タグ:梅田雲浜 ( 7 ) タグの人気記事

 

幕末京都逍遥 その121 「葉山観音(一燈寺)・梅田雲浜旧蹟碑」

洛北の一条寺にある葉山観音を訪れました。

正式には一燈寺といいます。

ここは、かつて梅田雲浜が住んでいたと伝わるお寺です。


e0158128_15354559.jpg


一燈寺は、江戸時代前期、後水尾天皇(第108代天皇)の皇女の朱宮光子内親王(元瑤禅尼)観世音菩薩を信仰し、堂宇を整備したのが始まりとされています。

東山三十六峰のひとつである葉山の中腹にあることから、「葉山観音」と呼ばれてきました。


e0158128_15364956.jpg


平成25年(2013年)の豪雨で境内に土砂崩れがあり、現在も復興されないまま立入禁止になっています。


e0158128_15385541.jpg


柵の間から中を覗くと、ルーシートに覆われた状態で放置されていました。


e0158128_15390001.jpg


境内には、「梅田雲浜旧蹟碑」と刻まれた石碑があります。

幕末、梅田雲浜の一家が、一時期、ここの堂守小屋に住んでいました。


e0158128_15404476.jpg


梅田雲浜は若狭国小浜藩出身の儒学者で、8歳にして藩校・順造館に入り、その英明さは大いに期待されましたが、頭脳が切れすぎたせいか、立場をわきまえずにものを言うところがあり、藩主への建言が幕府批判と取られ、藩籍を剥奪されてしまいます。

その浪人中に住み込んでいたのが、ここ一燈寺でした。

生活はたいへん苦しかったようで、西郷隆盛が雲浜を尋ねてここを訪れたときには、着ていた着物を質に入れて酒を買い、もてなしたといいます。


e0158128_15404849.jpg


その後、雲浜は「その45」で紹介した屋敷に移住し、そこで安政の大獄によって捕らえられ、獄中死します。

その墓は、「その12」で紹介した安祥院にあり、東山霊園に慰霊碑があります。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-08-29 23:59 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(2)  

幕末京都逍遥 その76 「梁川星巌邸跡」

前稿で紹介した吉田屋跡から鴨川を挟んで東側に、かつて梁川星巌の屋敷がありました。

現在、その場所には「梁川星巌邸跡」と刻まれた石碑が建ちます。


e0158128_16562986.jpg


美濃国安八郡曽根村の郷士の家に生まれた星厳は、幕末を代表する漢詩人として知られ、晩年は尊攘派志士たちの精神的支柱となった人物です。


 今來古往蹟茫茫

 石馬無聲抔土荒

 春入櫻花滿山白

 南朝天子御魂香


上の漢詩は南朝の史跡を懐古して詠んだという有名な「芳野懐古」です。

星巌はこの漢詩で勤王詩人としてのイメージを確立しました。


e0158128_16563428.jpg


時の幕府大老・井伊直弼「安政の大獄」が始まると、梅田雲浜、頼三樹三郎、池内大学と共に悪謀四天王のひとりとされ、現代で言うところの指名手配容疑者となりますが、大量逮捕開始の3日前、当時猛威をふるっていたコレラに感染して急逝します。

コレラに感染していなくとも、逮捕されて処刑されていたであろうことを思えば、星厳にとってはどちらが良かったでしょうね。

星巖の死に様は、詩人であることにちなんで、「死に(詩に)上手」と評されたそうです。

さぶとん1枚!(笑)


e0158128_16563858.jpg


現在、石碑が建つ場所は有料駐車場となっています。

15分100円、1日最大1300円、観光地の京都の駐車場としては、良心的な価格ですね。

さすがは勤王の志士です・・・って、関係ないか(笑)。

ざぶとん没収ですね(笑)。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-06-16 11:40 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その47 「西川耕蔵邸跡」

三条富小路にあるヘアーサロンの店頭の片隅に、「西川耕蔵邸址」と刻まれた石碑があります。

西川耕蔵は、元治元年6月5日(1864年7月8日)に起きた「池田屋事件」で、会合に参加していながら難を逃れた数少ない人物です。


e0158128_20091338.jpg


西川耕蔵は京都の書店「文石堂」に生まれ、本屋の息子いうこともあってか学問を好み、のちに梅田雲浜に師事して勤王思想を学びます。

「安政の大獄」によって雲浜が捕らえられたあとは、雲浜の妻子を助けました。

同じく雲浜の門下で、池田屋事件の発端となった古高俊太郎とも交流が深かったようです。

池田屋での議に参加していた西川でしたが、危うく難を逃れ、聖護院の寓居にひそんでいたところ、新選組志士狩りの捜査網にかかって捕縛され、事件の10日後の6月15日、新選組屯所に連行されます。

