タグ:足利直義 ( 7 ) タグの人気記事

 

太平記を歩く。 その186 「御所八幡宮」 京都市中京区

「その157」で紹介した「足利尊氏邸・等持寺跡」から高倉通を50mほど下ったところに、「御所八幡宮」という小さな神社があるのですが、ここも、足利尊氏ゆかりの場所です。


e0158128_21550077.jpg

応神天皇(第15代天皇)、その生母の神功皇后、そして比売神の三神を祭神とするここ御所八幡宮は、もとは御池通堺町西南角御所八幡町にあったそうですが、太平洋戦争中に御池通りの強制疎開によってこの地に移転されたそうです。


e0158128_21550419.jpg

神社の由緒書によると、鎌倉時代の弘安元年(1278)に二條内裏焼失したことにより、一時、公卿・中院通成三條坊門万里小路邸を内裏とした後宇多天皇(第91代天皇)が、邸内に石清水八幡宮を勧請したことに始まります。


e0158128_21550838.jpg

その後、時代が下って足利尊氏による室町幕府が樹立すると、副将軍の職にあった弟の足利直義がこの地に邸を構えていましたが、正平7年/文和元年(1352年)に直義が没すると、兄の尊氏は御所八幡宮を再興して足利氏の鎮守としました。


e0158128_21590114.jpg

この八幡社が「御所」八幡宮と呼ばれるのは、将軍である尊氏が鎮守としたことから由来し、尊氏の法名によって「等持寺八幡」とも、また、このあたりの地名をとって「高倉八幡」とも呼ばれてきました。


e0158128_21590588.jpg

ちなみに、直義の死は尊氏による毒殺という見方が一般的ですが、これは『太平記』のみが伝える説で、証拠となる史料は存在しません。

ただ、直義の死は尊氏による幽閉中だったこと、その死があまりにも突然だったこと、直義が没した日が奇しくも自身の宿敵であった高師直・師泰兄弟の一周忌に当たる日だったことなどから、あくまで推論の域を出ないにしても、毒殺説はかなりあり得る話だとわたしは思います。


e0158128_21590812.jpg

直義の死によって「観応の擾乱」は一応の決着を見ますが、直義派の武士による抵抗は、その後、尊氏の落胤で直義の養子となった足利直冬を盟主として、尊氏の死後まで続きます。


e0158128_21591271.jpg

現在、ここ御所八幡宮は安産・幼児の守り神として知られ、子供の夜泣き疳の虫退治に御利益があるという三宅八幡宮とともに「むし八幡」と呼ばれ、地元の人に親しまれています。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-01-23 23:59 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その182 「松岡城跡(勝福寺)」 神戸市須磨区

