タグ:楠木正成 ( 42 ) タグの人気記事

 

江戸城を歩く。 その4 「皇居外苑」

「その3」の続きです。

桜田門を出て凱旋濠沿いに東へ歩きます。

打込み接ぎの高い石垣が続きます。


e0158128_17393111.jpg


凱旋濠と日比谷濠の間の内堀通りを北上すると三の丸に入ります。

このあたりは、現在「皇居外苑」と呼ばれ、公園整備されています。


e0158128_17512949.jpg


内堀通り沿いに説明板が設置されていました。


e0158128_17550282.jpg


皇居外苑に中心に、大きな騎馬武者の像があります。

南北朝時代の武将、楠木正成の像です。


e0158128_17592648.jpg


わたしの住む神戸のまちにも、これとそっくりの楠公像があります(参照:太平記を歩く。その91「湊川公園」)。

神戸は湊川の戦いの地であり、楠公に縁の深いまちなので像があっても違和感はありませんが、江戸城となんの縁もない楠公像がなぜここにあるのか。

それは、戦前、楠公さんが国粋主義の忠臣の象徴として崇められていたからに他なりません。


e0158128_17592956.jpg


言うまでもなく、楠木正成は後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)に忠義を尽くし、勝てる見込みのない戦いに自ら身を投じ、討死した人物です。

江戸時代、水戸藩を中心とした尊王思想が盛んになると、天皇に忠義を尽くした楠木正成は英雄視され、天皇に反旗を翻した足利尊氏逆賊とされました。


e0158128_17593219.jpg


明治44年(1911年)、南朝、北朝のどちらが正統かという議論「南北朝正閏問題」が起き、「南朝正統論」国策として進められると、教科書では「南北朝時代」が「吉野朝時代」と改められ、南朝の正統性が国民に浸透させられていきます。

そんななか、楠木正成はその象徴的存在として扱われ、それがやがて「七生報国」などのスローガンを生んで政治利用され、やがてその思想が、日中戦争、太平洋戦争の戦火になだれ込んでいくことになるんですね。

この像は明治37年(1904年)に建てられたものだそうです。

皇居前に楠公像を建てたというのは、どのような政治的意図があったのか。

想像するに難しくありません。


e0158128_18040822.jpg


わたしがここを訪れたとき、大勢の中国人観光客がこの像の前で記念撮影をしていました。

わかってるのかなぁ・・・この像の人物のこと。


e0158128_18041276.jpg


第二次世界大戦後、軍神扱いされていた広瀬武夫の像がGHQによって撤去されましたが、この像はよく撤去されなかったですね。

いまとなっては、ここに楠公像があるのは、違和感しかありません。

徳川家康の像だったら、何の問題もないですけどね。

「その5」に続きます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-12-07 23:26 | 東京の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その194 「楠木正儀の墓」 大阪府南河内郡千早赤阪村

「その15」で紹介した千早城跡から「その16」「その17」で紹介した金剛山に登る登山道に、楠木正儀の墓と伝わる五輪塔があります。


e0158128_20100757.jpg

楠木正成の三男・楠木正儀は、正平3年/貞和4年(1348年)1月5日の「四條畷の戦い」で兄の楠木正行・正時が討死すると、楠木家の家督を継いで南朝方の先鋒武将として各地で戦い続けます。


e0158128_20101063.jpg

足利幕府内の内紛・「観応の擾乱」に乗じて正平7年/文和元年(1352年)には、一時、京を奪還するも、北朝の盛り返しによってわずか1ヶ月あまりで京を追われます。

正平9年/文和3年(1354年)には、足利直冬と呼応して2度、京を占領しますが、足利義詮の反撃により再び撤退することになります。


e0158128_20101326.jpg

その後、南朝の不利を悟って南北朝合体を試みますが、南朝内の長慶天皇(第98代天皇・南朝第3代天皇)をはじめとした強硬派に遠ざけられ、正平24年/応安2年(1369年)に管領・細川頼之のとりなしによって北朝へ降伏します。

