人気ブログランキング |

タグ:松平頼重 ( 6 ) タグの人気記事

 

海に浮かぶ要塞、讃岐高松城を歩く。 その6 <外周、東の丸>

「その5」の続きです。

城跡公園の外に出てみましょう。


e0158128_20581921.jpg


写真は公園西入口です。

石垣の造りなどから見て、往時も何らかの門があったのでししょうが、説明書きなどがなかったため、詳細はわかりません。


e0158128_21013843.jpg


入口の右側(南側)の石垣が突起している部分には、かつて弼櫓があったそうです。


e0158128_21014132.jpg


入口横には「玉藻公園」と刻まれた大きな石碑があります。

讃岐高松城は、別名、「玉藻城」ともいいます。

その由来は、万葉集柿本人麻呂が讃岐国の枕詞に「玉藻よし」と詠んだことから、この辺りの海域を「玉藻の浦」と呼んでいたからだそうです。


e0158128_21025901.jpg


北西隅の簾櫓跡石垣です。


e0158128_21041587.jpg


公園北側の石垣です。

現在は東西に道路が走って歩道整備されていますが、往時は石垣の外はでした。

向こうに、「その3」で紹介した月見櫓、水手御門、渡櫓が見えます。


e0158128_21053208.jpg


西側を振り返ると、ホテルクレメント高松が見えます。


e0158128_21053533.jpg


さらに東に進んでもう一度振り向くと、月見櫓とホテルクレメント高松のミスマッチ


e0158128_21065978.jpg


北側に目をやると、海沿いに報時鐘が見えます。


e0158128_21070200.jpg


報時鐘とは、読んで字のごとく時を知らせる鐘楼

昭和55年(1980年)の再建です。


e0158128_21104732.jpg


さらに東に進むと、香川県県民ホールの敷地内に入るのですが、石垣たけはずっとつながっています。


e0158128_21105104.jpg


生駒氏に代わって寛永19年(1642年)に入城した初代藩主の松平頼重は、長い年月をかけて大規模な城の改修工事を行いました。

その際、縄張りを北方と東方に拡張し、新たに「東の丸」を設けました。


e0158128_21105453.jpg


現在、その東の丸があった場所には県民ホールが建てられていますが、石垣の遺構だけは、このようにホール敷地内に残されています。


e0158128_21105700.jpg


写真は「その1」で紹介した艮櫓がかつて乗っかっていた櫓台石垣です。


e0158128_21132249.jpg


丑寅(艮)とは北東の方角を指す言葉です。

ここが城の北東隅だったことがわかりますね。

延宝5年(1677年)築と伝わる艮櫓は、昭和40年(1965年)に当時の所有者であった旧国鉄から高松市が譲り受け、2年の歳月をかけて東の丸より旧太鼓櫓跡移設されました。


e0158128_21133646.jpg
e0158128_21133908.jpg


説明書きの陶板が埋め込まれた石碑があります。


e0158128_21155096.jpg


石垣は艮櫓から更に南へ伸びています。


e0158128_21155347.jpg


石垣は艮櫓から60mほど南下した場所で終わっています。

ここで県民ホールの敷地が終わりなので、ここまでしか残せなかったのでしょうね。


e0158128_21155795.jpg


石垣の内側です。


e0158128_21212371.jpg


その南にある松平公益会の敷地内には、土塁跡と思われる遺構が残されています。


e0158128_21212671.jpg


その柵の前には、東の丸の説明板が。


e0158128_21212920.jpg


で、「その1」で紹介した東側の中濠に戻ってきました。

写真左側に見えるのが、艮櫓旭橋です。

6回に渡って巡ってきた讃岐高松城逍遥ですが、歩き疲れました。

そろそろ、讃岐うどん食べて帰ります。


e0158128_21234999.jpg



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-08-09 01:01 | 香川の史跡・観光 | Comments(0)  