正平6年/観応2年(1351年)年2月17日に起きた「打出浜の戦い」に破れた足利尊氏軍は、西へ敗走して松岡城へ逃げ込みます。

その松岡城は、神戸市須磨区にある勝福寺付近だったといわれています。


e0158128_21595022.jpg

この辺りの住所は大手町といいますから、日本のあちこちにある大手という地名のほとんどがそうであるように、かつて城の正面にあたる場所だった名残だと考えられます。


e0158128_22014402.jpg

『太平記』巻29「松岡城周章事」によると、

「小清水の軍に打負て、引退兵二万余騎、四方四町に足ぬ松岡の城へ、我も我もとこみ入ける程に、沓の子を打たるが如にて、少もはたらくべき様も無りけり。」


とあります。

「小清水」とは、たぶん「越水」のことで、越水に陣を布いた足利直義軍のことでしょう。

「四方四町」というのがどのくらいの面積なのかわかりませんが、文面から見て、たいして大きな城ではなかったようですね。

『太平記』には、この時残った軍勢が「かれこれ五百騎に過ぎ候はじ」とありますから、城が狭くてほとんどの兵が閉め出されたということでしょうか。


e0158128_22062094.jpg


勝福寺の裏山に少しだけ登ってみましたが、登山道が整備されていて、遺構といえるかどうかはわかりませんでした。


e0158128_22032410.jpg

その裏山からの眺望です。

この日は天気が良くなかったので霞んでいますが、晴れていればが望めます。


e0158128_22040820.jpg

もはやこれまでと悟った尊氏は、ここ松岡城での切腹を決意したと伝わります。

その夜、別れの酒宴を開いていたところ、逃げたと思っていた尊氏の家臣・饗庭命鶴が駆け付け、直義との和議が成立したことを伝えました。

間一髪で切腹を取り止めた尊氏は、2月25日に松岡城を出発、山陽道を京へと引き返すのですが、その帰路、「その181」で紹介した鷲林寺の前で高師直が殺され、また、その翌年には足利直義が尊氏に殺害(異説あり)されたことで、「観応の擾乱」は一応の決着をみます。


e0158128_22084438.jpg

勝福寺の石段の上り口の左手に証楽上人の墓所があるのですが、このあたりを「ハラキリ堂」と呼んでいるそうで、切腹しようとした尊氏に由来していると考えられています。


e0158128_22084732.jpg

ところでこの松岡城、もうひとつの説として、打出浜の戦いの舞台から見て東にあたる鳴尾方面にあったという説もあります。

寛政年間(18世紀末)に刊行されてベストセラーとなった江戸時代の観光ガイドブック『摂津名所図会』によると、

松岡古城 小松鳴尾の山手にあり、観応二年将軍尊氏公、轟師直と共に退きて、ここに拠れり。


と記されています(参照:摂津名所図会)。

下の写真は西宮市の廣田神社にある江戸中期の案内板


e0158128_22123297.jpg

右下のあたりに「松岡古城」と書かれているのがわかるでしょうか?


e0158128_22123738.jpg

この地図は、『摂津名所図会』を元に作られたものだそうです。

現在では、先述した須磨区の勝福寺付近が通説とされていますが、だとしたら、『摂津名所図会』が刊行された当時、このあたりに城跡とみられる何らかの史跡が存在したのでしょうね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-01-17 23:34 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その181 「鷲林寺」 西宮市

西宮市にある鷲林寺を訪れました。

ここは、正平6年/観応2年(1351年)2月17日に起きた「観応の擾乱」における「打出浜の戦い」において、足利直義が陣を布いたとされる場所です。


e0158128_22264987.jpg

「光明寺合戦」で勝負を決することができなかった足利尊氏軍は、軍勢を兵庫に移し、摂津の赤松範資と合流して大軍を形成します。


e0158128_22294793.jpg

同年2月17日、ここ鷲林寺や越水に陣を布く直義に対し、これを攻めるべく尊氏は2万の軍勢を現在の神戸市東灘区の御影の浜に進めますが、あまりにも兵の数が多すぎて逆に統制がとれず、敗北を喫します。


e0158128_22322829.jpg

総崩れとなった尊氏は松岡城へ逃げ込み、そこで高師直を出家させるという条件で直義と和睦するのですが、師直らが京都に護送される途中、ここ鷲林寺前で養父を師直に殺された上杉能賢に襲われ、師直以下一族の多くが殺害されました。


