人気ブログランキング |

タグ:浅野長直 ( 2 ) タグの人気記事

 

桜満開の赤穂城を歩く。 その3 「本丸」

「その2」の続きです。

いよいよ赤穂城本丸を攻めます。

写真は本丸門

発掘調査の遺構に基づき、明治時代の古写真絵図を参考にして平成8年(1996年)に総工費6億7,000万円をかけて完全復元したそうです。


e0158128_16242592.jpg


本丸門は枡形虎口の形状で、手前に高麗門、奥に櫓門が見えます。

大手門では高麗門だけが復元されていましたが、こちらは櫓門もあります。

やはり、高麗門と櫓門がセットで揃うと見事ですね。

THE城門!って感じです。


e0158128_16263438.jpg


説明板によると、奥の脇戸付櫓門一の門で、木造本瓦葺入母屋造り、幅13m、高さ11mあるそうです。

手前の高麗門が二の門で、木造本瓦葺切妻造り、幅4m、高さ6mだそうです。


e0158128_16301190.jpg


説明板には古写真が掲載されています。


e0158128_16321569.jpg
e0158128_16321761.jpg


本丸門の左右に伸びる内堀です。


e0158128_16335533.jpg


一の門の高麗門をくぐると、枡形ニの門の櫓門が見えます。

枡形内は思った以上に狭く、これは攻めにくい。


e0158128_16335922.jpg


ニの門の横の石垣の上には狭間が並び、向かいには雁木があります。

ここに閉じ込められたら、上から撃たれ放題

まさに袋のネズミですね。


e0158128_16352665.jpg


櫓門をくぐると、櫓の内部無料公開の看板が。

これはラッキー。


e0158128_16385458.jpg


本丸側から見た櫓門です。


e0158128_16413539.jpg


そして、こちらがその内部。

往時はここに門番が詰めていたのでしょうが、今は史料展示コーナーになっています。


e0158128_16440504.jpg


櫓門から左右に伸びる土塀には、様々なかたちをした狭間があります。


e0158128_16465036.jpg


櫓門から本丸の敷地を見下ろします。

コンクリートで整備された部分は御殿跡で、表御殿、裏御殿、台所の3ブロックに分かれます。

奥の緑の部分は庭園で、その左側に見える石垣が天守台です。


e0158128_16490069.jpg


御殿跡に降りてきました。


e0158128_17043675.jpg
e0158128_17044048.jpg
e0158128_17042591.jpg
e0158128_17043260.jpg


本丸の案内図と説明板、御殿の見取り図です。


e0158128_17070188.jpg


地面には、その間仕切りを示した石盤が埋め込まれていて、たいへんわかり易い。


e0158128_17100978.jpg
e0158128_17101329.jpg


コンクリートもただ敷き詰めているだけじゃなく、板間はの形状、畳の間はの形状をしていて、実にディテールにこだわった再現でした。


e0158128_17141673.jpg


そして、こちらが奥の天守台です。


e0158128_17141356.jpg


赤穂城は、正保2年(1645年)に常陸国笠間から入封した浅野長直が、近藤三郎左衛門正純に築城設計を命じ、慶安元年(1648年)より13年以上の歳月を費やし、寛文元年(1661年)に完成したものです。


e0158128_17141957.jpg


つまり、太平の世になってからの城で、この時代に築かれた城の多くは、徳川幕府への遠慮で天守が築かれませんでした。

赤穂城もその例外ではなく、天守台のみ築かれて、その上に天守が築かれることはありませんでした。


e0158128_17142163.jpg


天守台の上は芝生が敷き詰められています。

当初は5層天守の造営の計画もあったといいますが、それほど大きな面積ではありません。


e0158128_17254302.jpg


天守台から北側の御殿跡を見下ろします。

向こうに見えるのが二の門の櫓門。

往時は建物があったわけですから、門は見えなかったでしょうね。


e0158128_17254769.jpg


こちらは、天守台の西側にある表御殿大池泉と庭園です。

桜並木が見えるのは、本丸を囲う石垣内堀の外です。

天気が良かったら、綺麗な眺望だっただろうなぁ。


e0158128_17275136.jpg


天守台を降りて庭園を歩きます。

この池も、発掘調査に基いて復元されたものです。


e0158128_17321065.jpg


本丸南側にある刎橋門跡


e0158128_17321342.jpg


その名称のとおり、かつてここにははね上げ式の橋があったそうで、二ノ丸と通じていました。

向こうに見える桜並木は、二ノ丸です。


e0158128_17321615.jpg


さて、本丸をあとにして、「その4」は二ノ丸の桜を観にいきましょう。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2019-02-16 11:18 | 兵庫の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

