人気ブログランキング |

タグ:藤堂高虎 ( 5 ) タグの人気記事

 

悲運の藤堂高吉を家祖とする名張藤堂家邸跡を訪ねて。

三重県名張市にある名張陣屋跡を訪れました。

現在残る名張陣屋跡は「名張藤堂家邸跡」として一般公開されています。


e0158128_14274422.jpg


名張藤堂家は、藤堂高虎の養子となった藤堂高吉にはじまります。


e0158128_14290939.jpg


こちらが入口です。


e0158128_14302667.jpg


説明板です。


e0158128_14360960.jpg


敷地内に入ります。


e0158128_14361309.jpg


名張藤堂家は寛永13年(1636年)からこの地に居を構えますが、当時の屋敷は宝永7年(1710年)の名張大火によって焼失したため、現存する建物はその後に再建されたものだそうです。

ただ、それも明治初年に大部分が失われたため、現在残る建物は、ほんの一部だけです。


e0158128_14340522.jpg


建物前の庭です。


e0158128_14340888.jpg


地面にかつての屋敷図面の石板が埋め込まれています。


e0158128_14371244.jpg


建物内に入ってみましょう。


e0158128_14391200.jpg


現存する建物は、「御西」と称された中奥、祝之間、茶室など日常生活に使用された奥向の一部だけだそうです。


e0158128_14431306.jpg


名張藤堂家の系図です。

初代の藤堂高吉はなかなか数奇な人生だった人で、元は織田信長の重臣・丹羽長秀の三男として生まれましたが、本能寺の変で信長死去の後、羽柴秀吉の所望により、実子がいなかった弟の羽柴秀長養子となります。

これは、天下を望む秀吉が、柴田勝家を討ち滅ぼすために丹羽長秀と縁を結ぶ目的だったといわれます。

この縁組で高吉は秀長の後継ぎなるはずでしたが、天下人となった秀吉は甥の秀保を立てたため、話はおじゃんになりました。

その後、高吉を家来と結婚させようとしますが、このとき秀長の家臣だった藤堂高虎が願い出て、高吉を養子に貰い受けました。

このとき、名を高吉としました。


e0158128_14570969.jpg


高虎は実子に恵まれなかったため、高吉を跡継ぎにするつもりでしたが、高虎48歳にして実子が生まれたため、その話はまたまたおじゃんに。

やむなく高吉は高虎の家臣となりますが、高虎は高吉を疎んじはじめ、参勤交代にも同伴しなかったといいます。

高吉は何も悪いことしてないのですが、悲運としか言いようがありません。


e0158128_14571355.jpg


高虎の死後は実子の藤堂高次の家臣として仕えるようになりますが、その高次の命によって高吉は伊勢国へ2万石の移封となり、その後、ここ名張に移封となりました。

その際、次男以下3人に5000石を分知させられ、1万5000石に減封となりました。

高次は高吉の存在を危険視したとされ(幕府に高吉を藤堂本家から独立した大名に取り立てようという動きがあったためといわれる)、名張移封も、高吉に対する高次の冷遇の一環であったといわれます。

まさに、たらい回し人生ですね。


e0158128_14594693.jpg

e0158128_14594934.jpg

中奥の間にあったこの屏風絵は、「長徳」の落款が記されています。

名張藤堂家7代目の藤堂長徳の作品のようです。


e0158128_14460221.jpg


です。

便所も畳敷きなんですね。


e0158128_14460512.jpg


湯殿です。


e0158128_14460955.jpg


茶室「清閑楼」です。


e0158128_14492590.jpg


茶室から見える庭です。


e0158128_14492994.jpg
e0158128_14493771.jpg


向こうに見えるのは、太鼓門


e0158128_14510778.jpg


東側の「祝之間」は、武具や書簡など名張藤堂家に伝わる品々の展示コーナーになっています。


e0158128_14534873.jpg


羽柴秀吉・丹羽長秀の書簡です。

ふたりとも高吉の人生を狂わせた人物ですね。


e0158128_14535234.jpg


こちらは秀吉の朱印状


e0158128_15012944.jpg


さて、建物の外へ出て、先ほど庭に見えた太鼓門を見に行ってみましょう。


e0158128_15013285.jpg


こちらが太鼓門です。


e0158128_15025318.jpg


名張藤堂家と藤堂藩本家の間の確執は高吉の死後も200年近く続きました。

享保19年(1734年)には第5代・藤堂長熙は藩祖・高吉の実家である丹羽氏を通して幕府に独立を働きかけますが、翌年にそれが本家の知るところとなり、本家と分家の一触即発の状態になりました。