その後、厳しい取り調べののち牢につながれ、そして慶応元年2月11日(1865年3月8日)朝、斬罪に処せられました。

享年43歳。


e0158128_20091769.jpg


西川耕蔵という名はあまり知られておらず、この石碑も、写真のとおり植木に隠れていて、人通りの多い場所にもかかわらず誰も目に止めていませんでした。

わたしが写真を撮っている姿を見て、ようやくこちらに目をやる人が数人いた程度です。

これが新選組の石碑だったら、きっと多くの人が足を止めるでしょうけどね。

皮肉なものです。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-05-04 00:21 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その45 「梅田雲浜邸跡」

京都市営地下鉄「烏丸御池駅」を地上に上がって100mほど北上したオフィス街の歩道に、「梅田雲浜邸址」と刻まれた石碑があります。

大正6年(1917年)に建てられたもののようです。


e0158128_19582244.jpg


「その12」の稿でも紹介しましたが、梅田雲浜は小浜藩出身の儒学者で、幕末初期の攘夷運動を牽引した思想家でした。

しかし、幕府大老・井伊直弼の進めた「安政の大獄」による逮捕者第1号となり、激しい拷問を受けたすえ、獄中死してしまいます。


e0158128_19582807.jpg


雲浜が幕府に捕えられたとき、この地にあった自宅にいました。

幕吏が「御上意」と叫んで屋敷内に踏み込もうとすると、雲浜は「少々御猶予を願いたい」と言い、着物を着替えて髪を結い直し、身なりを整えたといいます。

そして、を引き寄せて次の2首の歌を詠みました。


契りにし そのあらましも 今はただ おもひ絶えよと 秋風ぞ吹く

君が代を 思ふ心の 一筋に 吾身ありとも 思はざりけり


最初の歌には、身を殺して、できる限りのことを全てやり尽くし、後は全て天命に委ねるという清々しい気持ちが詠われています。


e0158128_19583291.jpg


幕吏は雲浜を駕籠で連行しようとしますが、雲浜は「俯仰天地に恥じることはない。」と言って駕籠を拒否し、縄付のまま堂々と奉行所まで闊歩したといいます。

さすがは、吉田松陰から「『靖献遺言』で固めた男」と呼ばれた人物といえるエピソードです。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-05-02 00:04 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その12 「東山霊山護国神社・安祥院~梅田雲浜の墓」

東山霊山の北角に、梅田雲浜の墓碑が他の墓碑とは少し距離をおいて特別扱いのように祀られています。

小浜藩士で儒学者の雲浜は、幕末初期の攘夷運動を牽引した思想家でした。

雲浜は8歳にして藩校・順造館に入り、その英明さは大いに期待されましたが、頭脳が切れすぎたせいか、立場をわきまえずにものを言うところがあり、藩主への建言が幕府批判と取られ、藩籍を剥奪されてしまいます。

黒船来航以前に公然と幕府を批判したのは、雲浜だけだったんじゃないでしょうか。


e0158128_21253618.jpg

その翌年にペリー艦隊が来航すると、尊皇攘夷を求める志士たちの急先鋒となり、幕府を激しく批判しました。

これが、幕府大老・井伊直弼の知るところとなり、梁川星巌、頼三樹三郎、池内大学と共に悪謀四天王のひとりとされ、「安政の大獄」による逮捕者第1号となります。

逮捕の最高責任者である京都所司代の役に就いていたのは、雲浜を小浜藩から放逐した旧藩主・酒井忠義だったというのも、皮肉な話です。


e0158128_21254260.jpg

雲浜はその取り調べにおいても、激しい拷問を受けても一切口を割らず、最期は刑死ではなく、獄中での病死だったといいます。


e0158128_21281574.jpg

梅田雲浜の墓は、ここ東山霊山のすぐ近くの安祥院にもあります。

正確には、安祥院あるのが墓で、東山霊山にあるのは慰霊碑のようですね。


e0158128_21281971.jpg

実は、わたしはここ安祥院に墓があることを知らなかったのですが、この日、東山から五条に向かって坂を下っていたところ、たまたま安祥院の門横に建てられた「梅田雲浜先生墓」と刻まれた石碑を見つけ、ここを訪れました。