桜満開の赤穂城を歩く。 その1 「大手門~武家屋敷跡」

過日、播州赤穂城跡を訪れました。

赤穂といえば、「時は元禄15年、師走半ばの14日・・・」でお馴染みの赤穂浪士を誰もが思い浮かべるかと思いますが、あの浅野家の居城だった城です。

赤穂城は、正保2年(1645年)に常陸国笠間から入封した浅野長直が、近藤三郎左衛門正純に築城設計を命じ、慶安元年(1648年)より13年以上の歳月を費やし、寛文元年(1661年)に完成したものです。

わたしがここを訪れたのは平成29年(2017年)4月9日、桜が満開の赤穂城を歩きます。


e0158128_14350645.jpg


写真は大手門太鼓橋です。

昭和30年(1955年)に復元されたものだそうです。


e0158128_14380585.jpg


その北側には、同じく昭和30年に復元された隅櫓があります。


e0158128_14390716.jpg


大手門の高麗門をくぐります。

復元だからだと思いますが、扉がありません。


e0158128_14402123.jpg


門をくぐると、石垣で枡形が形成されています。


e0158128_14414286.jpg


おそらく、往時は櫓門があったのでしょう。

発掘調査で確認された礎石位置を示す板(白い四角の部分)が地面に埋め込まれています。


e0158128_14423873.jpg


石垣は切込み接ぎですね。


e0158128_14435534.jpg


枡形虎口を進むと、奥に番所跡があります。

櫓門を通る人を検問する門番が詰める場所で、今でいえばガードマンの詰所ですね。

その右側に見えるのが、外からの写真で大手門の横にあった隅櫓。


e0158128_14444645.jpg


桜が綺麗です。


e0158128_14481281.jpg


番所を過ぎて二ノ丸へ向かう途中に、武家屋敷跡が連なります。

まず目に入るのが、近藤源八宅跡長屋門


e0158128_14540244.jpg


「長屋門」とありますが、現存している建物は長屋部分のみで、門は残っていません。

じゃあ、なんで「長屋門」なんでしょう?


e0158128_14540560.jpg


内部から見た源八長屋門です。

たぶん、最近改修されたんでしょうね。

壁も瓦も綺麗です。


e0158128_14555803.jpg
e0158128_14560263.jpg


近藤源八正憲は甲州流兵法の学者で、禄高1000石の重職を担っていました。

源八の父は赤穂城の縄張りを進めた近藤三郎左衛門正純で、源八の妻は、あの大石内蔵助良雄の叔母にあたるそうです。

浅野刃傷・赤穂藩改易時にはかなりの高齢だったと見られ、仇討ちの義盟には加わりませんでした。


e0158128_14585721.jpg


そして、こちらが大石内蔵助良雄邸長屋門です。

内蔵助については、ここで改めて説明するまでもないですよね。


e0158128_14590195.jpg


説明板によると、浅野家筆頭家老の大石家三代が57年にわたって住んでいた屋敷の正門で、主君・浅野内匠頭長矩刃傷事件を知らせる江戸からの急使がたたいたのも、この門だったそうです。


e0158128_15012103.jpg
e0158128_15012488.jpg


門の前には、「史蹟 大石良雄宅跡」と刻まれた石碑が立ちます。


e0158128_15023755.jpg


大石家の邸跡には、現在、大石神社があります。

大石神社については、平成24年(2012年)の当ブログ(赤穂四十七義士を祀る大石神社に初詣。)の稿で紹介しておりますので、今回はスルーします。


e0158128_15064010.jpg


あと、建物は存在しませんが、城跡内には多くの武家屋敷跡があります。

全部を説明していたら終わらないので、写真のみ紹介。


e0158128_15064394.jpg


四十七士の片岡源五郎右衛門宅跡。


e0158128_15101890.jpg
e0158128_15102171.jpg


同じく四十七士の間瀬久太夫正明屋敷跡。


e0158128_15133927.jpg
e0158128_15134219.jpg


こちらも四十七士の磯貝十郎左衛門屋敷跡。


e0158128_15155543.jpg
e0158128_15155873.jpg


こちらは脱落組の鈴田重八屋敷跡。


e0158128_15180145.jpg
e0158128_15180577.jpg


こちらも脱落組の田中貞四郎屋敷跡。


e0158128_15195321.jpg
e0158128_15195662.jpg


こちらは、最初から大石たちとは意見を異にしていた大野九郎兵衛屋敷跡。


e0158128_15220092.jpg
e0158128_15220479.jpg


こちらは藩医の寺井玄渓屋敷跡。


e0158128_15231834.jpg


素性がよくわからない神尾専右衛門邸跡。


e0158128_15262094.jpg


武家屋敷跡だけでずいぶん長くなっちゃいました。

最後に武家屋敷公園の桜を紹介して、「その2」に続きます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



by sakanoueno-kumo | 2019-02-13 23:23 | 兵庫の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)