人気ブログランキング |

タグ:松山ケンイチ ( 3 ) タグの人気記事

 

平清盛 総評

 2012年NHK大河ドラマ『平清盛』の全50話が終わりました。ブログで大河ドラマのレビューを始めて4年、私自身の率直な感想をいえば、近年(今世紀)の大河作品の中では三本の指に入れてもいいほど優れた出来だったと思っています。しかしながら世間の評価は私とはどうも違ったようで、大河ドラマ歴代最低の視聴率を記録したそうですね。そんなこともあってか、巷では本作品を酷評する記事が乱立していました。歴史ドラマといえどもドラマである以上、大衆娯楽ですから、視聴率をひとつの指標として評価することは間違っていないと思います。ですが、高視聴率=名作低視聴率=駄作というレッテルの貼り方は、いささか短絡的すぎるのではないでしょうか。そこで今日は、なぜ『平清盛』が視聴者の支持を得られなかったかを考えながら、物語を総括してみたいと思います。

 ドラマ開始早々物議を醸したのが、「画面が汚い。鮮やかさのない画面ではチャンネルを回す気にならない」といった兵庫県知事のクレームでしたね。これに対してNHK側の回答は、「時代考証を忠実に再現した映像」との説明だったと記憶しています。県知事という立場の人が公の場でこのような発言をしていいものかとは思いますが、それはここでは横において、知事の苦言が的を射たものだったかどうかを考えます。

 まず、このようなフィルム調の暗い映像は今回に始まったことではなく、『龍馬伝』『江~姫たちの戦国』そしてスペシャル大河ドラマ『坂の上の雲』でも使われていた手法です。夜は暗く、昼間でも決して俳優の正面から光を当てず、光源は常に斜め上か真後ろ。だから、ときには逆光となって、役者の顔がまったく見えなくなったりもします。時代劇といえば、俳優さんはドウランをテカテカに塗って、照明は常に俳優さんの顔に当たるというのが当たり前でしたが、近年の大河ではその常識を覆しました。その深みのある画面は、そこにスタッフの存在を匂わせないリアリティあふれる映像世界を作り出していると私は思います。この映像に対する好き嫌いはあると思いますが、兵庫県知事のクレームは、近年の大河作品を全く見ていなかったゆえに出た言葉で、時代劇に対する知事の固定観念からきた意見でしょう。それ自体が視聴率に影響したとは思えません。

 ただ、コーンスターチというとうもろこしの粉を使ったホコリ演出は、少々やりすぎだったんじゃないでしょうか。「荒廃したホコリ臭い時代を表現するため」というのがNHKの説明でしたが、その点についてある方のブログでの指摘を読んで、なるほど・・・と頷きました。空気が乾燥した大陸の西部劇ならともかく、日本の湿潤な気候では、あんなにホコリは立たないのでは?・・・と。たしかにそうですよね。リアリティを追求するなら、時代考証だけではなく、日本の風土も考証すべきだったのではないでしょうか。ホコリ演出は戦闘シーンだけで良かったんじゃないかと・・・。

 次に、俳優さんたちに目を向けると、主演の松山ケンイチさんはもちろん、父・平忠盛役の中井貴一さん、藤原頼長役の山本耕史さん、信西役の阿部サダヲさんなど演技派の実力派揃いで、完璧なキャスティングだったと思っています。とりわけ松山ケンイチさんにいたっては、清盛の12歳から64歳という半世紀以上を演じきっておられ、その演技力は見事というほかありません。特に平家政権を樹立した後の暴君・清盛像の演技は素晴らしく、本当に60歳を超えた老人に見えました(決してメイクの力だけではなかったと思います)。気の毒なことに、主役の役者さんは低視聴率の責任を負わされるのが宿命ですが、この作品に限って言えば、松山さんと低視聴率はまったく関係ないと思うのですが、いかがでしょうか。

 ただ、清盛の描き方については、多少の不満がなきにしもあらずです。物語の設定は吉川英治著の『新・平家物語』と同じく白河院ご落胤説をベースにしており、その境遇に対する反発から、攻撃的な性格の異端児として成長するストーリーでした。その設定そのものは悪くなかったと思うのですが、その反発の矛先が父・忠盛や平家内部という幼稚な演出で、あれではただの反抗期を迎えた駄々っ子でしかありません。のちに忠盛の死によって覚醒する清盛ですが、忠盛が死んだとき清盛はすでに35歳。いつまで反抗期やってたんだ?・・・と。