最終的には重臣3名が主君のあずかり知らぬところと主張し、責任を被って切腹したため落着しましが、長熙は隠居を命じられ、藤堂長美が跡を継ぎました(享保騒動、名張騒動とも)。

以降、本家から2名の横目付が派遣され、徹底した監視下に置かれるようになります。

しかし、第8代当主の藤堂長教が本家の藩主・藤堂高嶷の娘と結婚すると、ようやく両家の関係が徐々に良好になっていったそうです。

現代でも、後継者争い相続争いが確執を生むといった話は珍しくありませんが、200年近い対立というのは、双方、しんどかったでしょうね。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-06-15 20:27 | 三重の史跡・観光 | Comments(0)  

有子山城跡と出石城跡登城記。 その3 ~有子山城本丸・千畳敷~

「その2」の続きです。

有子山城を登り始めて約1時間、ようやく本丸(主郭)までたどり着きました。

眼前に現れたのは、見事な石垣


e0158128_18430259.jpg


450年近く前の野面積みの石垣です。

よくこんなに綺麗に残っていましたね。


e0158128_18501096.jpg
e0158128_18501320.jpg


出隅は第3郭で見られた鈍角シノギ積みとは違って、直角になっています。

でも、強度の高い算木積みの技法は見られません。

でも崩れずに残っていたんですね。


e0158128_18502840.jpg
e0158128_18502010.jpg


本丸北側の石垣は、ネットで保護されていませんでした。

その前に、「犬走り」のような狭いスペースがあります。

その下は崖になっています。


e0158128_18475040.jpg
e0158128_18475388.jpg


本丸に登る23段の石段です。

虎口は幅約5mあります。


e0158128_18572316.jpg


本丸です。

広い!!

東西42m、南北20mあります。


e0158128_18572829.jpg


前稿でもふれましたが、有子山城は但馬国守護の山名祐豊が築城した城です。

元来の山名氏の本拠は、ここから3kmほど北の此隅山城を居城としていましたが、永禄12年(1569年)の羽柴秀吉但馬攻めで落城し、その後、秀吉軍と和睦した山名祐豊が、天正2年(1574年)に標高321mの有子山山頂に有子山城を築いて本拠としました。

此隅山城は別名・子盗城とも言いますが、その「子盗」という名を山名祐豊が嫌って、次の城は「有子」城と名付けられたともいわれています。

しかし、祐豊の息子の山名堯熙のときに毛利氏方についたため、天正8年(1580年)の秀吉による第二次但馬征伐で再び攻撃を受け、落城しました。

その後、有子山城には秀吉の実弟・羽柴秀長が入り、そのとき、石垣の城に改修されます。

現在残る石垣の遺構は、秀長時代のものということになりますね。


e0158128_18573346.jpg


秀長時代の改修は、築城の名人として知られる藤堂高虎が関わっていたようです。

高虎の生涯を記した『高山公実録』に、「28歳、羽柴秀長の命により出石(有子山)に築城を命ぜられた」という記述があり、記録上、高虎が最初に手がけた石垣の城が、ここ有子山城だったのではないかと言われています。


e0158128_19002758.jpg


案内板が設置されています。


e0158128_19003152.jpg


心ない落書きが酷いです。


e0158128_19041808.jpg
e0158128_19042240.jpg
e0158128_19042574.jpg


本丸からの眺望です。


e0158128_19042859.jpg
e0158128_19043335.jpg


雲が近い。


e0158128_19071378.jpg


麓をズームアップ。

出石の城下町のシンボル、辰鼓楼が見えます。

わたしの愛車も見えます(笑)。


e0158128_19101365.jpg


わたしの山城めぐりの必須アイテム(笑)。


e0158128_19120863.jpg


本丸南東を見下ろすと、大堀切があります。

幅28m、深さ12mあります。


e0158128_19130379.jpg


その向こう側には、千畳敷と呼ばれる有子山城最大の郭跡が見えます。

行ってみましょう。


e0158128_19135863.jpg


先ほどの大堀切の下です。

巨大なV字型になっています。

おそらく、往時はもっと深かったのでしょう。


e0158128_19163491.jpg


そして、千畳敷です。


e0158128_19190003.jpg


東西135m、南北50mもあり、但馬国の城郭では最大の郭だそうです。


e0158128_19190390.jpg


所々に建物があったとみられる礎石跡があります。


e0158128_19154609.jpg


庭園もあったとされているそうです。

この大きな岩は、その名残でしょうか?


