タグ:寺社 ( 148 ) タグの人気記事

 

幕末京都逍遥 その167 「臥雲山即宗院」

「その164」で紹介した東福寺の塔頭のひとつである臥雲山即宗院は、薩摩藩ゆかりの寺院として知られています。


e0158128_13544577.jpg


即宗院は、南北朝時代の元中4年(1387年)に薩摩国の守護大名だった6代目・島津氏久の菩提を弔うため創建されました。

その後、永禄12年(1569年)に火災で焼失しますが、慶長18年(1613年)、島津家久よって再興され、以来、薩摩藩の畿内菩提所となりました。


e0158128_13592284.jpg


即宗院が建立される以前は、関白・藤原兼実が晩年に営んだ山荘「月輪殿」があったとされます。

その名残を感じさせる庭園は現在京都市名勝に指定され、紅葉の名所としても知られています。


e0158128_13592430.jpg


幕末、島津斉彬の養女として第13代将軍徳川家定に輿入れすることとなった篤姫も、薩摩から江戸にむかう途中の嘉永6年10月5日(1853年11月5日)に、ここを訪れたという記録が残っています。


e0158128_13592737.jpg


境内の奥へと進むと、かつて採薪亭という茶亭があった場所があります。

安政の大獄の嵐が吹き荒れた安政5年(1858年)、ここにあった採薪亭で西郷隆盛と清水寺塔頭・成就院の住職・月照が、たびたび密議を交わしていたと伝えられます。


e0158128_14012539.jpg


採薪亭の跡地には「西郷隆盛密議の地」と書かれた説明書が立っています。


e0158128_14065663.jpg


ここ即宗院は、慶応4年1月3日(1868年1月27日)に始まった鳥羽・伏見の戦いで薩摩軍の屯所となりました。

鳥羽・伏見の戦いから会津戦争までの薩摩藩士の戦死者は524名とされています。

西郷隆盛は、その戦死者を弔うための薩摩藩士東征戦亡之碑を、ここ即宗院に建立します。


e0158128_14074419.jpg


その碑は、境内の裏山にあります。


e0158128_14091269.jpg


石段を登りきると石の鳥居があり、その奥の玉垣に囲まれた空間に石碑があります。


e0158128_14111411.jpg


正面には、西郷隆盛が藩士の霊を供養するために斎戒沐浴し、524霊の揮毫を行ったという石碑が5基、整然と並びます。


e0158128_14132943.jpg


これらすべて、西郷の揮毫といわれています。

この中には、西郷隆盛のすぐ下の弟で西郷従道の兄にあたる西郷吉二郎の名が刻まれているというのですが・・・。


e0158128_14191227.jpg


ありました・・・って、よく見ると「西郷宗次郎」となっていますね。

別人なのか、あるいは変名なのか、それとも誤記なのか・・・でも、弟の名前を間違えたりしないですよね。


e0158128_14214319.jpg


いちばん奥には、篆額「東征戦亡之碑」と記された石碑が建ちます。

その下の碑文は漢文なので詳しくはわかりませんが、「慶應之役其」という書き出しから想像するに、戊辰戦争の概要を記した文章だと思われます。

で、文末を見ると・・・。


e0158128_14221372.jpg


「西郷隆盛 謹書」とあります。

西郷の本当の名は「隆永」で、「隆盛」は父の名を間違って登録してしまったものだったため、西郷は終生、手紙などで「隆盛」の名を使ったことはなかったといいますが、公式な文書などでは、「隆盛」と記していました。


e0158128_14285102.jpg


過日、大阪歴史博物館で行われていた「西郷どん展」を観覧してきたのですが、そこで、ここ「薩摩藩士東征戦亡之碑」の設計図が展示されていました。

そこで紹介されていた文によると、除幕式に西郷は参列し「南洲翁の姿はフロックコートに白羽二重の帯に草履を履き、大小を手挟み、しずしず霊前にしばしもくとう、おもむろに祭文を読まれ、しばらくして、涙、滂沱として慟哭また慟哭、声なく全軍の士また貰い泣き、また慟哭」と、西郷の下僕だった永田熊吉が回想しています。


e0158128_14290988.jpg


せっかくなので石碑の前で記念撮影。


e0158128_14292105.jpg
e0158128_14292548.jpg
e0158128_14292941.jpg
e0158128_14293300.jpg
e0158128_14293823.jpg


