タグ:邸跡 ( 18 ) タグの人気記事

 

幕末京都逍遥 その145 「伏見土佐藩邸跡」

前稿伏見長州藩邸跡前々稿伏見薩摩藩邸跡を見て回ったので、となれば、次は土佐藩邸跡に行かないわけにはいきません。


e0158128_13125123.jpg


土佐藩邸跡の石碑は、長州藩邸から300mほど東に建てられています。


e0158128_13125950.jpg


慶応4年1月3日(1868年1月27日)に始まった鳥羽・伏見の戦いで、土佐藩兵は警備についてはいましたが、前藩主山内容堂は、この戦いは薩摩・長州会津・桑名私闘と考え、戦いに参加しないように藩士たちに命じていました。

前年に薩摩藩と同盟を結んでいた土佐藩でしたが、土佐藩は薩長と少し事情が違っていました。

関ヶ原の戦いで徳川家に楯突いた島津家、毛利家と違い、山内家は関ヶ原の戦いの戦功で土佐国24万石を与えられた歴史を持つ徳川家恩顧の大名でした。

なので、容堂としては、できるだけ徳川家と敵対したくなかったんですね。


e0158128_13130584.jpg


しかし、藩大目付の板垣退助が、戦いが起こったときには薩摩藩に味方するように藩士たちに言い含めていたため、一部の兵が容堂の命令に背いて薩摩藩に加わり戦いました。

板垣はもとより武力倒幕論の持ち主で、薩長に遅れまいと水面下で動いていたんですね。

その甲斐あって、のちの明治政府では土佐藩が薩長土肥3番手の座に座ることとなります。

しかし、1、2番手と3番手の差は、あまりにも大きかったのですが。


e0158128_13130997.jpg


伏見薩摩藩邸跡の石碑には坂本龍馬の名が刻まれていましたが、こちらには石碑にも説明板にもまったくその名がありません。

寺田屋には頻繁に出入りしていた龍馬でしたが、ここ土佐藩邸には寄り付くことはほとんどなかったようです。

脱藩浪士という立場ですから、当然ですが。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-06 15:01 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その144 「伏見長州藩邸跡」

前稿伏見薩摩藩邸跡を紹介したので、続いて伏見長州藩邸跡を訪れないわけにはいきません。

薩摩藩邸跡より800mほど南下した寺田屋の近くに、長州屋敷がありました。


e0158128_21401320.jpg


現地説明板によると、長州藩邸がこの地に置かれたのは江戸時代中期ごろと考えられているそうです。


e0158128_21411291.jpg


元治元年7月19日(1864年8月20日)の「禁門の変(蛤御門の変)」の際、長州軍は嵯峨天龍寺山崎天王山、そして、ここ伏見長州藩邸の3ヶ所に陣を布き、進軍を開始しました。

嵯峨天龍寺に来島又兵衛が、山崎天王山には久坂玄瑞や久留米藩士の真木和泉が、そして、ここ伏見には家老の福原越後(元僴)が宿営していました。

変当日、福原越後率いる500の兵は、竹田街道から北上すべく進軍しましたが、途中で会津、桑名、大垣藩と遭遇して衝突。

しかし、多勢に無勢で敗走し、一度藩邸に戻ったうえで体制を整えようとするも、京橋から彦根藩の砲撃を受け、ここ伏見藩邸も焼失してしまいました。

結局、戦いは1日で決し、長州軍の大敗北で幕を閉じます。


e0158128_21443552.jpg


その後、福岡は帰国しますが、第一次長州征伐の戦後処理に際して、交渉に来た薩摩藩の西郷隆盛の要求によって、福原越後は他の二家老とともに切腹の沙汰を受けました。

享年50。


e0158128_21432141.jpg


伏見の藩邸を失った長州藩は、以後、鳥羽・伏見の戦いまで京都に足を踏み入れることができなくなります。

もっとも、水面下では他藩士に扮して多くの長州藩士が紛れ込んでいたようですけどね。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-05 01:49 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その143 「伏見薩摩藩邸跡」

前稿で紹介した大国寺から西に100mほど歩いたところに、「薩摩島津伏見屋敷跡」と刻まれた石碑があります。

江戸時代、ここに伏見薩摩藩邸がありました。


e0158128_21323454.jpg


徳川幕府は第3代将軍徳川家光以後、約230年間、江戸にこもって京都にやってきませんでした。

そのため、原則として諸大名にも上洛を禁じました。

西国大名が参勤交代のため江戸と本国を往復するときも、京都ではなく伏見を通りました。

なので、西国諸藩は伏見に拠点となる藩邸を置いていたんですね。


e0158128_21330400.jpg


島津斉彬の養女として第13代将軍徳川家定に輿入れすることとなった篤姫も、薩摩から江戸にむかう途中の嘉永6年9月29日(1853年10月31日)、この屋敷に入ったと伝わります。

