人気ブログランキング |

タグ:田中光顕 ( 4 ) タグの人気記事

 

天誅組の足跡を訪ねて。 その1 「堺旧港」

幕末には、新選組、見廻組、誠忠組、新徴組など、「○○組」と称する団体がいくつかありましたが、その性格は様々で、警備組織もあれば政党もあり、武装集団もあれば思想集団もありました。

そんななか、政党であり思想集団であり武装集団でもあるという複数の性格を持ちながら、最も短命に終わった組織がありました。

天誅組です。

彼らは、幕末史のなかのわずか1ヶ月ほどの短い間に、一瞬の花火のように炸裂して散っていきます。

そんな天誅組の足跡を辿ってみました。


e0158128_14034267.jpg


嘉永6年(1853年)の黒船来航以来、活発化していった尊皇攘夷運動は、文久3年(1863年)の前半期には最高潮に達し、その急先鋒の長州藩士をはじめとする全国各地から集結した尊皇攘夷派が、京の政局を握っていました。

彼らは孝明天皇(第121代天皇)を大和行幸させ、神武天皇陵(現在の橿原神宮)と春日神社に詣でて攘夷を宣言させるという計画をたてます。

これにもし幕府が抵抗すれば、将軍を追放し、天皇を擁して討幕戦に持ち込もうという過激な狙いでもありました。

そして、文久3年8月13日(1863年9月25日)、天皇の大和行幸が正式に朝議で決まると、機をうかがっていた討幕急進派の公家の中山忠光、土佐脱藩浪士の吉村寅太郎、岡山脱藩浪士の藤本鉄石、刈谷脱藩浪士の松本奎堂らが皇軍の先鋒となるため、翌14日に京都を発ち、大和国を目指します。

これが天誅組です。


e0158128_14034676.jpg


天誅組の面々は長州下関へ下る勅使と偽って大坂から海路でへ向かいます。

そして15日、堺港に上陸しました。

現在、その上陸の地を示す石碑が、堺市内に建てられています。


e0158128_14034914.jpg


手前の小さな石碑には、「天誅組義士上陸蹟」と刻まれています。


e0158128_14035381.jpg


後ろには大きな顕彰碑が。

昭和11年(1936年)に建てられたものだそうで、扁額は伯爵・田中光顕の揮毫だそうです。

田中は土佐勤王党出身で、あの坂本龍馬中岡慎太郎が襲撃された現場に最初に駆けつけた人物です。

天誅組には土佐勤皇党の同志が大勢参加していましたから、田中が揮毫したのでしょうね。

幕末の土佐系の石碑の建立事業には、だいたい田中が関わっています。


e0158128_14065491.jpg


真夜中過ぎに堺港へ到着した天誅組は、旭橋東詰から上陸すると2軒の旅館に分かれて休息し、朝、狭山へ向かって西高野街道を進軍したとあります。


e0158128_14065863.jpg


天誅組上陸地碑の隣には、慶応4年2月15日(1868年3月8日)に起きた堺事件発祥地碑が並んで建ちます。

堺事件とは、この地に上陸したフランス軍艦の兵士11名を、当時、堺の警護にあたっていた土佐藩士が殺傷するという事件で、フランス政府からの要求で、土佐藩士11名が切腹しました。

この話は、また別の機会に触れることにしましょう。


「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。





ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-09-18 02:14 | 天誅組の足跡を訪ねて | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その77 「陸援隊屯所跡」