ところが、北朝内で次第に孤立を深めていった正儀は、弘和2年/永徳2年(1382年)に再び南朝へ帰参し、参議に任じられました。

その後も河内・和泉の拠点を中心に北朝と戦いを続け、元中6年/康応元年(1389年)もしくは元中8年/明徳2年(1391年)に死去したとされています。

実に、父・正成が死んでから半世紀以上、兄・正行、正時が死んでから40年以上も戦い続けていたんですね。


e0158128_20101612.jpg

『太平記』では、正儀の性格を「父・正成や兄・正行と違い、少し間が抜けたところがある。」と評しているそうですが、これは少し気の毒な気がしますね。

父も兄も、死後、美化され、信仰の対象となって崇め奉られる存在となっていますが、実は、南朝忠臣としていちばん長く戦ったのは、この正儀でした。

そう思えば、父も兄も、たいそう立派な墓所が複数あるのに対し、正儀の墓はあまりにも寂しい気がします。


e0158128_20101840.jpg

正儀の生年については明確な史料が存在しませんが、享年62との説があります。

とすれば、父・正成が死んだときは数えで5歳くらい。

きっと、顔すら覚えていない父の意志を引き継ぎ、戦い続けた人生だったのではないでしょうか。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-02-03 00:34 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(2)  

太平記を歩く。 その191 「石清水八幡宮」 京都府八幡市

京都府八幡市の男山山中に鎮座する「石清水八幡宮」を訪れました。

貞観元年(895年)の創建と言われる石清水八幡宮は、数々の歴史の舞台に登場する大社ですが、『太平記』の時代にも、その地理的要衝から恰好の軍事目標となり、何度も軍事拠点となって兵火にも晒されました。


e0158128_19015305.jpg

『太平記』で最初に石清水八幡宮が登場するのは、配流先の隠岐島を脱出した後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)が船上山に立てこもると、天皇は共に隠岐島を脱出した千種忠顕山陽・山陰道の総司令官に任命し、援軍として京に向かわせます。

楠木正成、護良親王、赤松則村(円心)の挙兵で六波羅が混乱しているなか、忠顕は8000の兵(太平記では20万7千騎)を率いて一気に京都を目指して出陣します。

そのとき千種軍が陣を布いたといわれるのが、ここ石清水八幡宮だったと伝えられます。


e0158128_19044442.jpg

しかし、勢いだけで突き進んだ千種軍は、あえなく六波羅軍によって撃退され、忠顕は淀川を挟んだ北東の山崎に陣を布いていた円心の元に落ち延びたと伝わります。

円心は摩耶山合戦で六波羅軍を撃退したあと、兵を山崎まで進めていましたが、六波羅軍の抵抗の前に総崩れとなり、千種軍とともに退却、再起をはかります。


e0158128_19073515.jpg

次に石清水八幡宮が舞台となるのは、建武の新政が始まった年の建武元年(1334年)9月21日、討幕の成功と王政一統を報告するために後醍醐天皇の行幸が行われたときです。

この行幸の列には、前衛に足利尊氏、中衛に楠木正成、後衛に名和長年を付き従わせ、世間に新政権は武家と朝廷が共に協力しあう政権であることを喧伝したと伝わります。

しかし、この頃すでに武士たちの不満が積もり始めており、尊氏が反旗を翻すのは、この翌年のことです。


e0158128_19102907.jpg

本殿の近くには、楠木正成が建武元年(1334年)に必勝を祈願して植えたと伝わるクスノキがあります。

『洛陽名所集』によると、「戦勝軍利を祈り、楠千本を八幡山にうへけり」とあります。

その逸話が事実だとすれば、この行幸の際に植えられたのかもしれませんね。


e0158128_19105861.jpg

でも、だとすれば、この時点で正成は、近い将来戦が起こることを予感していたということでしょうか。


e0158128_19112943.jpg

樹齢700年近くなる大樹は、根周り18m、樹高30m、樹冠40mで、京都府指定天然記念物となっています。


e0158128_19131476.jpg

続いて石清水八幡宮が舞台となるのは、足利幕府が成立した翌年の延元2年/建武4年(1337年)12月、南朝方の北畠顕家新田義貞の子の新田義興とともに再起をかけて、ここ石清水八幡宮に籠城します。

