タグ:篤姫(天璋院) ( 12 ) タグの人気記事

 

幕末京都逍遥 その59 「近衛邸跡(京都御苑)」

京都御苑の北西の端にある、「近衛邸跡」を訪れました。

近衛家は藤原氏の流れをくむ藤原北家近衛流の嫡流にあたり、五摂家(近衛、鷹司、九条、一条、二条)のひとつです。

「幕末」と呼ばれる時代の当主は近衛忠煕で、前稿で紹介した九条尚忠のあと、関白に就任します。


e0158128_15111342.jpg


幕府第13代将軍・徳川家定の正室となった天璋院篤姫は、近衛忠煕の養女となったあと、徳川家に嫁ぎました。

篤姫は薩摩藩島津家の分家・今和泉島津家の出身で、将軍家に嫁ぐため、まずは本家で薩摩藩主の島津斉彬の養女となり、名を源篤子と改め、その後、江戸に向かう途中に京都に立ち寄り、近衛忠煕の養女となって、名を藤原敬子と改めます(この際、の名は君号となり、篤君(あつぎみ)となりました)。


e0158128_15111779.jpg


篤姫が忠煕の養女となったのは、忠煕の正室が斉彬の姉・郁姫だった縁からでした。

篤姫が京都に滞在したのは1週間ほどだったといいますが、たぶん、ここ近衛邸に滞在したのでしょうね。

ちなみに、篤姫の教育係で知られる幾島は、もとは忠煕の正室・郁姫付きの上臈だった女性で、ここ近衛邸で共に暮らしていました。


e0158128_15115526.jpg


近衛忠煕は安政4年(1857年)に左大臣となりますが、将軍継嗣問題一橋派に属し、戊午の密勅のために献策したため、「安政の大獄」により失脚し、落飾して謹慎に追い込まれます。

その後、復帰して関白に就任しますが、翌年に辞職し、以後は孫の養育に専念し、明治31年(1898年)、90歳まで長寿します。


e0158128_15120004.jpg
e0158128_15120363.jpg


近衛邸跡にある池の畔には、「糸桜」と呼ばれる樹齢60年の枝垂れ桜があります。

ここを訪れたのは7月だったので、桜の写真はありません。

きっと綺麗なんでしょうね。



「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-05-22 23:45 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(2)  

西郷どん 第13話「変わらない友」 ~篤姫の輿入れと大久保利通の熊本行き~

e0158128_20010581.jpg安政の大地震などによって先送りになっていた篤姫将軍家輿入れがようやく決定したのは安政3年(1856年)2月のことでしたが、このとき、島津斉彬の命で篤姫の嫁入り道具の調達にあたったのが、西郷吉之助(隆盛)でした。その内容は、箪笥長持、挟箱、櫛、髪飾りなど姫君の嫁入り道具全般に及び、文字通り金に糸目を付けない方針で、西郷自身が店の暖簾をくぐって店との交渉も行ったといいます。現在、残っている書状などを読むと、このときの西郷がいかに花嫁道具の調達に腐心していたかが窺えます。その苦労の甲斐あってか、自身は貧乏な家庭に育ちながら、高価な貴重品の鑑識眼を身につけることになったといいます。


 この嫁入り道具調達のエピソードと、後年の江戸城無血開城に至る嘆願書の話の2つが、西郷と篤姫の接点を史料で確認できる数少ない史実です。つまり、それ以外はすべてフィクションということになります。ところが、今回のドラマでは、その2人の関係を濃厚に描いてきていたので(前話ではラブシーンまで)、きっと、この嫁入り道具調達のエピもたっぷり尺をとって描くのかなぁと思っていたのですが、意外にもあっさり流していましたね。まあ、嫁入り道具を買い集める姿を多く描いても物語上意味がないといわれればそうなんですが、西郷と篤姫の関係をここまでフィーチャーしてきたことを思えば、この数少ない史実エピをもう少し丁寧に描いてもよかったのではないかと。


