人気ブログランキング |

タグ:足利義詮 ( 3 ) タグの人気記事

 

太平記を歩く。 その189 「正平の役(八幡の戦い)古戦場跡」 京都府八幡市

正平7年/文和元年(1352年)閏2月19日、後村上天皇(第97代天皇、南朝第2代天皇)が都を臨む男山八幡に入ると、翌日には南朝方武将の楠木正儀北畠顕能らが足利尊氏不在の隙を突いて入京し、尊氏の嫡男・足利義詮に攻撃を仕掛け、近江に追いやります。

京で捕らえられた光厳上皇(北朝初代天皇)、光明上皇(北朝第2代天皇)、崇光上皇(北朝第3代天皇)、直仁親王は当時南朝方の拠点だった賀名生に移され、ここに、17年ぶりに南朝方が京の都に返り咲きました。

しかし、その喜びもつかの間の3月15日、近江で勢力を盛り返した義詮軍が再び都を奪還し、3月21日には男山八幡の後村上天皇行宮を包囲。

ここから約2ヵ月、包囲戦が行われます。

世にいう「正平の役」です。

「八幡の戦い」ともいいますね。

前稿で紹介した「八幡行宮阯」から南へ約2kmの間には、その古戦場跡を示す石碑が数か所に建てられています。


e0158128_23053267.jpg
e0158128_23035763.jpg

まず、八幡行宮阯から歩いて5分ほど南下したあたりにある本妙寺の入口には、「正平役城之内古跡」と刻まれた石碑が立っています。

写真後ろの石碑です。

「城之内」ということは、このあたりも後村上天皇行宮の中だったってことでしょうか?


e0158128_23040236.jpg

石碑裏面です。

「昭和二年十月」と刻まれています。


e0158128_23065733.jpg

続いて、本妙寺から南に5分ほど歩いた場所にある八幡市民図書館の前には、「正平役園殿口古戦場」と刻まれた石碑もあります。


e0158128_23081540.jpg

『太平記』巻31「八幡合戦事付官軍夜討事」の中に、「顕能卿ノ兵、伊賀、伊勢ノ勢三千余騎ニテ、園殿口ニ支テ戦フ」という記述があり、おそらくその「園殿口」というのが、このあたりなんでしょうね。


e0158128_23081925.jpg

こちらの石碑の裏にも「昭和二年十月」と刻まれています。


e0158128_23113017.jpg

八幡市民図書館から1.5kmほど南下した八幡大芝にある八角堂の近くには、「正平役血洗池古蹟」と刻まれた石碑があります。

「血洗池」とは物騒な名称ですが、池に茅原が茂っていたため、茅原(チハラ)が訛って、古戦場ということも相まってこう呼ばれるようになったのではないかと考えられているそうです。


e0158128_23113698.jpg

この石碑がなかなか見つけられずに苦労しました。

近くを何回も通り過ぎていたのに気付かずで・・・。


e0158128_23114037.jpg

こちらは、「昭和二年七月」と刻まれています。


e0158128_23142439.jpg

最後に、「正平役血洗池古蹟」から南へ200mほど下ったところにある松花堂庭園前の交差点に、「正平七年役神器奉安所 岡の稲荷社」と刻まれた石碑があります。


e0158128_23142828.jpg

岡の稲荷社は、戦いに敗れた後村上天皇が賀多生へ落ちのびる際、この地に三種の神器隠し置いたと伝えられ、それを狐が守護していたため、のちに稲荷社が建てられたと伝えられるそうです。


e0158128_23143210.jpg

こちらも裏面には「昭和二年七月」と刻まれています。


e0158128_23175970.jpg

3月21日に始まった攻防戦は、洞ケ峠、財園院、森の薬園寺、園の法圏寺口、足立寺の佐羅科、如法経塚など、男山八幡を囲む各所で戦闘がくりひろげられましたが、南朝方は次第に兵糧が少なくなり、5月11日、後村上天皇は八幡を出て再び賀名生に落ち延びます。


e0158128_23180392.jpg

ちなみに余談ですが、上記で紹介した石碑は、すべて、幕末から明治・大正にかけて京都で帯織物業で財を成した三宅安兵衛という人の遺言によって、その長男・三宅清治郎氏が私財を投げ打って建てたものだそうで、石碑は京都市内から八幡市、宇治市、京田辺市、精華町、井手町、山城町、加茂町に広がり、その数は400を越えるといわれています(参照:三宅安兵衛の碑)。