この奥にある墓地には、人斬り新兵衛の異名で知られる田中新兵衛や、生麦村で大名行列を横切る英国人に斬りつけた奈良原喜左衛門、イギリス公使・パークス襲撃事件で負傷しながらも襲撃犯からパークスを守った中井弘などの墓があるそうですが、一般の方の墓もあるということで、残念ながら観光客は立入禁止でした。

最後に、石段を降りる際に目の前に広がっていた紅葉に彩られた景色をアップします。


e0158128_14295870.jpg


さて、明治維新150年にあたる年を記念して、今年2月から「幕末京都逍遥シリーズ」を続けてまいりましたが、本稿をもってひとまず終わりにさせていただきます。

167稿に渡った幕末史跡ですが、これを巡るのに、約2年かかりました。

1日で4~5ヶ所まわっていたのですが、30~40回は京都に足を運んだんじゃないでしょうか。

神戸から京都は、同じ関西ではあっても決して近くはなく、交通費も結構かかります。

われながら、よくやったなあと・・・。

楽しかったですけどね。

ただ、結構くまなく調べたと思っていますが、わたしの知らない幕末史跡が京都にはまだ残っているかもしれません。

そのときは、また続きをやろうと思いますので、その際はまたお付き合いください。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-11-24 03:50 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その166 「退耕庵(戊辰役殉難士菩提所)」

「その164」で紹介した東福寺の塔頭のひとつである退耕庵は、慶応4年1月3日(1868年1月27日)に始まった鳥羽・伏見の戦いで、東福寺とともに長州軍のが布かれた場所です。

そして戦後、長州藩戦死者の菩提所となりました。


e0158128_13473696.jpg


現在、山門の横には、「戊辰役殉難士菩提所」と刻まれた石碑が建ちます。


e0158128_13474276.jpg


駒札の説明書きによると、退耕庵は貞和2年(1346年)東福寺第43世住持性海霊見によって創建され、応仁の乱の災火により一時荒廃しましたが、慶長4年(1599年)に安国寺恵瓊によって再興されたそうです。


e0158128_13493585.jpg


茶室・作夢軒は、再興の際に恵瓊によって建てられたもので、豊臣秀吉の没後、ここで、恵瓊、石田三成、宇喜多秀家らが、関が原の戦いの謀議を行ったと伝えられているそうです。

それはすごい。


e0158128_13510393.jpg


ここが長州藩戦死者の菩提所となったのは、恵瓊が住持したということで毛利家との縁も深かったのかもしれませんね。


e0158128_13510670.jpg


維新後、「その78」で紹介した尊攘堂を建てて勤王の志士を慰霊に力を注いでいた品川弥二郎は、長州と退耕庵との浅からぬ縁に鑑み、明治27年(1894年)退耕庵維持会を作って後援していたそうです。

ここの本堂には、「その165」で紹介した防長藩士の墓に眠る48人の位牌が安置されています。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-11-23 01:46 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その164 「東福寺」

東山九条にある東福寺を訪れました。

ここは、慶応4年1月3日(1868年1月27日)に始まった鳥羽・伏見の戦いで長州軍の本陣が布かれた場所です。


e0158128_13112666.jpg


嘉禎2年(1236年)、摂政の九条道家が九條家の氏寺として建立したと伝わる東福寺は、京都五山の第四位の禅寺として中世、近世を通じて栄え、明治の廃仏毀釈で規模が縮小されたとはいえ、今なお25か寺の塔頭を有する大寺院です。