これに対して尊氏が差し向けた高師直率いる包囲軍は約10万、一方の籠城軍は2000ほどだったといわれます。


e0158128_19140236.jpg

しかし、北畠、新田ら籠城軍はよく戦い、籠城は4ヶ月に及びますが、結局は衆寡敵せず

籠城軍は総崩れとなり、石清水八幡宮軍は高師直軍の手によって、火にかけられます。

このとき、籠城軍の多くが焼死したと伝わります。


e0158128_19144427.jpg

そして最後に石清水八幡宮が舞台となるのは正平6年/観応3年(1352年)に起きた「正平の役(八幡の戦い)」のとき。

足利幕府の内紛に乗じて一時、南朝方が京を奪回すると、ここ男山八幡の麓に後村上天皇(第97代天皇・南朝第2代天皇)の仮皇居が置かれますが、その後、勢力を盛り返した足利義詮軍が攻め寄せ、男山八幡を背にしたこのあたり一帯が戦場となります。


e0158128_19174218.jpg
e0158128_19180158.jpg

幾多の戦乱に巻き込まれた石清水八幡宮。

現在、国宝に指定されている石清水八幡宮の社殿は、寛永11年(1634年)に徳川家光が寄進したものです。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-01-31 09:06 | 太平記を歩く | Trackback(1) | Comments(0)  

太平記を歩く。 その177 「楠母神社跡」 大阪府富田林市

前稿で紹介した妣庵観音寺から府道209号線を挟んで東へ5分ほど歩いたところの丘の上に、かつて存在した「楠母神社」廃墟跡があります。

ここは、その名のとおり楠木正成の夫人・久子を祭神とした神社でした。


e0158128_16215332.jpg

入口には門柱の跡が残っていて、その側には「楠母神社創建の経緯」を記した扇型の石碑があります。


e0158128_16215708.jpg

以下、碑文。

楠母神社

大阪府南河内郡東條村矢佐利。

この地は贈正一位橘朝臣正成公夫人誕生の地なり。

楠公父子の誠忠古今を貫くも楠氏一門の節義天地を照らすもこれ偏に夫人内助の功に基づく。

真に夫人は日本婦人の亀鑑たり。

依って紀元二千六百年を期しこの聖地に神社を建立し永久に淑徳を讃仰し奉る。


e0158128_16232531.jpg

神社の創建は国粋主義の盛んな昭和15年(1940年)。

第二次世界大戦開戦の前年ですね。

皇国の忠臣の象徴だった楠木正成、楠木正行父子の「滅私奉公」を、として、そしてとして支えた久子の内助の功を讃えるための神社を、この時期に創建するということにどういう政治的意図があったかは想像に難しくありません。


e0158128_16261993.jpg

敷地は広大な面積だったようです。


e0158128_16281413.jpg

こちらは、「李王妃殿下が楠母会に賜った御歌」の碑。

李王妃殿下とは李方子妃殿下のことで、昭和天皇(第124代天皇)のお妃候補のひとりとして名前が取りざたされたこともあったそうですが、その後、日韓併合の政略結婚で、旧大韓帝国の皇太子と結婚した女性です。


e0158128_16325688.jpg

碑文。

皇紀二千六百年を記念し府下女学校生徒国民学校女児童は楠母神社本殿を大日本国防婦人会関西本部管内会員は拝殿を寄進し奉り、又茲に名誉本部長李王妃殿下の御歌を永への御訓へとして謹録す。

昭和十六年五月十日

大日本国防婦人会関西本部


e0158128_16330080.jpg

大日本国防婦人会とは、満州事変後、銃後の固めを急ぐ軍部の指導でつくられた軍国主義的婦人団体のこと。

戦前戦中を描いたドラマや映画などで、たすき掛けをして弱気な女性を鼓舞するおばちゃんたちが出てきますが、あの人たちのことです。


e0158128_16351299.jpg

社殿跡と思われます。


e0158128_16351671.jpg

狛犬が意外に傷まずに残っています。


e0158128_16374407.jpg

そして、こちらは、無残に放置された石像の残骸

久子とその息子たちでしょうか?


e0158128_16374811.jpg
e0158128_16375282.jpg

見ようによってはご遺体にも見えなくもありません。

晴天の真昼間だったからいいようなものの、薄暗い日だったら気味が悪かったでしょうね。

地元の人も、気味が悪いといってあまりここに近寄らないとか。


e0158128_16420564.jpg

世の憂きも 辛きも忍ぶ 思いこそ 心の道の 誠なりけり


久子が詠んだとされる歌です。

悲しみも苦しみも耐え忍ぶ思いこそ、誠の道である・・・と。

本当に久子が詠んだんですかね?