上記裏面の写真をよく見てみると、すべて「三宅安兵衛依遺志建立」と刻まれていますね。

清治郎さん自身の名を刻まず、亡き父の名を刻んだあたりも、三宅清治郎という人の人となりをうかがい知ることができる気がします。

一度、「三宅安兵衛の碑めぐり」というのをやってみるのも、面白いかもしれませんね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-01-26 23:05 | 太平記を歩く | Comments(0)  

太平記を歩く。 その178 「石龕寺」 兵庫県丹波市

兵庫県丹波市にある石龕寺までやってきました。

難しい漢字ですが、石龕寺(せきがんじ)と読みます。

ここは、「観応の擾乱」にて敗れた足利尊氏とその嫡子・足利義詮が、一時この地に身を寄せたと伝わる寺です。


e0158128_10235613.jpg

「観応の擾乱」とは、南朝、北朝の争いが続くなかで起きた、足利氏内部での内紛のことをいいます。

征夷大将軍に任ぜられ幕府を開いた足利尊氏は執事・高師直とともに、地方武士を取り込み、新体制を樹立しようとしていました。

しかし、尊氏の弟・足利直義は、こうした体制に反対で、鎌倉幕府的体制の再建をめざします。

こうして、尊氏・高師直と直義は対立することになり、とうとう両者は武力衝突してしまうんですね。

これが正平5年/観応元年(1350年)からの「観応の擾乱」です。


e0158128_10240018.jpg

まず、尊氏の子で直義の養子となっていた足利直冬が九州で挙兵、これを討つため尊氏が九州へと向かったすきに、直義は京を固めてしまいます。

それを知った尊氏は、年が明けた正平6年/観応2年(1350年)年1月、京へ引き返して直義と戦うも負けてしまい、兵庫へ落ちのびます。

その際、一時身を潜めていたのが、ここ石龕寺だったと伝わります。


e0158128_10240316.jpg

『太平記』巻29「将軍親子御退失事付井原石窟事」によれば、尊氏は嫡子の義詮に仁木頼章、義長兄弟を添え、2000騎を当地に留めたといいます。

このとき、石龕寺の僧が足利氏に丹波栗を献上したそうで、それを受けた義詮は、そのひとつに爪痕を付け、「都をば出て落ち栗の芽もあらば世に勝ち栗とならぬものかは」(もしこの栗が芽を出せば、都に出て天下を取ったものと思ってくれ)という歌を添え、栗を植え立ち去りました。

その後、首尾よくそのとおりとなったため、「爪あと栗」または「ててうち栗」として伝えられるそうです。


e0158128_10240770.jpg

仁王門の金剛力士像(仁王像)は仁治3年(1242年)に作られたもので、国の重要文化財に指定されています。

ということは、尊氏、義詮も同じものを目にしたんですね。


e0158128_10283096.jpg

携帯電話も圏外になるほど人里離れた山奥にある石龕寺は、その名称のどおり、城郭のごとく各所に石垣が積まれています。


e0158128_10294716.jpg

本堂です。

方三間、宝形造り、銅板葺、唐破風向拝付です。


e0158128_10310436.jpg

本堂前にある巨木「コウヨウザン」です。

推定樹齢300年だそうですから、さすがに、『太平記』の時代は知りません。


e0158128_10340576.jpg
e0158128_10340923.jpg
e0158128_10341331.jpg

とにかく石垣が見事です。


e0158128_10370199.jpg

本堂横には、奥の院に向かう参道入口があります。

ここから奥の院まで約30分の登山です。


e0158128_10370526.jpg

登山口を登るとすぐに、防獣柵があります。

ここを開けて進むと、道はいきなりハードになります。


e0158128_10393740.jpg

道中、明らかに石垣跡と思われる遺構が所々に点在していました。


e0158128_10394253.jpg

ここも、この時代の他の大寺院がそうであるように、寺と城が一体となって要塞化した武装寺院だったのでしょうか?