海に浮かぶ要塞、讃岐高松城を歩く。 その5 <本丸、天守台>

「その4」の続きです。

高松城二ノ丸本丸を結ぶ鞘橋を渡り、本丸へ向かいます。


e0158128_20401345.jpg


鞘橋を渡ると、喰違虎口となっています。


e0158128_20410612.jpg


振り返ると長さ16間(約30m)の鞘橋が。

前稿でも紹介しましたが、有事にはこの橋を落とすことによって本丸だけを守るようになっていました。

この構造は、防備に優れている一方で、一旦橋を落としてしまうと内部にいる人間は逃げ場を失ってしまう、という欠点があります。

もっとも、高松城の場合は海に面していることもあり、濠を通じて海上への脱出が可能でした。


e0158128_20420533.jpg


本丸、そして正面に見えるのが天守台です。

本丸の面積は狭く、御殿などの居住施設はなかったようで、多聞櫓で囲まれた天守があるのみでした。


e0158128_20434527.jpg


天守台の石垣は野面積みのようですね。

石垣は平成18年(2006年)から平成25年(2013年)にかけて解体修復工事が行われていました。


e0158128_20440316.jpg


上ってみましょう。


e0158128_20471326.jpg


天正期に建てられた生駒親正の時代の天守は、絵図古文書によると3重だったとされていますが、寛文9年(1669年)に初代藩主の松平頼重が改築した天守は、「南蛮造り」と呼ばれる3層4階+地下1階の天守だったそうで、四国最大の規模を誇っていたそうです。


e0158128_20471740.jpg


その天守は、明治17年(1884年)に老朽化のため解体されています。

その後、大正9年(1920年)に天守台上に松平頼重を祀った玉藻廟が建立されましたが、それも平成18年(2006年)から始まった天守台石垣の解体修復工事に伴い、解体されて御神体のみが移設されたそうです


e0158128_20472011.jpg


その平成の修復工事の際の発掘調査によると、地下1階部分から58個の礎石が発見されました。


e0158128_20483009.jpg


天守台上には、発掘調査時の説明板が設置されています。


e0158128_20495272.jpg


天守台上から北側を見下ろすと、「その4」で紹介した内濠水門、そしてその向こうには瀬戸内海が見えます。


e0158128_20495693.jpg


北西に目を移すと、二ノ丸鞘橋が見えます。


e0158128_20543668.jpg


天守台上からの眺めを堪能したあと、本丸を出て三ノ丸側から天守台を眺めました。


e0158128_20543989.jpg


石垣は野面積み、出隅は算木積みになっています。


e0158128_20515933.jpg


鞘橋と天守台。

天気がいいのできれいです。


e0158128_20520221.jpg


天守台と高層ビルの大いなるミスマッチ


e0158128_20544319.jpg


かつてあった天守は、最下重が萩城熊本城の天守のように天守台より出張り、最上重が小倉城岩国城の天守のように「唐造り」だったそうで、その様子は、解体される以前に写真におさめられているそうです。

高松市では、天守の復元を企画しているそうです。

「その6」に続きます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-08-08 00:55 | 香川の史跡・観光 | Comments(2)  

海に浮かぶ要塞、讃岐高松城を歩く。 その4 <水門、鉄門、二ノ丸>

「その3」の続きです。

高松城三ノ丸北側通路を西へ戻ります。

下の写真は、三ノ丸二ノ丸の間の内濠です。

向こうに見えるのは二ノ丸の石垣。


e0158128_20203715.jpg


前稿でも述べましたが、ここ高松城は、北は瀬戸内海に面し、残り三方を囲む濠には海水を引き入れた海城で、伊予国今治城、豊前国中津城と並んで、日本三大水城のひとつに数えられています。

この三ノ丸と二ノ丸の間の内濠は、北側の海とつながっていました。

ここが、海と濠をつなぐ水門となっています。


e0158128_20221192.jpg


水門です。

現在は水位調整するために開閉できるようになっていますが、往時はどのように水位調整していたかはわかっていません。

海水を引き入れた濠をもつ城は他にもありますが、100%海水というのは、ここ讃岐高松城だけだそうです。


e0158128_20231691.jpg


北側から見た内濠です。

向こうに見えるのは天守台石垣


e0158128_20271516.jpg


水門の横には、「高松藩松平家の泳法」と書かれた説明板があります。

生駒氏に代わって寛永19年(1642年)に入城した初代藩主の松平頼重は、「讃岐の国は、海辺の国なれば、水練は武道の一班たるべし」と、翌29年夏、藩士の今泉八郎左衛門盛行に命じ、お船蔵西の堀溜にて藩士に水練の指導をさせたとあります。

