送ります。その後も2度ほど書状での議論が展開されますが、最後に松蔭が送った書状で、
 「あくまで君が外国人を斬るというのであれば、そうするがいい。僕もかつては、米国人を斬ろうとしたことがあるが、無益であることを悟ってやめた。そして考えたことが、いままでの書状に書いたことである。君は僕と同じにならないよう、断固として斬ってほしい。僕はそれを傍観させてもらおう。もし出来なければ、僕はあなたの大言壮語を一層非難するであろう。それでもなお、君は僕に向かって反問できるか!」
 と書きました。つまりは、「自分の発言に責任を持て!自分の吐いた言葉は、命を賭けて守れ!」ということですね。この松蔭の強い意志のこもった言葉にたじろいだ玄瑞は、やがて松蔭の門下に入ります。医学所においても随一の秀才といわれた玄瑞にとって、これほどまでに論破されたのは初めてだったでしょうね。

 のちに松蔭は知人に宛てた書状の中で、
 「久坂玄瑞は防長年少第一流の人物ににて、もとより天下の英才なり」
 と、絶大に賞賛しています。師弟といっても、ともに学ぼうという考えの松蔭にしてみれば、最高の弟子を得たという気持ちだったんじゃないでしょうか。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2015-02-23 21:39 | 花燃ゆ | Trackback(1) | Comments(0)  

花燃ゆ 第2話「波乱の恋文」 ~吉田松蔭の奥羽脱藩旅~

 江戸遊学から奥羽の旅、そして脱藩帰国蟄居と、本話は吉田松陰の生涯にとってはかなり重要な部分だったと思うのですが、ドラマではなんとも足早に流されただけで、メインはの初恋物語と、その姉・寿が兄のせいで玉の輿に乗れなかったという、どうでもいい創作話の回でした。そこで今回は、松蔭のことのみに絞りたいと思います。

 嘉永4年(1851年)3月、江戸遊学の旅に出た松蔭は、儒者の安積艮斎、古賀精里、兵法家の山鹿素水らのもとで学びますが、なかでも最も熱心に通ったのが、砲術家にして洋学家でもある佐久間象山塾でした。その博識慧眼に心酔した松蔭は、以後、象山を最高の師と仰ぎ、また、そんな松蔭を象山も可愛がり、最大の理解者となります。

 松蔭は江戸での生活で、藩内藩外に多くの友人を得ました。熊本藩士の宮部鼎蔵、南部藩士の江帾五郎、房州の学者・鳥山新三郎、その他、それぞれの藩の秀才たちと深く繋がったことで、大いに刺激になったことでしょう。この時期の松蔭の実家に宛てた手紙には、それらの友人たちのことが多く記されているそうです。現代の大学生の留学と変わらないですね。

 江戸に着いて数ヶ月が経った7月中旬、松蔭は奥羽(東北地方)に遊学したいという願書を藩に提出します。宮部鼎蔵、江帾五郎との3人旅でした。その目的は、奥羽にロシア船が出没するという情報に危機感を覚え、その視察のための旅、というのがドラマの設定でしたね。別の説では、江帾五郎が亡兄の仇討ちの旅に出ると言い出し、その助太刀として鼎蔵と松蔭が共にした、という話もあります。どちらが真の目的だったかはわかりませんが、マブダチ3人での旅に、さぞかし胸を踊らせたことでしょう。しかし、この奥羽の旅で、あろうことか松蔭は脱藩の罪を犯してしまうんですね。

 その経緯を説明すると、旅の出発は12月15日の予定で、5ヵ月前の7月に願書を受理されて許可を得ていたにもかかわらず、12月初旬になっても過書(通行手形)が発行されず、業を煮やした松蔭は、過書を持たずに旅に出ます。過書とは、現代でいうところのパスポートのようなもので、これを持たずに他藩を旅するということは、密出国になり、自藩を捨てたことになります。封建社会に生きる武士にとって、藩を捨てるということは主君を見限るということで、大罪に値します。のちに幕末の騒乱期になると、流行のように脱藩する若者が続出しますが、この時期はまだ、何よりも秩序が重んじられていた時代で、その罪科は当人だけでなく、一族にも及びます。そんな大罪を、松蔭はなぜ犯してしまったのでしょうか。

 このときの松蔭の心理状態について、司馬遼太郎氏は小説『世に棲む日日』になかで、次のように解釈しています。
 「松陰は矛盾している。秩序美を讃美するくせに、同時にものや事柄の原理を根こそぎに考えてみるたちでもあった。原理において正しければ秩序は無視してもかまわない、むしろ大勇猛をもって無視すべきであると考えている。いや、いまはじめてそのことを考えた。(中略) 人間の本義のためである。人間の本義とはなにか、一諾をまもるということだ。自分は他藩の者に承諾をした。約束をした。もしそれを破れば長州藩士は惰弱であるというそしりをまねくであろう。もし、長州藩士の声価をおとすようなことがあれば、国家(藩と家)に対する罪はこれほど大きいことはない。」

 脱藩によって受ける罪科は「私」であり、友との約束は「公」だと考えたのでしょうか。幼い頃から叔父の玉木文之進に叩きこまれた教えが、ここでも働いていたのかもしれません。松蔭という人物の真面目さ、純粋さが招いた罪だったといえるでしょう。本人は罪とも思っていなかったかもしれませんね。

 脱藩した松蔭は、約5ヵ月に渡る奥羽の旅を経て、4月、江戸に戻り藩邸に出頭します。このとき、世間知らずの松蔭は、謹慎程度の処分を予想していたともいいますが、罪科は思いのほか大きく、早々に帰国蟄居を命じられ、同年12月、藩士・吉田家のお取り潰し、家禄の没収、武士身分の剥奪という厳しい処分が下ります。これまでエリートコースを突き進んできた松蔭にとって、初めての挫折だったといえるでしょう。この時、妹の縁談が破談になったという記録は、たぶん残っていません。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2015-01-14 20:48 | 花燃ゆ | Trackback | Comments(0)