人気ブログランキング |

タグ:植草貞夫 ( 2 ) タグの人気記事

 

第88回選抜高校野球大会 観戦備忘録

青い空、白い雲。

・・・で始まるのは、夏の高校野球におけるABC朝日放送植草貞夫アナウンサーの定番名実況ですが、先の日曜日、阪神甲子園球場で行われているセンバツ高校野球大会を観戦してきました。


e0158128_20570946.jpg

甲子園に高校野球観戦にくるのはずいぶん久しぶりのことです。

息子がまだ小中学生だった頃は、ときどき親子で観にきていたのですが、その息子も大学生となり、気がつけばずいぶんとご無沙汰していました。

息子も高校までは野球やってたんですけどね。

甲子園出場なんぞ夢のまた夢でしたから。

e0158128_20580858.jpg

この日は開会式の日で、しかも第1試合と第3試合に近畿の学校が出るということもあり、けっこう席は埋まっていました。

以前に比べて高校野球人気は下降ぎみと聞きますが、球場に来てみると、ぜんぜんそうは感じないですけどね。

e0158128_20583750.jpg

まだ3月だというのに、芝生が美しいですね。

これは、芝生の二毛作のたまものだそうです。

e0158128_20590189.jpg

球場外壁のツタも、順調にツルをのばしています。

かつてのように外壁を覆い隠すまでには、あと何年かかるのでしょうね。

e0158128_20593074.jpg

わたしが観戦したのは第2試合の途中から。

鹿児島実業常総学院の強豪対決は、鹿実に軍配があがりました。

e0158128_20595988.jpg

そして第3試合は初出場の滋賀学園と、強豪・桐生第一の対決。

実は、わけあってこの日のわたしの目当ては、この試合の観戦でした。

e0158128_21002922.jpg

ここ近年、センバツ高校野球の中継はNHKしか放送しなくなりましたよね。

かつて高校野球の中継といえば、NHKはもちろんとして、春はMBS毎日放送、夏はABC朝日放送が担当して、NHKとは違った臨場感のある実況を聞けたものですが、いつの頃からか選抜のTV中継がなくなり、数年前からはラジオ中継もなくなりました。

(夏の朝日放送はまだ頑張って放送していたと思います。)

たぶん、視聴率がとれないからなんでしょうが、残念ですね。

e0158128_21010027.jpg

また、大会ハイライト番組の『みんなの甲子園』も、以前は夜11時頃から放送していたと思うのですが、数年前には夕方に移ってしまい、昨年からは早朝5時半からになっちゃいました。

朝5時台なんて、わざわざ起きて観ようとはさすがに思いません。

かつては、前身番組の『球春!センバツ甲子園』セブンティーンリポーターという女子高生レポーターの企画があり、その中に藤原紀香さんがいたという話は有名ですよね。

高校野球ファンのオジサンたちにしてみれば、平日にじっくり高校野球を視聴するのは不可能で、夜に晩酌しながら大会ハイライト番組を観るのが楽しみだったりします。

たしか、夏の『熱闘甲子園』は、夜11時頃の放送を続けてくれていたと思います。

毎日放送さん、頑張ってくださいよ!

e0158128_21013681.jpg

と、ボヤいてる間にナイターになりました。

この日の日中は暖かかったのですが、ナイターはやはり冷えます。

e0158128_21015752.jpg

第3試合は応援していた滋賀学園が勝ちました。

e0158128_21021857.jpg

以上、久々に訪れた甲子園観戦備忘録でした。

本大会中に、もう一回くらい観に行けたらと思っています。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ


by sakanoueno-kumo | 2016-03-24 03:40 | 高校野球 | Trackback | Comments(2)  

清原和博容疑者の逮捕に見る、「弱い犬ほどよく吠える」の論。

清原和博氏が覚醒剤所持で昨夜、逮捕されましたね。

今日は各マスメディア共にその話題でもちきりのようですが、まあ、清原氏の薬物疑惑の報道は、これまでもたびたび囁かれていましたから、特に驚いたということはありません。

やっぱりな・・・というのが、大方の感想なんじゃないでしょうか?