e0158128_10431363.jpg

急斜面を約30分登ると、建物が見えてきました。


e0158128_10431707.jpg

どうやら鐘楼のようです。


e0158128_10432547.jpg
e0158128_10432276.jpg

奥の院鐘楼からの眺望です。


e0158128_10453799.jpg

石灯籠群の道を更に奥に進みます。


e0158128_10454083.jpg

奥の院拝殿です。


e0158128_10490362.jpg

さらに奥に進むと、休憩小屋が建てられた平坦地に、「足利将軍屋敷跡」と刻まれた石碑が建てられています。

どうやら、尊氏、義詮がしばらく逗留していたというのは、この場所のようです。


e0158128_10490712.jpg

でも、すいぶん狭小な敷地で、どう考えても、ここに2000の兵を留め置いたとは思えません。

たぶん、ここには将軍と側近の仁木兄弟と、身の回りの世話をする小姓が少数いたのみで、あとは、ここに登ってくる途中にあった石垣跡などにあったと思われる曲輪などにいたんでしょうね。


e0158128_10510084.jpg

ここ石龕寺は紅葉が美しいことで有名で、毎年11月第3日曜日には「もみじ祭り」が催されます。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-01-10 23:04 | 太平記を歩く | Comments(0)  

太平記を歩く。 その169 「楠木正行首塚・足利義詮の墓(寶篋院)」 京都市右京区

「その166」「その168」楠木正行の墓を紹介しましたが、京都の嵯峨にある寶篋院にも、正行の首塚と伝わる石塔があります。


e0158128_19501175.jpg

正門の前には「小楠公菩提寺寶篋院」と刻まれた石碑があります。


e0158128_19515791.jpg

正門をくぐると、楓の木のトンネルが迎えてくれます。

紅葉の季節に来ればさぞ美しかったでしょうが、ここを訪れたのは10月2日、紅葉はまだ1か月以上先です。


e0158128_19531222.jpg

境内のいちばん奥に首塚はあります。

その入り口には、「小楠公首塚之門標」と刻まれた石柱があります。


e0158128_19551010.jpg

そして、これがその首塚。

立派な玉垣で囲われていますが、よく見ると、中には石塔が2つあり、石扉にも2種の紋章が・・・。


e0158128_19555999.jpg

なっなんと、足利家の二つ引両紋楠木家の菊水紋が並んでいます。

敵同士であるはずの両家の紋章がなぜ????


e0158128_19574944.jpg

ここ寶篋院中興の祖である黙庵周諭禅師が、楠木正行の生前に相識り、正行から後事を託されていたそうで、正行が正平3年/貞和4年(1348年)1月5日の「四條畷の戦い」に敗れて自刃すると、黙庵はその首級を生前の交誼により、ここ寶篋院の前身である善入寺に葬ったそうです。

その後、黙庵から正行の話を聞いた室町幕府2代将軍・足利義詮は、正行の人柄を褒めたたえ、自分もその傍らに葬るように頼んだといいます。

義詮が死没したのは正平22年/貞治6年(1367年)と伝えられますから、まだ、南北朝は分裂したままの時代。

そんな時代に、ここでは南朝・北朝の隔たりを超えた空間があったんですね。

これって、当時はスゴイことだったんじゃないかと。


e0158128_19591220.jpg

右が正行の首塚で、左が義詮の墓石。

義詮の方がずいぶん立派ですが、まあ、将軍ですからね。

これぐらいの差はあって当然なんじゃないかと。


e0158128_20003622.jpg

本堂です。


e0158128_20030231.jpg
e0158128_20030656.jpg

本堂の中には、正行の木像が安置されていました。


e0158128_20043226.jpg

こちらの絵は、「黙庵禅師と楠木正行」だそうです。


e0158128_20031128.jpg

こちらは、「四条畷合戦の図」


e0158128_20064791.jpg

義詮が没すると善入寺はその菩提寺となり、8代将軍足利義政の代になって、義詮の院号に因んで寶篋院と改められたそうです。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-12-16 02:04 | 太平記を歩く | Comments(2)