e0158128_13113654.jpg


東福寺は紅葉の名所としても知られています。

わたしがここを訪れたのは平成29年(2017年)11月26日で、観光客でたいへん賑わっており、庭園はほとんど牛歩状態でした。


e0158128_13113342.jpg


東福寺は東山の東南端、伏見と接する位置にあります。

大坂城から鳥羽街道を北上して鳥羽と伏見の2方に分かれた幕府軍に対して、長州軍は主に伏見方面の戦闘を担当しました。


e0158128_13142710.jpg


山門の横には、「維新戦役忠魂之碑」が建てられています。


e0158128_13143171.jpg


篆額は山縣有朋の書だそうです。

大正6年(1917年)11月に行われた長州藩殉難の士五十回忌に建てられたそうで、表には戊辰戦争の概略と長州軍の活躍をたたえた文面、裏には鳥羽・伏見の戦いで戦死した48名の名前が刻まれています。


e0158128_13161931.jpg


その横には「防長忠魂碑」と刻まれた石碑も。


e0158128_13162317.jpg


せっかくなので、紅葉の写真をアップしておきます。


e0158128_13231774.jpg
e0158128_13232514.jpg
e0158128_13232195.jpg
e0158128_13232941.jpg
e0158128_13233362.jpg


鳥羽・伏見の戦いは1月だったので、紅葉は散ったあとですね。

長州藩にとっては、文久3年(1863年)の八月十八日の政変で追放されて以来、約4年半ぶりの入京がここ東福寺だったわけです。

断腸の思いで見た景色だったんじゃないでしょうか。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-11-17 01:21 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その163 「東寺」

舞台は洛中に戻って、世界遺産に指定されている東寺にやってきました。

ここは、慶応4年1月3日(1868年1月27日)に始まった鳥羽・伏見の戦いで薩摩軍の本陣が布かれた場所です。


e0158128_19201090.jpg


周知のとおり、鳥羽・伏見の戦いの勝敗を決定づけたのは、新政府軍が掲げた「錦の御旗」だったといわれています。

このとき征討大将軍として新政府軍の大将だった仁和寺宮嘉彰親王(後の小松宮彰仁親王)は、戦いが始まって2日目の1月4日、天皇から節刀とともに下賜されたという錦の御旗を掲げ、ここ東寺に入りました。


e0158128_19243746.jpg


錦の御旗は、新政府軍が天皇の軍隊であることを示すもので、この時点で、すなわち新政府軍は官軍、旧幕府軍は天皇に逆らう賊軍ということになりました。

これを見た旧幕府軍の兵たちの士気は大きく低下し、またたく間に総崩れとなりました。


e0158128_19260248.jpg


この「錦の御旗」ですが、実は朝廷からもらったものではなく、岩倉具視が勝手に作った代物だと言われていますね。

いずれ始まるであろう旧幕府との開戦に備えて、岩倉が秘書官の玉松操に調べさせた資料を参考に、薩摩の大久保利通や長州の品川弥二郎らと相談して作ったものだと言われています。

実物は誰も見たことがないわけですから、それらしければいいということで、大久保利通の愛妾のおゆうが祇園で買ってきた錦紗銀紗の布を長州に運んで、2ヶ月がかりで完成させたもので、いわば捏造品だったわけです。


e0158128_19385329.jpg


偽物であれ何であれ、かつて南北朝時代でも足利尊氏が戦局を有利にするために御旗を利用したように、このときの錦の御旗も絶大な効力を発揮します。

そもそも、本来この戦いに朝廷は関係なく、薩長と旧幕府の私闘だったのですが、この錦の御旗を掲げたことにより、戦いを「義戦」にしたわけです。

自分たちから喧嘩を吹っかけておいて、相手が挑発に乗ってきたら、「正義」を主張する。

ずるいですね。

それにしても、御旗の納品がよく間に合いましたね。


e0158128_19305508.jpg


東寺のシンボル、高さ55mを誇る五重塔です。

西郷隆盛はこの五層目に上がり、伏見の戦局を眺めたといいます。


e0158128_19304783.jpg


後年、西郷隆盛が鳥羽・伏見の戦いを回顧して、

「鳥羽一発の砲声は百万の味方を得たるよりも情しかりし」

と語って笑ったという有名なエピソードがありますが、あるいは、その砲声を聞いたのは、ここ東寺だったかもしれませんね。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-11-16 17:18 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その160 「戊辰役東軍戦死者埋骨地(大専寺・文相寺・東運寺)」