 西郷が調達した豪華絢爛な品々を携えた篤姫の長大な輿入れ行列は、先頭が江戸城内に到着しても最後尾は依然、渋谷の薩摩藩邸にいたといい、すべてが江戸城に入るのに6、7日間ほどもかかったといいますから、驚くよりほかありません。


e0158128_17375658.jpg 翌年の安政4年5月24日(1857年6月15日)、西郷は約3年4ヶ月ぶりに薩摩に帰国しました。しかし、そのわずか半年後の11月1日(12月16日)には、斉彬の命によって再び江戸に向かうことになります。このとき、同志の大久保正助(利通)が熊本まで同行したという話は史実です。物語では、その大久保の熊本行きを斉彬に進言したことで、逆に大久保の自尊心を逆撫でしてしまうという話でしたね。実際には、このときのふたりの役付けは同じなんですが、斉彬の腹心として江戸、京都と国事に奔走していた西郷に対して、大久保はまだ薩摩を一歩も出たことがなく、あるいは、ドラマのように多少の劣等感を抱いていたかもしれません。また、同格といっても、西郷が徒目付に昇進したのは同年10月1日(11月17日)で、大久保が昇進したのはその1ヶ月後の11月1日(12月16日)。まさに、熊本に向けて出発する当日のことでした。あるいは、ドラマのように西郷の口利きがあったのかもしれませんね。


 たしか10年前の大河ドラマ『篤姫』でも、似たようなシーンが描かれていました。熊本を訪れた西郷と大久保が肥後熊本藩家老の長岡監物と面会するのですが、そこで、西郷と監物との間で内密な話が始まると、西郷が大久保に座を外してほしいと頼み、その言葉に大久保は屈辱を味わうというもの。実際にこのようなことがあったかどうかはわかりませんが、ふたりが長岡監物と面会したのは史実で、このときのことを監物は他者に宛てた書簡に記しています。しかし、そこにあるのは西郷の名だけで、大久保の名はまったく出てきません。監物から見れば、まだ無名だった大久保は西郷の付き人程度にしか思えなかったのかもしれません。そういうものは態度に出るでしょうから、このとき大久保は、西郷との大きな差を実感したでしょうね。


 ただ、後年のそれが示すとおり、大久保という人は、逆境を逆境と思わない強靭な精神力と粘り強さを持った人物です。このときの屈辱は、のちの大久保利通を形成する大きなバネになったのではないでしょうか。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



by sakanoueno-kumo | 2018-04-10 17:42 | 西郷どん | Trackback | Comments(0)  

西郷どん 第12話「運の強き姫君」 ~篤姫の輿入れ難航~

 やはり、今回も篤姫の将軍家輿入れは一橋慶喜次期将軍に推すための密使の役目という設定でしたね。第10話の稿でも述べましたが、この縁談は、島津斉彬が慶喜の将軍継嗣を実現するために仕組んだ謀だったとの説があります。病弱で言動も定かではなかったといわれる(一説には、脳性麻痺だったとも)第13代将軍・徳川家定を、篤姫が御台所としてうまく操り、また、御台所の父という立場で斉彬自身も発言力を高め、将軍継嗣問題を有利に運ぼうとしたという推論です。10年前の大河ドラマ『篤姫』でも、この説が採られていましたね。


e0158128_20010581.jpg ところが、現在ではその説はほぼ否定されています。というのも、そもそも篤姫の輿入れの案が出たのは将軍継嗣問題が生じる前のことで、それも、この縁談を持ちかけたのは島津家からではなく、幕府側からだったといいます。その理由は、将軍家の御台所に島津家から輿入れした実績が過去にもあり、しかも、その御台所が健康子沢山に恵まれたことから、これにあやかろうとしたというのが定説となっています。とすれば、幕府も大奥も、健康な正室を迎えて世継ぎの誕生を期待したということになりますから、家定が本当に子供を作ることができない人物だったのかも、疑問となりますよね。10年前の堺家定は、うつけ者を装った賢者でしたが、今回の又吉家定は、どんな設定なのか楽しみですね。


