人気ブログランキング |

タグ:渡邉恒夫 ( 2 ) タグの人気記事

 

ドラマ『運命の人』にみる、「国民の知る権利」の危険性。

今、『運命の人』という連続ドラマをやってますよね。
『白い巨塔』『華麗なる一族』『沈まぬ太陽』などで知られる山崎豊子氏の原作小説のドラマ化で、今から約40年前の沖縄返還密約をめぐり元新聞記者が逮捕されたという実際の事件を下敷きにした物語です。
当時、私は5歳でしたからこの事件を知るはずもなく、原作小説も読んでいないので何の予備知識もありませんが、さすがは数々の名作を世におくりだした巨匠の作品、第一話を見逃したにもかかわらずハマっております。
物語も引きこまれますが、当時の政治家さんたちを演じられる俳優さんたちのキャスティングがハマり過ぎてて笑っちゃうほどなんですよね。
田中角栄元総理をモデルとした田淵角造役の不破万作さんや大平正芳元総理をモデルとした小平正良役の柄本明さんなど、いずれも「上手いな〜」と感心してしまいますし、福田赳夫元総理をモデルとした福出武夫役の笹野高史さんなんて、はっきり言ってそのまんまですよ(笑)! 
佐藤栄作元総理をモデルとした佐橋総理役の北大路欣也さんは少々カッコよすぎる気がしないでもないですが、これは物語の役どころ上、仕方がないでしょうね(まあ、実際の佐藤栄作氏もダンディーな人でしたけどね)。

で、先日第4話を観ましたが、物語は本木雅弘さん演じる主人公の弓成記者が、外務省の機密文書漏洩に際して、真木よう子さん演じる外務省勤務の女性事務官に機密文書を持ち出すようそそのかした罪で逮捕されてしまいます。
一方その頃、弓成記者が所属する毎朝新聞社では「報道の自由を守ろう」という気運が高まり、他の新聞社も巻き込んで「国民の知る権利」をうたった一大キャンペーンが展開され、逮捕拘束中の弓成記者は一躍世論によって英雄視され、釈放に至ったとう話でした。

実際のこの事件のときもドラマのような世論だったのかは、当時5歳だった私は知るはずもありませんが、ドラマ中やたらと連呼されていた「国民の知る権利」という言葉は、私たちも記憶に新しい言葉ですよね。
そう、一昨年の尖閣諸島沖漁船衝突事件の折り、当時の菅直人内閣が公開していなかった衝突事件の一部始終が撮影された動画を、「sengoku38」なる登録名を名乗った現職の海上保安官が無断でYouTube上に投稿した、あの尖閣ビデオ流出事件の際です。
あのときの世論も「国民の知る権利」が声高にうたわれ、sengoku38氏の行動を「よくやった!」と支持するといった声が大半を締め、一躍時の人として英雄扱いされていました。
でも、当時は言うと袋叩きに合いそうな雰囲気だったので発言しませんでしたが、私は正直言って彼を英雄扱いする空気は危険極まりないと思っていましたけどね。

たしかに映像を見れば、国家機密に値するような内容だとはとても思えず、政府が何を頑なに秘匿しているのか理解に苦しむものでしたが、だからといって、政府が国家機密としているものを、国家公務員の末端の一兵卒である海上保安官が独断で公開するなどあってはならないことで、そこが崩れたら国家は成り立たなくなるんじゃないでしょうか。
「国民の知る権利」はたしかに大切ですが、その前に公務員には守らなければならない秘匿義務があり、この行動を許せば、第二第三のsengoku38氏を生むことになり、それはともすれば国家の秩序を破綻させることで、その先に見えるのは国の破滅といっても大げさではないと思えるわけで・・・。
にもかかわらず、sengoku38氏の行動は「愛国心に燃えた憂国の士だ」などと擁護され、半ば世論に負けるようなかたちで不起訴処分となり、海上保安官という職は自主退職というかたちで辞めることになったものの、その後、著書を出版したり、コメンテーターとしてテレビやラジオに出演したりと、ちょっと勘違いしていませんか?・・・と言いたくなるようなご活躍ぶりです。

このドラマの主人公のモデルである元新聞記者の西山太吉氏は、公務員でもないのに国家公務員法違反の罪を問われ、当時の国家権力によって葬り去られた人物といっていいのでしょう。
一方、本来ならば国家公務員法違反の罪を問われても仕方がなかったsengoku38こと一色正春氏は、今やまるでウィキリークスの創設者、ジュリアン・アサンジ氏のような英雄扱いです。
この違いは、この三十余年でそれだけ日本は進歩した良い国になったということでしょうか?
私には、その逆に思えてならないですけどね。

話をドラマに戻しますが、主人公の弓成記者のライバルで、大森南朋さん演じる読日新聞政治部の山部記者のモデルは、ナベツネさんこと渡邉恒夫氏だそうですね。
何ともカッコよすぎる配役ですが、あろうことか、ご本人がその人物像にクレームをつけているそうで・・・。
なんでも、料亭で政治家(田中角栄のモデル)にペコペコしながらごちそうになったり、買収される下等な「たかり記者」のように描かれていることを、そんな事実はないとして激怒しているとか。
いつものことながら、態度はデカイけど度量は小さい人ですね、このジイさんは・・・。
ムキになって怒ったほうが、かえって図星なんじゃない?・・・と思われちゃいますよ。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2012-02-09 20:42 | その他ドラマ | Trackback(1) | Comments(4)  