「その159」で紹介した光明寺跡から300mほど南下したところにある大専寺にも、鳥羽・伏見の戦いで戦死した旧幕府軍の戦死者を供養する墓碑があります。


e0158128_13013027.jpg

こちらが、その墓碑。

これまで紹介してきた碑と同じく「戊辰役東軍戦死者埋骨地」と刻まれています。


e0158128_13013698.jpg


また、大専寺から南西に100mほど歩いたところにある文相寺に境内にも、同じ墓碑があります。


e0158128_13032147.jpg


それがこれ。

同じく「戊辰役東軍戦死者埋骨地」と刻まれています。


e0158128_13032423.jpg


さらに、文相寺から300mほど南下した場所にある東運寺にも、同じ墓碑があります。


e0158128_13063637.jpg


これです。

これもやはり「戊辰役東軍戦死者埋骨地」と刻まれています。

石碑の後ろに大きな切り株があります。


e0158128_13063912.jpg


あるいは、往時を知っていた木だったかもしれません。


e0158128_13064266.jpg


これらの碑はすべて、ここまで何度も紹介したものと同じく、明治40年(1907年)に京都十七日会によって挙行された東軍戦死者四十年祭典の際に建てられたものだそうです。

こうして見ても、このあたり一帯の寺院のほとんどが、鳥羽・伏見の戦いに関係していたことがわかりますね。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-11-09 02:09 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その158 「戊辰之役東軍戦死者之碑(妙教寺)」

「その156」で紹介した愛宕茶屋埋骨地から500mほど南西に歩くと、妙教寺というお寺があります。

ここも、慶応4年1月3日(1868年1月27日)に始まった鳥羽・伏見の戦いで、戦火に巻き込まれました。


e0158128_23052002.jpg


ここ妙教寺のある納所・淀方面に主戦場が移ったのは、戦いが始まって3日目の1月5日でした。


e0158128_23073181.jpg


境内には、「戊辰之役東軍戦死者之碑」と刻まれた石碑があります。

明治40年(1907年)に京都十七日会によって挙行された東軍戦死者四十年祭典の際に建てられたものだそうで、揮毫は榎本武揚によるものだそうです。

榎本武揚といえば、旧幕府軍として戊辰戦争を最後まで戦った人物。

東軍戦死者の招魂碑の揮毫者としては最も適任だったといえるでしょう。


e0158128_23073605.jpg


側面には、「戦死者埋骨地三所一 在下鳥羽村悲願寺墓地 一 納所村愛宕茶屋堤防 一 八番楳木」と刻まれています。

「その153」 「その154」 「その155」で紹介した東軍戦死者埋骨地を示したものです。


e0158128_23113342.jpg


境内にはもうひとつ、鐘楼の側にも関連の石碑があります。


e0158128_23092736.jpg


石碑には「史跡 淀古城址 戊辰役砲弾貫通跡」と刻まれています。

ひとつは、かつてこのあたりに淀古城があったとする記述です。

現在、この少し南に淀城跡がありますが、そこは江戸時代に入ってから築城されたもので、ここで言う淀古城とは、豊臣秀吉の時代、淀殿が居城としていたと伝わる淀城です。


e0158128_23093058.jpg


そしてもうひとつ、「戊辰役砲弾貫通跡」とあるのは、ここの本堂に鳥羽・伏見の戦い時の砲弾の跡が残されているという標示です。

伝承によると、ここ妙教寺の上を両軍の砲弾が飛び交ったといい、そのうちの1発が本堂南側の壁と位牌壇を突き破り、北側の柱も貫通したそうです。

寺にはその際飛び込んだ「四斤山砲」と呼ばれる重さ4kgもある砲弾も伝わるそうで、水平に近い弾道は、砲弾がかなりの速さで飛び込んだことを伝えています。

当時の住職の記録には、「銃丸雨の如く集まる」「嗚呼危うかりし哉」と記されているそうで、その後、戦いを後世に伝えようと、穴の開いた壁や柱をそのまま残したといいます。