e0158128_19204169.jpg


千畳敷から見た本丸です。


さて、これにて有子山城をすべて攻略しました。

「その4」では麓の出石城を散策します。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2019-04-12 01:03 | 兵庫の史跡・観光 | Comments(0)  

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その25 ~常光寺・八尾城跡~

豊臣方の長宗我部盛親隊と徳川方の藤堂高虎軍が激突した八尾の戦いの激戦地に、常光寺という寺があります。
ここは合戦当時、徳川方の保護を受けていました。

e0158128_19542882.jpg

戦後、藤堂高虎は、この寺の本堂の北にある住職の居間(方丈)の縁側に、敵方の首級を並べて「首実検」をしたと伝わります。

e0158128_19562654.jpg

その縁板は、おびただしい血痕がついていたため、のちに方丈の西廊下の天井として貼り替えられました。
その天井は「血天井」と呼ばれたそうです。

e0158128_19573714.jpg

その血天井を見にここを訪れたのですが、残念ながら改修工事中で、中を見ることはできませんでした。
ただ、境内にある藤堂家家臣七十一士の墓には参れました。

e0158128_19592210.jpg

説明は石碑をお読みください。

e0158128_2004428.jpg

境内には、往時を知っているであろうか、大樹が・・・。

e0158128_2024915.jpg

常光寺のすぐ近くに、八尾神社があるのですが、その境内に、「八尾城址」と刻まれた石碑があります。
かつてこの辺りに八尾城(矢尾城址)があったと伝えられますが、織田信長の家臣となった切支丹武将の池田丹後守教正の居城だったという記録を最後に、史料が確認されていません。
したがって、八尾の戦い当時に城が残っていたかどうかはわかりませんが、あるいは、廃城となった八尾城がとして利用されていたかもしれませんね。

e0158128_2053526.jpg

前稿でも述べたとおり、八尾の戦いに勝利した長宗我部盛親はその後処刑され、長宗我部家は滅亡
一方、この戦いで壊滅寸前となった藤堂高虎は、その後、津藩初代藩主となって、藤堂家は幕末まで大名であり続けます。
運命ってわからないものですね。

まだまだ続きます。



大坂の陣400年記念大坂城攻め その10 ~豊臣秀頼・淀殿ら自刃の地~

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その1 ~三光神社(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その2 ~心眼寺(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その3 ~鴫野古戦場跡・佐竹義宣本陣跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その4 ~白山神社(本多忠朝物見のいちょう)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その5 ~野田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その6 ~本町橋~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その7 ~御勝山古墳(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その8 ~大和郡山城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その9 ~忍陵古墳・岡山城跡(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その10 ~徳川家康星田陣営跡・旗掛け松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その11 ~岸和田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その12 ~樫井古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その13 ~塙団右衛門直之の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その14 ~淡輪六郎兵衛重政の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その15 ~法福寺(お菊寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その16 ~大野治胤(道犬斎)の墓
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その17 ~今井宗薫屋敷跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その18 ~若江古戦場・木村重成の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その19 ~木村重成菩提寺・蓮城寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その20 ~木村重成本陣跡・銅像~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その21 ~木村重成表忠碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その22 ~山口重信の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その23 ~飯島三郎右衛門の墓・若江城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その24 ~長宗我部盛親物見の松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その26 ~小松山古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その27 ~玉手山公園(道明寺古戦場)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その28 ~誉田古戦場・薄田隼人碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その29 ~真田幸村休息所跡・志紀長吉神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その30 ~権現塚・中村四郎右衛門正教宅跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その31 ~樋ノ尻口地蔵・全興寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その32 ~安藤正次の墓・願正寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その33 ~桑津古戦場跡・柴田正俊の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その34 ~茶臼山古墳古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その35 ~安居神社(真田幸村終焉の地)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その36 ~一心寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その37 ~玉造稲荷神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その38 ~方広寺大仏殿の梵鐘~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その39 ~淀殿の墓(太融寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その40 ~伝・徳川家康の墓(南宗寺)~


