人気ブログランキング |

タグ:本多忠政 ( 2 ) タグの人気記事

 

白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その5 ~西の丸~

西の丸庭園にやってきました。

ここは、池田輝政に変わって城主となった本多忠政が、大坂夏の陣のあと将軍・徳川秀忠の息女・千姫を娶った嫡男・本多忠刻のために御殿を建てた場所で、「中書丸」とも呼ばれていました。

「中書」とは、忠刻の官職・中務大輔の唐名だそうです。


e0158128_19535497.jpg

ここからの天守の眺めが最高なんですよね。

e0158128_19554570.jpg

時代劇をよく観る方は、なんとなく見覚えないですか?

実は、テレビドラマ『暴れん坊将軍』に毎回出てくる江戸城は、ここから撮影した姫路城なんです。

e0158128_19575762.jpg

拡大です。

e0158128_19582008.jpg

さらに拡大。

e0158128_20010222.jpg

西の丸庭園を囲むように築かれている長屋は、通称「百間廊下」ともいわれ、約300mの長さがあるそうです。

e0158128_20024827.jpg

天守から見下ろした「百間廊下」はこんな感じ。↓↓↓

e0158128_20042379.jpg

建物内には、城外側に廊下、城内側が部屋になっていて、西の丸で働く女中が住んでいたと考えられています。

e0158128_20080403.jpg

中はこんな感じで、長い廊下が続いています。

e0158128_20093862.jpg

部屋はこんな感じの板の間です。

e0158128_20110276.jpg

長局の北端には、他の部屋とは異なって広くて畳敷きの開放感のある空間があります。

ここは、「化粧櫓」といい、千姫が忠刻に嫁いだ際に、将軍家から贈られた10万石の化粧料の一部で建設されたと言われる櫓です。

千姫が城の北西にある男山天満宮を遥拝する際に、休息所としてこの化粧櫓を使用したと言われています。

e0158128_20134998.jpg

部屋内には、千姫と女中が百人一首を楽しんでいる人形が展示されています。

e0158128_20141091.jpg

知ってのとおり、千姫の生涯は波乱万丈でした。

その話は、また別の稿に譲ることにしましょう。

次回に続きます。




白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その1 ~三の丸~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その2 ~門~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その3 ~三国堀・二の丸・本丸~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その4 ~天守閣~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その6 ~下山里~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その7 ~姫山公園・姫路神社~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その8 ~内堀~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その9 ~武蔵野御殿跡・千姫の小路~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その10 ~男山・千姫天満宮・配水公園~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その11 ~池田輝政公菩提寺旧蹟~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その12 ~姫路城天守眺望~

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2016-02-12 20:27 | 姫路城めぐり | Comments(2)  

白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その3 ~三国堀・二の丸・本丸~

前稿では各所の「門」を見ていきましたが、本稿では、それらの門と門のあいだの各所を巡ります。

まずは、「菱の門」をくぐったところにある三国堀から見た天守です。

e0158128_19051887.jpg

白い天守が青空に映えて美しいですね。

拡大します。

e0158128_19073336.jpg

つづいて、「ぬの門」「りの門」の間にある、二の丸広場から見上げた天守です。

天守の真南にあたります。

e0158128_19102550.jpg

拡大です。

正面の石垣の上が本丸になります。

e0158128_19114281.jpg

二の丸には、『播州皿屋敷』で有名な「お菊井戸」があります。

e0158128_19125453.jpg

永正年間(1500年頃)、姫路城主小寺則職の執権・青山鉄山は、町坪弾四郎と語らい、城を奪おうと企てていました。

則職の忠臣・衣笠元信は、お菊を青山家に女中として住み込ませ、その企てを探らせました。

則職暗殺を探知したお菊が元信に知らせたため、則職は家島に逃げて殺されずにすみましたが、城は鉄山に乗っ取られました。

お菊の動きを知った弾四郎は、お菊を助ける代わりに結婚を強要しました。

元信を慕うお菊はそれを拒みました。

弾四郎はそんなお菊を憎み、青山家の家宝の10枚揃いの皿の1枚を隠し、その罪をお菊にかぶせて責めあげました。

それでも弾四郎を拒むお菊は、ついに切り殺されて井戸に投げ込まれました。

その後、毎夜この井戸から「1枚、2枚、3枚、・・・9枚」と、9枚目まで何度も数えるお菊の声が聞こえたといいます。

やがて元信らが鉄山一味を滅ぼし、お菊は「於菊大明神」として十二所神社内に祀られました。

(現地説明看板より引用)

有名な怪談話ですが、この話、関東では『番町皿屋敷』というそうですね。

その他、似たような話が全国各地に存在するとか。

時代背景や登場人物はそれぞれ違いますが、主役のお菊さんと「1枚、2枚・・・」のくだりは共通しているそうです。

オリジナルはどこの話か、あるいはどれも作り話か、真偽は定かではありません。

きっと、お菊さんの現代版が「貞子」なんでしょうね。

e0158128_19164398.jpg

そして本丸です。

天守がドーンと正面にそびえて、ド迫力です。

e0158128_19184435.jpg

真下から見上げます。

ここ本丸広場は別名「備前丸」ともいい、もともと池田輝政の御殿がありましたが、本多忠政が城主になると、御殿は三の丸に移されたといいます。

この日も、多くの人がここで記念撮影をしていました。

e0158128_19190475.jpg

まだまだ姫路城の見どころはたくさんあります。
次回に続きます。



白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その1 ~三の丸~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その2 ~門~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その4 ~天守閣~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その5 ~西の丸~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その6 ~下山里~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その7 ~姫山公園・姫路神社~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その8 ~内堀~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その9 ~武蔵野御殿跡・千姫の小路~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その10 ~男山・千姫天満宮・配水公園~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その11 ~池田輝政公菩提寺旧蹟~
白鷺の天守閣がよみがえった姫路城を歩く。 その12 ~姫路城天守眺望~

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2016-02-05 10:29 | 姫路城めぐり | Comments(0)