人気ブログランキング |

タグ:川上哲治 ( 1 ) タグの人気記事

 

打撃の神様、川上哲治氏のご逝去を悼む。〜昭和は遠くなりにけり〜

元読売巨人軍の川上哲治氏が亡くなられたそうです。
川上氏といえば、日本プロ野球の草創期を支えた大選手で、「打撃の神様」との異名を取った天才打者だったそうですが、昭和42年生まれのわたしにとっては、そんな氏の現役時代を知るはずもなく、前人未到のV9を成し遂げた昭和の名将といった認識でしかありません。
そのV9時代ですら、最後の年が小学校1年生のときですから、指揮官としての氏の姿もかろうじて知っている程度で、いうなれば、伝説の人物のような存在です。

選手時代を調べてみると、日本初の2000本安打日本初の逆転満塁サヨナラ本塁打など、まさに打撃の神様という異名に相応しい成績を残していますが、その中でもとくに驚かされたのは、昭和26年(1951年)に.377という高打率で首位打者を取ったとき、シーズン424打席、374打数で三振がわずか6個だけだったという驚異的な記録です。
この年の空振りはわずか7回だったそうで、783球連続空振りなしという記録も打ち立てたそうです。
「ボールが止まって見えた」という有名な名言は、この年のシーズン前の打撃練習で言った言葉だそうですが、決して大げさな表現ではなかったのでしょうね。

指揮官としての功績は、ここであらためて語る必要もないでしょうが、あれだけの結果を残していたにもかかわらず、批判的な声が多かったのもよく知られるところです。
初回からバントを多用した手堅い野球に、巨人ファンですら「川上野球は面白くない」というバッシングが多く、なかには「川上哲治がプロ野球をつまらなくした」と酷評する専門家もいたそうです。
まあ、当時の巨人ファンは勝つことに飽きていたのかもしれませんが、そんな川上野球のなかにあったからこそ、長嶋茂雄選手の明るさが余計に際立っていたのかもしれませんね。
川上氏と長嶋氏は不仲だったという説もありますが、本当でしょうか?
あと、川上氏へのバッシングの遠因は湯口事件にもあると思いますが、何よりも、氏はマスコミが嫌いだったそうです。
マスコミを大事にした長嶋さんとは対極にありますね。
あるいは長嶋さんは、そんな川上氏を反面教師にしていたのかもしれません。

王貞治氏に打者転向を強く薦めたのも、コーチ1年目の川上氏だったそうですね。
もし、川上氏の助言がなければ、世界の王は誕生しなかったかもしれません。
そう考えれば、のちのON時代はコーチ時代から下地が作られていたんですね。

川上氏が監督を勇退したのが昭和49年(1974年)。
氏は享年93歳だったそうですから、あのときまだ54歳、今の原辰徳監督より若かったんですね。
めちゃめちゃ大御所の貫禄でしたけどね。
ということは、『侍ジャイアンツ』に出てくる川上監督は今の栗山英樹監督くらいで、『巨人の星』に出てくる氏は、今のわたしと同じ歳くらい?
なんか、不思議な気分です(笑)。
ということは、星一徹も現在93歳ですね(笑)。

またひとり、昭和を彩った英雄がこの世を去りました。
昭和は遠くなりにけり・・・です。

日本プロ野球は今、日本シリーズの真っただ中。
アンチ巨人のわたしは、いうまでもなく楽天を応援しているのですが、川上氏の訃報を受けた巨人が、弔い合戦とばかりに奮起して逆転Vという、出来すぎのドラマのシナリオが見えてきたような気がします。
もし、巨人が日本一になれば40年ぶりの連覇で、V9時代の川上巨人軍以来のことだそうですから。

謹んで、ご冥福をお祈りします。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

by sakanoueno-kumo | 2013-10-30 22:36 | プロ野球 | Trackback(1) | Comments(0)