人気ブログランキング |

タグ:小泉孝太郎 ( 1 ) タグの人気記事

 

天地人 第43話「実頼追放」

 直江兼続の実弟、大国実頼。兼続の2歳下の1562年(永禄5年)生まれ。私には男兄弟がいないのでわからないが、年近い兄弟は終生ライバル意識があるという。そしてその意識は弟のほうがより強いとか。ましてや兄が偉大な人物であればなおのことだろう。兄であるが故、認められない、譲れない思い・・・。そんな心が実頼にもあったのではないだろうか。

 ドラマでは、本多正信・正純父子を前に縁組の中止を発言した実頼だったが、史実では本多の使者を殺してしまい、出奔し高野山に逃れるとある。ドラマ以上にヘビーなぶち壊し行為で、その後の兼続の尻拭いは並々ならぬものだっただろう。ドラマ中にあったような正信父子とのやり取りが実際にあったかどうかはわからないが、その後縁談を取りまとめ、政重の養子縁組解消後も本多家とは深い交流があったことから考えれば、本多氏がよほど兼続を信頼していたことが窺える。弟の失態を帳消しにするほどの兼続の誠意。兼続・実頼兄弟では完全に弟の負け。高野山にて実頼はそう悟っただろうか。

 「如何なる苦境に立たされようとも、上杉の誇りを傷つけることだけは許せない。」
実頼には自分なりの正義があっての行い。責めは受けるも考えを改めるつもりはない。曲がったことは許さず、万人が正しいと思える道こそ上杉の掲げる「義」であると説く。

 「義だ、誇りだと声高に叫ぶ者の心中にあるのは、ただ己が体面のみ。我らが奉ずる義とはもっと大きなもの。」
兼続から見れば、実頼のいう「義」は個人の意地に過ぎない。「義」とは己の為に守るものではないとする。万人の幸せの為には己の意地も捨てる・・・これこそ「大義」であるという考え。上杉家執政の立場での「義」と、一人の侍としての「義」。そこに深い溝が生じたとも言えるかもしれない。本当の「義」とは何か・・・。不詳、私ごときでは答えは見つからない。

 余談ですが、大国実頼役の小泉孝太郎さん。
「兄上の進まれている道は、誠に上杉の進むべき道なのでございますか?」
と、力強く兼続に進言していましたが、小泉政権の進めた道は日本の進むべき道だったのか、是非父上に訪ねてみてください。当時の上杉家と同じくらい、今の日本は病んでます。



ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-10-29 04:00 | 天地人 | Comments(0)