頼重自身も、入封の年の6月に城内の濠で泳いだという記録が残されているのだとか。


e0158128_20271834.jpg


また、前稿で紹介した水手御門の側にも「高松藩松平家の泳法」と書かれた説明板があり、それによると、「高松藩中興の祖」と呼ばれるほどの名君として伝わる5代藩主の松平頼恭は、幼少の頃より武芸全般に秀でていたそうで、特に水泳を好み、小姓たちを従えて水手御門より西まで往復二百間(約360m)を左下の片熨斗(水任流の左片熨斗)で泳いだという記録があるそうです。


e0158128_20311962.jpg


水門の西には、鉄門跡があります。


e0158128_20312428.jpg


鉄門は三ノ丸二ノ丸をつなぐ門で、その名の通り、往時には鉄板張りの門がありました。


e0158128_20312623.jpg


二ノ丸側から見た鉄門跡です。


e0158128_20312944.jpg


二ノ丸です。

向こうに見えるのが鉄門跡。


e0158128_20322368.jpg


こちらは、二ノ丸本丸を結ぶ唯一の連絡橋、鞘橋です。

この橋を落とすことによって本丸だけを守るようになっていたんですね。


e0158128_20342104.jpg


絵図などの史料によれば、築城当初からこの位置に橋がかけられていたことがわかるそうで、当初は「欄干橋」と呼ばれる屋根のない橋だったようですが、文政6年(1823年)の絵図には屋根付きの橋が描かれているそうで、江戸時代に改修が行われたことがうかがえます。


e0158128_20342462.jpg


現在の鞘橋は明治17年(1884年)の天守解体時に架け替えられたものと伝わっているそうで、大正期には橋脚が木製から石製に替えられたことが古写真で判明しているそうです。


e0158128_20361984.jpg


鞘橋から見た西側の内濠です。

正面に見えるのは、琴電琴平駅

左側が本丸で右側が二ノ丸です。


e0158128_20362281.jpg


本丸石垣は野面積み打込み接ぎの混在のように見えます。


e0158128_20375057.jpg


鞘橋から北西を見ると、「その2」で紹介した披雲閣庭園が見えます。


e0158128_20375366.jpg


そして南西に目をやると、天守台石垣が。

「その5」では、その天守台に向かいます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-08-07 00:23 | 香川の史跡・観光 | Comments(0)  

海に浮かぶ要塞、讃岐高松城を歩く。 その2 <桜御門、三ノ丸(披雲閣)>

「その1」の続きです。

高松城三ノ丸にある桜御門跡です。

ここを抜けると、藩主の居住である披雲閣があります。


e0158128_19462230.jpg


櫓門台の石垣が残ります。

門は昭和まで現存していたそうですが、昭和20年(1945年)7月4日の高松空襲焼失してしまったそうです。

石垣には、焼けた跡が見られます。

7月4日といえば、終戦のわずか1ヶ月余り前ですよね。

この終戦ギリギリの段階で、日本各地に残っていた多くの城が焼失しました。

戦争は多くの人の命を奪いましたが、同時に、わが国の歴史的遺産も奪いました。

終戦の決断がもう少し早ければ、救われた命も、そして失わずにすんだ文化遺産もたくさんあったでしょうね。


e0158128_19470381.jpg


門を抜けると、目の前に見附石垣があります。


e0158128_19521854.jpg


その北側には、披雲閣が。


e0158128_19522206.jpg


披雲閣は寛文11年(1671年)頃に藩主の住居として建てられたといわれます。

讃岐高松藩初代藩主の松平頼重の時代です。

そのときの建物は明治になって老朽化により解体され、その後、松平家第12代当主で貴族院議員も務めた松平賴壽によって大正6年(1917年)に再建されました。

当時のお金で15万円という巨費を投じての建築だったそうで、3年の歳月をかけたそうです。


e0158128_19522657.jpg


もっとも、江戸時代の披雲閣は、今の披雲閣の約2倍あったそうですが。


e0158128_19522922.jpg


現在の建物内には142畳敷大書院をはじめ、槙の間、松の間、蘇鉄の間など雅致を生かした各部屋があり、波の間には、昭和天皇・皇后両陛下が2度宿泊されたそうです。


e0158128_19523372.jpg


それにしても、桜御門が空襲で焼失したのに、ここはよく焼けなかったものですね。


e0158128_19560963.jpg


披雲閣の西側から北側にかけて、広大な庭園が広がります。


e0158128_19561198.jpg


この庭園も、大正3年から6年(1914~7年)にかけて披雲閣が建築された際に作庭されたものだそうです。


e0158128_19593347.jpg


庭園内には、昭和天皇・皇后のお手植えの松があります。

いずれも大正時代、皇太子、皇太子妃時代に植えられたものです。


e0158128_19593623.jpg


こちらが昭和天皇のお手植え。


e0158128_19594028.jpg


そしてこちらが香淳皇后のお手植え。


e0158128_19594362.jpg


石碑も建てられています。


e0158128_19594616.jpg


さて、披雲閣を過ぎたところで、「その3」に続きます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-08-02 00:46 | 香川の史跡・観光 | Comments(0)  