久子を「日本女性の亀鑑」として、国威発揚に利用しようとした誰かが詠んだものなんじゃないですかね。


e0158128_16421002.jpg

楠母神社は終戦後もしばらく存在していたそうで、戦争未亡人戦災孤児たちの心の支えとなっていたようですが、後継者がなく、昭和50年代に取り壊されれたそうです。

その後、公園整備されるという話も出ていたそうですが、予算がつかず、宙に浮いたまま現在に至るのだとか。

入口にあった石碑の碑文の最後に、「永久に淑徳を讃仰し奉る」とありましたが、敗戦とともにその役目も終わったということでしょうか?


e0158128_16421372.jpg

ここは『太平記』の史跡というより、先の戦争の負の遺産といったほうがいいかもしれません。

久子本人も、自身の内助の功がこのようなかたちで後世に政治利用されたことは、本意ではなかったに違いありません。

その鎮魂のためにも、ここを後世に残すべく整備してほしいですね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-01-06 21:20 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その104 「楠木正成首塚(杜本神社)」 大阪府羽曳野市

大阪市羽曳野市にある杜本神社にも、楠木正成首塚があると聞いて訪れました。


e0158128_14594602.jpg

神社入り口には、「水分神社併楠公遺物陳列場」と刻まれた石柱があります。

「水分神社」とは、「その21」の稿で紹介した千早赤阪村にある建水分神社のことだと思いますが、「楠公遺物陳列」というのは、正成の首ってことでしょうか?


e0158128_15020624.jpg

鳥居をくぐって丘の上にある本殿を目指します。


e0158128_15034854.jpg

こちらは拝殿です。


e0158128_15053919.jpg

由緒書きには、たしかに「大楠公首塚」が紹介されています。

それによれば、河内に送られてきた正成の首を、この地に密かに隠して敵の目を逃れたとあります。


e0158128_15092388.jpg

拝殿横の小さな鳥居をくぐります。


e0158128_15104607.jpg

その奥に、さらに小さな鳥居があります。


e0158128_15112547.jpg

その奥にある小さな祠には、「南木神社」と書かれています。

「南木神社」は、千早赤阪村の建水分神社境内にある、楠木正成を祀った最古の神社です。

その横に、隠れるように五輪塔が見えます。


e0158128_15141442.jpg

どうやらこれが、「大楠公首塚」のようです。


e0158128_15141803.jpg

たしかに、かなり古いもののようですね。


e0158128_15142291.jpg

花立には、「楠公御墳前」と刻まれています。


e0158128_15154442.jpg

まあ、英雄であればあるほど、この種の伝承は数多く存在するものですが、それにしても、楠公さんの首ってどんだけあんねん!って感じですね。

ほとんどキングギドラ八岐大蛇状態です(笑)。


e0158128_15165353.jpg

ちなみに『太平記』とは無関係ですが、楠公首塚のすぐそばに、奈良時代の左大臣・藤原永手の墓があったので、せっかくなので掲載しておきます。

どんな人物かは、調べてください(笑)。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-08-13 16:50 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その103 「楠木正成首塚(観心寺)」 大阪府河内長野市

楠木正成廟所「その94」で紹介した神戸市の湊川神社にありますが、前稿で紹介した大阪府河内長野市にある観心寺には、正成の首塚があります。


e0158128_14350426.jpg

こちらが正成の首塚です。

石碑に刻まれた「非理法権天」の文字は、「非は理に勝たず、理は法に勝たず、法は権に勝たず、権は天に勝たず」という意味の漢詩で、正成が旗印として用いたと言われています。


e0158128_14362155.jpg

まるで天皇陵のような厳かさです。


e0158128_14372454.jpg

門扉には、楠木家の家紋「菊水」があります。


e0158128_14415622.jpg

墓石は五輪塔です。

高さは1mほどでしょうか?

