人気ブログランキング |

タグ:池田綱政 ( 1 ) タグの人気記事

 

漆黒の烏城、備前岡山城を歩く。 その5「旭川~後楽園」

「その4」の続きです。

岡山城本丸下の段の北側を流れる旭川を渡り、名勝・後楽園に向かいます。


e0158128_20121088.jpg


旭川に架かる月見橋です。

月見櫓の北側にある橋ということでそう名付けられたのでしょうが、もちろん、往時にはそんな橋はありませんでした。

昭和29年(1954年)に架けられたそうです。


e0158128_20150592.jpg


月見橋から見た岡山城天守と旭川です。

川が城を巻くようにカーブしているのがよくわかります。


e0158128_20150954.jpg


これは、宇喜多秀家の岡山城築城時に、旭川を城および城下町の防御を固めるための堀の代わりとして用いるために、旭川の流路を岡山城の手前で大きく東方へ曲げて城の北東面に沿わせ、さらに南流するように変えるという土木工事によるものです。

つまり、人工的に作った流路ということですね。

これにより、岡山城の防御は強固なものとなりましたが、一方で、急激なカーブというあまりに不自然な流路となったため、以後、岡山城下はたびたび洪水に悩まされることになったそうです。


e0158128_20163892.jpg


岡山城北側の旭川沿いには、昭和9年(1934年)の大洪水の被害を伝える石碑が建てられています。


e0158128_20193072.jpg


旭川を渡って北側から見た天守です。

こちらから見た天守もかっこいいですね。


e0158128_20193489.jpg


天守台石垣の高さが約15m、その上の天守が約22mですから、総高約37m

10階建てのビルくらいの高さですね。


e0158128_20223409.jpg


そして、旭川の北側に、かつての名勝・後楽園があります。


e0158128_20223990.jpg


後楽園は岡山藩4代藩主・池田綱政が岡山郡代官・津田永忠に命じて造らせた庭園で、貞享4年(1687年)に着工し、14年の歳月をかけ元禄13年(1700年)に完成しました。


e0158128_20243966.jpg


「後楽園」という名称は明治に入ってからのもので、江戸時代には、城の背後にあることから「御後園」または「後園」と呼ばれていたそうです。


e0158128_20244360.jpg


ここを訪れたのはゴールデンウィーク中の5月4日。

新緑と芝生が美しい季節です。


e0158128_20272597.jpg


藩主の居間として使われた延養亭です。

園内で最も重要な建物で、園内外の景観が一望できるように建てられています。

戦災で焼失し、昭和35年(1955年)に再建されました。


e0158128_20294249.jpg
e0158128_20294609.jpg


延養亭の奥にある永昌の間には、能舞台があります。

池田綱政は能を好んだそうで、自ら舞い、時には家臣や領民にも見せたといいます。


e0158128_20311200.jpg


園内北側にある慈眼堂

池田綱政が元禄10年に池田家と領民の繁栄を願って建立し、観音像を祀っていました。


e0158128_20325716.jpg


南を見ると、天守が見えます。


e0158128_20351655.jpg


園内南側に、小さな丘が見えます。


e0158128_20351879.jpg


この丘は唯心山といって、池田綱政の子・池田継政が作った高さ6mの築山です。


e0158128_20352125.jpg


登ってみましょう。


e0158128_20375819.jpg


園内を一望できます。


e0158128_20380165.jpg


さすがは日本三名勝のひとつ。

素晴らしい眺めです。


e0158128_20380598.jpg


明治に入り、後楽園(当時は御後園)は岡山城とともに一時新政府の手に渡りますが、しばらくして再び岡山藩の所有となり、その後は岡山県に譲渡され、明治17年(1884年)から広く一般に公開されるようになったそうで、その後は、日本三名勝のひとつとして多くの人々で賑わうようになります。


e0158128_20401884.jpg


しかし、太平洋戦争時には園内の芝生部分がイモなどの畑として利用され、昭和20年(1945年)6月29日の岡山大空襲によって延養亭など江戸期から残されていた園内の建造物の多くが焼失しました。

さらには、終戦後には進駐軍の宿舎として使用されていたそうですが、その後は岡山県の手に戻り、昭和29年(1954年)から有料で一般公開されるようになり、昭和42年(1967年)に園内のすべての建造物の復元が完了し、後楽園は往時の姿を取り戻して現在に至るそうです。


e0158128_20402163.jpg


さて、5回に分けて岡山城を歩いてきましたが、この辺でシリーズを終わります。

最後に、日本100名城のスタンプを載せておきます。


e0158128_20441130.jpg



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-05-09 00:07 | 岡山の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)