プロ野球開幕延期問題に激昂する。

迷走を続けていたプロ野球セ・リーグ開幕問題ですが、早々と長期延長を決定していたパ・リーグに合わせた4月12日開幕と4月中のナイター自粛で決着をみたようです。
世論や選手会の強い反発や、文部科学省からの2度にわたるナイター自粛要請に、もはや折れざるを得なかった・・・というのがセ・リーグの本音でしょう。
セ・リーグというより、巨人=ナベツネさんといったほうが正しいでしょうか?
いつまでこの爺さんに振り回されているんでしょうね・・・プロ野球界は。

今回の騒動で、またファンのプロ野球離れが増すことでしょう。
今日まで当ブログではずっと発言を控えてきましたが、結論が出たということで、一プロ野球ファンとして今日は言いたいことをいわせてもらいます。
そもそも、この結論に達さざるを得ないことは、火を見るより明らかだったじゃないですか。
セ・リーグは“バカ揃い”ですか?
「私は野球に誇りを持っている。野球をやることは不謹慎だとは思わない。」といった内容のことを、迷走中のコミッショナーが発言してましたね。
誰も野球が不謹慎だとは言ってないじゃないですか!
“今はちょっと待て”と言ってるだけでしょうが!
コミッショナーがそんな的はずれなこと言ってるから、野球好きの人間がみんな“野球バカ”なんて言葉で白眼視されるんですよ。
「批判は甘んじて受ける。」なんてこともコミッショナーが言ってましたが、あんたが批判を受けるべきなのは国民からじゃなくて、各球団のオーナーたちからでしょうが!
それぞれの思惑でものを言う各球団経営者に対して、正論を以て一刀両断するのがコミッショナーの仕事であって、球団オーナーの顔色伺いしかできないコミッショナーなんて、職責を放棄しているとしか思えません。
何が「野球に誇りを持っている」ですか・・・誇りを持つなら、コミッショナーという職務に誇りを持ってください。

そして、もうひとりのプロ野球界の癌、ナベツネさんこと渡邉恒雄氏。
「計画停電地域外ならやってもいい。」なんて言ってましたが、東日本すべてが“節電”を余儀なくされている状況下で、仮にも読売新聞主筆という立場の人間が、こんな発言をしていいんですか?
同新聞社の末端で働く記者さんたちは、この発言をどう思ってるのでしょう?
自分たちが書いてる“節電”の記事を否定している発言ですよ!
社員一同、声を大にして抗議すべきなんじゃないですか?

これでまた、ジャイアンツの人気低迷に拍車をかけるでしょうね。
もともとアンチ巨人の私にとってはどうでもいいことですが、そもそも、巨人の人気が下降した要因のひとつに、東北楽天北海道日ハムが出来たことによって、それまで圧倒的に巨人ファンが多かった同地方の野球ファンたちが巨人離れをしていった、という理由もあったはずです。
ジャイアンツの経営陣にしてみれば、パ・リーグのチームが何処に行こうが、巨人の人気に影響はないといった“おごり”があったのでしょう。
今回もナベツネさんは、「パ・リーグが開幕延期をするのならやらせておけばいい」なんて暴言を吐いたそうですが、いつまで巨人中心の頭の構造でいるんでしょうね。
今回の騒動で、また東北のファンを失いましたよ!
ナベツネ爺さんのやってることは、国民感情を逆撫でするばかりか、あんたの可愛い読売ジャイアンツを失墜させる行為だということがわからないんですかね。
だいたいナベツネさん、あんた一度は球団経営を退いてたんじゃないんですか?
いつ戻ってきたんですか?
もういい加減ジャイアンツも、ナベツネ離れしたらどうですか?
日本プロ野球界にとってナベツネさんは、もはや“老獪”を通り越して“老害”でしかありません。

今回の騒動について、読売新聞報知新聞は、ほとんど報じてなかったようですね。
テレビを観ても、ほとんどの局が世論に同調していたのに対し、日テレだけは中立的な発言を繰り返していたようです。
ああいうのを見ると、マスコミというものが、いかに鵜呑みに出来ないものか、ということがわかりますね。
本来、報道は国民の側を向いていなければならないもののはずなんですが、実はまったく違う方向を向いて報じているというのが、よくわかります。
まあ、そんなことは今回の騒動に限らず誰もがわかっていることでしょうが、この非常事態の今は、被災者被災地の方を向いた報道をしなければならないときじゃないんですか?

一昨日よりセンバツ高校野球大会が始まりました。
こちらについても開催するか否かの議論がギリギリまで交わされていたようですが、私は高校野球に関しては開催できて良かったと思います。
本当は、そのことについても述べたかったのですが、プロ野球の話をしているうちに激昂してしまい、既にかなりの行数を費やしてしまったので、その話はまたの機会にします。

結局、4月12日開幕という、治まるところに落ち着いたプロ野球開幕延期問題
どのみち延期は避けられなかったことを思えば、当初からセ・パ両リーグが足並み揃えて決断していれば、何の問題もなかったばかりか、むしろ英断に賞賛の声さえあがったかもしれません。
時、既に遅し。
プロ野球界は、今回の騒動で失墜したイメージを、どう挽回するのでしょうか。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000125-jij-pol

by sakanoueno-kumo | 2011-03-25 22:33 | プロ野球 | Trackback | Comments(5)