人気ブログランキング |

タグ:岡田克也 ( 1 ) タグの人気記事

 

菅新内閣発足。 脱・小沢色より強固に。

 先日の民主党代表選挙で、小沢一郎候補を破り再選を果たした菅直人総理大臣の、新閣僚名簿が発表された。顔ぶれは下記のとおり。↓↓↓

▽総理・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・菅 直人(衆院・民主党)
▽総務相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・片山善博(民間)
▽法務相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・柳田 稔(参院・民主党)
▽外務相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・前原誠司(衆院・民主党)※ポスト変更
▽財務相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・野田佳彦(衆院・民主党)※留任
▽文部科学相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高木義明(衆院・民主党)
▽厚生労働相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・細川律夫(衆院・民主党)
▽農林水産相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鹿野道彦(衆院・民主党)
▽経済産業相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大畠章宏(参院・民主党)
▽国土交通相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・馬淵澄夫(衆院・民主党)
▽環境相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・松本 龍(衆院・民主党)
▽防衛相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・北沢俊美(参院・民主党)※留任
▽官房長官・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・仙谷由人(衆院・民主党)※留任
▽国家公安委員長 拉致問題担当・・・・・・・・岡崎トミ子(衆院・民主党)
▽郵政・金融担当相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・自見庄三郎(参院・国民新党)※留任
▽経済財政担当相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・海江田万里(衆院・民主党)
▽国家戦略局担当相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・玄葉光一郎(衆院・民主党)※ポスト変更
▽行政刷新会議担当相・・・・・・・・・・・・・・・・・蓮   舫(参院・民主党)※留任

 これに加え、民主党幹事長に岡田克也前外相、国会対策委員長には鉢呂吉雄衆院厚生労働委員長、玄葉光一郎政調会長はそのまま留任と、内閣及び党3役ともに、引き続き脱・小沢路線を明確に示した人選となった。原口一博前総務相、山田正彦前農林水産相など小沢氏に投票したであろう実力者の名前がないところを見ると、小沢色排除が前回以上に強固になったと解釈してもよさそうだ。「一兵卒として頑張る」と語った小沢氏だが、「壊し屋」の異名をとる彼が、はてさていつまでおとなしくしているものか見物だ。

 そもそも圧倒的な世論を味方につけて勝利したとされる菅氏だが、果してマスコミが報じていたほど世論は菅氏を支持していたのだろうか。少なくとも私のまわり(非常に狭いが)では、小沢氏支持の声が大きかったし、私自身もそうだった。選挙結果では党員・サポーター票が思った以上の大差となって勝敗を決定づけたが、あの数字も眉ツバもので、小選挙区と同じくポイント制での大差で、実際の票数では菅氏60%小沢氏40%とそう差はない。決して菅氏を支持する声が圧倒的だったわけではないということ。議員票にいたってはまったくの五分だったわけで、「政治と金」のハンデキャップを背負いながらもなお、小沢氏の実力のほどがうかがえる選挙だったと私は思う。

 結果は菅氏の続投が決まり、3ヵ月の短命総理とならずにすんだ。「首相が年単位ではなく月単位で変わる国」と諸外国から揶揄されていたことを思えば、対外的にはそれはそれで良かったのかもしれない。が、国内的には再選決定早々急激な円の高騰など、先行きは不安でいっぱいだ。選挙中の小沢氏と菅氏の討論などを聞いていても、菅氏の述べるところはどれも抽象的な表現ばかりで、小沢氏に比べて大きく具体性に欠けていた。経済無知財政無策などと言われる菅氏だが、果してその手腕はいかがなものか。今回の小沢色排除の人選で、ただでさえ「ねじれ国会」の政局にあって、さらに200人もの党内野党とも対峙していかねばならない。ここは挙党一致で臨まねばならない局面ではなかっただろうか。

 兎にも角にも、まさに内憂外患な菅新内閣の船出だ。


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100917-00000988-yom-pol

by sakanoueno-kumo | 2010-09-17 23:59 | 政治 | Comments(6)