人気ブログランキング |

タグ:徳川家康 ( 88 ) タグの人気記事

 

天地人 第42話「将軍誕生」

 1563年(永禄6年)、武田信玄の六女として生まれた菊姫は、1604年(慶長8年)、上杉家伏見邸にて42年の生涯を閉じる。武田家と上杉家の同盟の証として景勝に嫁いだ菊姫だったが、両家の血を引く世継ぎ産むことは出来なかった。英雄、武田信玄と上杉謙信の血筋を託された菊姫。重圧は大変なものだっただろう。

 お家の存続が第一だったこの時代。ドラマでは自ら子を宿すことを諦めた菊姫は、夫・景勝に側室を薦める。側室が当たり前だった時代。自分が世継ぎを産めなければ側室を薦めるのが正室の務め。現代の私たちには想像できない感覚だが、しかし生涯側室を持たなかった武将も数多くいることを思えば、男女の心のあり様は今も昔も変わらないのではないかとも思える。

 景勝が側室を迎え、懐妊の事実を知ってか知らずか、世継ぎ定勝が生まれる3か月前、己の役目を終えたかのようにこの世を去った菊姫。さぞかし無念だっただろう。1595年に豊臣家への人質のため京都伏見邸に移ってから9年。上杉家が移封された米沢で暮らすことや滞在する事はもとより、京都を出ることすら一度もなかった。

 征夷大将軍を任じられた徳川家康に、祝いの謁見をするため江戸入りした景勝と兼続。しかし、菊姫の病の知らせを受けた景勝は、兼続の後押しもあって伏見に向かう。景勝不在で家康に謁見した兼続は、当然の如くあらぬ言い掛かりをつけられ、理由を問われる。
 「病の奥方を案じ、そのお心を支えんがためでございます。」
 しかし家康は信用しない。信長への忠義のために己の正室と嫡男を殺した家康である。理解出来るはずがない。しかし、兼続は言ってのける。
 「それが上杉でございまする。」
 「君臣親しく、夫婦睦まじく、親子の絆強くあることこそ、国の礎と信ずる家風でございまする。」
 「はばかりながら申し上げまする。天下を取るばかりではなく、天下を治めるつもりがあるならば、何卒この心をお分かりいただきとう存じまする。」

 政治は心である。人を案ずる心がなければ、天下を案ずることは出来ない。政権をとるのは手段であって目的ではない。政権を司るには、マニフェストよりもまずは心である。

 「友愛」を掲げる今の政権。本当にその心が本物ならば、国民は支持を続けるだろう。


ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-10-20 01:47 | 天地人 | Trackback | Comments(1)  

天地人 第41話「上杉の生きる道」

 1601年(慶長6年)10月、徳川家康の命により米沢へと移り住んだ兼続たち。石高4分の1という大幅減封にも関わらず6000人の家臣を誰一人リストラしなかったのだから、経営はたちまち大変なわけである。国づくりを進めようとする兼続に対して、自分たちの生活を心配する家臣たち。もっともな話である。

 「皆の不安はもっともじゃ。だが、ただ座して何を待てというのか。今、新しいことを始め希望を持つことで、道を切り拓こうではないか。」
ピンチをチャンスに。弱っている時こそ攻める姿勢を。100年に1度と言われる平成不況に生きる私たちだが、ただ座して待つだけでは何も生まれない。今、もっとも必要な心かもしれない。
 「恐れながら、その希望とやらは腹の足しになりますかのぉ。」
しかし、末端に生きる者たちの思いも切実。心の温度差は否めない。
 「石堤に掛かる元手は、わが家禄から都合する故、心配無用。」
まずは取締役から身を削る。これが出来てない経営者が現代では多いのでは?最も厳しい立場に自らを置いてから、部下に痛み分けを要請する。これが出来なければ経営者としての資格はない。兼続の行おうとしていることは経営者としては当たり前のことなのだが、これを美談として描かなければならない現代の世の中は、やはり病んでいるということだろうか・・・。

 上記とは別に今話の主題は、タイトル「上杉の生きる道」とはあまり関連なく、「父」と「息子」の絆の話。こちらについては昔も今も大きくは変わらない。いつの時代でも父親にとって息子は己の写し絵で、故に厳しく接するものであり、しかし最も愛しくもあり、ひいき目でもある。息子にとって父親は、幼き頃は師であり、憧れであり、しかしある程度の年齢になれば、目の上のたんこぶであり、壁であり、反面教師でもある。願わくば晩年もしくは死後、再び幼き頃のように父親を師と敬うときが来れば最も理想的な父子だが、これは父親次第というところだろう。
 
