人気ブログランキング |

タグ:平重衡 ( 2 ) タグの人気記事

 

平清盛 第48話「幻の都」

 富士川の敗戦による平家の威信の低下は深刻だった。平清盛にとって一世一代の大事業だった福原遷都事業は思うようにはかどらず、平安京に都を戻す「還都」を望む声が日増しに高まっていた。もともと福原遷都に意欲的だったのは清盛ひとりで、朝廷内はもちろん、平家一族内でも反対意見が多かっただけに、ひとたび権威が落ち始めると「還都」の声が大きくなるのは当然の成り行きだったといえよう。なかでも京周辺の寺院の反発が激しく、以仁王に味方した園城寺興福寺はもちろん、長年平家と協調関係を保っていた延暦寺の衆徒までが東国の反乱勢力に呼応して、還都の要求を激化させた。彼ら寺院たちの国家的使命は、儀式や祈祷によって朝廷を守ることにあり、その守るべき朝廷が福原に引っ越してしまえば、自身の存在価値はなくなる。京周辺の寺院が還都を要求するのも当然の主張だった。

 さらに清盛にとって不運だったのは、高倉上皇(第80代天皇)のだっただろう。福原に移って以来、遷都による心労や慣れない海辺の環境によるストレスなどが重なってか、上皇の健康状態は悪くなる一方だった。高倉院政を傀儡として権力の基盤を保っていた清盛にとって、上皇の存在は無視できないものだった。なんとしても健康状態を回復してもらわねばならない。「このような辺土で死にたくない」という上皇の願いに、さすがの清盛も耳をかさざるを得なかっただろう。

 清盛の三男・平宗盛が生涯一度だけ清盛に反抗したといわれるのも、このときだったといわれる。死んだ兄・平重盛と比べて凡庸無能と酷評される宗盛だが、このときばかりは一族の前で還都をめぐって清盛と激論を交わし、周囲を驚かせたと九条兼実の日記『玉葉』に記されている。宗盛にしてみれば、おそらく相当な覚悟で清盛に意見したに違いない。従来であれば、清盛の威厳で一蹴されたであろうが、上皇の病など悪条件が重なり、もはやこの時点で清盛の主張を理解する者はおらず、清盛の孤立は明らかだった。

 数日後、ついに清盛は平安京への還都を決意した。清盛の描いた福原京の構想は、わずか5ヶ月で幕を閉じた。

 福原遷都の失敗は清盛の権威をますます失墜させた。人望も権威も失いつつあった清盛が威信の回復を図るには、武力によって反乱勢力を潰すしかない。清盛はまず手始めに近江の園城寺を焼き討ち、続いて畿内最大の反平家勢力・南都興福寺を討伐すべく、平重衡を総大将とする追討軍を南都に差し向ける。南都に攻め入った追討軍は、興福寺、東大寺など七寺院に火を放った。興福寺では金堂や南大門をはじめ堂舎38ヶ所が燃え尽き、東大寺も正倉院を除いてほとんどの堂舎が消失。大仏もむざんに焼きただれた。『平家物語』によると、大仏殿の2階には老僧や子供などが避難していて、追手が来ないよう梯子をはずしていたため迫り来る炎から逃れられず、無惨極まりない地獄絵図が繰り広げられたという。焼死者の数は数千人にものぼったとか。このとき討ち取られた悪僧49人の首級は、ことごとく溝や堀に打ち捨てられたという。

 この「南都焼討」について『平家物語』では、夜戦となり明かりが必要になったため民家に火を放ったところ、風にあおられて瞬くまに燃え上がったとある。あくまで過失だったというのだ。しかし、南都攻めの手始めとして追討した園城寺を焼き討ちしていることを思えば、この南都焼討も計画的だったと考えていいのではないだろうか。

 「それこそが、もはや運が尽きたということよ。天は平家を見放したのじゃ」

 平家の悪行の最たるものとして後世に伝わるこの南都焼討。計画的だったにせよ過失だったにせよ、天が平家を見放し始めていたのは確かだった。それは歴史の示すとおりである。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2012-12-10 21:09 | 平清盛 | Comments(0)  