中岡慎太郎が組織した陸援隊屯所があったとされる場所にやってきました。

現在その場所は京都大学の農学部や理学部がある北部構内の敷地になっています。

先日、京都大学の学生が交差点でこたつに座って逮捕されるという意味不明な事件がありましたが、あのすぐ近くです。


e0158128_17214451.jpg


残念ながら石碑などは建てられていません。

写真は大学の校門周りの風景で、当時を偲ぶようなものは何も残っていません。


e0158128_17214774.jpg


陸援隊は中岡の同志・坂本龍馬が組織した海援隊に呼応するかたちで発足し、中岡を隊長として総員70人ほどだったといいます。

ただ、龍馬の海援隊は海軍という顔と商社という側面を持っていたのに対し、中岡の陸援隊は、あくまで討幕を見据えた軍隊でした。

なので、海援隊のように団体としての収入があったわけではありません。

元々この場所は、河原町の土佐藩邸手狭になったために第二藩邸として建てられた場所で、慶応3年(1867年)6月、ここに陸援隊を駐屯させ、いざというときの遊軍として備えました。

食事は河原町の土佐藩邸から支給されていたそうです。

でも、河原町の藩邸からは4kmほど距離があります。

いざというときの部隊としては、いささか離れすぎだったんじゃないでしょうか。

龍馬と中岡が近江屋で襲撃されたとき、第一発見者の峯吉は、ここまで裸馬に乗って報せにきたといいますが、近くに土佐藩邸があったのに、なぜ、こんな遠くまで来なければならなかったのかがわかりません。


e0158128_17215254.jpg


キャンパスの一角にある地蔵堂です。

これは、大正10年ごろにここに大学の地質学教室を建てる工事中、地中から、高さ30cmぐらいの石地蔵50体以上も掘り出されたそうで、その後、ここに祀られたそうです。

陸援隊の屯所だったときは、地中に眠っていた地蔵ということですね。


e0158128_17215506.jpg


中岡の死後、陸援隊は田中光顕、谷干城らが指導し、官軍挙兵後は高野山で紀州藩兵を牽制するなどの働きをしますが、明治維新後は御親兵に吸収されました。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-06-17 01:07 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その23 「坂本龍馬寓居之跡(酢屋)」

坂本龍馬中岡慎太郎が襲撃された近江屋跡の石碑から北へ300mほど上って東に入ったところに、「坂本龍馬寓居之趾」と刻まれた石碑があります。

ここは酢屋嘉兵衛という享保6年(1721年)から現在まで290年続く材木商で、今なお営業されています。


e0158128_17080079.jpg


慶応3年(1867)6月、龍馬は「船中八策」を発案したとされる長崎からの船旅後、ここ酢屋に身を寄せたと伝わります。

以後、同年10月まで龍馬はここを定宿とし、ここを拠点に大政奉還に向けて策を練り、政治活動に奔走しました。


e0158128_17080461.jpg


6月24日には、故郷の乙女姉に宛てた手紙のなかで、ここ酢屋に投宿している旨を伝えています。

記録では、10月にここから暗殺された近江屋に移ったとされていますが、10月13日の大政奉還が成立したとする後藤象二郎からの報せは、あるいはここ酢屋で受け取ったかもしれません。


e0158128_17080783.jpg


龍馬は、酢屋の家の人たちから「才谷さん」と呼ばれ、2階の表西側の部屋で寝泊まりしていたそうです。

当時、龍馬は2階の出格子から向かいの舟入に向けてピストルの試し撃ちをしていたというエピソードも残っています。

そんな派手なことやってるから、居場所をすぐにつきとめられるんですよね。

現在、その2階には龍馬の部屋が再現されて「ギャラリー龍馬」となっていますが、撮影禁止だったため、写真で紹介することはできません。


e0158128_17081135.jpg


龍馬はここに滞在期間、この家を海援隊京都本部とし、陸奥陽之助(宗光)長岡謙吉などの隊士たちが、ここ酢屋に投宿していました。

龍馬が暗殺された直後、陸奥らは龍馬暗殺の黒幕「いろは丸事件」で恨みを買った紀州藩だと思い込み、その仇討ちとして紀州藩士三浦休太郎を襲撃した「天満屋事件」を起こしますが、その打ち合わせが行われたもの、ここ酢屋の2階だったといいます。