ほんと偶然の発見です。


e0158128_21282225.jpg

墓は他の墓石のなかに同じように立ち並んでいて、特別扱いはされていません。

墓の前も狭く、のけぞって撮影したのが上の写真です。

橋本左内吉田松陰などと同じく、幕末の動乱の導火線に火をつけた梅田雲浜。

かれら思想家の命を賭けた叫びが、やがて坂本龍馬西郷隆盛ら活動家に引き継がれていきます。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-03-10 11:35 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

花燃ゆ 第17話「松蔭、最期の言葉」 その1 ~間部老中要駕策の自供~

 安政6年(1859年)5月25日、萩から護送された吉田松陰は、6月25日に江戸桜田の長州藩邸に入り、7月9日、伝馬町牢屋敷へと移され、取り調べが始まります。松蔭の吟味を担当したのは、主に寺社奉行松平伯耆守宗秀、大目付久貝因幡守正典、南町奉行池田播磨守頼方、北町奉行石谷因幡守穆清などの5人で、幕府の司法の執行権を持つ役人がすべて揃っていました。

 松蔭にかけられた罪状は主に2つで、ひとつは、すでに捉えられていた梅田雲浜との関係、そしてもうひとつは、京都御所で見つかった落とし文との関係についてでした。雲浜は、松蔭よりもはるかに名の通った尊皇攘夷のカリスマ的志士で、「戊午(ぼご)の密勅」の下賜に関わって大老・井伊直弼の失脚を謀った咎で捕縛され、松蔭が刑死する少し前に獄中死します。その雲浜がかつて長州を訪れたとき、密談して反幕府の政治工作を企てたのではないか、というのが、松蔭にかけられた嫌疑でした。しかし、松蔭は雲浜と面会はしたものの、政治的な結託はしておらず、むしろ、雲浜という人物を快く思っていなかったようで、臆することなく否認します。

 また、幕政を批判した落とし文についても、取調官は筆跡が酷似していると追求しますが、松蔭はまったく身に覚えがなく、だいいち、囚人として蟄居の身でありながら、京のまちで落とし文などといった政治工作を行うのは物理的に不可能であり、言いがかりも甚だしい容疑でした。松蔭はいいます。
「吾性光明正大ナルコトヲ好ム豈落文ナントノ隠昧ノ事ヲナサンヤ」
(わたしは性来、公明正大を好む。落とし文などという隠れごとなどしない。)
と。
その堂々とした受け答えに、取調官は大いに圧倒されたようです。

 このままで終わっていれば、松蔭は大した罪には問われなかったかもしれません。少なくとも命は救われたでしょうね。しかし、ここで松蔭は、常人には理解できない行動にでます。というのも、かつて幕府老中・間部詮勝要駕を企てたことを、訊ねられてもいないのに自ら白状してしまうんですね。なぜ、そのような行動に出たのかはハッキリしませんが、井伊大老と直接話しをするための策というのは、ドラマのオリジナルの解釈であり、フィクションです。だいたいの物語などでは、取調官の巧みな誘導尋問に乗っかったというのが、共通した描かれ方です。光明正大にもほどがありますよね。司馬遼太郎氏の『世に棲む日日』では、このときの松蔭のことを次のように書いています。

 「あほうといえば、古今を通じてこれほどのあほうはいないであろう。松陰は、吟味役の老獪さを見ぬけず、むしろ他人のそういう面を見ぬかぬところに自分の誇るべき欠点があると思っていた。」

 取調官の権謀術数にまんまとかかったのか、あるいは、取調官の老獪さを知った上で、あえて死を決して自供したのか、いずれにせよ、松蔭は自らの行いに一点の曇りもなかったのでしょう。

 「至誠にして動かざるものは未だこれ有らざるなり」

 誠意をもって話をすれば、取調官の心をも動かすことができると思ったのでしょうか?

