人気ブログランキング |

タグ:細川晴元 ( 2 ) タグの人気記事

 

三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~

「その2」の続きです。

二之郭の北の細い道を西に進むと、急に視界が開けた場所に出ます。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16352195.jpg


そこには、芥川山城跡ではなく「城山城跡」と刻まれた小さな石碑があります。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16352448.jpg


石碑の脇には、南へ下る道があります。

どうやらこの道が大手道のようです。

ここが、大手筋ルート塚脇ルートの交差点になっているようです。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16372360.jpg


石碑を過ぎると、主郭と二之郭を結ぶ細長い帯曲輪となっています。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16372699.jpg


主郭虎口

細い喰違虎口となっています。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16390652.jpg


主郭部に登ってきました。

主郭は三段構造になっており、それぞれの名称はわかりませんが、一番下の段の曲輪を主郭南展望曲輪とでも呼びましょうか。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16462665.jpg


展望曲輪からの南側の眺望です。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16455878.jpg


遠くにあべのハルカスが見えます。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16460227.jpg


こちらは、三好長慶が永禄3年(1560年)に芥川山城から移り住んだ河内飯盛山城のある飯盛山(参照:河内飯盛山城跡)。

ここ芥川山城跡とともに続日本100名城に選ばれています。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16482683.jpg


展望曲輪から北を振り返ると、主郭が見えます。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16491683.jpg


展望曲輪から主郭に登る虎口。

ここも喰違虎口となっています。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16514002.jpg


登ってきました。

ここは主郭下段とでも名付けましょう。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16514340.jpg


「桜広場」と書かれた看板があります。

ここを訪れたのは令和になる少し前の平成31年(2019年)3月9日。

桜の季節には少し早かった。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16514637.jpg


主郭下段の北側には、いよいよ主郭があります。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16530032.jpg


で、主郭に登ってきたのですが、いきなり視界に飛び込んできたのは、傾いた巨木


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16545111.jpg


そして、根こそぎ横倒しになった巨木もあります。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16580806.jpg


「その2」の二之郭でもふれましたが、前年の平成30年(2018年)9月4日に上陸した台風21号で、大阪は各地でたいへんな被害を受けたのですが、おそらく、これはそのときの被害だと思われます。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16581206.jpg


それにしても酷い。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16545479.jpg


横にある祠は三好長慶を祀ったものだそうです。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_16583188.jpg


芥川山城の始まりは、戦国時代の永正年間(1504~1523年)に室町幕府の管領・細川高国が築いたとされています。

『瓦林政頼記』によると、「芥川ノ北ニ当リ、可然大山ノ有ケルヲ城郭ニソ構ヘ」と伝え、その普請は、「昼夜朝暮五百人、三百人ノ人夫、普請更ニ止時ナシ」と記されています。

かなり大規模な工事だったことがわかります。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_17040037.jpg


細川高国は室町幕府の政治をほしいままにしていた人物ですが、しかし、大永6年(1526年)に細川晴元高国打倒の兵を挙げると、享禄4年(1531年)に滅ぼされ、その後、天文2年(1533年)には代わって細川晴元が入城。

管領に就任して政権を掌握しました。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_17040371.jpg


しかし、それも長くは続かず、天文8年(1539年)には家臣の三好長慶によって晴元は京を追われ、以降、長慶は畿内で勢力を伸ばし、天文16年(1547年)には芥川山城も長慶の手に落ちました。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_17040660.jpg


長慶ははじめ、従兄弟の芥川孫十郎を城主にしますが、天文22年(1553年)、孫十郎に謀反の疑いありと判断した長慶は、孫十郎を退去させ、その後、自身が入城。

この城を畿内統治の本拠とすると、摂津を中心として山城、丹波、和泉、阿波、淡路、讃岐、播磨にまで勢力圏を拡大していきます。

畿内一円を支配した長慶による政権を、その拠点となったここ芥川山城にちなんで、「芥川政権」と呼ぶこともあります。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_17041770.jpg


