人気ブログランキング |

タグ:朝倉広景 ( 1 ) タグの人気記事

 

一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。 その1 「下城戸跡~武家屋敷跡」

福井県福井市の市街地から東南に10kmほどのところある一乗谷朝倉氏遺跡を訪れました。

ここは、文明3年(1471年)から天正元年(1573年)までの103年間、戦国大名の朝倉氏が領国支配の拠点とした場所で、一乗谷城を中心とする城下町の跡が、そのままそっくり埋もれていたものを、昭和42年(1967年)から進められた発掘調査によって、広大な遺跡が地上に出現したという貴重な遺跡です。


e0158128_17222185.jpg


一乗谷は東、西、南を山に囲まれた谷で、南北の谷幅が最も狭まった場所に城戸を設けて防御を固め、その間の長さ約1.7km「城戸ノ内」に、朝倉館(武家屋敷)をはじめ、侍屋敷、寺院、職人や商人の町屋が計画的に整備された城下町が形成されていました。

上の写真は、その最北部の「下城戸跡」に建てられた石碑です。


e0158128_17284606.jpg


遺跡案内図です。

下部の「現在地」表記の場所が、下城戸跡です。


e0158128_17302231.jpg
e0158128_17323043.jpg


下城戸跡にある幅18m、高さ5m、長さ20mの土塁跡です。

かつては長さ50mほどあったと推定されているそうです。


e0158128_17344245.jpg


土塁の横の入口部分は、枡形虎口のかたちをした門跡があります。


e0158128_17344516.jpg


積まれている石は重さ10t超の巨石ばかりで、なかには40tを超えるものもあるとか。


e0158128_17355875.jpg


下城戸跡から1.5kmほど南下したところにある駐車場に車を停めて、遺跡をめぐります。

上の写真はその案内図です。


e0158128_17460100.jpg


有料区域の遺跡です。

写真右側に見える土塀は、復元街並の区画です。


e0158128_17521987.jpg


遺跡はとにかく広大で、広大すぎるため写真では伝わりづらいですね。


e0158128_17571490.jpg


朝倉氏はかつて但馬国を拠点としていた豪族でしたが、南北朝時代に朝倉広景が足利一族の斯波高経に従って越前国に入国しました。

その後、7代当主の朝倉孝景のとき、応仁の乱での活躍をきかっけに一乗谷に本拠を移し、斯波氏、甲斐氏を追放して越前国を平定しました。

以後、孝景、氏景、貞景、孝景、義景5代103年間にわたって、この地が越前国の中心として栄えます。


e0158128_17552167.jpg


この103年間の繁栄はたいへんなものだったようで、雪国でありながら京や奈良の貴族や僧侶などが大勢下向し、「北陸の小京都」と呼ばれていたといいます。

ところが、天正元年(1573年)の刀根坂の戦い(一乗谷城の戦い)織田信長に敗れ、朝倉氏は滅び、城下町も焼き討ちにあって灰燼に帰します。


e0158128_17552563.jpg


このあたりは武家屋敷が立ち並ぶ地区だったようです。


e0158128_17494783.jpg


礎石跡が規則正しく並んでおり、かつて建物があったということが確認できます。


e0158128_17483806.jpg


井戸跡ですね。


e0158128_18084599.jpg


とにかく広大すぎて、写真で見ただけじゃただの空き地ですね(笑)。

この遺蹟の素晴らしさはドローンでもなけりゃ伝わらないですね。

「その2」につづきます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2019-03-14 09:49 | 福井の史跡・観光 | Comments(2)