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2015-11-18 20:08 | 大坂の陣ゆかりの地 | Comments(0)  

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その24 ~長宗我部盛親物見の松~

大阪府八尾市の久宝寺地区に、「長曽我部物見松遺址」と刻まれた石碑があります。
若江の戦いが行われた同じ日、豊臣方の長宗我部盛親隊と徳川方の藤堂高虎軍がこの地で激突しますが(八尾の戦い)、その戦いにおいて、長宗我部軍が藤堂隊の動静を探るために上ったと伝わる松の巨木が、かつてここにあったと伝えられます。

e0158128_20231658.jpg

現在は石碑樹齢若い松の木が植樹されています。

e0158128_20234183.jpg

長宗我部盛親は木村重成隊と共に中河内地区に出陣し、重成が若井へ、そして盛親は八尾に陣を布きました。
そこで、同じくこの地に進軍していた徳川方の藤堂高虎軍の左翼、藤堂高刑、桑名吉成隊と出くわし、そのまま激突します。

e0158128_20235743.jpg

このときの長宗我部隊の攻撃はすさまじく、藤堂高刑、桑名吉成は討死し、藤堂隊はほとんど壊滅寸前にまで追い込まれますが、そこに、若江方面での木村重成隊の敗報が届き、孤軍となることを恐れた長宗我部隊は、大坂城に撤退しました。

e0158128_20241162.jpg

写真はこの地区に流れる長瀬川
現在は見てのとおりの小さな川ですが、当時は川幅が180mほどある大河で、高い堤があったそうです。
長宗我部隊は、その堤の上に陣を布いたそうです。

e0158128_20242246.jpg

盛親はその後、翌日の最終決戦には出陣せず、大坂城京橋口を守っていましたが、豊臣方の敗北が決定的になると、「我ら運さえ良ければ天下は大坂たるよ」と言い残し、再起を図って逃亡しました。
しかし、武運は盛親に味方せず、ほどなく潜んでいるところを発見され、その後、見せしめのために二条城門外の柵に縛りつけられ、そして、豊臣家敗北から1週間後の慶長20年(1615年)5月15日、京都の六条河原で6人の子女とともに斬首され、三条河原に晒されました。
享年41歳。
兵どもの夢の跡です。

シリーズはまだまだ続きます。



大坂の陣400年記念大坂城攻め その10 ~豊臣秀頼・淀殿ら自刃の地~

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その1 ~三光神社(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その2 ~心眼寺(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その3 ~鴫野古戦場跡・佐竹義宣本陣跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その4 ~白山神社(本多忠朝物見のいちょう)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その5 ~野田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その6 ~本町橋~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その7 ~御勝山古墳(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その8 ~大和郡山城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その9 ~忍陵古墳・岡山城跡(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その10 ~徳川家康星田陣営跡・旗掛け松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その11 ~岸和田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その12 ~樫井古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その13 ~塙団右衛門直之の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その14 ~淡輪六郎兵衛重政の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その15 ~法福寺(お菊寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その16 ~大野治胤(道犬斎)の墓
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その17 ~今井宗薫屋敷跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その18 ~若江古戦場・木村重成の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その19 ~木村重成菩提寺・蓮城寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その20 ~木村重成本陣跡・銅像~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その21 ~木村重成表忠碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その22 ~山口重信の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その23 ~飯島三郎右衛門の墓・若江城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その25 ~常光寺・八尾城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その26 ~小松山古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その27 ~玉手山公園(道明寺古戦場)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その28 ~誉田古戦場・薄田隼人碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その29 ~真田幸村休息所跡・志紀長吉神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その30 ~権現塚・中村四郎右衛門正教宅跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その31 ~樋ノ尻口地蔵・全興寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その32 ~安藤正次の墓・願正寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その33 ~桑津古戦場跡・柴田正俊の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その34 ~茶臼山古墳古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その35 ~安居神社(真田幸村終焉の地)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その36 ~一心寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その37 ~玉造稲荷神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その38 ~方広寺大仏殿の梵鐘~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その39 ~淀殿の墓(太融寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その40 ~伝・徳川家康の墓(南宗寺)~


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2015-11-17 20:29 | 大坂の陣ゆかりの地 | Comments(0)  