 これは本作品に限ったことではなく、『龍馬伝』『天地人』など近年の作品に共通していえることですが、若き日の主人公の姿を、無理に現代のありがちな少年像にラップさせて描く傾向にあるようです。そのほうが視聴者の共感を得られるという意図かもしれませんが、それでは偉人としての本来の魅力を削ぐことになるんじゃないでしょうか。偉人は少年時代から良きにせよ悪しきにせよ非凡な人物であったほうが魅力的だと思います。第1話で描かれた清盛の生母の壮絶な最後や、忠盛が清盛に語った「心の軸」の話。そして「死にたくなければ強くなれ!」のラストシーンを観て、「今年の大河は違うぞ!」と思ったのは私だけではないのではないでしょうか。ところが第2話以降、繰り返し描かれていたのは、いつまでもウジウジとスネている反抗期の少年の物語で、第1話を超える回はしばらくありませんでした。このあたりで見限って離れていった視聴者がたくさんいたように思います。保元・平治の乱のあたりから物語はぐっと面白くなるのですが、そこまで視聴者を引きつけておけなかったことが、後半の低視聴率に大きく影響したように思います。

 あと、天皇家のドロドロした人間模様も今までになく踏み込んで描いていたと思いますし、本筋とは直接関係のない当時の貴族社会のエピソードなども、細やかに拾って描いていました。実に丁寧な演出だったと思いますし、作り手の作品にかける情熱がうかがえました。しかし、矛盾したことをいうようですが、いささか丁寧すぎた。きめ細やかにエピソードを描きすぎたことで、かえって視聴者に要点が伝わらない結果になったように思えます。これはおそらく、近年の作品で史実を歪曲した虚構ストーリーや割愛されたエピソードなどを批判する声が跡を絶たなかったことから、できるだけ通説に添ったかたちで作品づくりに臨んだ結果だと思われます。史実かどうかはともかく、『平家物語』『愚管抄』『玉葉』などに記された有名なエピソードをたくさん採用していましたよね。ところが、平家や源氏をはじめ天皇家や摂関家など、あらゆる角度からいろんなエピソードをくまなく描ききったことから、結局何が描きたかったのか視聴者に伝わりにくかった。やはりこういったドラマでは、ある程度大胆な省略や簡素化が必要なんでしょうね。毎年、史実云々と照らしあわせて浅薄な知識をひけらかすだけの批判者たちは、今回の結果をみて一度考えなおしてみてもいいんじゃないでしょうか。

 あと、前半の演出(特に天皇家の人間模様)は少々陰気臭かったですね。たしかに白河院鳥羽院待賢門院璋子の関係など、ドロドロしたエピソードが多かったのですが、物語全体を通して陰気なイメージを拭いきれなかった。やはり大河ドラマでは、歴史上の偉人の颯爽とした姿を観たいもので、視聴者はそこにカタルシスを感じるものだと思います。残念ながら今回のドラマでは、颯爽と武家の頂点への階段を駆けのぼっていくような清盛像はありませんでした。そのあたりも、視聴者が離れていった理由のひとつではないでしょうか。

 最後に、ドラマ開始前から話題になっていた「王家」という呼称の問題について少しだけふれます。天皇家を「王家」と呼ぶことは皇室に対する侮辱であるという意見で、一部の過激な右傾の方々の抗議がNHKに殺到したようですね。この問題については、以前の拙稿(大河ドラマ『平清盛』の王家問題について。)で述べましたので、ここで繰り返し述べることは控えますが、彼らの言い分では、ドラマの視聴率が悪かったことまでイデオロギー的な理由にされているようです。正直、実に不愉快でくだらないですね。「王家」という言葉に不快感を抱いていたのは、戦前の「皇国史観」から脱却できていない一部の化石のような方々だけです。彼らにしてみれば、ドラマの内容などどうでもいいことで、自分たちのイデオロギー論争をドラマに持ち込みたいだけです。純粋にドラマを楽しみたいと思っている者にとっては、迷惑千万な話ですね。

 さて、連連と私見を述べてきましたが、冒頭でもお伝えしたとおり、私にとって『平清盛』は名作とまではいかなくとも良作でした。少なくともここ2~3年の作品の中では最も良かったと思っています。それだけに、歴代最低の視聴率という結果は残念でなりません。大河ドラマといえば、戦国時代幕末維新の物語が圧倒的に多く、清盛のような中世を描いた作品は数えるほどしかありません。それだけ戦国と幕末の人気が高いということでしょうが、私が危惧するのは、今回の結果でまた中世を描くことを躊躇するようになることです。たしかに視聴率を狙うのなら、戦国モノや幕末モノが鉄板でしょう。だからといってそればかりやってたんでは、今後の大河ドラマの発展はありません。その観点からも、冒頭で述べたとおり、視聴率をひとつの指標として評価することは間違っていないとは思いますが、視聴率が全てではないと思うのです。特にNHKの場合、民放と違って視聴者やスポンサーに媚びることなく作品づくりが出来ることに良さがあると思います。今回、歴史上あまり人気のない平清盛という人物と、同じく歴史上あまり人気のない中世を描くことにNHKはチャレンジしました。その意気込みは高く評価したいと思います。結果は残念ながら万人にウケるものとはなりませんでしたが、私のように支持する視聴者も少なからずいます。制作者の方々はこの結果に怯むことなく、この作品をベースとして、次はどうやったら中世という時代を多くの人に楽しんでもらえるかを考え、また挑んでほしいものです。