嘉永6年8月21日(1853年9月23日)に鹿児島を発って江戸藩邸入りした篤姫でしたが、およそ3年近くもの長い間、縁談は進みませんでした。理由はいくつか考えられますが、まず、篤姫が鹿児島を発ったのは黒船来航からわずか2ヶ月後のことであり、国内情勢がそれどころではなかったという背景もあったと思われます。また、過去に実績があるとはいえ、外様大名の島津家からの輿入れに異を唱える勢力も少なくはなかったでしょう。とりわけ、将軍継嗣問題で対立する紀州派は、斉彬の発言力が高まるような縁談には激しく抵抗していたに違いありません。


e0158128_21441368.jpg さらに、篤姫の出自の問題もありました。斉彬の養女になったとはいえ、元は分家の出家格が違いすぎました。ここにいちばんこだわったのは、家定の生母である本寿院だったといいます。分家の娘であるなら側室で十分だというんですね。しかし、斉彬としては、側室としての輿入れは到底受け入れられません。そこで、ここからは次週のネタバレになっちゃいますが、朝廷にはたらきかけて篤姫を右大臣・近衛忠煕養女とすることにし、近衛家からの輿入れというで、暗礁に乗り上げていた縁談がようやく整います。近衛家には斉彬の姉・郁姫が嫁いでおり、その縁で成立した養子縁組でした。


 その郁姫付きの上臈として近衛家にいたのが、幾島でした。ドラマでは、篤姫が江戸屋敷に入ったときから教育係として呼び寄せられていましたが、おそらく、幾島が篤姫付きとなったのは、この養子縁組からだったんじゃないでしょうか。このとき、すでに郁姫は亡くなっており、出家して忠煕に仕えながら郁姫の菩提を弔っていましたが、篤姫の輿入れが決まると、名を「幾島」と改めて(郁姫付きのときは「藤田」と名乗っていた)、大奥に入るまでは篤姫の教育係を、そして大奥に入ってからは御年寄として篤姫を支えていくことになるんですね。そして、西郷吉之助(隆盛)とも、少なからず関わりを持つことになります。


「私は不幸になっても構いません」

「お父上のためなら、篤は喜んで不幸になります。この命、ただ幸せになるためだけにあるのではございません」


 この健気さ。切ないですね。斉彬から真実を明かされたときの目、たまんなかったです。ここで終わってれば良かったんですけどね。そのあとの西郷とのラブシーンはいらなかったなぁ。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



by sakanoueno-kumo | 2018-03-26 21:47 | 西郷どん | Trackback | Comments(2)  

西郷どん 第10話「篤姫はどこへ」 ~篤姫の輿入れと将軍継嗣問題~

 篤姫輿入れ先が明らかになりましたね。幕末ファン、大河ドラマファンの方々にとっては言うまでもないことだと思いますが、島津斉彬の養女となった篤姫の輿入れ先は、江戸幕府第13代将軍・徳川家定正室でした。外様大名の分家の娘が、一国のファーストレディーになるというのですから、当時としては、ちょっとしたシンデレラストーリーだったことでしょう。その篤姫の輿入れに西郷吉之助(隆盛)も深く関わることになるのですが、それは、もう少し先のことになります。


e0158128_20010581.jpg この縁談に関しては、昔から斉彬が一橋慶喜(のちの徳川慶喜)の将軍継嗣を実現するために仕組んだとの説があります。第13代将軍の家定は病弱で言動も定かではなかったといわれ(一説には、脳性麻痺だったとも)、政務を満足に行える人ではなかったといいます。折しも世情は黒船来航後の混乱の時代を迎えており、大事に対応できる有能な指導者を必要としていました。そこで斉彬たちが期待を寄せたのが、英明との誉れ高かった慶喜でした。ドラマのヒー様です。そのヒー様の次期将軍擁立を推していたのは、斉彬をはじめ、越前福井藩主の松平慶永(春嶽)や水戸の徳川斉昭などの開明派と呼ばれる有力諸侯でした。