篤姫はここを拠点に、10月2日に洛中の近衛家へ、同4日に東福寺を訪問し、同5日に萬福寺を訪問し、同6日に伏見を発ちました。

篤姫は以後、一度も京都を訪れないので、この地は彼女の生涯たった1度の「京都観光」の宿舎だったわけですね。

石碑の側面には、「天璋院篤姫洛中洛外滞在時の宿泊地」と刻まれています。


e0158128_21344500.jpg


また、石碑の反対側の側面には「坂本龍馬 寺田屋脱出後 避難之地」と刻まれています。

「その138」で紹介した寺田屋において、慶応2年1月23日(1866年3月9日)に襲撃されて負傷した坂本龍馬は、「その141」で紹介した材木小屋に身を潜めたあと、長府藩士の三吉慎蔵やのちに妻となるお龍の通報によって助け出され、ここ薩摩藩邸に保護されました。

薩摩藩邸の石碑に土佐人の名が刻まれるというのも、珍しいですね。


e0158128_21341534.jpg


その後、薩摩藩邸は鳥羽・伏見の戦い時に会津藩兵らによって焼き払われました。

現在、その跡地は酒造会社の敷地になっています。


「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-10-04 00:09 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その125 「岩倉具視公旧蹟九兵衛宅址碑」

「その123」で紹介した「岩倉具視幽棲旧宅」から直線距離で1kmほど南東に、「岩倉具視公旧蹟九兵衛宅址」と刻まれた石碑があります。

九兵衛とは、岩倉具視の乳父山本九兵衛のことだそうです。


e0158128_16470851.jpg


乳母ならよく知っていますが、乳父ってあまり聞いたことがないですよね。

そもそも、なんて読むのでしょう?

ちちちち?(笑)

父は乳出ないし!(笑)

武家社会では、傅役といった父親代わりになって躾ける家臣がいましたが、公家社会の場合、乳父といったのでしょうか?


e0158128_16471185.jpg


岩倉具視は岩倉村に蟄居してからも、たびたび命を狙われる危険に晒されました。

そんなとき、ここ花園村の九兵衛宅に身を寄せて難を逃れたといいます。


e0158128_16471574.jpg


石碑は現在、民家の門の横に建っています。

なので、あまり引きの写真を撮るに憚られ、石碑のみのアップ写真を掲載します。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-09-05 23:45 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その123 「岩倉具視幽棲旧宅」

洛北の旧岩倉村地区やってきました。

この村には、幕末、都から追放された岩倉具視幽棲した屋敷がありました。


e0158128_15530703.jpg


現在、その屋敷は国の史跡に指定されています。


e0158128_15531280.jpg


門の前には、「岩倉具視幽棲宅」と刻まれた石碑があります。


e0158128_15554057.jpg


文政8年(1825年)に参議正三位・堀河康親の次男として生まれた具視は、天保9年(1838年)に公卿・岩倉具慶の養子になります。

安政元年(1854年)には孝明天皇(第121代天皇)の侍従となり、次第に朝廷内において台頭し、発言力を増してきました。

若き日の具視は攘夷派で、幕府の推し進める日米修好通商条約の調印に反対して「廷臣八十八卿列参事件」の中心人物となりますが、その後、幕府との調和の必要性を悟り、公武合体をすすめるため、孝明天皇の妹・和宮親子内親王の将軍家への降嫁を推進ます。

このとき具視は、将軍・徳川家茂から直筆の誓書を提出させることに成功し、孝明天皇から直々にその功労を労われました。

具視の推し進めた公武合体は、あくまで朝廷主導の公武合体であり、一貫して朝廷権威の高揚に努めていたのですが、ところが、尊皇攘夷派は具視を佐幕派の巨頭と見るようになり、尊攘派の圧力によって失脚に追い込まれます。


e0158128_15554383.jpg


文久2年(1862年)8月に蟄居処分となって朝廷を去った具視は、落飾して西賀茂の霊源寺や洛西の西芳寺に身を隠しますが、同年10月に長男の岩倉具綱がここ岩倉村に住居を用意してくれたので、移り住みました。

以降、洛中への帰参が許される慶応3年(1867年)11月まで、この地で5年間も蟄居生活を送ることとります。


e0158128_15554609.jpg


岩倉村に移り住んだ当初は、藤屋藤五郎廃屋を借りて住んでいましたが、その後、元治元年(1864)大工の藤吉の居宅(現在の附属屋)を購入し、主屋繋屋を増築して住居としたのが、この屋敷です。


e0158128_15572694.jpg


その主屋です。


e0158128_16003355.jpg


茅葺の質素な外観の建物で西側に玄関である式台を設け、玄関、6畳の次の間、床の間のある6畳の座敷と東西一列に部屋が並ぶ間取りで、南側に縁側を設けています。


e0158128_16122265.jpg


慶応3年(1867年)になると、土佐の坂本龍馬中岡慎太郎、薩摩の大久保利通など倒幕派の志士たちが頻繁に具視のもとへ訪れるようになりますが、彼らとの面会は、この主屋で行われていたと伝わります。