特に立派なものではありません。


e0158128_14443175.jpg

湊川の戦いに敗れ、弟・楠木正季と差し違えて自刃した正成の首は、一時、京都の六条河原に梟首されますが、その後、足利尊氏の命により、ここ観心寺に届けられて首塚として祀られたといいます。


e0158128_14443455.jpg

『太平記』巻16「正成首送故郷事」では、正成の首が届けられたときのことを、こう伝えます。


貌をみれば其ながら目塞り色変じて、替はてたる首をみるに、悲の心胸に満て、歎の泪せき敢ず。今年十一歳に成ける帯刀、父が頭の生たりし時にも似ぬ有様、母が歎のせん方もなげなる様を見て、流るゝ泪を袖に押へて持仏堂の方へ行けるを、母怪しく思て則妻戸の方より行て見れば、父が兵庫へ向ふとき形見に留めし菊水の刀を、右の手に抜持て、袴の腰を押さげて、自害をせんとぞし居たりける。


父・正成のあまりにも変わり果てた姿を見た11歳の嫡男・楠木正行は、父の形見の刀で自害しようとした・・・と。

これを見た母・久子は急いで駆け寄り、こう叱責します。


「栴檀は二葉より芳」といへり。汝をさなく共父が子ならば、是程の理に迷ふべしや。


「栴檀は双葉より芳し」とは、大成する者は幼いときから人並み外れてすぐれているということ。

つまり、楠木正成の息子ともあろう者が、この程度のことで何を血迷っているのか・・・と。

有名なくだりですね。

母は強し。


e0158128_14482557.jpg

傷んで読みづらいのですが「詠楠木正成卿歌短謌」と刻まれているようです。

正成関連の歌を集めた碑でしょうか?


e0158128_14483633.jpg

墓所横に建てられた忠魂塔です。


e0158128_14475122.jpg

寺領には、後醍醐天皇の皇子・後村上天皇(第97代天皇・南朝第2代天皇)陵もあるのですが、また別の機会に紹介します。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-08-11 22:26 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その102 「観心寺」 大阪府河内長野市

大阪府河内長野市にある観心寺を訪れました。

ここは、観心寺は楠木正成一族の菩提寺で、正成の少年時代の学問所だったという伝承もあります。


e0158128_14143519.jpg

山門横では、正成の騎馬像が迎えてくれます。

神戸の湊川公園の騎馬像よりは小振りなものです。


e0158128_14151526.jpg

逆光の撮影なのでわかりにくいですが、精悍な顔をしています。


e0158128_14163545.jpg

観心寺の寺伝によると、大宝元年(702年) に役小角によって開かれ、当初は雲心寺と称したとされますが、天長4年(827年)に空海がこの地を訪れ、「観心寺」の寺号を与え、その一番弟子の実恵が実質的な開祖となった寺院です。


e0158128_14181309.jpg

国宝の金堂です。

14世紀に入ると、後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)は当寺を厚く信任し、建武の新政成立後(1334年ごろ)、楠木正成を奉行として金堂外陣造営のを出し、 現在の金堂ができたそうです。


e0158128_14193776.jpg

金堂は「折衷様建築」の代表作といわれているそうです。

寺院建築には、鎌倉以前から寺院建築として用いられた地震に強い「和様」、鎌倉時代初期にに東大寺再建にあたって採用された大形建築に対応できる「大仏様」、同じく鎌倉時代初期に禅宗と共に日本に伝わった「禅宗様」があるそうですが、「折衷様」は、その良いとこ取りをした建築様式のことをいうそうです。

かつては折衷様のことを「観心寺様」とも呼んだほど、この金堂が折衷様を代表する建物なんだそうです。


e0158128_14202564.jpg

金堂は大阪府下最古の国宝建築物といわれているそうで、これまで、17世紀はじめの豊臣秀頼の時代、江戸時代中期、明治の初め、昭和の初めに修理が行われ、昭和59年(1984年)に昭和大修理が行われ、現在に至っています。


e0158128_14224714.jpg

こちらは、重要文化祭の建掛塔です。

正成は報恩のため三重塔の建立に着工したと伝わりますが、延元元年/建武3年(1336年)5月25日の「湊川の戦い」で正成が戦死したため工事はストップし、“建掛(たてかけ)”の塔として今に残ってと伝わります。


e0158128_14242175.jpg

のちに屋根の小屋組みと茅葺の屋根が架けられたそうです。

たしかに、これ単体のお堂と見るには、やけに屋根が大きくてアンバランスな気がしないでもないです。

でも、正成が死んでも、その子供たちが遺志を継いで完成させることはできたはずなんですけどね。

境内には、楠木正成の首塚と伝えられる場所がありるのですが、続きは次稿にて。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-08-10 21:39 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その101 「真光寺」 神戸市兵庫区