 兼続は父の死の直前にその心に達した。父、惣右衛門にとって最も嬉しい冥土の土産だっただろう。不詳、私にも15歳の息子がいる。説教の多い親父で、最近私の顔を見ると自分の部屋に逃げていく。(苦笑) いつか、兼続、惣右衛門父子のような関係になれる日がくるだろうか・・・。 


ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-10-12 01:43 | 天地人 | Trackback | Comments(0)  

天地人 第39話「三成の遺言」

 大河ドラマにおいて、初めて関ヶ原の敗者側が主役となった今年の「天地人」。直江兼続と石田三成の友情物語でもあったこの物語では、当然その最期も三成側の視点から描かれている。

 関ヶ原の敗軍の将として無念の最期を遂げた石田三成。優れた行政能力を持った官僚型の人物で、同じ豊臣恩顧の福島正則や加藤清正などの武断派たちとの間に確執があったとされ、その確執が結果的に関ヶ原での敗走を招いたともされる。しかし自らの領地・近江では、善政を敷いていたため領民から慕われ、三成の死後も領民たちは佐和山城付近に地蔵を築き、彼の遺徳を偲んだという。ドラマでは省かれていたが、関ヶ原を敗走した三成が自身の領地・近江の岩窟に身を潜めていたとき、領民の与次郎という人物が死罪を覚悟で三成の献身的な介抱をする。三成はこの与次郎の義侠心に感銘し、彼に罪が及ばないように自ら役人に身を晒したという有名な話がある。彼の人間性がうかがえるエピソードである。

 「大義は尚、我にあり。」「不義の輩が長く栄えるは無しと思われよ。」
 囚われの身となった三成が家康に言った最期の言葉だが、皮肉にも歴史はその言葉とは全く反対の意志を示し、以後250年に及ぶ日本歴史上最も安定した政権、徳川時代に繋がるのである。ならば三成の言う「正義」は間違っていたのか・・・。そうは思えない。それではもしも関ヶ原の戦いで三成が勝利していたら・・・その後の日本がどのような歴史をたどったかは、誰にもわからない。やはり歴史の「もしも」はタブーで、歴史に起こった出来事はすべて現代の私たちに繋がっており、それは歴史の必然であって、「正義」と言えるのかもしれない。

 処刑を待つ三成と福島正則が酒を酌み交わすシーンはいいシーンだった。もちろんこのようなエピソードは存在せずフィクションなのだが、石田三成と福島正則という二人が、道は違えても豊臣家の為に命を賭した武将であったことは十分に伝わるシーンであり、その心は決してフィクションではないだろう。

 石田三成 辞世の句
 「筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり」


ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-09-28 01:00 | 天地人 | Trackback | Comments(0)  

天地人 第38話「ふたつの関ヶ原」

 「ふたつの関ヶ原」と題した今話。言わずと知れた東軍と西軍における関ヶ原の戦い加えて、東北の地では出羽の最上軍と兼続たち会津の上杉軍の戦いが繰り広げられる。このふたつの戦い以外にも、北陸、四国、九州、伊勢などでも戦があったという。まさに日本全土を巻き込んだ歴史上最大の大戦である。

 天下分け目の関ヶ原の本戦は、たった1日で勝敗を決することとなった。石田三成率いる西軍10万に対し徳川家康率いる東軍7万。数の上では勝る西軍だったが、毛利軍、島津軍などは参戦することなく、実際に戦っていたのは3分の1ほどだったと言われる。それでも三成の立てた戦略と、大谷、宇喜多、小西軍の奮戦もあり優勢に運んだ西軍だったが、勝利を目前にして形成は瞬く間に逆転。西軍の総崩れとなっていく。その1番の要因は小早川秀秋の寝返りに尽きるのだが、その他にも戦線を離脱する者や役割を放棄して退く者など、多くの裏切り行為があったと言う。徳川方の「関ヶ原」は事前の切り崩し工作から始まっていた。一説には家康が諸大名に宛てた書状は200通にも及ぶと言われている。

 「それがしの如き微力な者の声によくぞお応え下された。この御恩は終生忘れませぬ。」
美濃・大垣城において打倒家康のもとに集まった諸将に向けて言った三成の心の言葉。しかし、誠実な心だけでは家康の政治力には勝てなかった。頭脳明晰な知略者故、人望に欠けていた官僚・石田三成は、謀に長けた政治家・徳川家康には及ばなかった。