これに対して、保守的な譜代大名たちは、家定に血筋が近い紀伊の徳川慶福(のちの徳川家茂)を擁立しようとします。ここに次期将軍の座を巡る派閥が生まれ、前者を一橋派、後者を南紀派と呼ぶようになります。その一橋派の筆頭が斉彬で、南紀派の筆頭が、のちに大老となる彦根藩主・井伊直弼でした。しかし、井伊家は代々幕府大老を排出してきた譜代大名であるのに対し、島津家は、77万石を誇る大大名とはいえ、末席に位置する外様大名という立場に過ぎません。そこで、斉彬は篤姫の輿入れを画策したというんですね。すなわち、篤姫を将軍家に輿入れさせることで、その義父という立場で自身の発言力を高め、慶喜の次期将軍を実現させようと考えたという説です。なるほど、説得力のある話です。今話のラストシーンの斉彬と西郷の会話から見ても、たぶん、今回もその説をベースに描かれるのでしょうね。


 しかし、歴史家さんたちの間では、現在ではその説はほぼ否定されています。というのも、そもそも篤姫の輿入れの案が出たのは、将軍継嗣問題が生じる前のことでした。それも、この縁談を持ちかけたのは島津家からではなく、幕府側からだったといいます。その理由はいくつかありますが、まず、将軍家と島津家がすでに姻戚関係にあったということ。薩摩藩第5代藩主・島津継豊に幕府第8代将軍・徳川吉宗の養女・竹姫が輿入れし、その竹姫の孫にあたる薩摩藩第8代藩主・島津重豪の三女・茂姫(のちの広大院)が、幕府第11代将軍・徳川家斉の正室として輿入れしたという実績がありました。つまり、篤姫の縁組以前から、将軍家と島津家は深い結び付きがあったわけです。これは、外様大名としては例のないことでした。


e0158128_00524727.jpg また、その茂姫が、健康長寿だったことも大きな理由だったと考えられます。茂姫は50年近くも大奥・御台所の地位にあり、しかも、子沢山に恵まれました。彼女の血を引く大名や大名夫人が全国に15人もいて、しかもそれらの面々が皆、元気長寿だったといいます。幕府は、これにあやかろうとしたというんですね。あまり知られていませんが、家定は篤姫を正室として迎える前に、公家出身の女性を二度、娶っていましたが、ふたりとも若くして亡くなっていました。そこで幕府は、3人目の正室は、公家出身ではなく武家出身の女性を求めたとも言われます。そこで白羽の矢が立ったのが、健康で子沢山だった茂姫の実家、島津家だったわけです。つまり、この縁談を欲したのは、徳川家のほうだったんですね。


 もっとも、島津家にとっても、この縁談は大いにメリットがありました。茂姫の死後、家格が低下していた島津家の地位を復活させる意味でも、この縁談は願ったり叶ったりだったでしょう。また、斉彬と懇意だったといわれる幕府老中首座・阿部正弘の意向もあったでしょうね。阿部正弘は斉彬を始めとする有能な諸侯の意見を積極的の取り入れたいという方針の持ち主でした。その対策として、島津家との縁組を画策したとも考えられます。いずれにせよ、将軍継嗣問題は別にしても、篤姫の輿入れは、島津家にとって政治だったことは間違いないでしょう。


 ちなみに余談ですが、ヒー様こと慶喜役松田翔太さんは、10年前の大河ドラマ『篤姫』では、政敵の南紀派が擁立する家茂役でしたね。慶喜、家茂の両方を演じた俳優さんは、松田翔太さんが初めてなんじゃないでしょうか。だからどうということはないのですが。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



by sakanoueno-kumo | 2018-03-12 00:54 | 西郷どん | Trackback | Comments(6)  

西郷どん 第5話「相撲じゃ! 相撲じゃ!」 ~斉彬藩主就任~

e0158128_20010110.jpg

 嘉永4年(1850年)2月、43歳にして島津斉彬がようやく藩主の座に就くと、斉彬の藩主就任を待ち望んでいた勢力は、お由羅騒動で前藩主・島津斉興より不当な処分を受けた者たちの赦免を期待しました。しかし、斉彬は斉興時代の重臣たちを罷免することなく、また、処分を受けた斉彬派の赦免も行いませんでした。あくまで藩内融和を第一としたわけですね。これは賢明な斉彬なら当然の策で、ここで前政権の重臣たちを一掃してしまえば、また新たな遺恨を生み、さらなるお家騒動に繋がりかねません。斉彬はそこを見越したのでしょう。

