人気ブログランキング |

タグ:少年野球 ( 3 ) タグの人気記事

 

心癒される桜の木の下で思う、野球ができることの幸せ。

 昨日に引き続いて今日も桜観賞。といっても、今日の本来の目的は桜ではなく、少年野球の試合観戦のついでです。今日は私の指導している少年野球チームの春の大会の1回戦で、本来ならばユニフォームを着てベンチに入るところだったのですが、如何せん先日の怪我のため今日も松葉杖状態で、ならば子供たちの写真を撮ろうとカメラを持参して観戦に足を運んだ次第です。

 で、行ってみると、試合会場に隣接する公園の桜がとても綺麗で、思わず今日もシャッターを切りました。いつも大会の度に通る公園なんですが、野球の戦闘モードで行っているときは目に入らないんですよね。今日も、もしユニフォーム姿で行っていたら、きっと桜どころではなかったと思います。そう考えれば、たまには怪我をしてみるのもいいもんです(苦笑)。

 ここは神戸市垂水区の海岸沿いにある平磯公園。桜の木の向こうに見えるグランドが、少年野球試合会場の垂水スポーツガーデンです。
e0158128_18162194.jpg

 今日の神戸は春らしいうららかな陽気で、まさに花見日和でした。
e0158128_18212459.jpg

 夜桜も綺麗ですが、私はやっぱり青空の下の桜が好きです。
e0158128_18241052.jpg

e0158128_18255994.jpg

e0158128_18263388.jpg

 白い花びらの桜です。詳しくないので、品種はわかりません。
e0158128_18334785.jpg

e0158128_18344057.jpg

 少年野球の試合も、青空の下、いい試合ができました。東北地方にも、きっと野球少年はたくさんいるのでしょうが、今はそれどころじゃないでしょうね。直接の被災地ではなくとも、野球場や運動施設にはこれから仮設住宅が建設され、子供たちの野球ができる環境に戻るのは、何年も先になることでしょう。16年前の阪神大震災の神戸も、野球の試合などできる広場はありませんでした。こうして桜観賞や野球ができることが、如何に幸せなことであるか、あらためて思わされます。もちろん、衣食住もままならない被災地の現状で、野球の話なんてどうでもいいことといえばそうなんですが、今日、おもいっきりプレーしている子供たちを見ていて、ふと、そんな思いになりました。東北の野球小僧たちも、きっと野球がしたいだろうなぁ・・・と。そう思えば、こうして穏やかな休日を過ごさせてもらっていることに、感謝せずにはいられません。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

by sakanoueno-kumo | 2011-04-10 19:07 | 神戸の史跡・観光 | Comments(2)  

熱中症に注意!戦後最高に暑い夏。

 猛暑が続いた8月が終わり、今日から9月。しかし、この厳しい暑さは一向におさまる気配が感じられません。8月の平均気温が戦後最高を記録したということですが、過去の真夏日・猛暑日の日数ベスト10を見てみると、いずれも平成に入ってからの記録ばかりで、これはヒートアイランド現象などの影響を割り引いて考えても、温暖化に向かって進んでいると考ええていいのでしょうね。熱帯夜の日数は30年前と比較すると2倍以上になっているそうです。必然、エアコンなしではとても寝られず、CO2をバンバン排出して温暖化に拍車をかける・・・。悪循環ですね。

 そんな猛暑の中、連日のように熱中症での死亡報道が後を絶ちませんが、梅雨明けした7月17日から8月末までで約500人の人が熱中症によって亡くなられたそうです。救急搬送者は4万人にも上るとか・・・。この数字を見れば、昨年大騒ぎしたインフルエンザよりも深刻な問題だということがわかります。内訳を見てみると、やはり65歳以上の高齢者が半数近くを占めていますが、20歳~50歳の現役世代の方の死亡も決して少なくはありません。怖いのは、直前まで元気だった人が突然めまいがして倒れるということ。気をつけないといけませんね。

 私は今年になってから、メタボ対策のため通勤時に電車を一駅前で降りて、片道約3キロ弱の道を30分かけて歩いています。春先などは、今まで目につかなかった道端の花や景色などにふれることができ、健康のためだけでなく得るものがあったのですが、さすがに夏になって少々バテぎみです。もう暑いのなんのって、会社に着いたら全身汗だくで、しばらく放心状態になります(笑)。もちろん、スポーツドリンクのペットボトルを片手に水分補給をしながら歩いているのですが、時おり頭がボーッとして立ち止まることもあります。これって危ないですかね・・・。ただそれだけ汗をかくということは、カロリー消費効果が高いような気がして、頑張って続けているのですが・・・やっぱ真夏は休むべきだったでしょうか・・・。

 毎週土日には少年野球のコーチとして、小学生相手に汗を流していますが、こちらも長年続けていますが今年の夏の暑さはハンパじゃないですね。いくらグランドに水を撒いても、一瞬で渇いてしまいます。そんな状態ですから、例年以上にこまめに休憩を入れて、子どもたちに水分補給をさせるように心掛けています。バケツに氷水を入れハンドタオルを浸したものを常時備え、休憩時間に子どもたちにそれを与えてクールダウンするようにもしていますが、それでも時折、気分が悪そうな子を練習途中で抜けさせることが多いです。ホント、今年の夏は異常ですよ・・・。しかし考えてみれば、私が学生時代の部活動では、「飲むな!休むな!」が当たり前の時代で、今思えばよく死ななかったなと・・・。「水を飲むとかえってバテる」などと言われて、練習中何時間も1滴の水も飲ませてもらえませんでした。私たちも、ホントに水を飲んだら余計にバテると信じてましたし・・・。しかしそれでも当時、今のように熱中症で部活動中に生徒が死亡したなどといった事故はあまり聞いたことがなく、やはり明らかに気候が違ってきているのでしょうね。