 徳川家康という人物が、秀吉に比べて後世不人気なのは、この「関ヶ原」前後から「大阪冬の陣・夏の陣」にかけての陰湿な裏工作のイメージにあるだろう。実際には行ったことを思えば、家康より秀吉の方がかなり陰謀家なのだが、秀吉の持ち前の朗らかな人柄にカバーされていてクローズアップされない。しかし家康はこの晩年の10年ほどがあまりにも陰湿だったため、それまでの彼の謹厳実直な人柄はあまり語られない。これは物語の描き方にもよるのだろうけど・・・。

 関ヶ原のキャスティングボードを握った小早川秀秋だったが、彼が寝返った理由も諸説あり、本当のところはわからない歴史の謎である。今話では三成自身が小早川陣に足を運び説得する。
「家康征伐の暁には、小早川様には関白におなりいただく故、ここは何卒。」
しかし、この「関白」という言葉を聞き、秀秋の脳裏には皮肉にも切腹させられた秀次事件が浮かんだ。若い秀秋にとって「関白」という職は忌まわしいものでしかなかった。このストーリーは今までにない展開で面白かった。これがもし本当だったら、秀吉の行った愚行が結局豊臣家を滅ぼす原因になったことになる。まさに「天網恢恢疎にして漏らさず。」といったところだろうか。


ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-09-21 19:09 | 天地人 | Trackback | Comments(0)  

天地人 第37話「家康への挑戦状」

 直江兼続と言えばやはりこの「直江状」。天地人紀行でも紹介されていたとおり、この「直江状」は原本が残っておらず、現在伝わっているものは複数あり、これらは後世の写しと言われている。内容も微妙に違っており、そのため解釈もさまざまある。研究者の中には、「直江状」の存在すら否定する向きもある。

 本物語においての「直江状」の解釈全文。
 「内府さまは会津に関する様々な噂にご不信を持っておられるとのこと。無理もなきことながら真相はいずれお耳に入ることとなりましょう。
 主、景勝の上洛が少ないとは真に心外。上杉は一昨年に国替えをしたばかり。そう度々上洛をしていたら、いったいいつ領内の政(まつりごと)が出来ましょう。それをもって景勝に逆心ありとは見当違いも甚だしい。言いふらした浅はか者の顔が見てみたいものでございます。
 逆心なき証に起請文を差し出せと仰せなれども、これまでの起請文はいったい何だったのでございましょう。景勝は天下に知れた律義の者。もとより疾しきことなど一切ござらん。内府様ともあろうお方が、人の告げ口を確かめもせず景勝謀反と思し召しとは驚いたこと。公平なお方と予て敬っておったは、とんだ勘違いでござろうか。
 加賀前田様を意のままに扱われた件に至っては、「真に結構なご威光でございますなあ」と申し上げる他なし。左様にご立派なお方が、堀秀治なんぞに振り回されるとはなんとも嘆かわしいかぎり。
 我らが武具を買い集めているとお咎めなれど、これは田舎武士の習わしにて、上方武士がつまらぬ茶碗集めにうつつを抜かすよりはまし。余計な心配は御無用。上杉家は、越後の堀をはじめ、伊達、最上ら多くの大名衆と境を接しております。されど他国に繋がる道を作ったくらいで、謀反謀反とほざき立てるは春日山のご城主のみ。余程の愚か者と見受けられます。
 もし景勝に謀反の心があれば、国境(くにざかい)を閉ざし堀を廻らすのが道理。何処からでも攻められるような道をわざわざ作るなど、大馬鹿者の所業にございます。どちらが正しいかは誰が見ても明々白々。
 当節は、例え心に謀反を思うても、勝ち目なしと見れば手のひらを返して服従するが流行りのようでございます。されど、斯様な恥知らずと景勝を一緒にされては迷惑千万。謙信公を始め、歴代武門の誉れも失われます。
 嘘つきものを引き据えて正しい詮議をなさらぬままならば、上杉の上洛などもってのほか。果たして景勝に非があるのか、内府様に裏表がおありなのか、すべては天の沙汰を待つところとなりましょう。重ねて申し上げます。嘘つきものの申し立てを鵜呑みにされ、景勝を疑うとあれば致し方なし。内府様がそこまで天下の正義をおわかりにならないお方であったとは、残念と申すほかなきことでございます。
                                四月十四日 直江山城守兼続」


