人気ブログランキング |

タグ:本多正信 ( 4 ) タグの人気記事

 

おんな城主 直虎 第41話「この玄関の片隅で」 ~鷹匠・本多正信~

 やはり鷹匠ノブ本多正信でしたね。本多正信といえば、常に徳川家康の側にいて智謀をめぐらす側近中の側近といったイメージがありますが、実は、正信が家康から重用されるようになるのは天正10年(1582年)の本能寺の変以後のことで、天正3年(1575年)頃かと思われるドラマのこの時期は、まだ歴史の表舞台には出てきていません。

 家康より5歳上の正信は、はじめは鷹匠として家康に仕えますが、身分は低く、大久保忠世らからの援助を受けて過ごしていたといいます。そんな暮らしに嫌気がさしたのかどうか、永禄6年(1563年)に起きた三河一向一揆では、弟の本多正重と共に一揆衆につき、家康に敵対します。この一揆は、三方ヶ原の戦い伊賀越えと並んで家康の三大危機とされる出来事で、三河家臣団の半数が一揆衆に与したと言われています。家康の家臣団といえば「忠実」というイメージが強いですが、最初からそうだったわけじゃないんですね。


 一揆の鎮圧後、一揆に与した武士の多くは徳川(当時は松平)家への帰参を望みますが、正信は出奔して浪人します。このあたり、若き日の正信はなかなかの気骨ある男だったようですね。やがて正信は大和国の松永久秀に仕えたといい、久秀をして「剛に非ず、柔に非ず、非常の器」と称されたといいますが、永禄8年(1565年)、久秀が三好三人衆とともに将軍・足利義輝を殺害すると(永禄の変)、再び出奔して諸国を流浪したとされ、その間の行動は詳しくわかっていません。一説には、加賀国に赴いて石山本願寺と連携し、織田信長と戦っていたともいわれます。後年の策謀家のイメージとは違って、反骨心旺盛で血気盛んな人物だったようです。


 諸国を流浪したすえ、正信は再び家康に仕えることになるのですが、帰参した時期ははっきりしません。『寛永諸家系図伝』は元亀元年(1570年)の姉川の戦いの頃と伝え、『藩翰譜』によると、天正10年(1582年)の本能寺の変後と伝えます。どちらが事実かはわかりませんが、確実な史料に正信が現れるのは本能寺の変以後のことで、それ以前は、帰参していたとしても、それほど重要なポストを与えられてはいなかったのでしょう。まあ、一度裏切った身ですからね。当然といえば当然のことで、むしろ、かつての裏切り者を再び召し抱えた家康の度量の広さがうかがえます。あるいは、人材としての正信が、それほど有能だったということかもしれません。


 話をドラマに移して、草履番から小姓に上がるためにあれこれ知恵をめぐらせる万千代(のちの井伊直政)ですが、どれも稚拙浅知恵、家康はすべてお見通し空回り感ありありです。まあ、数えで15歳といえば、いまの中学1、2年生。まだ子供ですからね。伝承では、直政は家康に仕えてから破竹の勢いで出世していったとされていますが、実際には、多少の挫折失敗はあったことでしょう。歴史の結果を知っている後世のわれわれから見れば、そんなに焦らなくとも君はやがて徳川四天王のひとりとなるのだから、と言いたくなりますが、15歳の当の本人はそんなこと知るはずもなく、ドラマのように、必死にアピールしていたかもしれません。もうちょっとの辛抱です。


 ちなみに、織田信長から3000本用意しろと言われた材木。これ、おそらく長篠の戦いで立てる馬防柵に使用する材木でしょうね。今話はすべてフィクションの回でしたが、ちゃんと史実に繋がるアイテムを題材に描いた創作で、秀逸でした。長篠の戦いでは初陣を飾れず、留守居を命じられた万千代でしたが、どんな活躍を見せてくれるのか楽しみです。・・・って、完全に直政のドラマになっちゃってますが。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-10-16 02:14 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)  

おんな城主 直虎 第39話「虎松の野望」 ~井伊直政出世物語のはじまり~

 天正2年(1574年)12月14日、井伊谷龍潭寺において井伊直親十三回忌の法要が行われました。『井伊家伝記』によると、このとき15歳になった虎松(のちの井伊直政)も呼び戻され、祐椿尼、次郎法師(井伊直虎)、南渓瑞聞和尚らが集まって相談し、井伊家再興のため、虎松を徳川家康に出仕させる方針が決まったとあります。ドラマでは、直虎は井伊家を再興するつもりはないと言っていましたが、実際には、直親の忘れ形見である虎松によって井伊家を復活させることが、一族の悲願だったようです。まあ、当然だったでしょう。