続、雨の紀の国、さくら舞い散る和歌山城。

一ヶ月以上経っちゃいましたが、先日、3日間ほど仕事で和歌山市を訪れていた際、寸暇を惜しんで和歌山城に行ってきました(参照:雨の紀の国、さくら舞い散る和歌山城なう!)。
この日は4月6日で、ちょうどが綺麗な時期だったのですが、残念ながらこの日は朝からガッツリ雨で、前日まで満開だった桜を一気に散らしてしまいました。

e0158128_0495129.jpg

和歌山城のある紀州藩は、徳川家康の十男・徳川頼宣を始祖とする徳川御三家のひとつで、8代将軍・徳川吉宗や14代将軍・徳川家茂を排出した名家ですね。
和歌山城と県庁の間の交差点には、吉宗の銅像があります。

e0158128_054859.jpg

吉宗は、徳川の8代将軍として知られていますが、元々は紀州の2代藩主・徳川光貞の四男として生まれ、兄が相次いで亡くなるなどしたため、5代紀州藩主となります。その後、32歳で将軍に推され、30年近く将軍職を務めます。「享保の改革」を成し遂げた徳川将軍家、中興の祖として、後世に名高い名君ですね。

e0158128_0582863.jpg

「南海の鎮」として徳川御三家の一角をなす和歌山城ですが、元は豊臣秀吉の時代、天正13年(1585年)に羽柴秀長によって築城されました。築城を担当したのは城作りの名人として知られる藤堂高虎で、このとき「和歌山」という名称に改められたんだそうです。

e0158128_135397.jpg

本丸御殿跡から撮影した天守です。
おそらくここからが最もきれいに撮影出来るポイントかと。
天守は弘化3年(1848年)に落雷によって焼失してしまい、嘉永3年(1850年)に再建された天守は、昭和20年(1945年)の和歌山大空襲で焼失するまで残っていました。

e0158128_15236.jpg

和歌山城は、虎伏山の山頂部に天守曲輪本丸が並列された縄張りが特徴で、天守曲輪は、南東隅に天守、北東には玄関が付けられた小天守、北西隅には乾櫓、南西隅には、二の門櫓を多聞櫓で連結した姫路城伊予松山城と同様の連立式天守群です。

e0158128_192661.jpg

天守からは市街地を360°見下ろすことができ、大パノラマが広がります。

e0158128_19424.jpg

西の丸庭園(紅葉渓庭園)です。
その名のとおり、紅葉の季節に来ればきっと綺麗なんでしょうね。
この日はあいにくの雨で、片手に傘をさしながら片手で撮影していたので、ゆっくり庭園を散策する余裕はありませんでした。

e0158128_1124542.jpg

向こうに見えるのは、藩主の生活の場である二の丸と、紅葉渓庭園のある西の丸を行き来するために架けられた御橋廊下の復元です。

e0158128_115018.jpg

実際になかを通ることができます。

e0158128_1205042.jpg

e0158128_121316.jpg

上の写真が坂の下から、下の写真は上からの撮影です。
上からの写真を見ると、床板にがついているのがわかるでしょうか?
おそらくこれは、急勾配の坂の廊下で滑り落ちないように工夫されているのでしょうね。
階段とは逆の段になっているので、歩くと角が足の裏を刺激して結構痛かった。
足つぼマッサージに最適です(笑)。

e0158128_1302655.jpg

外から撮影した御橋廊下です。
結構な傾斜でしょう?

e0158128_1372672.jpg

現存として残る貴重な岡山門です。↑↑↑
国の重要文化財に指定されています。

e0158128_140367.jpg

本当はもっとゆっくり取材したかったんですが、仕事の合間だったことと、とにかく雨が激しかったこともあって、滞在は約1時間。
足早に歩き回っただけでした。
今度はもっと天気のいい日に、仕事ぬきで訪れたいと思います。
といっても、和歌山市って、神戸に住む私にとって同じ関西でありながら、なかなか縁がない場所なんですよね。
神戸から車で1時間ほどですから、来ようと思えばいつでも来れるんですが、いままで仕事以外できたことはなく・・・。
旅行となると、もっと南へ足を伸ばして、白浜とか那智勝浦とかまで行っちゃいますもんね。
和歌山市内に遊びにくるという発想になかなかならない(和歌山市に住む方々スミマセン)。
近くて遠い和歌山市です。

追記
2017年より日本100名城スタンプの収集をはじめました。

e0158128_19053593.jpg


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2013-05-18 01:50 | 和歌山の史跡・観光 | Comments(4)