 本来はもっと長い文章だが、物語に関係のないところは省いて要訳したのだろう。とにかく家康が逆上するには十分な内容である。前話の三成と兼続の「密約」が本当にあったとすれば、この書状が関ヶ原の戦いの導火線になったことになる。「その時、歴史が動いた」書状である。

 家康軍との決戦を目前にした上杉軍だったが、三成の挙兵の知らせを受けた家康軍は全軍を率いて西へ引き返す。このとき上杉軍が何故追撃しなかったかは諸説あるが、今もって謎。今話の景勝と兼続のようなバトルは実際にあったかもしれない。
「我らの望みは、家康を倒し清き国を作ることのみ。それだけを願ってここまで来たのでございまするぞ。今撃てばそれがかないまする。」
「義に叛いてまで敵を討てば、天はいずれ我らを見放すであろう。それでも追いたくば、わしを斬ってからにせよ。」
兼続の思う「義」の心。景勝の思う「義」の心。しかし、兼続の言う「義」は、その場の「利」でしかないという景勝。自分を斬れとまで言った景勝の強い覚悟に、兼続は屈するのである。

 歴史のイフはタブーだが、このとき三成の挙兵があと少し遅れていたらどうなっていたか。天下分け目の関ヶ原にどう影響していたか。そんなことを考えたくなる歴史の1ページである。

~追記~
 上記文章を打ち終えて投稿したのち、NHKの「天地人」HPを見たらなんと、ドラマ中の「直江状」の全文が載っているではないか!ビデオを一時停止しながら必死で入力した労力は何だったのか・・・。家康以上に逆上した私だった。



ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-09-14 02:04 | 天地人 | Trackback | Comments(0)  

天地人 第36話「史上最大の密約」

 直江兼続と石田三成を主役とするこの物語で、関ヶ原の戦いにおいて二人の共謀があったか否かは避けて通れない話である。秀吉の死後、上杉家が会津にて挙兵。徳川家康を東国に引きつけている間に大阪にて石田三成も挙兵。そして関ヶ原合戦へと繋がっていく。この戦略を兼続と三成が事前に謀り、言い合わせていたというのが二人の共同謀議説である。これに対して、共謀はありえないとする「密約否定論」が現在では通説になっているようである。上杉家は当時、新領国「会津」に国替えをして間もない時期であり、資金面から考えても大戦を挑むなんてあり得ないというのが理由のようだ。「密約否定論」を唱える人の中には、「直江状」の存在すら否定する向きもある。

 「密約肯定論」の理由は、兼続の挙兵と三成の挙兵が偶然というにはあまりにも出来過ぎのタイミングであること、三成が兼続に宛てた手紙に「密約」を匂わす文章があること、伏見での上杉屋敷と石田屋敷はごく近隣に位置し、「密約」を交わす機会は十分にあった・・・とするものである。

 密約があったのかなかったのか、どちらも明確な証拠となるものは存在しない。ならば学者ではない素人歴史ファンとしては、「密約肯定論」を通して関ヶ原の戦いを見る方が俄然面白いわけである。多くの小説などでもこの説をとっており、この「天地人」においても当然「密約肯定論」をもとに話が進んでいくようである。

 対立関係にあった武断派たちから襲撃を受けた三成だが、こともあろうに襲撃の黒幕と目される家康の屋敷に逃れる。このエピソードもまた、史実かどうかは疑わしいものだそうだが、素人歴史ファンとしてはこの説も信じたいところ。
 「我らのの政(まつりごと)は天下万民のためのものであるべき。己だけが良きめをみんとするは、公平にあらず。」
 三成に佐和山城蟄居を促し、政(まつりごと)のすべてを手にしようとする家康に対し言った三成の言葉。まったくもって正論である。しかし私利私欲のない純粋過ぎるほどの正論は、権力者にとっては目障りなもの。純粋な正論が必ずしも正義とは限らない。三成の言う「政(まつりごと)」は、家康の持つ政治力に敵わなかった。

 間もなく発足する平成の新政権において、三成の言う天下万民のための政(まつりごと)は行われるのだろうか。とりあえずは期待したいところなのだが、家康が幹事長なだけに微妙なところである。



ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-09-08 00:19 | 天地人 | Trackback | Comments(0)  