山麓にあったものと同じ推定復元図の看板があります。

主郭には御殿が描かれていますが、発掘調査礎石等が発見されたそうで、御殿のような立派な建物があったことは確認されているそうです。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_17063286.jpg


主郭からの南の眺望です。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_17063557.jpg


標高183mの主郭での昼食はコンビニ弁当です(笑)。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~_e0158128_17041018.jpg


さて、主郭まで攻めてきましたが、まだ、全て攻略できていません。

「その4」に続きます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-07-05 00:10 | 大阪の史跡・観光 | Trackback | Comments(2)  

三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~

今回は大阪府下最大の規模を誇る芥川山城を攻めます。

芥川山城は阿波徳島から攻め上ってきた三好長慶が管領・細川晴元を追い落として入城し、畿内統治の本拠としていた城です。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15100505.jpg


登城口近くの「塚脇」というバス停に、芥川山城の案内板や説明板が並んで設置されています。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15100943.jpg


こちらの説明板では、「三好長慶が細川晴元を擁して入城」と書かれていますね。

わたしが知るところでは、晴元は長慶に攻められて追い落とされたはずなんですが・・・。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15164124.jpg


説明板には、縄張り図が記載されています。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15164412.jpg


こちらは「芥川山城復元推定図」とあります。

これはわかりやすい。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15164758.jpg


その下には、登城ルートの案内が。

登城ルートは2つあって、大手筋ルート塚脇ルートがありますが、この日は塚脇ルートから登り、大手筋ルートで下山するコースを選択しました。

ちなみに、芥川山城の山は現在、「三好山」と呼ばれています。

その由来が三好長慶であることは、言うまでもないでしょう。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15190304.jpg


こちらは摂津峡の案内板。

このあたりは摂津峡と呼ばれる渓谷があり、桜や紅葉の名所として知られています。

この日は桜のシーズンより少し前の平成31年(2019年)3月9日。

桜のシーズンには花見客で賑わう摂津峡公園の駐車場に車を停めて城跡を目指します。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15210009.jpg


その摂津峡公園の東側にある売店の横に、登山口につながる道があります。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15210397.jpg


ここにも、バス停にあったものと同じ芥川山城復元推定図の看板が。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15210854.jpg


売店の横を抜けて細い道を進みます。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15230467.jpg


摂津峡の芥川です。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15230721.jpg


この木橋を渡ります。

けっこう怖いです。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15243252.jpg


3月なのでまだ緑が少ないですが、陽射しは春の陽気で心地いい日でした。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15261154.jpg


で、しばらく集落の中を歩いて、城跡南東部の登城口にたどり着きました。

ここが、上述した塚脇ルートの登城口です。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15261497.jpg


「三好山へ40分」とあります。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15270654.jpg


登山道の脇には、まるで城跡の遺構のような石垣の段が広がりますが、これは、棚田の石垣です。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15282091.jpg


古井戸のようです。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15291236.jpg


古井戸を過ぎたあたりの登山道に立派な石垣が現れますが、これも、明治以降に築かれたもののようで、城跡の遺構ではありません。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15300228.jpg


しばらく進むと、「池・曲輪群」と書かれた看板があります。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15314098.jpg


その誘導に従って道脇に足を踏み入れると、たしかに曲輪跡と見られる削平地がいくつもあります。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15341396.jpg


削平地には、古い墓石が複数並んでいますが、城とは関係ないのかな?


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15335633.jpg


池らしき場所がみあたりません。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15351530.jpg


さらに進むと、「竪土塁」と書かれた案内板が。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15364448.jpg


たしかに、これは立派な竪土塁です。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15393364.jpg


竪土塁をすぎると、大きな堀切土橋が現れます。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15393630.jpg


城跡らしくなってきました。


三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その1 ~登城道~_e0158128_15394059.jpg


土橋を渡ると、明らかな虎口跡があります。

ここから本格的な城郭の縄張りに突入するのですが、長くなっちゃったので、続きは「その2」にて。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-06-29 08:38 | 大阪の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)