 また、斉彬自身も、藩主就任に至るまでの経緯では相当裏工作を行っています。密貿易の情報をリークして調所笑左衛門広郷を死に追いやったり、幕府主席老中の阿部正弘に手を回して斉興に圧力をかけたり、決して品行方正ではありませんでした。当然、斉興派もある程度それを見抜いていたでしょうから、それらの口を封じるためにも、懐柔策が必要だったんですね。人事は重要な政治です。


 もっとも、赦免を期待していた斉彬派にしてみれば、納得できないのは当然だったでしょう。彼らにしてみれば、斉彬を藩主にするために力を尽くし、その結果、不遇の身となったわけで、斉彬が手を差し伸べてくれなければ浮かばれません。天性正義を好み、姦悪を憎むことの強い西郷吉之助(隆盛)も、憤激して建白書を提出したといいます。もっとも、相撲大会で優勝はしていません。ってか、なぜ斉彬に直訴するのに相撲大会で優勝しなければならないのかがわかりません(笑)。


e0158128_20010581.jpg

 思いのほか早く篤姫が出てきましたね。もっとも、「篤姫」と称するようになるのは斉彬の養女となってからで、ドラマのことときより2年後のことです。彼女は島津氏の一門の今和泉家に生まれ、幼名は「於一」といいました。平成20年(2008年)の大河ドラマ『篤姫』では、於一を「おかつ」と読ませていましたが、今回は「おいち」と呼んでいましたね。どちらが正しいのかはわかりませんが、最近では「おいち」の方が有力のようです。於一はこの2年後に斉彬の養女となって篤子(あつこ)となり、その後、徳川将軍家に嫁ぐために右大臣・近衛忠煕の養女となって敬子(すみこ)と名乗り、将軍・徳川家定の死後は落飾して天璋院と名乗ります。

 ちなみに、嘉永4年(1850年)のこの時期、於一は数えで15歳。いまでいえば中学2年生です。相撲観戦の際にお菓子を賭けていた隣の姫はまぎれもなく10代半ばに見えましたが、於一は・・・。まあ、綺麗だったので許しましょう(笑)。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-02-05 20:06 | 西郷どん | Trackback(1) | Comments(0)  

篤姫~名語録~その4

残念ながら総集編は仕事が忙しくまだ見れていません。
正月休みにゆっくり見ようと思っています。

名言その4は、最終回、49歳になった篤姫が言った最後の言葉。
「この世に意味のないものなど一つもございませんからな。」と言った勝海舟に対して、
「そうじゃの。人は皆それぞれ"使命"、果たさなければならないものを持って生まれて来るのじゃからの。」

志半ばで病没した島津斉彬、攘夷派の反感を一身に浴びて討たれた井伊直弼、新しい日本を目の前にして逝った坂本龍馬、明治政府に順応出来ず散った西郷隆盛、強引な改革断行によって不平士族達に暗殺された大久保利通、その他、名を成すことなく死んでいった多くの幕臣や志士たちのひとつひとつの命が、現代の私たちの日本に繋がっている。
この世に生れてきた命は、ひとつとして無用なものはなく、ひとりひとりが何らかの大切な使命を帯びて生きている。
そして平成の現代、名もなく細々と生きている我々もまた・・・。

そんなことを、大河ドラマ『篤姫』は教えてくれたように思います。

この辺で、『篤姫』の余韻に浸るのは終りにしたいと思います。


下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
       ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2008-12-29 18:36 | 篤姫 | Trackback | Comments(0)  