 今年は9月いっぱい、場合によっては10月中旬まで暑いそうです。 「暑さ寒さも彼岸まで」といった言葉は死語になりつつあるようですね。熱中症にはくれぐれも注意しながら、残暑を乗り切りましょう。


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
    ↓↓↓




下記、記事本文引用
***************************************************************************
熱中症死者、全国で約500人=戦後最悪の猛暑が影響
 全国の広い範囲で梅雨明けした7月17日から8月30日までに、熱中症がきっかけとみられる死者が全国で少なくとも496人に上ることが31日、消防や警察、自治体に対する時事通信社の取材で分かった。気象庁の統計で、8月の平均気温がほぼ全国で戦後最高を記録する猛暑となったことが影響した。9月も厳しい残暑が続く見通しで、同庁などは引き続き注意を呼び掛けている。

 この死者数は、2004年の新潟県中越地震や台風23号による死者・行方不明者をはるかに上回る。大阪府吹田市が市内4消防署の会議室などを「熱中症シェルター」として市民に開放したほか、栃木県や静岡県がインターネットで熱中症注意を呼び掛けるなど、新たな対策も始まった。日本は長期的な温暖化傾向にあり、猛暑・熱中症対策の強化が望まれる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100831-00000159-jij-soci

by sakanoueno-kumo | 2010-09-01 14:58 | 時事問題 | Comments(4)  

名門校の悲劇。<柳ケ浦高校野球部バス横転事故>

<柳ケ浦高>2回戦惜敗…夢は来年へ 横転事故死乗り越え

 私立柳ケ浦高校野球部の大型バスが遠征移動中に横転事故を起こし、死者まで出したこの事故。運転していた同校教諭で野球部副部長が自動車運転過失致死傷容疑で現行犯逮捕された。「スピードを出し過ぎ、操作を誤った」などと供述していることから逮捕はやむを得ないかもしれないが、「容疑者」としての実名報道には違和感を覚えた。

 同教諭は昨年4月に採用され、同時に副部長に就任。同6月に大型免許を取得したという。名門校の遠征スケジュールは多忙極まりない。専属運転手のいる学校もあるようだが、同校は指導者が運転手を兼ねていたというところに問題があったように思える。逮捕された教諭は、この事故を真摯に受け止めている筈で、逃亡の恐れもなく、実名報道をして教員生命を絶ってしまうようなことまで必要だっただろうか?おそらくは一生、教え子を死なせてしまったことを悔いて生きていくであろう。息子を亡くされた保護者の気持ちになれば、許し難いことかもしれないが・・・。

 私も、週末小学生相手に少年野球の指導をしており、毎週のように子供たちを車に乗せて移動している。(市内を出るような遠征はないが・・・。) 正直言って他人事とは思えない。他人の子供の命をあずかっているということをしっかりと自覚して、ハンドルを持つ日は自己の体調管理等、徹底した注意が必要だということを改めて感じさせられた出来事だった。

 私立柳ケ浦高校野球部は、甲子園に春2回、夏8回出場。1994年夏はベスト4に入る強豪校で、OBに横浜の山口俊投手や巨人の脇谷亮太選手などがいる。

 亡くなられた球児のご冥福を心からお祈りいたします。


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

下記、記事本文引用
***************************************************************************
<柳ケ浦高>2回戦惜敗…夢は来年へ 横転事故死乗り越え
 全国高校野球選手権大分大会の開会式に向かうバスが横転事故を起こし、部員43人が死傷した私立柳ケ浦高(同県宇佐市)野球部が18日、昨年の大分大会覇者で第1シード・日田林工(同県日田市)と2回戦を戦い、1―2で惜敗した。試合中、事故で亡くなった吉川将聖(しょうせい)さん(2年)の遺影が三塁スタンドから試合を見守った。亡くなった吉川さんらの甲子園への夢は来年に託された。
 事故を受け、当初予定の13日から2日間延期された1回戦(初戦)は、中津北(同県中津市)に11―0のコールドゲームで快勝。この日もスタンドでは、吉川さんの遺影を胸にした部員らが応援。夏休みに入った生徒や父母ら約200人が、喪章などを付け、声援を送った。
 「九回最後の攻撃前に『相手は9人だけど、おれたちは将聖を入れて10人で戦っているから、気持ちで負けるわけはない』とナインに気合を入れた」と河崎雄大主将(3年)。九回裏、柳ケ浦の攻撃は1死二、三塁まで迫ったが、反撃もここまでだった。
 藤久保茂己監督は「絶対甲子園に行くという約束は果たせなかったのが残念。来年こそは吉川の同級生で甲子園に行きたい」と話した。
 スタンドで応援していた2年生部員の母親(44)は「ここまで出場してこられただけでも立派だと思う。つらかったろうによく頑張った」。また、野球部関係者は「事故が起きた瞬間、出場できないことを覚悟した。しかし、悲しい事故をみんなが受け止め、これだけまとまって一つのチームになり、今年一番の試合が2試合もできた」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090718-00000036-mai-soci

by sakanoueno-kumo | 2009-07-18 18:09 | 高校野球 | Comments(4)