維新後、陸奥はこの家を訪れるたびに、当時を偲んで感慨にむせんだと言われています。


e0158128_17081465.jpg


龍馬の死から66年経った昭和8年(1933年)8代目酢屋嘉兵衛が店改築工事を行った際に、屋根裏の梁の上から「海援隊日記」「異国船渡来日記」などが発見されました。

海援隊日記には、龍馬が暗殺された慶応3年11月15日(1867年12月9日)から慎太郎が死去した17日までの記録が記され、また、龍馬暗殺の犯人に関する情報集めに隊士たちが奔走する様子が細かく書かれており、後世の貴重な史料となっています。

このとき91歳で存命だった元陸援隊副隊長田中光顕伯爵は、この日誌を「涙痕帳」と名付けました。

田中光顕は、龍馬たちが襲撃されたとき、その現場に駆けつけて重傷の慎太郎から経緯を聞いた人です。


e0158128_17081883.jpg


2階の部屋はギャラリーとしてきれいに改装されていましたが、天井を見上げると、だけは当時のままでした。

その梁を見ながら、龍馬もこの部屋に寝転び、あの梁を見ながら新政府案を練ったのかもしれないと思い、テンションが上っちゃいました。

写真で伝えられないのが残念。



「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-03-30 00:55 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

坂本龍馬 没後150年の命日に思う。

坂本龍馬暗殺されたのは、慶応3年11月15日(1867年12月10日)。

つまり、今日が150回目の命日にあたります。

約1年前になりますが、京都国立博物館で行われていた「特別展覧会 没後150年 坂本龍馬」に行ってきました。

その後、今年に入って、長崎、東京、静岡で同じ展覧会が行われていたそうですね。

残念ながら展示品は撮影禁止のため紹介できませんが、130通余り残されている龍馬直筆の手紙や、愛用した北辰一刀流の目録など、なかなか見ごたえがありました。

龍馬の手紙は本にもなっているので、有名なものはこれまで何度も読んで知っていたのですが、やはり、実物で読むとさらに引き込まれましたね。

この日、午後1時から6時半過ぎまで、6時間近く展示品に見入っていました。


e0158128_14015807.jpg

龍馬が殺された150年前の今日は、朝からだったといいます。

前日から龍馬は風邪気味だったため、それまで潜んでいた近江屋のはなれの土蔵から、母屋の2階に移っていました。

そこに夕刻、中岡慎太郎が訪ねてきます。

このとき近江屋2階には、龍馬の下僕・藤吉と、書店菊屋の息子・峯吉がいました。

やがて土佐藩下横目の岡本健三郎も訪れますが、しばらく雑談を交わしたのち、龍馬が峯吉に「腹がすいたから軍鶏を買ってこい」と命じると、岡本も峯吉と一緒に部屋をでました。

峯吉が軍鶏を買い戻ってくるまでの時間がおよそ20~30分

その間に事件は起きました。


e0158128_14085085.jpg

午後9時過ぎ、数人の武士が近江屋を訪れます。

入口を叩く音に藤吉が応対に出ると、「拙者は十津川の者、坂本先生ご在宿ならば、御意を得たい。」と、名刺を差し出しました。

十津川郷士には龍馬も慎太郎も知己が多いので、藤吉は特に怪しむことなく龍馬に名刺を渡し、部屋から戻ってきたところを尾行していた3人の男のうちのひとりが斬りつけます。