 とにもかくにも1年間楽しませていただき本当にありがとうございました。このあたりで私の拙い『平清盛』のレビューを終えたいと思います。毎週のぞきにきていただいた方々、時折訪ねてきてくれた方々、コメントをくださった方々、本稿で初めてお会いした方々、どなたさまも本当にありがとうございました。

●1年間の主要参考図書
『平清盛のすべてがわかる本』 中丸満
『平清盛をめぐる101の謎』 川口素生
『日本の歴史6~武士の登場』 竹内理三
『日本の歴史7~鎌倉幕府』 石井進
『新・平家物語』 吉川英治



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2012-12-31 02:14 | 平清盛 | Trackback(1) | Comments(8)  

KOBE de 清盛 史跡めぐり その1

今年の大河ドラマ『平清盛』のゆかりの地として、わがまち神戸では「KOBE de 清盛2012」と称する観光PR事業が実施されています。
その一環として開催されている「ドラマ館」「歴史館」に先日ようやく行ってきました。
毎週、大河ドラマのレビューを当ブログで起稿している私としては、話のネタに一度は覗いてみようと思っていたのですが、地元であるがゆえ、いつでも行けると思うと逆になかなか足が向かず、気がつけばドラマも終盤に差し掛かってしまっていたので、夏休みの終わりに嫌がる娘を無理やり連れて行ってきました(笑)。

KOBE de 清盛 史跡めぐり その1_e0158128_1647624.jpg

まずは、ハーバーランドにて開催されている「ドラマ館」です。
ここはその名称のとおり、NHKのドラマの進行に合わせて撮影で実際に使用された衣装などが展示されているほか、福原京を再現したジオラマコンピューターグラフィックスを見ることができるスペースが用意されています。

KOBE de 清盛 史跡めぐり その1_e0158128_16472761.jpg

入口でいきなり、ドラマで最初に登場したときの時子のような衣装(“笠としびら”というそうです)を着たお姉さんに烏帽子を渡され、船のセットの上で記念撮影。
その写真を帰りに販売するといったイベント会場お決まりの商法です。
ただ、手持ちのカメラでも渡せばそれでも撮影してくれるので、そこは良心的といいますか・・・。
まあ、こんなところで撮影するのは子供連れか嬉しがりだけでしょうけどね(笑)。

KOBE de 清盛 史跡めぐり その1_e0158128_16475036.jpg

松山ケンイチさんの高平太等身大人形です。
近くで見てもなかなかリアルに出来てましたよ。
希望すれば衣装を着て撮影してくれるのですが、娘が嫌がったのでやむなくそのままで撮影(Tシャツの汗のシミが見苦しくてスミマセン)。
会場内で写真撮影が許されているのはここだけでした。

つづいて「ドラマ館」から地下鉄で一駅の場所にある「歴史館」に足を運びました。
ここでは、清盛が生きた平安時代の暮らしや神戸港の発展、福原京に関する遺跡出土品の展示などを見ることができます。

KOBE de 清盛 史跡めぐり その1_e0158128_16482051.jpg

巻物をイメージしたオブジェのようなグラフィック看板が目を引きました。

KOBE de 清盛 史跡めぐり その1_e0158128_16484719.jpg

KOBE de 清盛 史跡めぐり その1_e0158128_1649266.jpg


裏側から見たらこうなってます。

KOBE de 清盛 史跡めぐり その1_e0158128_16491424.jpg

会場内はこんな感じです。

KOBE de 清盛 史跡めぐり その1_e0158128_16503257.jpg

十二単衣長刀の重さ体験コーナーです。
長刀の重さは約3kg、兜は約4kg、十二単衣はなんと約10kgもあるそうです。
企画としては悪くはないと思いますが、写真のように十二単衣の重さを体感するバーの位置が高くて、身長130センチ強の小学5年生の娘ですら肩に乗せることができませんでした。
こんなもん、子ども対象に設定しないでどうするの!・・・と。