「余は人の悪を察すること能わず、ただ人の善のみを知る」
「余はむしろ、他人を信じるに失するとも、誓って人を疑うに失することなからんことを欲す」


 これも、松蔭の残した言葉です。
~♪信じられぬと嘆くよりも 人を信じて傷つくほうがい♪~
なんて歌がありましたが、人を信じるということと、聞かれてもしない自分の罪を白状するのとは違うように思います。短慮な失言で政治生命の危機に立たされる政治家は現代でもたくさんいますが、松蔭のそれは、短慮というよりも、むしろ確信犯的に自ら死を呼び寄せたとしか思えない失言ですね。

長くなっちゃったので、明日に続きます。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2015-04-27 22:19 | 花燃ゆ | Trackback | Comments(0)  

花燃ゆ 第14話「さらば青春」 ~安政の大獄と間部老中暗殺計画~

 今回は、ドラマで省かれていた「安政の大獄」までの経緯を簡単に解説します。
 大老就任早々、独断で日米修好通商条約に調印した井伊直弼は、さらにその実権をフルに発揮し、将軍継嗣は紀伊の徳川慶福(のちの家茂)に決定したと大々的に発表します。不意をつかれた格好となった水戸藩主の徳川斉昭、その息子の一橋慶喜、越前藩主の松平春嶽一橋派は、安政5年(1858年)6月24日、カンカンに怒って江戸城に登城し、直弼に面会して激しくクレームをつけまくります。ところが、これを受けた直弼は、「呼びもしないのに無断で城内に上がってきて文句をいうなどけしからん!」と、斉昭は謹慎、慶喜は登城差し控え、春嶽と尾張藩主の徳川慶勝には隠居謹慎の処分を命じます。親藩や大藩の殿様相手にやりたい放題ですね。

 政敵を一掃した直弼の権力はいっそう高まり、ほとんど独裁状態となりますが、そうなると、当然、それを叩き潰そうという動きがはじまります。このとき最も働いたのが、今話で捉えられた梅田雲浜や、頼三樹三郎梁川星巌ら尊王派の学者たちで、彼らの働きによって、井伊大老を降ろせという幕府改革の勅諚が、孝明天皇(第121代天皇)より水戸藩へ下ります(異説あり)。これを、後世に「戊午(ぼご)の密勅」といいます。「密勅」とは、読んで字のごとく秘密の勅諚ですね。勅諚とは、天皇直々のお言葉のことですが、この時代、天皇が政治的発言を行うことはほとんどなく、ましてや、幕府を介さずに直接水戸藩に勅諚が下されるなど、前代未聞の出来事でした。

 この情報を知った直弼は「これは反乱である!」大激怒し、水戸藩にその「勅書を返せ!」と迫り、そして朝廷に対して「なぜそんなものを出したのか!」と、猛烈に抗議します。朝廷に幕府の弾圧がかかるとなると、これまた前代未聞のこと。そこで朝廷を守るため、薩摩藩や越前藩が兵を挙げて京都に向かっている、といったが広まります。こうなると直弼は、その噂が本当なのかデマなのかを確認することなく、力には力で対抗する構えを見せ、徹底的な大弾圧を開始しました。その対象は、将軍継嗣問題で一橋派に与した者たち、梅田雲浜ら密勅問題で動いた者たちすべてひっ捕まえて裁判にかける。こうして、安政の大獄がはじまります。

 江戸や京都の動きを知った吉田松陰は、こうしてはいられないとばかりに、同年11月、京都での攘夷派や一橋派の弾圧を指揮していた幕府老中・間部詮勝の暗殺を企てます。そして、松蔭は藩の重臣・前田孫右衛門に計画を記した書状を送り、藩から武器を借りたいと依頼しました。同時に、門人を中心に同志の連判を募り、自分がこれらを率いて上洛し、事を起こすと公言したそうです。暗殺の企画書を役所に提出するなど聞いたこともありません(笑)。公然と発表する暗殺を暗殺といえるかどうかは疑問ですが、つまるところ、松蔭はこの暗殺計画を、藩をあげて実行しようとしていたわけですね。松蔭にしてみれば、この計画に一点の曇もなかったのでしょう。

 ところが、藩当局にしてみれば、そんな無謀な計画を公言する松蔭をそのままにしておけるわけがありません。バカ正直というか何というか、結局、藩当局はふたたび松蔭を野山獄へ収監します。しかし、これで松蔭がおとなしくなったかというと、更に過激になっていくんですね。その過激さに、松下村塾の門弟たちも、やがて距離を置くようになっていきます。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2015-04-06 20:55 | 花燃ゆ | Trackback(1) | Comments(2)