e0158128_22323282.jpg

多宝塔です。


e0158128_22335510.jpg

ここを訪れたのは3月で、写真は裸木が目立ちますが、春は、秋には紅葉が綺麗なところです。


e0158128_22351966.jpg

敷地内にある石塔群です。

説明看板によると、これらの塔が作られたのは13世紀後半から14世紀初めと考えられているそうです。

あるいは、「打出浜の戦い」に関係してるかも・・・。


e0158128_22365054.jpg

七重塔に「信玄公墓」と書かれた木札が置かれていますが、そんな伝承があるそうです。

ただ、時代的に合わないようで、あくまで伝承の域をでません。


e0158128_22391016.jpg

この時代、大寺と城はセットだった場合が多く、かつてここにも鷲林寺(十林寺)城があったという説もあります。

そこで、寺の裏山を登ってみました。


e0158128_22391493.jpg

城跡らしき遺構は確認できませんが、登山道は大きな岩がゴロゴロと転がっていて、城の名残といえなくもない気がしましした。


e0158128_22402049.jpg

かなり急勾配な登山道で、しかも大きな岩が多いため、結構キツイ登山でした。


e0158128_22422822.jpg

15分ほど登ったところにある岩場からの眺望です。

北は宝塚方面から川西池田まで、東は広大な大阪平野、南は西宮から大阪湾を望む大パノラマです。


e0158128_22423116.jpg

正面に見下ろすのは、標高309.2mの甲山です。


e0158128_22440565.jpg

このロケーションですから、として利用しないはずがありません。


e0158128_22440973.jpg

かつて鷲林寺は寺領70町歩・塔頭76坊を誇る大寺院だったそうですが、見てのとおり、陣を布くのに絶好の場所にあったため、その後も幾度となく戦火に巻き込まれ、最後は、天正7年(1579年)の荒木村重討伐の織田軍により、鷲林寺は兵火にかかり、衰退していったそうです。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-01-14 08:32 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(2)  

太平記を歩く。 その160 「尊氏産湯之井」 京都府綾部市

前稿で紹介した「景徳山安国寺」の近くに、古い井戸跡があるのですが、ここは、足利尊氏が生まれたときに産湯として使用された井戸との伝承があるそうです。


e0158128_19171136.jpg

前稿でも紹介しましたが、ここ綾部市は旧丹波国何鹿郡八田郷上杉荘といい、尊氏の母・清子の実家である上杉氏の領国でした。


e0158128_19183177.jpg

説明看板によると、清子は出産のために故郷の丹波に帰り、安国寺の門前の別邸に住んで、当寺の地蔵菩薩安産を祈願し、嘉元3年(1305年)に尊氏を産んだと伝えられています。

700年前にも里帰り出産があったんですね。


e0158128_19230983.jpg

消えかかっていますが、「足利尊氏公産湯井戸」と刻まれています。


e0158128_19231333.jpg

後世に編纂された『難太平記』では、尊氏が出生して産湯につかった際、2羽の山鳩が飛んできて、1羽は尊氏のに止まり、1羽は柄杓に止まったという伝説を伝えています。

また、弟の足利直義の産湯の際にも2羽の山鳩が飛んできて、柄杓湯桶の端にとまったとか。

当時、山鳩は八幡宮の遣いと考えられており、源氏の祖である源八幡太郎義家を意味していました。

つまり、やがて天下人になるであろうお告げだったというんですね。

ただ、当時は執権北条一族に憚って、人々はこのことを口にしなかった・・・と。

やがて足利政権の時代がくると、あのときの八幡様のお告げは、やっぱり本当だった・・・と。

よく出来た話です(笑)。


e0158128_19231691.jpg

井戸の中を覗いてみましたが、ただの井戸でした。

当たり前ですが。


e0158128_19224826.jpg

近くには、尊氏の像がありました。


e0158128_19225167.jpg

この像は、平成15年(2003年)3月27日、京都縦貫自動車道(丹波綾部道路)綾部安国寺インターチェンジの新設を記念し、多くの市民や全国各地からの篤志により建立されたそうです。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-12-03 10:02 | 太平記を歩く | Trackback(1) | Comments(2)  

太平記を歩く。 その107 「千種忠顕戦死之地」 京都市左京区

前稿で紹介した雲母坂を登ること約1時間半、標高660mのあたりに、「千種忠顕戦死之地」と刻まれた大きな石碑があります。

ここは、比叡山に逃れた後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)を守っていた千種忠顕が、攻め寄せる足利直義軍と激戦の上、討死した場所と伝えられます。


e0158128_17512813.jpg

千種忠顕は早くから後醍醐天皇の近臣として仕え、元弘2年(1332年)の元弘の乱で天皇が隠岐島配流となると、これに付き従います。


e0158128_17513455.jpg

そしてその翌年、天皇が隠岐島を脱出して伯耆国船上山にて再び挙兵すると、伯耆国の名和長年とともにこれを助けます。

そして、楠木正成赤松則村(円心)らが京を奪還すべく各地で奮戦している報を受けると、天皇は忠顕を山陽・山陰道の総司令官に任命し、援軍として京に向かわせます。

千種軍は進軍途中で増え続け、『太平記』によると、その数20万7千騎にも及んだとか。

京に上った千種軍は赤松円心の六波羅探題攻めに加わり、やがて足利高氏(尊氏)寝返りもあって天皇方が勝利し、鎌倉幕府は滅亡します。


e0158128_17535842.jpg

建武の新政では結城親光、楠木正成、名和長年らと共に「三木一草」と称され、莫大な恩賞を受けますが、贅沢三昧の暮らしぶりが新政の批判の対象となり、出家に追い込まれます。