バカなことをしたものです。


e0158128_15405004.jpg

そもそもわたしは、現役時代から清原選手のことが好きではありませんでした。

正確にいえば、ジャイアンツに入団後の清原選手といったほうがいいかもしれません。

「番長」などとあだ名されて崇められていましたが、なぜ、あのような素行の選手が、ああももてはやされるのかが理解できませんでした。

スキンヘッドピアスは、まあ個人の嗜好ですからとやかく言いませんが、必要以上に相手投手を威嚇する行為は、見ていて気分のいいものではありませんでした。

闘志をむき出しにすることと、恫喝とは違いますからねぇ。

厳しいインコース攻め強打者の証

往年の松井秀樹選手もイチロー選手も、清原選手以上に厳しい攻めを受けていましたが、相手投手を威嚇するようなことはしません。

ていうか、する必要がないんですよ。

松井選手もイチロー選手も、特に威嚇なんてしなくても、その存在自体が相手投手にとっては脅威ですから。

清原選手は、ああするしか自分を大きく見せられなかったということでしょうね。

「弱い犬ほどよく吠える」といいますが、まさに清原選手はその典型でしょう。

威嚇も、刺青も、強面の容姿も、そしてクスリも、すべて心の弱い人間のすることだとわたしは思います。

清原氏は、結局、弱い男だったということですね。

ここまでボロカスに貶しましたが、正直、残念という思いも大きいんですよ。

というのも、ほぼ同世代のわたしにとっては、高校野球時代の清原選手は、間違いなくスーパースターでした。

甲子園でのエピソードをあげればキリがないほどですが、やはり、いちばん印象に残っているのは、5度目の出場を果たした3年生夏の最後の決勝、対宇部商業戦。

準決勝までに宇部商の主砲・藤井進選手が大会新記録となる4本塁打を記録していましたが、それまで3本塁打だった清原選手は決勝戦で2本を放ち、あっさりと藤井選手の記録を抜いて大会5本塁打の新記録を達成。

PL学園全国制覇を果たしました。

5本目の本塁打は、宇部商のセンター守る藤井選手の頭上を通過してバックスクリーン左の中段に。

「甲子園は清原のためにあるのか!!」

あの、植草貞夫アナウンサーの名実況が生まれたシーンです。

今回のことは、そんな輝かしい過去の栄光も汚してしまう行為であり、「残念」としかいいようがありません。

いまから思えば、2年前に週刊誌で薬物疑惑を報道されたときに、なぜ立ち直らなかったのか。

有名人の薬物容疑というのは、誤認逮捕が許されないため、一般人以上に入念な捜査をしたうえで、確信がなければ動かないと聞きます。

あの時点で強い意志を持ってクスリ絶ちをしていれば、疑惑は疑惑のまま消えていっていたかもしれないのにねぇ。

わたしは、わたしの知る限りでは、プロ野球史のなかで最も強かったのはV9時代の巨人で、その次に強かったのが、80年代後半から90年代のV5西武だと思っています。

V9巨人からは、長嶋茂雄氏、王貞治氏、森祇晶氏、広岡達朗氏、土井正三氏、高田繁氏、堀内恒夫氏など、10人以上がのちに監督になっていますが、V5西武からも、石毛宏典氏、伊東勤氏、秋山幸二氏、渡辺久信氏、工藤公康氏、田辺徳雄氏など、多くの監督が出ていますね。

でも、このなかに清原氏の名前が連なることは、もうないでしょうね(こんな事件を起こさなくとも、監督としての資質に欠けていたともいえますが)。

名球界からも除名されるんじゃないでしょうか? 

(かつての江夏豊氏も、除名されましたしね。)

実に哀れです。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。 
    ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

by sakanoueno-kumo | 2016-02-03 15:55 | プロ野球 | Trackback | Comments(4)