e0158128_23134829.jpg


わたしが訪れたこの日は、お寺の関係者の方々が不在だったようで、残念ながら本堂の中に入ることができませんでした。

超残念


e0158128_23135354.jpg


石碑の説明書きには、「慶應四年正月四日」と記されています。

戦史の記録では、このあたが主戦場となったのは1月5日だったと思うのですが、この砲弾はその前日の4日に撃ち込まれたことになっていますね。

4日はもう少し北の下鳥羽付近が主戦場だったはずですが、ここ納所・淀方面でもすでにドンパチが始まっていたということでしょうか。

戦いが広範囲に渡って繰り広げられていたことがわかる記録です。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-11-02 23:18 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その154 「戊辰東軍戦死之碑(法傳寺)」

「その153」で紹介した下鳥羽にある石碑のすぐ近くにある法傳寺の正門横に、戊辰戦争のの発端となった鳥羽・伏見の戦いで戦死した東軍兵を供養する石碑があります。


e0158128_22332629.jpg


もともと法傳寺は鳥羽街道沿いにあり、石碑の建つ正門前でも激しい戦闘が繰り広げられたといいます。

その縁から、東軍が使用した短銃、砲弾、太刀、槍の穂先、東軍戦死者名簿なども所蔵しており、毎年8月には慰霊祭が行われているそうです。


e0158128_22332947.jpg


この碑は、京都で初めて東軍慰霊祭が大々的に行われた明治30年(1897年)の三十回忌の年に建立されたそうです。


e0158128_22333364.jpg


石碑には、「戊辰東軍戦死之碑」と刻まれています。

揮毫は、空海の書法を究めた名筆家として知られた宮小路康文

東軍=旧幕府軍ですね。

会津の人たちはいまでも薩長軍=官軍、幕府・会津軍=賊軍という表現を嫌うそうで、あくまで東軍、西軍というそうです。

先祖が長岡藩士だという作家の半藤一利氏も、その著書では東軍、西軍という呼称にこだわっています。

たしかに、ある日突然、偽の錦の御旗が翻って賊軍とみなされたわけですから、納得できるはずがなかったでしょうね。

「東軍」と刻まれたこの石碑の発起人は、おそらく旧幕府側の人たちだったんじゃないでしょうか。


e0158128_22333798.jpg


石碑の上手には「支那事変・大東亜戦・戦没者之碑」と刻まれた石碑が並び、下手には「戦死者埋骨東北悲願寺墓地」と刻まれた標識の碑があります。

次稿では、その悲願寺墓地を訪れます。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-27 00:50 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その152 「城南宮」

「その150」で紹介した小枝橋から300mほど東にある城南宮は、慶応4年1月3日(1868年1月27日)に始まった鳥羽・伏見の戦いの際、薩摩軍が陣を布いた場所です。


e0158128_22125244.jpg


鳥羽街道を北上してきた旧幕府軍に対して、薩摩藩を中心とする新政府軍は、ここ城南宮から小枝橋方面に東西に長い陣を布いて北上軍への備えとしました。


e0158128_22125613.jpg

境内には、鳥羽・伏見の戦いを説明する駒札が建てられています。


e0158128_22104836.jpg

この大鳥居からの参道に、薩摩軍の大砲がズラリと並んでいたと伝えられ、明治に入って描かれた合戦絵巻にも、ここに大砲が並んでいる様子が描かれています。

「その150」でも紹介しましたが、鳥羽・伏見の戦いの戦端は、薩摩軍が放った一発の砲によって開かれました。

その最初の砲は、ここ城南宮に置かれた砲だったという説もあります。


e0158128_22163989.jpg


ニノ鳥居です。


e0158128_22165363.jpg


舞殿です。


e0158128_22172266.jpg


わたしがここを訪れたとき、本殿は改修工事中でした。


e0158128_22193939.jpg


後年、西郷隆盛が鳥羽・伏見の戦いを回顧して、

「鳥羽一発の砲声は百万の味方を得たるよりも情しかりし」

と語って笑ったという有名なエピソードがありますが、薩摩は、自分たちが起こした革命を完成させるため、手に入れた権力を盤石にするために、どうしても戦争がしたかったんですね。