その物音を聞いた龍馬は、藤吉が客人とふざけていると思い、奥から「ほたえな!」大喝しました。

この声で、刺客たちは龍馬の所在を知ります。

そして藤吉の持ってきた名刺を眺めていた龍馬と慎太郎のところへ、電光石火の如く飛び込んできた刺客2名は、あっという間もなく龍馬たちに斬りかかりました。

そのひとりが「こなくそ!」と叫んで慎太郎の後頭部を斬り、もうひとりは龍馬の前額部を横にはらいます。

龍馬は床の間に置いてあった刀を取ろうと身をひねったところを、右肩先から左背骨への二の太刀を受けます。

続いての三の太刀は立ち上がりざまで受け止めるも、鞘を割られ、刀身を削り、その勢いでまたも龍馬の前額はなぎはらわれます。

脳漿が吹き出すほどの重傷をうけた龍馬は、そのまま倒れました。

慎太郎も刀を屏風の後ろに置いてあったため、短刀を抜き応戦したものの、龍馬以上に数創の太刀を受けて倒れます。

刺客たちは止めの太刀を入れることなく、「もうよい、もうよい」との言葉を残して立ち去りました。

この刺客たちの、ほとんど間髪を入れない技に、腕には覚えのあった龍馬も慎太郎も、完全に立ち向かうすきがありませんでした。


e0158128_14132507.jpg

龍馬は間もなく正気を取り戻し、刀を抜いて行灯に照らしながら無念げに慎太郎に向かって「石川(慎太郎の変名)、手はきくか。」とたずねたといいます。

慎太郎が「手はきく」と答えるのを聞きながし、行灯をさげて隣の六畳間へにじり寄り、階段上から家人を呼んで医者を求めましたが、そのときは既に精根が尽きていました。

「俺は脳をやられた。もういかん。」とかすかに呟くと、うつぶしたまま龍馬は絶命しました。

その血は欄干から下の座敷までしたたり落ちていたといいます。

坂本龍馬、享年33歳。

奇しくもこの日、龍馬の33回目の誕生日でした。


e0158128_14151650.jpg

慎太郎は蘇生し、2日間生き延び、一時は焼き飯を食べるほどの元気を取り戻していたといいますが、その後、容態は悪化し、17日に死去します。

中岡慎太郎、享年30歳。

現在に伝わる襲撃時の様子は、蘇生した慎太郎が語ったものだといわれています。

ただ、私的には、これを慎太郎が語ったということについては懐疑的です。

自らも襲われて瀕死の重症を負っていた慎太郎としては、あまりにも克明過ぎる。

龍馬はまず初太刀で横なぎに斬られて、床の間に置いていた刀を取ろうとした際に背中を斬られ、刀を手にしてごと相手の太刀を受け止めるも、そのまま額に太刀を受け、これが致命傷となって死んだ・・と。

自分も襲われているのに、そんなに詳しく観察できるものでしょうか?

誰か別の人間が語ったものでは?

このあたりに、諸説ある龍馬暗殺の謎が隠されているような気がします。


e0158128_14233606.jpg

上の写真は展示会場を出たときに撮影したもの。

展示品に見入ってしまい、気がつけば外は夜になっていました。

下の写真は、展示会場で購入した没後150年の図録です。


e0158128_14233286.jpg

龍馬、慎太郎が凶刃に倒れてから今日で150年が経ちました。

ちなみに、不肖わたくし、今年50歳。

龍馬没後100年の年に生まれました。

わたしが生まれたときには、龍馬たちが殺されたときに既に生まれていた人が、まだたくさんこの世にいたんですね。

わたしの父は昭和5年(1930年)生まれ、わたしの母は昭和13年(1938年)生まれですが、龍馬たちと共に土佐勤王党に参加していた田中光顕という人物は、昭和14年(1939年)まで生きています。

田中光顕は慎太郎の陸援隊の幹部で、龍馬たちが襲撃されたとき、その現場に駆けつけて重傷の慎太郎から経緯を聞いた人です。

わたしの父や母が生まれた頃には、まだそんな人物が生きていたわけで、そう考えると、龍馬たちの時代って、そんなに昔ではないんですよね。


e0158128_14234047.jpg

上の写真は京都東山にある龍馬と慎太郎の墓所です。
毎年11月15日には、ここで坂本龍馬命日祭が行われていますが、
今年は150回忌の法要ですから、さぞかし盛大に行われるのでしょうね。


さて、次稿では、没後150年の節目ということで、改めて暗殺犯の諸説を考えてみたいと思います。






ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-11-15 00:06 | 歴史考察 | Trackback | Comments(4)