人気ブログランキング |

タグ:幾島 ( 2 ) タグの人気記事

 

幕末京都逍遥 その59 「近衛邸跡(京都御苑)」

京都御苑の北西の端にある、「近衛邸跡」を訪れました。

近衛家は藤原氏の流れをくむ藤原北家近衛流の嫡流にあたり、五摂家(近衛、鷹司、九条、一条、二条)のひとつです。

「幕末」と呼ばれる時代の当主は近衛忠煕で、前稿で紹介した九条尚忠のあと、関白に就任します。


e0158128_15111342.jpg


幕府第13代将軍・徳川家定の正室となった天璋院篤姫は、近衛忠煕の養女となったあと、徳川家に嫁ぎました。

篤姫は薩摩藩島津家の分家・今和泉島津家の出身で、将軍家に嫁ぐため、まずは本家で薩摩藩主の島津斉彬の養女となり、名を源篤子と改め、その後、江戸に向かう途中に京都に立ち寄り、近衛忠煕の養女となって、名を藤原敬子と改めます(この際、の名は君号となり、篤君(あつぎみ)となりました)。


e0158128_15111779.jpg


篤姫が忠煕の養女となったのは、忠煕の正室が斉彬の姉・郁姫だった縁からでした。

篤姫が京都に滞在したのは1週間ほどだったといいますが、たぶん、ここ近衛邸に滞在したのでしょうね。

ちなみに、篤姫の教育係で知られる幾島は、もとは忠煕の正室・郁姫付きの上臈だった女性で、ここ近衛邸で共に暮らしていました。


e0158128_15115526.jpg


近衛忠煕は安政4年(1857年)に左大臣となりますが、将軍継嗣問題一橋派に属し、戊午の密勅のために献策したため、「安政の大獄」により失脚し、落飾して謹慎に追い込まれます。

その後、復帰して関白に就任しますが、翌年に辞職し、以後は孫の養育に専念し、明治31年(1898年)、90歳まで長寿します。


e0158128_15120004.jpg
e0158128_15120363.jpg


近衛邸跡にある池の畔には、「糸桜」と呼ばれる樹齢60年の枝垂れ桜があります。

ここを訪れたのは7月だったので、桜の写真はありません。

きっと綺麗なんでしょうね。



「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-05-22 23:45 | 幕末京都逍遥 | Comments(2)  

西郷どん 第12話「運の強き姫君」 ~篤姫の輿入れ難航~

 やはり、今回も篤姫の将軍家輿入れは一橋慶喜次期将軍に推すための密使の役目という設定でしたね。第10話の稿でも述べましたが、この縁談は、島津斉彬が慶喜の将軍継嗣を実現するために仕組んだ謀だったとの説があります。病弱で言動も定かではなかったといわれる(一説には、脳性麻痺だったとも)第13代将軍・徳川家定を、篤姫が御台所としてうまく操り、また、御台所の父という立場で斉彬自身も発言力を高め、将軍継嗣問題を有利に運ぼうとしたという推論です。10年前の大河ドラマ『篤姫』でも、この説が採られていましたね。


e0158128_20010581.jpg ところが、現在ではその説はほぼ否定されています。というのも、そもそも篤姫の輿入れの案が出たのは将軍継嗣問題が生じる前のことで、それも、この縁談を持ちかけたのは島津家からではなく、幕府側からだったといいます。その理由は、将軍家の御台所に島津家から輿入れした実績が過去にもあり、しかも、その御台所が健康子沢山に恵まれたことから、これにあやかろうとしたというのが定説となっています。とすれば、幕府も大奥も、健康な正室を迎えて世継ぎの誕生を期待したということになりますから、家定が本当に子供を作ることができない人物だったのかも、疑問となりますよね。10年前の堺家定は、うつけ者を装った賢者でしたが、今回の又吉家定は、どんな設定なのか楽しみですね。


嘉永6年8月21日(1853年9月23日)に鹿児島を発って江戸藩邸入りした篤姫でしたが、およそ3年近くもの長い間、縁談は進みませんでした。理由はいくつか考えられますが、まず、篤姫が鹿児島を発ったのは黒船来航からわずか2ヶ月後のことであり、国内情勢がそれどころではなかったという背景もあったと思われます。また、過去に実績があるとはいえ、外様大名の島津家からの輿入れに異を唱える勢力も少なくはなかったでしょう。とりわけ、将軍継嗣問題で対立する紀州派は、斉彬の発言力が高まるような縁談には激しく抵抗していたに違いありません。


e0158128_21441368.jpg さらに、篤姫の出自の問題もありました。斉彬の養女になったとはいえ、元は分家の出家格が違いすぎました。ここにいちばんこだわったのは、家定の生母である本寿院だったといいます。分家の娘であるなら側室で十分だというんですね。しかし、斉彬としては、側室としての輿入れは到底受け入れられません。そこで、ここからは次週のネタバレになっちゃいますが、朝廷にはたらきかけて篤姫を右大臣・近衛忠煕養女とすることにし、近衛家からの輿入れというで、暗礁に乗り上げていた縁談がようやく整います。近衛家には斉彬の姉・郁姫が嫁いでおり、その縁で成立した養子縁組でした。


 その郁姫付きの上臈として近衛家にいたのが、幾島でした。ドラマでは、篤姫が江戸屋敷に入ったときから教育係として呼び寄せられていましたが、おそらく、幾島が篤姫付きとなったのは、この養子縁組からだったんじゃないでしょうか。このとき、すでに郁姫は亡くなっており、出家して忠煕に仕えながら郁姫の菩提を弔っていましたが、篤姫の輿入れが決まると、名を「幾島」と改めて(郁姫付きのときは「藤田」と名乗っていた)、大奥に入るまでは篤姫の教育係を、そして大奥に入ってからは御年寄として篤姫を支えていくことになるんですね。そして、西郷吉之助(隆盛)とも、少なからず関わりを持つことになります。


「私は不幸になっても構いません」

「お父上のためなら、篤は喜んで不幸になります。この命、ただ幸せになるためだけにあるのではございません」


 この健気さ。切ないですね。斉彬から真実を明かされたときの目、たまんなかったです。ここで終わってれば良かったんですけどね。そのあとの西郷とのラブシーンはいらなかったなぁ。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



by sakanoueno-kumo | 2018-03-26 21:47 | 西郷どん | Comments(2)