だから、一旦は恭順を公言していた旧幕府軍を挑発し、無理にけしかけて戦争に持ち込みます。

しかも、偽の錦旗まで用意して。

これって、すでに瀕死の状態にある日本に対して、戦争を終らせるためといって原爆を投下したアメリカ軍と同じですよね。

歴史を否定するつもりはありませんが、歴史を歪曲して賛美するのも好きではありません。

鳥羽・伏見の戦いは「義戦」ではありません。

薩長と旧幕府との「私戦」です。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-20 00:01 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(2)  

幕末京都逍遥 その146 「御香宮神社(薩摩軍本営跡)」

伏見にある御香宮神社を訪れました。

ここは、慶応4年1月3日(1868年1月27日)に始まった鳥羽・伏見の戦いで、薩摩藩の本営が置かれていた場所です。


e0158128_13155412.jpg


御香宮神社の創建の由緒は不詳ですが、貞観4年(862年)に社殿を修造した記録があるほど古い神社です。


e0158128_13215402.jpg


現地説明板によると、慶応3年12月9日(1868年1月3日)、王政復古の大号令が下されますが、その2日前の12月7日、ここ御香宮神社の表門に「徳川氏陣営」と書いた大きな木礼が掲げられました。

ところが、その翌日に薩摩藩士の吉井幸輔(のちの友実)がその札を外し、ここに部隊を置いたのが最初だそうです。


e0158128_13183891.jpg


やがて年が明けた慶応4年1月2日1868年1月26日)、徳川慶喜は大軍を率いて大阪より進軍し、その先鋒が翌3日の午後に伏見京橋に着きます。

そこで薩摩藩士との間に小ぜり合いがおこり、そうこうしていると鳥羽方面から砲声が聞こえてきたので、これをきっかけに、御香宮神社の東側台地に砲兵陣地を布いていた大山弥助(のちの巌)の指揮により、御香宮と大手筋を挟んで目と鼻の先にある伏見奉行所の幕軍に対して砲撃を開始します。

敵方の陣営より少し高い位置にあったこの地は、砲撃にはもってこいの場所だったようです。


e0158128_13184231.jpg


これに対して土方歳三の率いる新選組は、砲撃の火蓋切って応戦しますが、やがて薩摩軍の放った砲弾が奉行所を炎上させ、新選組をはじめとした旧幕府軍は徹底を余儀なくされ、市街戦へと持ち込まれました。


e0158128_13184543.jpg


新選組二番組隊長である永倉新八は、島田魁、伊藤鉄五郎など10名の配下とともに重い甲冑を脱いで身軽となり、「決死隊」と称して御香宮神社の薩摩本営に向けて斬り込んできますが、戦局を変えることができぬまま圧倒的な火力の前に撤退させられています。


e0158128_13231772.jpg


本殿です。

激戦のなか、奇跡的に戦火を免れました。


e0158128_13254072.jpg


境内には、「明治維新伏見の戦跡」と刻まれた石碑があります。


e0158128_13254363.jpg


明治100年を記念して建てられたもののようで、揮毫は当時の内閣総理大臣佐藤栄作によるものだそうです。


e0158128_13270030.jpg


その横には、説明版が。


e0158128_13254615.jpg


説明板の最期には、こうあります。

「かくて明治維新の大業はこの一戦に決せられたのである。即ち我国が近代国家に進むか進まぬかは一に繋ってこの一戦にあったのである。この意味において鳥羽伏見の戦は我が国史上、否世界史上まことに重大な意義を持つわけである。」


見事な薩長史観ですね。

このような戦争賛美の文面を内閣総理大臣の名が記された看板でうたうのは、いかがなものでしょう?


