タグ:平岡拓晃 ( 1 ) タグの人気記事

 

ロンドンオリンピック開幕!日本人選手メダル第1号は平岡拓晃選手。

ロンドンオリンピックが開幕しましたね。
さっそく寝不足の方もおられるのではないでしょうか?
私も今朝は早起きして開会式を見るつもりだったんですが、うっかり寝過ごしてしまいました(泣)。
オリンピックの見どころといえば、競技はもちろんですが、開催国の歴史と文化を感じることができる開会式と閉会式も楽しみのひとつ。
とくに今回は、ポール・マッカトニー「ヘイ・ジュード」を歌うという事前情報が流れていましたから、ぜひとも生で見たいと思っていたのですが・・・。
痛恨の寝坊です(涙)。

さて、私たち日本人にとってオリンピック初日といえば、柔道男子60キロ級女子48キロ級において「日本人選手メダル獲得第1号」という速報に始まるというのが、ずいぶん長い間の定番となっていました。
それ、すなわち、オリンピック3大会連続金メダルという柔道史上初の偉業を成し遂げた野村忠宏選手と、オリンピック5大会連続メダル獲得という離れ業を成し遂げたヤワラちゃんこと谷亮子選手の二人が活躍していたからですね。
今回、その偉大な先輩のあとを継いで大会初日の畳の上に立ったのは、平岡拓晃選手と福見友子選手でしたが、結果は平岡選手が銀メダル、福見選手は5位という結果でした。
まずは平岡選手におめでとうと言いたいですね。
平岡選手は前回の北京オリンピックに続いて2度目の出場ですが、前回は4大会連続金メダルを目指す野村忠宏選手の夢を打ち砕いての出場だったにもかかわらず、痛恨の1回戦敗退という結果だったことで、「野村が出ていたら」といった世間の冷たいバッシングに晒されたそうです。
それだけに、今回に賭ける思いは並々ならぬものがあったようで、その闘士と集中力はテレビ画面を通してもビンビンに伝わってきましたね。
とくに、準々決勝の残り7秒からの巻き返しは見事でした。
決勝は残念ながら一本負けを許したものの、4年前のリベンジは十分に果たせたんじゃないでしょうか。
お家芸の柔道では、「金メダル以外では喜べない」といった雰囲気が選手たちにも応援する側にもありますが、戦っている選手はそうだとしても、見ている私たちは賞賛すべきだと思いますけどね。
何と言っても銀メダル、世界も2位なんですから。

一方の福見選手は、自分の力を出し切れないまま終わってしまった感があり、たいへん悔しい結果となってしまいました。
とくに3位決定戦に回ってしまってからは、流れをつかめそうでつかみきれず、気力の持続が出来てなかったように見えました。
そう考えれば、前回の北京で、同じく準決勝で敗退して3位決定戦に回った谷選手でしたが、気持ちを切り替えてキッチリ銅メダルを獲得したのはさすがといえるでしょうか。
福見選手は、実力はありながらも谷選手と同じ階級だったためにオリンピックは今回が初出場
ようやく掴んだ念願の舞台でしたが、その分プレッシャーも大きかったことでしょうね。
でも、だからこそ彼女にはいい結果を残させてあげたかった・・・。
たいへん残念です。

平岡選手も福見選手も、ただでさえ平常心で臨むのは難しいオリンピックで、しかも偉大な先輩の後継という重圧は計り知れないものだったことでしょう。
今はただ、お疲れさまでしたと言いたいですね。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

http://london.yahoo.co.jp/news/detail/20120728-00000112-spnannex

by sakanoueno-kumo | 2012-07-29 02:21 | 他スポーツ | Trackback(1) | Comments(0)