神戸市兵庫区にある真光寺を訪れました。

一遍上人が中興の開祖として知られる同寺ですが、「湊川の戦い」の戦後、足利尊氏楠木正成供養を行ったと伝わる寺でもあります。


e0158128_13595756.jpg

正成の首は前稿で紹介した阿弥陀寺の石の上で首実検が行われたあと、京の六条河原1日だけ晒されますが、その後、尊氏はここ真光寺において正成の大供養会をとりおこない、首は正成の本拠地である河内の水分に届けさせたと、『太平記』は伝えます。

正成と袂を分かつことになった尊氏でしたが、かつての戦友の死を、決して粗末に扱わなかった点、尊氏も思うところがあったのかもしれませんね。


e0158128_14035653.jpg

現在の境内には、その歴史を知らせてくれる史跡はありません。


e0158128_14051540.jpg

真光寺はたいへん大きなお寺で、一遍上人が没した寺だと伝わります。

境内の一角には一遍上人の廟所があり、五輪塔は国の重要文化財に指定されています。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-08-09 23:19 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その100 「阿弥陀寺(楠木正成首改め石)」 神戸市兵庫区

神戸市兵庫区にある阿弥陀寺にやってきました。

ここには、湊川の戦いに勝利した足利尊氏が、討死した楠木正成首実検を行ったと伝わるがあります。


e0158128_13441066.jpg

本堂です。


e0158128_13461228.jpg

境内の一角に、池を松が囲んだ庭園風の場所があります。

その池の中央に、大きな石があるのですが、これが「楠木正成首改め石」だと伝わるものです。


e0158128_13481001.jpg

説明板によると、池中の大石は、平清盛が魚を供養するために建てた魚の御堂礎石とも伝えられますが、延元元年/建武3年(1336年)5月25日の「湊川の戦い」に大捷した足利尊氏が、須佐の入江の奥にあった魚の御堂で、楠木正成の首あらためをしたとも伝えられます。

尊氏は、かつての戦友であり好敵手でもある正成の首と、この石の上で対面したんですね。

その後、この石は福岡藩主・黒田長政神戸別邸にあったそうですが、やがて屋敷は兵庫の絵屋の鷹見家にゆずられ、さらにその後、同寺に寄贈されたそうです。


e0158128_13504292.jpg

石の表面が一部赤くなっているのは、楠木正成の・・・ではなく、第二次大戦における神戸大空襲の折、石が焼けたためだそうです。


e0158128_13515223.jpg

あと、湊川の戦いには無関係ですが、境内には、元和6(1620)年に徳川幕府によって進められた大坂城再築普請に参加した加藤肥後守忠広清(清正の長男)の、石場を示す刻印石がありました。


e0158128_13532694.jpg

小さなお寺なんですが、平清盛、足利尊氏、楠木正成、黒田長政、加藤忠広と、各々の世代で歴史に名を刻んだ諸将たちと、深く関わった阿弥陀寺でした。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-08-08 23:47 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その96 「阪本城跡(大倉山公園)」 神戸市中央区

前稿で紹介した廣厳寺のすぐ北に、大倉山公園という市民憩いの場があるのですが、ここに、かつて楠木正成が築いた阪本城があったといわれているそうです。


e0158128_20123168.jpg

阪本城が築かれたのは、建武年間(1334年~1338年)だったと考えられているそうですが、詳しいことはわかっていません。

ただ、時期的に見て、「湊川の戦い」に何らかの役割を果たしていたと考えられるでしょうね。


e0158128_20123682.jpg

公園は高台になっており、現在は高層の建物によって遮られていますが、かつては海まで広く見渡せていました。

攻防戦にはもってこいの場所といっていいでしょう。

城といっても、たぶんのようなものだったでしょうから、あるいは、正成軍は野戦に敗れて阪本城に逃れる途中、このすぐ南の湊川神社か廣厳寺あたりで自刃して果てたのかもしれません。


e0158128_20124004.jpg

また、時代は250年ほど進んだ天正8年(1580年)、織田信長に反旗を翻した荒木村重が最後に籠城した「花隈城の戦い」のとき、織田軍の池田恒興がこの地に陣を布いたと伝わります。

時代は違えど、戦の砦となり得る場所は同じだったということですね。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-08-01 23:58 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)