海に浮かぶ要塞、讃岐高松城を歩く。 その1 <艮櫓、旭橋、旭門、桜の馬場>

今回は香川県高松市にある高松城を歩きます。

高松城というと、羽柴秀吉の中国征伐で水攻めされた高松城を連想しがちですが、あちらは備中高松城で、現在の岡山県に位置します。

こちらは四国の讃岐高松城

瀬戸内海を挟んでちょうど向かい合わせるような場所に同じ名前の城というのも、ややこしいですね。

ただ、備中高松城は江戸時代に入って廃城になっていますから、二つの高松城が同時に存在した期間は短かったようです。


e0158128_19273604.jpg


現在、讃岐高松城は三重櫓など一部の建物と一部の石垣、堀が現存し、「玉藻公園」として整備されています。


e0158128_19273977.jpg


写真は城跡公園南東隅にある艮櫓中濠

艮櫓は、もともとは東の丸北東の隅櫓として建てられたもので、北東の方角のことを丑寅(艮)ということから、この名前になったそうです。

延宝5年(1677年)築といわれます。

昭和40年(1965年)に当時の所有者であった旧国鉄から高松市が譲り受け、2年の歳月をかけて東の丸より旧太鼓櫓跡のこの地に移されました。


e0158128_19294415.jpg


実は、ここ高松城を訪れるのは2度目で、5年前にも拙ブログで起稿したのですが(参照:雨の讃岐高松城を訪ねて前編後編)、そのときは出張ついでだったため時間があまりなかったのと、天気もだったのでゆっくり見れなかったのですが、この度は休日を利用して足を運び、じっくり数時間かけて歩いてきました。


e0158128_19305126.jpg


艮櫓の北側に橋と門が見えます。


e0158128_19315620.jpg


旭橋旭門です。

かつて大手門は城の南側にあったそうですが、寛文11年(1671年)頃、三ノ丸に藩主の居住である披雲閣が建てられたため、これを廃して新たに東に旭橋を架け、それを渡って旭門から出入りするようになったそうです。


e0158128_19331838.jpg


旭橋は濠に対して斜めに架かっています。

これは、横矢が掛かりやすくしているのだとか。

明治45年(1912年)に石橋に架替えられましたが、それ以前は木橋だったそうです。

旭橋から見た北側中濠

石垣は打込み接ぎです。


e0158128_19340133.jpg


旭門です。

ここから入場料200円が必要です。


e0158128_19361299.jpg


旭門を抜けると、枡形虎口となっています。


e0158128_19361610.jpg


こちらの石垣はきれいな切込み接ぎです。

かつては、枡形の北側には埋門が、南側には太鼓御門があったそうです。


e0158128_19394916.jpg


冒頭で紹介した艮櫓を城内側からみた写真です。


e0158128_19395221.jpg


ここ高松城は天正15年(1587年)に羽柴秀吉から讃岐一国17万3千石を与えられた生駒親正によって、翌16年(1588年)に築城が開始されました。

その縄張り(設計)を行ったのは、藤堂高虎、黒田官兵衛、細川忠興など諸説あります。

いずれも当時の築城には必ず名前が出てくる面々ですね。

城は約3年かけて完成し、「高松」という地名も、このとき付けられたものだそうです。


e0158128_19395654.jpg


その後、寛永17年(1640年)に生駒氏は出羽国矢島藩に転封となり、寛永19年(1642年)に常陸国から北讃岐12万石の領主として入府した松平頼重によって改修されました。


e0158128_19411494.jpg


城跡公園内南にある桜の馬場です。

その名のごとく馬の調練場だった場所で、今でも十分広い芝生広場ですが、かつては現在の2倍ほどの面積があったそうです。


e0158128_19425450.jpg


その桜の馬場の東側にある中濠


e0158128_19425738.jpg


さてさて、今回もまた長くなりそうです。

「その2」に続きます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-08-01 07:28 | 香川の史跡・観光 | Comments(0)  