金環日食〜天俄に曇て日の光も見えず、闇の夜の如くに成りたれば

e0158128_215624100.jpg今朝の金環日食は見られたでしょうか?
我が家では専用メガネはありませんでしたが、私のレイバンの濃いグラサンを使って家族で回し見しました(ホントは専用メガネじゃないと目に良くないんでしょうけどね)。
今朝の神戸は晴れでしたが、我が家から見てちょうど日食が始まった時間帯に薄い雲が掛かり、それが功を奏してか、グラサンでもちゃんと見えましたよ。
雲のせいもあったかもしれませんが、日食中、ちょっと暗くなりましたよね。
太陽の輝きのわりにはあたりが薄暗く、なんとなく不思議な感覚でしたね。

太陽が月に隠されてリングのように輝いて見える金環日食ですが、今回のように九州南部から東北南部までの広い範囲で観測できるというのは、大変貴重なことだそうですね。
日本全体では1987年9月に沖縄で観測されて以来25年ぶりだそうですが、東京では173年ぶり、大阪では282年ぶり、名古屋ではなんと932年ぶりのことだそうで、それを聞けば、実に貴重な体験だったんだと今更ながらに感激しています。
次に日本で金環日食が見られるのは2030年の北海道だそうですが、大坂で次に見られるのは300年後の2312年だそうですから、ほとんどの人が生きている間に見られたとしても1回、一度も見ることなく死んでいく人もたくさんいるわけで・・・。
まあ、別に見れなかったからといって不都合があるわけではありませんが、見なきゃなんか損な気がして、普段、天体なんて全く興味のない私ですが、今朝だけはミーハー気分で天体ショーを楽しみました。

さて、毎週初めには大河ドラマの稿をアップしている当ブログですが、今日は金環日食という歴史的な日なので、大河の稿はまだ後日に。
そういえば、今年の大河ドラマ「平清盛」の時代を描いた「平家物語」「源平盛衰記」のなかにも、金環日食らしき記述があるのをご存知でしょうか?
「天俄(にわか)に曇て日の光も見えず、闇の夜の如くに成りたれば・・・」
寿永2年(1183年)閏10月1日、現在の岡山県倉敷市玉島付近にあったとされる水島で、平重衡が率いる都落ちした平家と木曾義仲が率いる源氏が戦った「水島の合戦」を描写した「源平盛衰記」の記述です。
「源氏の軍兵共日蝕とは不知、いとど東西を失つて舟を退て、いづち共なく風に随つて遁行」
日食を知らなかった源氏は、太陽が欠けて暗くなっていったことを恐れて混乱し、一方の平家方は日食が起きることを予測しており、戦いを有利に進めて平家が勝利したというものです。

なぜ平家が日食を知っていたかについての記述はありませんが、当時、平家は公家として暦を作る仕事をしていたため、日食を予測する知識があったのではないかと言われているそうです。
この2年前に病没した平清盛には、1日を長くするために扇で夕日を招き返した・・・なんて伝説がありますから、このときの日食も、神となった清盛が神通力で平家を救うために起こしたものだったかもしれません(笑)。
ただ、平家が快勝したのはこのときぐらいで、こののち平家は敗走を繰り返し、やがては壇ノ浦の戦いでの滅亡に至るのですけどね。

あと、金環日食だったかどうかはわかりませんが、神話の中にある天照大御神天岩戸の話も、日食を描いたものではないかと言われていますよね。
古代の中国では、日食は不吉の象徴として恐れられてきたそうですし、ギリシャ神話のなかにも日食の記述があるそうです。
日食の原理も知られていなかった太古の昔も、科学が進歩した21世紀の現代でも、日食は常にその時代の人々を驚かせ、あるいは感動させ、非日常的な事象として記録されてきたんですね。
そんな歴史に思いをはせながら、同じ光景を見ることができたことを喜びと感じています。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



by sakanoueno-kumo | 2012-05-21 22:19 | 時事問題 | Comments(0)