人気ブログランキング |

タグ:藤田平 ( 1 ) タグの人気記事

 

連続200本安打が途切れたイチロー選手にみる、好打者と衰えの考察。

先頃、MLBシアトル・マリナーズのイチロー選手が続けていた、シーズン200本安打の連続記録が、10年連続で途切れましたね。
今季の安打数は184本にとどまり、打率も2割7分2厘で、オリックス時代の1994年から続けてきた連続3割も、17年でストップしてしまいました。
気がつけばイチロー選手も37歳
過去、どんな一流選手でも“衰え”を見せ始める年齢に差し掛かっているんですね。
こういった継続記録というものは、いつかは途切れるときが訪れるのは当然のことなんですが、イチロー選手の場合、“衰え”なんて言葉はまだまだ先のような、ひょっとしたら永遠に“衰え”なんて訪れないような、そんな錯覚すら抱かせるほどだったんですが・・・やはり、彼も人の子だったということでしょうか。
ただ、今年1年だけを見て衰えたと評するのは早計のような気もしますけどね。

実際に昔と比べて、アスリートのトレーニング方法医療などは格段に進歩しているでしょうし、ストイックなイチロー選手のことですから、身体のケアも人一倍入念に行なっていることでしょう。
彼なら、今までの年齢の常識を覆してくれそうな期待はあります。
ただ、いくら入念にケアを行なっても、どうしても“衰え”を避けられないのは、私は“目”だと思います。
いわゆる“動体視力”というやつですね。
一般に、人間の動体視力は40歳手前から低下が始まり、50歳を超えると急激に下がるといわれています。
老眼も同じような時期ですもんね。
現在44歳の私ですが、まだ老眼鏡のお世話になるまでには至っていないものの、近くから遠くへ、遠くから近くへ視点を変えたときに、ピントが合うまでに要する時間が急激に長くなったことを実感しています。
18.44メートル離れた場所にいる投手の投じたボールが、0.5秒ほどで捕手のミットに収まるわけですから、これにピントを合わせられなくなったら致命傷ですよね。
よく、ベテラン打者が速球を打てなくなるのは、スイングスピードの衰えや反射神経の衰えの場合もあるでしょうが、一番の理由は目の衰えなんでしょう。

イチロー選手の場合、一番打者としては邪道といっていいほど、四球の少ない打者ですよね。
これは選球眼が悪いわけではなく、それだけ彼のストライクゾーンが広いということで、つまりは、ボール球もヒットにしているということです。
「ストライクだけを打てばよいのであれば、4割を打つ自信がある。」と、以前テレビのインタビューで語っていましたが、おそらく彼ならばそうでしょうね。
ストライクだけを打っていれば、毎年、首位打者は簡単だったんじゃないでしょうか。
ただ、それではおそらく、200本安打は不可能だったでしょうね。
バッティングは、ボール球を見逃しストライクだけを打つのが基本で、それができる打者が好打者と評価されるわけですが、イチロー選手はそれを否定し、安打“率”ではなく、安打“数”にこだわったわけです。
考えてみれば、投手は勝利数奪三振数、長距離打者なら本塁打数と、“数”で評価されるタイトルがあるのに対し、イチロー選手のようなタイプの打者は、彼の出現までは“率”で評価されていました。
その概念を変えたのが、イチロー選手の安打“数”へのこだわりですね。
本当の首位打者というのは、“率”ではなく“数”で、そっちのほうがはるかに難しいんだよ・・・と。

たしかに、打率で選ばれる首位打者は規定打席数に達してさえいれば権利がありますから、タイトル争いをしている場合、打率が下がらないようにあえて打席に立たないといった策も出来るわけです。
過去の実例でいえば、1981年に首位打者となった阪神タイガースの藤田平選手は、巨人の篠塚和典選手との首位打者争いの中で、残り打席を計算しながら試合を欠場して、僅かに1厘差で首位打者を獲得したということがありましたし、このとき負けた篠塚選手も、のちに広島カープの正田耕三選手と首位打者争いをしたときに同じことをしています。
そういった例を見ると、打率の価値って微妙ですよね。
その点、イチロー選手のこだわる安打“数”の場合は、まやかしは一切ありませんからね。
打順による打席数の差はありますが、ヒットを打たなければ増えないのが安打数であり(当たり前のことですが)、これこそが真の好打者の証である・・・と、イチロー選手は言いたいんじゃないでしょうか。

しかし、彼ほどの打者になると、相手投手もなかなかストライクゾーンでは勝負してくれません。
日本にいた最後の頃なんて、ほとんどマトモに勝負してもらえてなかったですもんね(敬遠もやたらと多かったと記憶しています)。
そんな中で安打数を伸ばそうと思ったら、ボール球をヒットにするしかない・・・という考えに至ったのでしょう。
ただ、ボール球をヒットにするというのは、普通の打者が見逃す球に手を出して尚且つそれをヒットにするわけですから、当然ながら簡単ではないわけで、それを可能にしていたのは、彼の巧みなバットコントロールと、おそらく人並み外れた“動体視力”だったのでしょう。
その“動体視力”が衰えを見せ始めているとすれば・・・。

今年の成績が衰えによるものかは、実際には彼自身しかわかりませんし、ただ単に不調だっただけで、来年また軽々と200本安打をやってのけるかもしれません。
そうあって欲しいと期待したいところですが、イチロー選手といえども、いつかは加齢による衰えに逆らえないときが必ず訪れます。
かつてイチロー選手は、「50歳まで現役でいたい。」と、テレビのインタビューで多少ジョークまじりに語っていましたが、彼は決して絵空事とは考えていないでしょう。
一方で、「腹が出たら辞める。」とも語っており、つまり彼がいう50歳での現役というのは、満足いくパフォーマンスが出来ての50歳現役であって、ヘロヘロになりながら見苦しく現役にこだわり続けている選手とは違うようです(誰とはいいませんが)。
これからは、イチロー選手の年齢と戦いに注目していきたいですね。

ちなみに、ピート・ローズ選手の持つ通算4256安打の世界記録まで、あと550本
今までのイチロー選手ならば、3年弱でクリアできる数字ですね。
ちなみにちなみに、38歳でのシーズン最多安打は、そのローズが1979年に記録した208本だそうです。
来年38歳のイチロー選手、狙えない数字じゃないですね。
ちなみにちなみにちなみに、来年その記録をイチローが破ったとしたら、必然的に通算11回目の200本安打となり、これまたローズの記録を上回ってメジャー新記録となります。
今回、連続記録が途絶えたというだけで、まだまだ楽しみはたくさんあるんです。
来年もまた、イチロー選手から目が離せませんね。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2011-10-05 18:48 | プロ野球 | Comments(13)