人気ブログランキング |

タグ:朝倉孝景 ( 3 ) タグの人気記事

 

一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。 その5 「朝倉義景・朝倉孝景墓所」

「その3」で紹介した朝倉氏館跡の東南隅旧松雲院墓地内に、第11代当主の朝倉義景墓所があります。


e0158128_20110644.jpg


木標には「五代」とありますが、朝倉氏の拠点を一乗谷に移した朝倉孝景を初代とした場合、義景は5代目になりますが、越前国に入国した朝倉広景を初代とすると、義景は11代目となります。

当ブログでは、11代とさせてもらいます。


e0158128_20155201.jpg


こちらが、その義景の墓です。


e0158128_20152983.jpg


朝倉義景は、天正元年(1573年)8月20日、刀根坂の戦い(一乗谷城の戦い)織田信長に敗れ、従兄弟の朝倉景鏡の勧めで賢松寺に逃れていましたが、そこで景鏡の裏切りに遭い、自刃します。

この墓は天正4年(1576年)に村民の建てた小祠が始まりで、寛文3年(1663年)に福井藩主の松平光通によって現在の墓塔が立てられたそうです。


e0158128_20153572.jpg


義景の死によって朝倉氏は滅亡し、義景は最後の当主となります。

義景の首は信長家臣の長谷川宗仁によって京都で獄門に曝され、その後、浅井久政・長政父子とともに髑髏に箔濃を施された話は、あまりにも有名ですね。

その髑髏をにして酒を飲ませたという逸話は、後世の作り話といわれています。


e0158128_20175476.jpg


一乗谷遺跡内には、もう1ヵ所、朝倉氏の墓所があります。

「その4」で紹介した中の御殿跡の東にある山道を登ります。


e0158128_20222015.jpg


これが、その墓所。

7代目当主・朝倉孝景の墓所です。


e0158128_20222445.jpg


木札には「初代」とありますが、上記と同じ理由で当ブログでは7代目とします。

7代目当主・朝倉孝景は、朝倉氏の拠点をここ一乗谷に移した人物です。


e0158128_20222848.jpg


朝倉氏は代々、越前守護代甲斐氏、尾張守護代織田氏とともに、三管領筆頭で越前・尾張・遠江守護の斯波氏の宿老を務めていました。

応仁元年(1467年)に応仁の乱が始まると、孝景は当初は西軍に属して京都で戦いましたが、文明3年(1471年)に越前に帰国し、越前守護代甲斐氏に代わって守護代職になることを条件に、東軍(幕府側)に寝返りました。

このため、甲斐氏と越前支配をかけた激しい戦いを展開し、文明7年(1475年)、越前をほぼ平定します。

ところが、守護斯波氏は孝景の越前支配を「越前押領」とみなし、文明11年(1479年)には、東軍(幕府側)に帰順した甲斐氏や二宮氏など被官人を引きつれ、「朝倉退治」と称して越前に下国、一進一退の戦いが続きます。

この戦いの最中、文明13年(1481)7月、孝景は病死しました。


e0158128_20223164.jpg


孝景の墓は、その法名から英林塚とも呼ばれます。

高さ約2mの宝篋印塔で、昔から、越前に危機が迫ると鳴動するとの伝説があるそうです。


e0158128_20242417.jpg


さて、朝倉氏5代103年の歴史をもつ一乗谷朝倉氏遺跡をめぐってきましたが、本稿をもって終わりにします。

本当は、遺跡の東にある一乗谷城跡にも登りたかったのですが、その時間がとれませんでした。

また今度の機会ということで。

最後に、日本100名城のスタンプを載せておきます。


e0158128_20080447.jpg




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2019-03-27 00:34 | 福井の史跡・観光 | Comments(0)  

一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。 その4 「庭園~中の御殿跡~諏訪館跡」

「その3」のつづきです。

朝倉氏館跡の東の高台を上ると、湯殿跡庭園があります。


e0158128_19413550.jpg
e0158128_19500918.jpg


一乗谷朝倉氏遺跡には、多くの庭園が遺存していますが、そのなかでも、湯殿跡庭園、南陽寺跡庭園、諏訪館跡庭園、義景館跡庭園の4庭園が、「一乗谷朝倉氏庭園」として平成3年(1991年)に国の特別名勝に指定されました。