雨の讃岐高松城を訪ねて ~後編~

昨日の続きです。

生駒氏が転封になったあと、讃岐国は一時、隣国伊予国の西条藩主・一柳直重、大洲藩主・加藤泰興、今治藩主・松平定房により分割統治されますが、寛永18年(1641年)に西讃地域に山崎家治が入って丸亀藩ができると、翌19年(1642年)には水戸黄門様で知られる水戸城主・徳川光圀の兄・松平頼重が東讃地域に入り、高松藩12万石の藩祖となります。
入封した頼重は、すぐに城の拡張工事にとりかかり、光圀の子で養子となっていた2代藩主・松平頼常の代まで工事は続いたそうです。

e0158128_225473.jpg

写真は重要文化財に指定されている艮櫓(うしとらやぐら)
もともとは東の丸の北東の隅櫓として建てられたもので、北東の方角のことを丑寅(艮)ということから、この名前になったそうです。
記録によれば、延宝5年(1677年)に完成されたようで、2代藩主・頼常の時代ですね。

e0158128_2274263.jpg

艮櫓の横にある旭門を出ると、濠に旭橋が架かっているのですが、写真で見てもわかるように、濠に対して斜めに架かっています。
これは、横矢が掛かりやすくしているのだとか。

e0158128_221168.jpg

写真は向かって左から月見櫓(つきみやぐら)・水手御門(みずてごもん)・渡櫓(わたりやぐら)です。
これらもすべて重要文化財指定です。
下の写真は正面から撮影。

e0158128_2211241.jpg

月見櫓は北之丸の最北端に位置し、瀬戸内海を監視するためにつくられた隅櫓だそうで、艮櫓とほぼ同時期に建てられたものと考えられているそうです。
月見櫓は「到着を見る」という意味の「着見櫓(つきみやぐら)」が本来の名称で、藩主が江戸から船で帰ってくるのをこの櫓から望み見たことから名づけられたのだとか。

e0158128_22144449.jpg

水手御門は海に向かって開いた門で、藩主はここで小舟に乗船し、沖で御座船に乗換えて参勤交代等に出かけたそうです。

e0158128_22152337.jpg

上の写真は城敷地内から見た水手御門。
門のすぐ外が濠になっていて、不思議な景色です。

e0158128_2217590.jpg

渡櫓は、生駒氏築城時からあった海手門を改修して建てられたと考えられているそうです。

e0158128_22182526.jpg

写真は渡櫓の中です。
壁がめずらしい波型壁になっているのですが、どういう意味があるのでしょう?

e0158128_22184356.jpg

石落としです。

e0158128_22211194.jpg

梁の継手の下面に、「延寳四年卯二月十日井上氏□□」という墨書が確認でしかます。
340年前の落書きですね。

e0158128_22212569.jpg

こちらは月見櫓の内部。
急な階段で3階まで上れます。

e0158128_22252236.jpg

上からの景色です。

e0158128_22253223.jpg

こちらは北側の景色。
海がすぐそこにあるのがおわかりいただけるかと思います。

e0158128_22254866.jpg

瓦の先には言うまでもなく「葵の御紋」です。

e0158128_2226178.jpg

向こうに写っているのは、藩の政庁および藩主の住居として使われていた披雲閣(ひうんかく)です。
明治5年(1872年)に老朽化のため解体されましたが、大正6年(1917年)に建てなおされて現在に至るそうです。
かつては昭和天皇・皇后両陛下も2度宿泊されたそうです。

e0158128_22261896.jpg

その後、高松松平氏は11代続き、幕末まで西国大名の監視と瀬戸内海の要としての役目を担います。
しかし、幕末には宗家である水戸藩が尊皇に傾く一方、11代藩主・松平頼聰の正室が井伊直弼の娘という立場から、尊皇・佐幕の板挟みで苦しい立場に立たされます。
結局、鳥羽・伏見の戦いでは旧幕府軍に与したため朝敵とされ、やがて高松城は無血開城され、高松松平氏は終焉を迎えます。

e0158128_2229474.jpg

とにかくこの日は1日中雨で、片手に傘、片手にカメラでたいへんでした。
ハッキリ言ってどう考えても城見物などできる状態ではなかったのですが、せっかく高松に来て、しかも城の隣の施設にいて、見物に行かない手はないだろうと、無理やり強行した次第です。
まあ、それでも行ってよかったですけどね。
というわけで、自己満足の讃岐高松城見物備忘録は、このへんで終わりにします。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2014-11-14 19:00 | 香川の史跡・観光 | Comments(2)