 虎松と家康の面会は、その後、間もなく実現します。『井伊家伝記』によると、天正3年(1575年)2月と記され、『寛政重修諸家譜』には、同年2月15日と具体的な日付まで記されています。どちらの記述も、面会したのは鷹狩りの途中の道端だったと伝えます。また、江戸時代に新井白石がまとめた『藩翰譜』でも、道端で尋常じゃない面魂の少年を見つけ、素性を調べさせたところ、井伊直親の子だというので、不憫に思って仕えさせたとあり、徳川幕府の公式記録である『徳川実紀』でも、鷹狩の道すがらただものとは思えない小童が家康の目に入り、その子がかつて陰謀によって死んだ直親の遺児で、いまは松下源太郎清景の養子になっていることを知り、すぐに召し抱えたと記されています。すべて二次史料ではあるものの、「鷹狩の途中」という話は一致しており、おそらく本当の話なんでしょうね。


ただ、「偶然の出会い」というのはどうだったでしょうね。『井伊家伝記』によると、「御小袖二つ、祐椿・次郎法師より御仕立遣わされ候なり。天正三年二月、初めて鷹野にて御目見遊ばされ候。」とあります。直虎と祐椿尼から虎松のもとに小袖が届けられ、その小袖を着て家康に拝謁したというのです。つまり、家康に会うために、わざわざ正装を新調したということです。これ、ドラマでも描かれていましたね。この話が事実なら、家康との面会はあらかじめ設定されていたことになります。ドラマでは、この説が採られていましたね。おそらく、そうだったんじゃないかとわたしも思います。江戸時代に記された史料がすべて「偶然の出会い」と伝えているのは、神格化した家康の人の能力を見抜く慧眼を讃えるために造られた話なんじゃないでしょうか。実際には、ドラマのように、誰かによって面会の場があらかじめセッティングされ、その場所が、鷹狩の途中だったんじゃないかと。


 さらに『井伊家伝記』の伝えるところでは、かつて直親が家康と内通した疑いによって今川方に殺されたことを家康は知っており、家康は直親が命を失ったのは自分のためだったも同然として、虎松を召し抱えたとあります。家康はその際、虎松に松下姓から井伊姓に戻るように命じ、自分の幼名・竹千代から「千代」ををとり、「万千代」という名を与えました。そして上下とともに三百石を与えたと伝えます。


 ドラマでは、虎松が築山殿根回しして、家康から井伊姓を名乗るように命じてもらうよう仕向けてもらうといった設定で、その小賢しさのせいで、三百石はおろか、小姓に取り立てられる約束だった話も反故になり、草履取りを申し付けられるという展開でした。まさに策士策に溺れるってやつですね。まあ、そんなに早く虎松に出世されたんじゃ、50話まで話が続かないでしょうからね。ここからは、井伊直政の出世物語となるのでしょう。


 ちなみに、ネタバレになりますが、井伊姓と松下姓のどちらを与えるか迷っていた家康に、逆に虎松に選ばせてはどうかとアドバイスしていた鷹匠ノブという人物は、おそらく、のちの本多正信でしょうね。家康の後半生はこの正信をいつもそばに置き、すべて正信との謀議で事が進められたといいます。早くも、その策士ぶりを発揮していましたね。虎松の才気も、正信にかかっては赤子同然だったようです。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-10-03 14:39 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)  

天地人 第44話「哀しみの花嫁」

 本多正信の次男・政重。1604年(慶長9年)、直江兼続の娘・於松の婿養子となり、直江大和守勝吉と名を改める。この勝吉こと本多政重は、これ以前も波乱万丈の道を歩んでおり、徳川家重臣の家に生まれながらも刃傷沙汰を起こして出奔し、大谷吉継や宇喜多秀家などのいわゆる関ヶ原の戦いにおいて徳川方から見た敵方に仕えていた。言ってみれば、この4年前の関ヶ原の戦いまでは、兼続たちと「同志」に位置していたわけである。その後、正信の子ということもあって罪には問われず、兼続が本多家に近づいたことから、この縁談が成立した。
 しかしほどなく妻・於松が病死。それでも養子縁組は解消されず兼続の弟・実頼の娘を後妻として迎え、直江家との関係を保つことになる。その後結局は直江家を去ることになるのだが、その後も本多家と直江家は親しい交流があったとされることから、深い信頼関係が築かれたのであろうことが想像される。