KOBE de 清盛 史跡めぐり その1_e0158128_16505185.jpg

そんなこんなで平清盛「ドラマ館」「歴史館」を巡りましたが、率直な感想をいえば、小中学生なら楽しめるレベルで、大人が入場料払ってまで観に行くほどのものでもないかな・・・と。
まあ、おそらくそんなもんだろうと思って私も娘を連れていったんですけどね。
神戸以外でも清盛関連の観光PR事業は各地で展開されているようですが、大河ドラマに便乗した期間限定の観光PRパビリオンなんて、どこも似たようなもんなんじゃないでしょうか。
ドラマ開始当初、「画面が汚い」といったわけの分からないクレームをつけていた馬鹿な知事がいましたが、ああもあからさまに観光事業への影響を懸念した発言をするのであれば、もうちょっとマシなもん作れよ・・・と言いたくなりますね。

近日中に「その2」に続きます。
     ↓↓↓    
KOBE de 清盛 史跡めぐり その2
KOBE de 清盛 史跡めぐり その3

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓

by sakanoueno-kumo | 2012-09-12 16:52 | 神戸の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

平清盛 キャスト

 2012年の大河ドラマは『平清盛』です。桓武平氏(伊勢平氏)の棟梁の家に生まれ、平安時代末期を生きた平清盛は、わが国最初の武家政権を樹立した人物として後世にその名を残しました。以後、わが国では鎌倉幕府、室町幕府、豊臣政権、江戸幕府と、700年以上もの間ほぼ継続して武家政権が続きました。そんな新しい時代の幕を切って落とした人物として現在では高く評価されながらも、なぜか後世にあまり人気がない清盛。それは、「平氏にあらずんば人にあらず」のことばでも知られるように、専制君主のイメージが強いことと、貴族の世を終わらせたために公家から憎まれ、源氏の仇として鎌倉時代以降の武家からも嫌われ、後世の書物で常に悪人として描かれてきたことが大きいと思われます。

 一般には専制君主のイメージが強い清盛ですが、一方で情にほだされやすく、涙もろいという人間味あふれる人柄の人物だったともいわれます。よく知られているように、平治元年(1159年)の平治の乱後に池禅尼の嘆願を入れ、源頼朝を助命した点などからも、傍若無人な人物ではなかったことがうかがえます。「平氏にあらずんば人にあらず」も、裏をかえせばそれだけ一族、一門を大切にしていたともとれるでしょう。

 「驕る平家は久しからず」を代表する人物として、悪人として描かれることが多かった平清盛。今回のドラマでは、どのような人物像で描かれるのでしょうか。楽しみですね。さて、第1話の放送開始を目前にして、ここでキャストの紹介をしておきます。