やがて、足利尊氏が新政に反旗を翻すと、忠顕は新田義貞北畠顕家らと共に天皇方として尊氏を追い、九州へ駆逐しました。

しかし、再び力を得た尊氏が「湊川の戦い」にて楠木正成を打ち破ると、忠顕は新田義貞らと共に天皇を比叡山に逃し、比叡山西側の登山道・雲母坂、つまりこの地にて足利軍と激突。

そして討死しました。


e0158128_17540251.jpg

『太平記』巻17「山攻事付日吉神託事」によると、足利軍は三石岳、松尾坂、水飲より三手に分れて攻撃し、迎え討つ千種忠顕、坊門正忠300余騎はよく守るも、松尾坂より進軍してきた足利軍に背後を突かれたため、一人残らず討死、全滅したとされています。


e0158128_17554946.jpg

石碑は千種家の子孫によって大正10年(1921年)5月に建てられたもので、高さは3m、巾65.5cm、基壇は三段の切石で積まれ、墓地の郭は直径約9mあります。

石碑にはめ込まれている銅板は、明治・大正の歴史学者・三浦周行によって撰文されたものです。


「卿ハ六条有忠ノ子ニシテ、夙ニ後醍醐天皇ニ奉仕ス。資性快活ニシテ武技ヲ好ミ、頗ル御信任ヲ蒙レリ。元弘元年、討幕ノ謀露レ、天皇笠置ニ潜幸シ給フニ当リ、卿之ニ扈従シ、城陥リテ天皇六波羅ニ移サレ給フニ及ビ、卿亦敵ニ捉ヘラレンモ、特ニ左右ニ近侍スルヲ許サル後、天皇ニ供奉シテ隠岐ニ赴キ、密ニ恢復ヲ図リ、元弘三年、天皇ヲ伯耆ニ遷シ奉リ綸旨ヲ四方ニ伝ヘテ義兵ヲ起サシメ、又自ラ兵ニ将トシテ六波羅ヲ攻メテ、之ヲ陥レ、神鏡ヲ宮中ニ奉安セリ。尋デ北条氏亡ビ、車駕京都ニ還幸アラセラルルヤ、卿之ガ先駆タリ。天皇厚ク其首勲ヲ賞シ給ヒ、従三位ニ叙シ、参議ニ任ゼラル。中興ノ政治参著スル所亦多シ。既ニシテ足利尊氏、大挙シテ京都ヲ攻メ、天皇延暦寺ニ幸シ給フ。尊氏弟直義ヲシテ兵ヲ進メテ、行在ヲ侵サシム。卿之ヲ西坂本ニ拒ギシモ、利アラズ、終ニ此地ニ戦死ス。時ニ延元元年六月七日ナリ。大正八年、其功ヲ追賞シテ、従二位ヲ贈ラル。

大正十年五月

文学博士 三浦周行撰並書」


e0158128_17571998.jpg

ここを訪れたのは4月22日で、外界のは散ってしまっていたのですが、標高660mのこの地では、まだ桜が残っていました。


e0158128_17581499.jpg

また、ここから北へ200mほどの登山道の端に「千種塚旧址」と刻まれた小さな石碑がありました。

いつ建てられたものかはわかりませんが、かなり古いもののようでした。


e0158128_17591945.jpg

「千種忠顕戦死之地」から少し南西に下ったところにある休憩所からの眺望です。

京都市内が一望できます。

写真右下の小高い山が宝ヶ池、その向こうに見える山が金閣寺などのある北山地区で、さらに遠くに見えるのが、嵐山です。

写真中央左に見える小さな森が下鴨神社で、その左奥に見える大きな森が京都御所、さらにその向こうには、二条城が見えます。

比叡山と都を結ぶこの雲母坂は、1000年以上、すっと京の町を見下ろしています。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-08-18 20:35 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その91 「湊川公園」 神戸市兵庫区