e0158128_19430046.jpg


湯殿跡庭園は4庭園のなかでも最も古く、10代目当主の朝倉孝景の時代に造られたと推定されています。

説明板には「4代孝景」とありますが、一乗谷を拠点としてから4代目ということで、越前国に入国した朝倉広景を初代とすると、孝景は10代目となります。

ちなみに、一乗谷に拠点を移した7代目当主も「孝景」というので、ややこしいんですが・・・。


e0158128_19440229.jpg


湯殿跡庭園は南北に細長い約100㎡の池を中心に、その周囲に巨石が豪放に配置されています。

現在、池には水はなく、わたしの目にはただの岩石群にしか見えませんでした。


e0158128_19455155.jpg


湯殿跡庭園の南にある大きな空堀跡です。


e0158128_19455434.jpg


石垣も少し残存しています。


e0158128_19464113.jpg


空堀跡に架けられた橋を渡ると、広い敷地があります。


e0158128_19473664.jpg


ここは中の御殿跡で、足利義昭から従二位に叙せられた朝倉義景の母・光徳院が居住したと伝えられています。


e0158128_19534315.jpg
e0158128_19483853.jpg


その案内板です。


e0158128_19520570.jpg


建物跡の礎石が並びます。

その向こうに見える草が生えてない部分は、池跡だそうです。


e0158128_19565860.jpg


中の御殿跡南門の石垣です。


e0158128_19583244.jpg
e0158128_19583605.jpg
e0158128_19570238.jpg


中の御殿跡東側の高台に上り、中の御殿跡を見下ろします。

遠くに見えるのは、「その2」で紹介した復原町並です。


e0158128_20004703.jpg


中の御殿跡から更に南下すると、諏訪館跡があります。

諏訪館は朝倉義景が4人目の側室だった小少将のために造ったと伝えられる館です。


e0158128_20031944.jpg


その敷地内南東には、諏訪館跡庭園があります。


e0158128_20032367.jpg


諏訪館跡庭園は一乗谷の庭園のなかでも最も大きな規模のもので、上下二段構成の回遊式庭園です。


e0158128_20032786.jpg


上段は滝石組湧泉石組、下段は大きなヤマモミジの下に高さ4.13m、幅2.5m日本最大の滝副石を使った豪壮な滝石組があります。


e0158128_20064640.jpg


滝副石の表面には、弘化4年(1847年)に心月寺十八世月泉和尚の筆により、朝倉教景、朝倉貞景、朝倉孝景の法号が刻まれています。


e0158128_20065062.jpg


湯殿跡庭園、南陽寺跡庭園、諏訪館跡庭園の3庭園は、発掘調査以前より庭石が地上に露出していたため、昭和5年(1930年)に国の名勝に指定されていたそうですが、その後の管理が不十分であったため、荒廃していたそうです。

その後、昭和42年(1967年)から文化庁指導のもとに整備が行われ、昭和62年(1987年)には湯殿跡、諏訪館跡で湧水用の石組溝や暗渠が発掘され、現在の姿になったそうです。


もう1回、シリーズを続けます。

「その5」につづきます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-03-21 11:29 | 福井の史跡・観光 | Comments(0)  

一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。 その1 「下城戸跡~武家屋敷跡」

福井県福井市の市街地から東南に10kmほどのところある一乗谷朝倉氏遺跡を訪れました。

ここは、文明3年(1471年)から天正元年(1573年)までの103年間、戦国大名の朝倉氏が領国支配の拠点とした場所で、一乗谷城を中心とする城下町の跡が、そのままそっくり埋もれていたものを、昭和42年(1967年)から進められた発掘調査によって、広大な遺跡が地上に出現したという貴重な遺跡です。


e0158128_17222185.jpg


一乗谷は東、西、南を山に囲まれた谷で、南北の谷幅が最も狭まった場所に城戸を設けて防御を固め、その間の長さ約1.7km「城戸ノ内」に、朝倉館(武家屋敷)をはじめ、侍屋敷、寺院、職人や商人の町屋が計画的に整備された城下町が形成されていました。

上の写真は、その最北部の「下城戸跡」に建てられた石碑です。


e0158128_17284606.jpg


遺跡案内図です。

下部の「現在地」表記の場所が、下城戸跡です。


e0158128_17302231.jpg
e0158128_17323043.jpg


下城戸跡にある幅18m、高さ5m、長さ20mの土塁跡です。

かつては長さ50mほどあったと推定されているそうです。


e0158128_17344245.jpg


土塁の横の入口部分は、枡形虎口のかたちをした門跡があります。


e0158128_17344516.jpg


積まれている石は重さ10t超の巨石ばかりで、なかには40tを超えるものもあるとか。


e0158128_17355875.jpg


下城戸跡から1.5kmほど南下したところにある駐車場に車を停めて、遺跡をめぐります。

上の写真はその案内図です。


e0158128_17460100.jpg


有料区域の遺跡です。

写真右側に見える土塀は、復元街並の区画です。


e0158128_17521987.jpg


遺跡はとにかく広大で、広大すぎるため写真では伝わりづらいですね。


e0158128_17571490.jpg


朝倉氏はかつて但馬国を拠点としていた豪族でしたが、南北朝時代に朝倉広景が足利一族の斯波高経に従って越前国に入国しました。

その後、7代当主の朝倉孝景のとき、応仁の乱での活躍をきかっけに一乗谷に本拠を移し、斯波氏、甲斐氏を追放して越前国を平定しました。

以後、孝景、氏景、貞景、孝景、義景5代103年間にわたって、この地が越前国の中心として栄えます。


e0158128_17552167.jpg


この103年間の繁栄はたいへんなものだったようで、雪国でありながら京や奈良の貴族や僧侶などが大勢下向し、「北陸の小京都」と呼ばれていたといいます。

ところが、天正元年(1573年)の刀根坂の戦い(一乗谷城の戦い)織田信長に敗れ、朝倉氏は滅び、城下町も焼き討ちにあって灰燼に帰します。


e0158128_17552563.jpg


このあたりは武家屋敷が立ち並ぶ地区だったようです。


e0158128_17494783.jpg


礎石跡が規則正しく並んでおり、かつて建物があったということが確認できます。


e0158128_17483806.jpg


井戸跡ですね。


e0158128_18084599.jpg


とにかく広大すぎて、写真で見ただけじゃただの空き地ですね(笑)。

この遺蹟の素晴らしさはドローンでもなけりゃ伝わらないですね。

「その2」につづきます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2019-03-14 09:49 | 福井の史跡・観光 | Comments(2)