人気ブログランキング |

タグ:脇坂安宅 ( 2 ) タグの人気記事

 

播磨の小京都、龍野をたずねて その4 「龍野淡口醤油」

龍野城下を逍遥していると、面白いものを見つけました。
それがこれ↓↓↓

e0158128_21212260.jpg

醤油・もろみ自動販売機です。
ここ龍野は、千葉県野田市や銚子市に次ぐ、醤油の生産地なんです(千葉には業界1位、2位のキッコーマンヤマサがありますが、ここ龍野には業界3位のヒガシマル醤油があります)。
醤油のまちならではの光景ですね。
野田や銚子にもあるんでしょうかね?自動販売機。

e0158128_21225860.jpg

その自動販売機が設置されていたのは、老舗のカネヰ醤油株式会社倉庫の入口です。
レンガ造りの煙突や蔵は、明治初期に建てられたものだそうです。
元は龍野藩ゐ蔵を、明治2年(1872年)に譲り受けて出来た会社だそうで・・・。

e0158128_21242472.jpg

龍野の醤油はうす口醤油として知られています。
近くには、うすくち龍野醤油資料館なるところがありました。

e0158128_21245030.jpg

建物は、かつてヒガシマル醤油株式会社の本社だったものだそうです。

e0158128_21255040.jpg

龍野醤油は、天正15年(1587年)に円尾屋孫右衛門、天正18年(1590年)に栗栖屋横山五郎兵衛という人物によってはじめられたと伝わるそうで、その後、寛文6年(1666年)に円尾孫右衛門が創案して以降、うすくちが特色となったそうです。
400年以上の歴史を誇る醤油なんですね。

e0158128_2127731.jpg

上の写真は、明治時代の醤油蔵の帳場を再現したものだそうです。

e0158128_21273859.jpg

麹室です。

e0158128_21275925.jpg

こちらは仕込蔵

e0158128_21282375.jpg

そしてこちらは圧搾場だそうです。
「南方先生、ペニシリンにございます」という声が聞こえてきそうですね(笑)。
あれはヤマサ醤油でしたっけ?

e0158128_21264577.jpg

幕末時代、龍野藩9代藩主の脇坂安宅京都所司代の職にあったとき、この「龍野淡口醤油」販路拡大に力を入れたそうで、それにより、関西の淡口食文化が確立されたのだとか。
そういえば、京料理精進料理などに使われているのも、淡口醤油ですよね。
明治になって龍野藩の醤油蔵を因幡屋浅井弥兵衛が貰い受け、浅井醤油として創業。
それが、今日のヒガシマル醤油株式会社の前身だそうです。

わたしはヒガシマル醤油と聞けば、かつて関西ではおなじみだったTV番組『素人名人会』スポンサーだった企業として記憶しています。
西川きよしさんが司会で桂小文枝師匠(のちの5代目桂文枝)が審査員長の素人参加番組で、関西出身の40歳以上の人なら皆、知ってますよね。
いや~、懐かしい。

e0158128_21345860.jpg

話が脱線しちゃったので、龍野醤油の稿はこのぐらいで。
てなわけで、おみやげは「うすくちしょうゆ饅頭」でした(笑)。
あともう一回くらいつづきます。

播磨の小京都、龍野をたずねて その1 「龍野城」
播磨の小京都、龍野をたずねて その2 「野見宿禰神社~聚遠亭」
播磨の小京都、龍野をたずねて その3 「童謡の里~三木露風の故郷」
播磨の小京都、龍野をたずねて その5 「宮本武蔵修練の地・圓光寺」


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2014-07-24 21:39 | 兵庫の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

播磨の小京都、龍野をたずねて その2 「野見宿禰神社~聚遠亭」

龍野城跡の西側の小高い丘陵地は龍野公園として整備されており(たぶん、かつてはここも城の敷地内だったのでしょう)、そこを通る長い石段を登ると、龍野城主の脇坂家の始祖・脇坂安治を祀る龍野神社と、野見宿禰神社に向かう参道となっています。

e0158128_1935771.jpg

野見宿禰とは、垂仁天皇(第11代天皇)の時代(古墳時代後期)の出雲の人物の名で、『播磨国風土記』によると、相撲の神様埴輪の創始者とも言われています。天皇の御前で、大力無双を誇っていた当麻蹴速と力比べをして勝ったことが相撲の始まりといわれており、その宿禰が、大和から出雲に帰る途中に龍野の地で病死したため、この地に埋葬されたと伝わります。その際、出雲の人々が墓をつくるために野に立ち並び、揖保川から手送りリレーで石を運んだことから、この地を「立つ野」(龍野)と呼ぶようになったとか。もちろん、あくまで伝承に過ぎませんが、その元となる『播磨国風土記』は8世紀はじめに編まれたと言われる史料で、「龍野」という地名の持つ歴史の深さを教えてくれます。

e0158128_1952035.jpg

野見宿禰神社に行くには山道をかなり歩かねばならず、この日はあいにくの雨で足元がぬかるんでいたので、途中までで諦めました。
せっかくなので、看板だけ撮影。

e0158128_1954796.jpg

参道をそれた小高い丘を登ると、聚遠亭(しゅうえんてい)といわれる茶室庭園があります。
ここは脇坂家の上座敷跡で、龍野城下を一望できるたいへん眺めのいいスポットとなっています。

e0158128_1961663.jpg

写真は江戸時代後期に建てられた「浮堂」とよばれる茶室です。
龍野藩9代藩主・脇坂安宅京都所司代の職にあったときに御所が炎上する事件がおき、その際、その復興に功績があったそうで、孝明天皇(第121代天皇)から茶室を賜り、心字池上に浮堂として移築したものと伝わるそうです。

e0158128_1963820.jpg

浮堂の隣にあったこの建物は、裏千家家元15世千宗室が命名した本格的な茶室「楽庵」

e0158128_1965728.jpg

さらにその隣には、江戸時代中期に建設された脇坂家の別邸「御涼所」が並びます。

e0158128_1975947.jpg

この日はあいにくの雨でしたが、晴れた日だと、雅やかな景観美が楽しめたことでしょう。
庭園には楓や桜の木が目立ち、おそらく、桜や紅葉の季節に来れば、いっそう綺麗でしょうね。

そんなこんなで、その3につづきます。

播磨の小京都、龍野をたずねて その1 「龍野城」
播磨の小京都、龍野をたずねて その3 「童謡の里~三木露風の故郷」
播磨の小京都、龍野をたずねて その4 「龍野淡口醤油」
播磨の小京都、龍野をたずねて その5 「宮本武蔵修練の地・圓光寺」




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2014-07-10 19:33 | 兵庫の史跡・観光 | Trackback | Comments(2)