天地人 第35話「家康の陰謀」

 半世紀以上続いた自民党政権に終止符がうたれたこの日、この物語においてもひとつの政権が終わろうとしていた。慶長3年(1598年)8月18日、豊臣秀吉死去。享年63歳。これにより再び時勢は緊迫し始め、2年後の関ヶ原の戦いに向けて動き出す。もっとも秀吉の死を待たずしても、晩年の豊臣政権の度重なる悪政には諸大名たちも耐えがたき思いがあっただろう。終わりゆく政権の末路は腐敗への不満。今も昔も変わらない。

 秀吉の死後、露骨に牙を出し始める徳川家康。遠まわしに上杉を奸臣呼ばわりした家康に対し、兼続はその言葉の取り消しを求めもの申す。
「天下を操る奸臣とは、不穏な大名とは、どこのどなたでございましょうか?今この場で、はきと仰せられぬならば、お言葉お取消しくだされ!」
「言の葉は、ひとたび口よりいずれば取り返しのつかぬもの。取消しなど無駄なこと。」
 取り消すくらいなら初めから発言しない・・・憎らしいが正論でもある。腹の据わった者の言葉だ。失言、撤回、釈明を繰り返す平成の政治家とは性根が違うようだ。
 去り際に三成に向けて、再び牙をむく家康。
「我ら力で領地切り取りし者。そなたらごときに束ねられはせぬ。」
 これもまた腹の据わった言葉。悪役もここまで徹底すればある意味頼もしくも感じさせられる。

 度重なる家康の挑発に耐えかね、三成は家康に対して夜討を企てる。
「ここで俺が身を棄てなければ、天下を家康に奪われる。」
 豊臣政権に対する純粋な忠義の心を貫こうとする三成。ここにも腹の据わった言葉があった。
「おぬしは、我らは、天下を守る者。何より大事は揺るがぬ志だ。」
 一時の感情に駆られ、はやまろうとする三成を必死で制止しようとする兼続。やはりこれも腹の据わった言葉である。

 徳川家康、石田三成、直江兼続。立場は違えど、いずれの思いも腹の据わった「覚悟」の言葉である。それぞれの命を賭けた「覚悟」がやがて歴史を大きく動かすこととなる。
 もうすぐ始まる民主党新政権。惨敗を喫し立て直しを図る自民党。どちらにしても「覚悟」はいかほどのものか?今はまだ、計る術もない。


ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-09-02 01:17 | 天地人 | Trackback | Comments(0)  

天地人 第21話「三成の涙」

 石田三成と直江兼続の友情が交わされた本話。終始コミカルに描かれていた本話の演出には多少違和感を感じたものの、今後の物語に大きく関わってくる話。後の関ヶ原合戦において、二人の共謀説をとるであろうこの物語では、二人の友情は重要なエピソードとなってくる。

 あらためて説明するまでもないが、秀吉の死後、上杉家が会津にて挙兵。徳川家康を東国に引きつけている間に大阪にて石田三成も挙兵。そして関ヶ原合戦へと繋がっていく。この戦略を兼続と三成が事前に謀り、言い合わせていたというのが二人の共同謀議説である。この説ははっきっりした証拠がないことから歴史学者らは否定的な見解が多いよう。しかし共同謀議がなければ、ああいう結果はなかっただろうという人も多い。興味深い歴史の謎である。

 聡明、有能ではあるものの融通がきかず、己以外の者を見下したところがあり、人望を得られなかったといわれる石田三成。謹厳実直な性格が災いして武功派諸将から反感をかっていたというのが定説。いわゆる官僚型の人物で、人の上に立つ器ではなく、秀吉のような政治家タイプの人物の参謀としてこそ光る男だったのだろう。

 自分が何故に嫌われるのかを客観的に理解した上で「性分だから仕方がない。」という三成。この言葉に融通のきかない不器用さがうかがえる。しかし私はこの不器用な男が嫌いではない。性分とは分かっていても簡単に変えられるものではなく、聡明な三成は自分が大将の器ではないことも理解していたと私は思う。にも関わらず、謹厳実直な性格が彼を不向きな道へと歩ませてしまったことが、石田三成という人物の不器用且つ不幸な性分だといえよう。

 彼のように聡明ではないが、私も彼に似た性分で他人とは思えない。命まで落とすことはないと思うが・・・。



ブログ村ランキングに参加しています。
下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-05-25 02:04 | 天地人 | Trackback | Comments(0)