篤姫墓参りツアー

「篤姫」と「和宮」 墓所参拝ツアー

上野の寛永寺にある天璋院篤姫の墓所が今秋初めて一般公開されたそうです。
墓所の場所は、徳川将軍家の菩提寺である上野の寛永寺境内で、夫の第13代将軍・徳川家定の墓の隣だそうです。
篤姫が亡くなったのは明治16年(1883年)。
125年もの間、静かに眠っていた姫は、突然のにぎわいにさぞ驚いていろことでしょう。
宮崎あおいさんも参拝に行かれたとか。
自分の墓参り?
普通の人はなかなか経験出来ないことです(笑)。

e0158128_17464653.jpg


以下、記事本文引用
***************************************************************************
「篤姫」と「和宮」 墓所参拝ツアー
近畿日本ツ-リストは「天璋院篤姫・皇女和宮 墓所特別参拝ツアー」を2008年12月18日に発売、09年1月30日まで予約を受け付ける。募集人数は先着順240名。
天璋院篤姫が眠る上野寛永寺の徳川家霊廟は通常非公開となっており参拝はできないが、NHK大河ドラマの影響で注目が高まったため、参拝が実現。ツアーに組み込まれることになった。
参加者は、天璋院篤姫の墓所の他に、皇女(静寛院)和宮の眠る増上寺の徳川家霊廟を巡る。
実施日は2009年2月27日。
価格は8000円。ただし、第3回江戸文化歴史検定受検者に限り7000円。

by sakanoueno-kumo | 2008-12-25 17:43 | 篤姫 | Trackback | Comments(0)  

篤姫〜名語録〜その3

『上等な人間は力で人を動かさねぇもんです。心で動かすもんですよ。』

幕政改革の交渉で幕府老中に対し、薩摩が脅しともとれるやり方で強引にことを進めたことに対する、勝麟太郎の言葉。
まさしくそのとおりですね。
しかし、「心で人を動かす」には、相当な「徳」を持ち備えていなければできません。
凡人の私たちは、つい「立場」という力を利用して人を動かしがちです。
上司の立場、親の立場、客の立場等々・・・。

重ねて勝麟太郎は言います。
『力を使ったやり方は下の下です』

心で人を動かせるよう、自己研鑽せねば・・・。


下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
       ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2008-12-24 19:18 | 篤姫 | Trackback | Comments(0)  

篤姫〜名語録〜その2

NHK大河ドラマ「篤姫」が終わって1週間以上経ちますが、未だ余韻に浸っています。
先日の最終回が終わって感想をアップしましたが、まだまだ飽きたらず、ひきつづきドラマの中で心に残っている言葉をここに記したいと思います。
篤姫の母、お幸が言った言葉。
『どんな人の声にも耳を傾け、その人の身になってよくよく考える。
それでも迷ったら考えるのをやめて、自分を信じて感じるがままに任せなさい。』

深イイ言葉です。

不肖、わたくし41歳。仕事、家庭、子供の教育等々、日々迷うことだらけです。
孔子の曰く、「吾れ四十にして惑わず」
とてもその域には達していません。

「迷ったら考えるのをやめて、感じるがままに」

とても出来そうにはない言葉ですが、胸に浸みるものがあります。
五感にまかせて行動する・・・ときにはそういう意識を持ちたいものですね。
そんなことを教えてくれた言葉です。


下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
       ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2008-12-23 22:26 | 篤姫 | Trackback | Comments(0)  

今日は篤姫の誕生日?

本日、12月19日は、江戸幕府第13代将軍・徳川家定の正室・天璋院篤姫の誕生日だそうです。
今年の大河ドラマの主役だった篤姫は、天保7年12月19日生誕とされています。
しかし、上記は旧暦でのこと。
現在の太陽暦に直すと、1836年2月5日。
この場合、どちらが誕生日と考えれば良いのでしょうか?
いずれにせよ、生きていれば172歳か173歳。
そんなに大昔のことではないですね。
130年前に生きる彼女は、未来の篤姫ブームを知ったらどう思うでしょうね?
・・・・なんて無意味なことを考えてしまほど、1年間の大河ドラマが終わった余韻に浸っている今日この頃の私です。


下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
       ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2008-12-19 17:26 | 篤姫 | Trackback | Comments(0)