e0158128_18412638.jpg


ここからは私見ですが、わたしは、鳥羽伏見の戦いを含む戊辰戦争は、する必要はなかった戦争だと思っています。

幕府はすでに政権を朝廷に返上しており、王政復古の大号令の名のもと、新時代のイニシアティブは薩長にありました。

もちろん、旧幕臣たちの不満の火種が各地で燻ってはいましたが、そのトップである徳川慶喜が恭順を示していたのだから、本来、戦をする理由はなかったのです。

ところが、自分たちが起こした革命を完成させるため、手に入れた権力を盤石にするために、薩長は無理にけしかけて戦争に持ち込みます。

しかも、偽の錦旗まで用意して。

そうしてできたのちの明治政府が、この戦いを「義戦」と位置付けるんですね。

戦争に「義戦」なんてものはありません。

戦争は単なる「勢力争い」です。

戊辰戦争は、薩長の新政権が、いったんは白旗を挙げている旧政権に対して、無理やりけしかけて兵を挙げさせ、再び息を吹き返さないように息の根を止めた戦争です。

明治維新から150年が過ぎて平成も終わろうとしている今、そろそろ薩長史観から脱却せねばなりません。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-09 21:25 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その134 「村岡局(津崎矩子)墓所(直指庵)」

「その133」で紹介した村岡局(津崎矩子)が、晩年を過ごしたという直指庵が北嵯峨にあります。

JR嵯峨嵐山駅から2kmほど北上した人里離れた山のふもとにある小さなお寺です。


e0158128_18352538.jpg


山門です。


e0158128_18370744.jpg


直指庵は正保3年(1646年)に独照性円没蹤庵を建てたのに始まります。

名前の由来は、独昭が黄檗禅の正統さを「直指伝心」することを旨としたことによると伝わります。

その後、荒廃していましたが、村岡局が浄土宗の寺として再興しました。


e0158128_18371259.jpg


直指庵は紅葉の名所としても知られていますが、わたしがここを訪れたのは12月9日、ちょっと遅かったですね。

あと1週間早く来ていれば、美しい庭の景色が見られたでしょう。


e0158128_18383717.jpg


本堂です。

茅葺屋根を持つ古民家のようなお堂です。


e0158128_18384334.jpg


中は撮影禁止だったので、外観だけ。


e0158128_18404229.jpg


待合です。


e0158128_18404563.jpg


こちらは地蔵堂


e0158128_18404942.jpg


そして、地蔵堂を上った場所に、村岡局の墓があります。


e0158128_18440053.jpg


村岡局は明治6年(1873年)、88歳でこの世を去りました。

当時としてはかなりの長寿ですね。


e0158128_18440430.jpg


「女傑」「女丈夫」「烈女」などと称される村岡局ですが、彼女の女傑ぶりは作り話ではなく、彼女をよく知る梅田雲浜久邇宮朝彦親王(中川宮)の書簡などにも記されているほど、当時から伝説の女性だったようです。

たとえば、篤姫の義母の代理として江戸幕府13代将軍・徳川家定輿入れに付き従った際には、将軍や諸大名の面前で七汁二十二菜のご馳走を平らげたうえで、近衛家の家臣1人を将軍の側に置かれたいと述べて一同を驚嘆させたといいます。

彼女はもちろん篤姫の義母などではなく、江戸城に登城するのもこのときが初めてでした。

よほど肝の座った女性だったことがわかります。

このとき、将軍から三つ葉葵の紋を散らした打ち掛けを頂戴したそうですが、のちに安政の大獄で捕らわれたとき、その評定所白砂の上にその打ち掛けを着て座ったといいますから、さすがに幕府の役人も彼女の扱いに困ったと伝わります。

豪胆かつ頭の切れる聡明な女性だったことがわかりますね。


e0158128_18440875.jpg


晩年はここ直指庵で、付近の子女の教育に尽くしながら穏やかな日々を送ったといいます。


e0158128_18465845.jpg


直指庵から1kmほど南下した大覚寺大沢池の畔に、村岡局の顕彰碑があります。

近衛忠熙の篆額だそうです。


e0158128_18470207.jpg


もともと彼女は大覚寺門跡の家来・津崎左京の娘としてこの辺りで生まれ、兄の津崎元矩は大覚寺門跡の諸大夫だったのですから、その縁でここに顕彰碑が建てられたのでしょう。


e0158128_18470683.jpg


明治24年(1891年)、従四位が追贈されました。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-09-19 23:57 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)