***********************************************************************
平家一門
平氏一族
平 清盛・・・・・・・・・・・・・・・・松山ケンイチ(幼少期:前田旺志郎)
平 忠盛・・・・・・・・・・・・・・・・中井貴一
平 正盛・・・・・・・・・・・・・・・・中村敦夫
平 忠正・・・・・・・・・・・・・・・・豊原功補
平 家盛・・・・・・・・・・・・・・・・大東駿介
平 頼盛・・・・・・・・・・・・・・・・西島隆弘
平 時忠・・・・・・・・・・・・・・・・森田 剛
女性たち
時子・・・・・・・・・・・・・・・・・・深田恭子
明子・・・・・・・・・・・・・・・・・・加藤あい
宗子・・・・・・・・・・・・・・・・・・和久井映見
滋子・・・・・・・・・・・・・・・・・・成海璃子
秀子・・・・・・・・・・・・・・・・・・海老瀬はな
須磨・・・・・・・・・・・・・・・・・・駒塚由衣
平家家臣
平 家貞・・・・・・・・・・・・・・・・中村梅雀
平 盛国・・・・・・・・・・・・・・・・上川隆也(幼少期:小林廉)
伊藤忠清・・・・・・・・・・・・・・・・藤本隆宏
平 盛康・・・・・・・・・・・・・・・・佐戸井けん太
平 維綱・・・・・・・・・・・・・・・・尾美としのり
源氏一門
源氏一族
源 義朝・・・・・・・・・・・・・・・・玉木 宏
源 為義・・・・・・・・・・・・・・・・小日向文世
由良御前・・・・・・・・・・・・・・・・田中麗奈
常盤御前・・・・・・・・・・・・・・・・武井 咲
源氏家臣
鎌田通清・・・・・・・・・・・・・・・・金田明夫
鎌田正清・・・・・・・・・・・・・・・・趙珉和
頼朝関係
源 頼朝・・・・・・・・・・・・・・・・岡田将生
政子・・・・・・・・・・・・・・・・・・杏
朝廷
白河院関係
白河法皇・・・・・・・・・・・・・・・・伊東四朗
舞子・・・・・・・・・・・・・・・・・・吹石一恵
祇園女御/乙前・・・・・・・・・・・・・松田聖子
鳥羽・後白河院関係
鳥羽上皇・・・・・・・・・・・・・・・・三上博史
後白河天皇・・・・・・・・・・・・・・・松田翔太
崇徳天皇・・・・・・・・・・・・・・・・井浦 新(幼少期:桑代貴明)
璋子・・・・・・・・・・・・・・・・・・檀 れい
堀河局・・・・・・・・・・・・・・・・・りょう
得子・・・・・・・・・・・・・・・・・・松雪泰子
御影・・・・・・・・・・・・・・・・・・横山めぐみ
藤原摂関家
藤原忠実・・・・・・・・・・・・・・・・國村 隼
藤原忠通・・・・・・・・・・・・・・・・堀部圭亮
藤原頼長・・・・・・・・・・・・・・・・山本耕史
その他の貴族
信西・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿部サダヲ
藤原家保・・・・・・・・・・・・・・・・渡辺 哲
藤原家成・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤二朗
藤原長実・・・・・・・・・・・・・・・・国広富之
高階基章・・・・・・・・・・・・・・・・平田 満
藤原季範・・・・・・・・・・・・・・・・山口良一
その他
西行・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤木直人
兎丸・・・・・・・・・・・・・・・・・・加藤浩次(幼少期:前田航基)
朧月・・・・・・・・・・・・・・・・・・隆 大介
滝次・・・・・・・・・・・・・・・・・・河原崎建三
国松・・・・・・・・・・・・・・・・・・白倉裕二
時松・・・・・・・・・・・・・・・・・・内野謙太
蟬松・・・・・・・・・・・・・・・・・・原 勇弥
荒丹波・・・・・・・・・・・・・・・・・八田浩司
麒麟太夫・・・・・・・・・・・・・・・・須加尾由二
資遠・・・・・・・・・・・・・・・・・・真島公平
***********************************************************************

 清盛役の松山ケンイチさんはもちろん、脇を固める方々も皆さん演技派揃いの豪華キャストですよね。中井貴一さん、中村梅雀さん、上川隆也さんといった大河常連の方々がしっかりと重要な役柄を固めてくれていますし、白河法皇役の伊東四朗さんなんて、何となく想像できて笑っちゃいます。清盛のライバル・源義朝役の玉木宏さん、藤原頼長役の山本耕史さん、信西(藤原通憲)役の阿部サダヲさんも楽しみですね。あと、この物語は源頼朝の視点を通して描いているそうで、その語り部となる頼朝役の岡田将生さんは大河ドラマ史上最年少の語り担当となるそうで、こちらも注目したいところです。あと、個人的に楽しみなのは、祇園女御役の松田聖子さん。昔好きだったもので・・・(笑)。

 さて、当ブログでは、『天地人』『龍馬伝』『江~姫たちの戦国~』『坂の上の雲』と、毎週かならずレビューを起稿してきましたが、今年は正直いって迷っています。ていうか、毎週起稿する自信がありません。その理由のひとつは、平清盛とその時代に私はそれほど詳しくなく、毎週レビューできるほどの材料を持ちあわせていないということ(十数年前に吉川英治著『新・平家物語』は読みましたが、ほとんど忘れちゃってますし、今からあの長編を読み返す勇気は毛頭ありません)。あと、もうひとつの理由は、『龍馬伝』『坂の上の雲』は、得意分野ということもあって楽しんでレビューできましたが、昨年の『江~姫たちの戦国~』のレビューは正直後半苦痛でした。それは、個人的に忙しくてリアルタイムで観ることが少なかったというのもあるのですが、やはり、作品自体に魅力を感じなかったというのも大きいでしょう。それでも、最後は意地で何とか挫折せずに続けられましたが、趣味でやっていることに縛られて苦痛を感じていたら何の意味もありません。

 でも、せっかくここまで続けてきたんだから、やめてしまうのも勿体無い・・・というわけで、今年からは必ず毎週起稿するといった縛りを作らず、書きたいと思った回は書く、忙しいときは無理をしない、というスタイルで、肩の力を抜いていきたいと思います。そんな気まぐれブログですが、よろしければまた覗いてやってください。今年もよろしくお願いします。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2012-01-07 01:21 | 平清盛 | Comments(2)