 養子といっても政略結婚。ましてや上杉家は監視される立場にあり、敵方のスパイを黙認して雇い入れたようなものである。しかし兼続は養子となった勝吉に上杉家の内情を次々と見せてまわる。包み隠さないことで、逆に身の潔白を証明しようという意図が窺えるが、鉄砲の鍛冶場まで明かされた勝吉は兼続の心が理解できない。
 「上杉に謀反の疑いありと、私が告げればどうなりましょう?」
 「それも見越した上で、そなたをここに連れてきた。」
 「何故に?」
 「そなたが我が身内であるからじゃ。」
 人の信用を得るには、まずは人を信用する。政略結婚とはいえ縁あって身内になったのだから、まずは信頼関係から構築せねば何も発展しない・・・といったところだろうか。もっともではあるが、弱い立場で人を信用することはとても難しいこと。身を守ろうとすれば人を疑ってしまうのが凡人の常である。数々の修羅場を経験し、人間関係にとってもっとも大切なのはその「真心」だということを知っている兼続ならではの外交である。

 一方で、勝吉・於松の夫婦関係はそう簡単にはいかない。父・兼続の心を受け継いだ於松は、縁あって夫婦になった勝吉との絆を深めようと悩み苦しむ。
 「絆とは、相手に何をしてあげられるかを思い続けること。」
 母・お船に教えられて、妻として夫にしてあげられることを尽くす於松だったが、その思いが勝吉の心に響いたのは、哀れにも彼女の死後のことだった。
 相手に何をしてあげられるか・・・。夫婦の間でそれを思い続けることもまた難しいこと。親子関係ならば、親が子にそう思い続けることは常。しかし夫婦の間において、果たしてそれが出来ているだろうか。自分にして欲しいことを求める心の方が多いのではないだろうか。そんなことを感じさせられた言葉だった。

 この物語も残すところ3話。今話で兼続は、己の目指すべき道、政に対する考えが固まったようである。
 「天下は誰のものでもない。守るべきは天下という形ではなく、ここに生きる民の暮らし。」
 こののちも、大阪冬の陣・夏の陣などまだまだ政局は激しく動きを見せるが、ここからの様々な局面での兼続のは、常にこの考えをベースに道を選択していくことになるのだろう。


ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-11-02 01:22 | 天地人 | Trackback | Comments(0)  

天地人 第43話「実頼追放」

 直江兼続の実弟、大国実頼。兼続の2歳下の1562年(永禄5年)生まれ。私には男兄弟がいないのでわからないが、年近い兄弟は終生ライバル意識があるという。そしてその意識は弟のほうがより強いとか。ましてや兄が偉大な人物であればなおのことだろう。兄であるが故、認められない、譲れない思い・・・。そんな心が実頼にもあったのではないだろうか。

 ドラマでは、本多正信・正純父子を前に縁組の中止を発言した実頼だったが、史実では本多の使者を殺してしまい、出奔し高野山に逃れるとある。ドラマ以上にヘビーなぶち壊し行為で、その後の兼続の尻拭いは並々ならぬものだっただろう。ドラマ中にあったような正信父子とのやり取りが実際にあったかどうかはわからないが、その後縁談を取りまとめ、政重の養子縁組解消後も本多家とは深い交流があったことから考えれば、本多氏がよほど兼続を信頼していたことが窺える。弟の失態を帳消しにするほどの兼続の誠意。兼続・実頼兄弟では完全に弟の負け。高野山にて実頼はそう悟っただろうか。

 「如何なる苦境に立たされようとも、上杉の誇りを傷つけることだけは許せない。」
実頼には自分なりの正義があっての行い。責めは受けるも考えを改めるつもりはない。曲がったことは許さず、万人が正しいと思える道こそ上杉の掲げる「義」であると説く。

 「義だ、誇りだと声高に叫ぶ者の心中にあるのは、ただ己が体面のみ。我らが奉ずる義とはもっと大きなもの。」
兼続から見れば、実頼のいう「義」は個人の意地に過ぎない。「義」とは己の為に守るものではないとする。万人の幸せの為には己の意地も捨てる・・・これこそ「大義」であるという考え。上杉家執政の立場での「義」と、一人の侍としての「義」。そこに深い溝が生じたとも言えるかもしれない。本当の「義」とは何か・・・。不詳、私ごときでは答えは見つからない。

 余談ですが、大国実頼役の小泉孝太郎さん。
「兄上の進まれている道は、誠に上杉の進むべき道なのでございますか?」
と、力強く兼続に進言していましたが、小泉政権の進めた道は日本の進むべき道だったのか、是非父上に訪ねてみてください。当時の上杉家と同じくらい、今の日本は病んでます。



ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-10-29 04:00 | 天地人 | Trackback | Comments(0)