前稿「楠木正成本陣跡」から直線距離にして約1km弱東にある湊川公園です。

この辺りは、延元元年/建武3年(1336年)5月25日に起きた「湊川の戦い」で、楠木正成軍と足利尊氏の弟・足利直義を司令官とする陸軍が激突した場所です。


e0158128_19060960.jpg

公園内には、巨大な楠木正成の騎馬像が建てられています。

600回目の正成の命日に当たる昭和10年(1935年)5月25日、神戸新聞社の音頭で、楠正成公600年祭に市民の浄財で建設されたそうです。


e0158128_19104409.jpg
e0158128_19090089.jpg



精悍な顔をしています。


e0158128_12035864.jpg
e0158128_12010761.jpg

説明板です。


e0158128_12012043.jpg

こちらは、『大楠公六百年祭齋行之碑』です。


e0158128_12012555.jpg

公園の片隅には、『旧湊川址』と刻まれた石碑があります。

現在、湊川はここから2kmほど西に「新湊川」と呼び名を変えて流れていますが、当時の湊川は、今の新開地本通りを流れていました。


e0158128_12063772.jpg

『太平記』巻16「正成兄弟討死事」によれば、楠木軍約700に対して、足利軍50万

まあ、これはかなり盛った数字かと思われますが、兵力に大差があったのは事実でしょう。

数の上では圧倒的に不利な楠木軍もよく奮戦し、一時は大将の捕まえんとするところまでいったといいますが、結局は多勢に無勢、約6時間の奮戦のすえ、正成は弟の楠木正季とともに自刃して果てます。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-07-22 21:24 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その7 「雀の松原」 神戸市東灘区

元弘元年(1331年)の笠置山の戦いに敗れた後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)は、翌年、隠岐島に配流となります。

その道中、後醍醐天皇は現在の神戸を通過するのですが、そのとき、ここ「雀の松原」を通ったと伝えられます。


e0158128_17123037.jpg

現在は住宅街のなかにある小さな公園に石碑のみが建てられていますが、かつてこのあたりは海岸線で、松林があったそうです。


e0158128_17135624.jpg

『太平記』より更に古い『源平盛衰記』『平家物語』にもその名称は見られ、後醍醐天皇のことが書かれた『増鏡』では、「(後醍醐天皇は)雀の松原、布引の滝など御覧じやらるるも、……生田の里をば訪はで過ぎさせ給ぬめり。湊川の宿に著かせ給へる」とあり、後醍醐天皇がここ雀の松原や布引の滝を見ながら隠岐へと流されていったことがわかります。


e0158128_17145515.jpg

碑文

「竹ならぬかげも雀のやどりとは、いつなりにけん松原の跡」


e0158128_17164555.jpg

側面には「中納言公尹卿」とあります。

鎌倉時代の公卿、洞院公尹のことです。


e0158128_17183852.jpg

右側の小石碑表面には

「雀松原遺址、杖とめて千代の古塚とへよかし是や昔の雀松原 平安山田寿房」

とあります。

調べてみましたが、山田寿房という人のことはよくわかりません。


e0158128_17201910.jpg

この石碑は阪神電鉄開通工事の際、軌道敷内にあって取り壊された真の旧蹟を惜しんで、地主が所有地を地盛りして若松を植え、移設したものだそうです。


e0158128_17222423.jpg

また、これより20年後の正平6年(1351年)に、足利尊氏足利直義兄弟が互いに戦った場所でもあります。(観応の擾乱)

打出の鷲林寺に陣を置く直義に対し、尊氏はこれを討つべく2万の軍勢を進めますが、兵が多すぎて逆に身動きが取れないと察知した尊氏の部下・薬師寺次郎左衛門公義が自らの手勢をここ雀の松原に待機させた場面が『太平記』に描かれており、そこには「一族の手勢二百余騎、雀ノ松原の木陰にひかえて」とあります。

結局、この打出・御影浜の戦いでは、大軍で統制がとれなかった尊氏方は敗れ、総崩れとなって西へ敗走します。


さて、次稿では、同じく後醍醐天皇が通ったという「布引の滝」を訪れます。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-02-01 17:33 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)