e0158128_16013071.jpg


障子は具視の孫である東伏見宮周子が御所から譲り受けたものだそうで、外側から見ると普通の障子ですが、内側から見ると、変わったデザインになっています。


e0158128_16032091.jpg


主屋は、その東伏見宮周子によって昭和7年(1932年)に「鄰雲軒」と名付けられました。


e0158128_16032344.jpg


主屋の玄関


e0158128_16042329.jpg


主屋の北側にある附属屋です。

具視がここに移り住んだ当初は、この附属屋だけだったそうです。


e0158128_16051583.jpg


附属屋の中。


e0158128_16073222.jpg


主屋と附属屋の間の中庭


e0158128_16085285.jpg


主屋西側の中門と正門


e0158128_16124333.jpg


その中門をくぐると、主屋南側のがあります。

庭の向こうに、何やら墓石のような石碑が見えます。


e0158128_16143552.jpg


岩倉村瘞髪碑(遺髪碑)だそうです。

具視の遺髪が埋葬されているそうです。


e0158128_16144313.jpg


碑文は具視の右腕だった井上毅によるものです。


e0158128_16172912.jpg


遺髪碑の北隣には、具視の子息・岩倉具定、岩倉具経の碑もあります。

碑文は、大久保利通の子息・大久保利武によるものです。


e0158128_16185098.jpg


遺髪碑の東側には、具視手植のものと伝わる松の巨木があります。


e0158128_16185345.jpg


最後に、岩倉具視の遺品類や明治維新関係文書などを展示・収蔵するために昭和3年(1928年)に建設された「対岳文庫」です。

「対岳」とは具視の雅号で、ここ岩倉村に対峙する雄大な比叡山を見て名付けたそうです。

岩倉村で幽棲すること5年、王政復古の大号令とともに、具視は再び中央政界に復帰するべくここ岩倉村をあとにします。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-08-31 16:30 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その87 「京都守護職上屋敷跡(京都府庁)」

京都府庁京都府警察本部のあるあたりに、かつて京都守護職上屋敷がありました。

現在、その敷地内には石碑が建てられています。


e0158128_19514335.jpg


上の写真は京都府庁の旧本館です。

明治37年(1904年)の建築で、国の重要文化財に指定されています。


e0158128_19560215.jpg


京都守護職として京に入った会津藩主・松平容保は、当初、「その83」で紹介した金戒光明寺に本陣を置きますが、御所から遠いということで、朝廷からの要請もあって御所から近いこの地に屋敷を置きました。

屋敷は市中に数カ所あったといいますが、ここはそのひとつです。

当時の屋敷の広さは、約3万坪ほどあったといいます。

「その81」で紹介した「京都守護職屋敷門」は、ここから移設されたものです。


e0158128_19560671.jpg


これが、敷地内にある「京都守護職屋敷跡」と刻まれた石碑です。

側面には「昭和七年十一月建之」と刻まれています。


e0158128_19561888.jpg
e0158128_19562839.jpg


旧庁舎の建物内は見学できますが、シリーズとは関係ないので、また別の機会に。

その庁舎の中庭に、「容保桜」と呼ばれる大きな桜の木が植えられていました。


e0158128_19590823.jpg


説明看板によると、特に容保が植えたというわけではなく、単に、京都守護職屋敷跡ということに因んでそう名付けられたそうです。

実際に、この地にいたときの容保は、桜を鑑賞するような心のゆとりはなかったんじゃないでしょうか。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-07-04 23:20 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その45 「梅田雲浜邸跡」

京都市営地下鉄「烏丸御池駅」を地上に上がって100mほど北上したオフィス街の歩道に、「梅田雲浜邸址」と刻まれた石碑があります。

大正6年(1917年)に建てられたもののようです。


e0158128_19582244.jpg


「その12」の稿でも紹介しましたが、梅田雲浜は小浜藩出身の儒学者で、幕末初期の攘夷運動を牽引した思想家でした。

しかし、幕府大老・井伊直弼の進めた「安政の大獄」による逮捕者第1号となり、激しい拷問を受けたすえ、獄中死してしまいます。


e0158128_19582807.jpg


雲浜が幕府に捕えられたとき、この地にあった自宅にいました。

幕吏が「御上意」と叫んで屋敷内に踏み込もうとすると、雲浜は「少々御猶予を願いたい」と言い、着物を着替えて髪を結い直し、身なりを整えたといいます。

そして、を引き寄せて次の2首の歌を詠みました。


契りにし そのあらましも 今はただ おもひ絶えよと 秋風ぞ吹く

君が代を 思ふ心の 一筋に 吾身ありとも 思はざりけり


最初の歌には、身を殺して、できる限りのことを全てやり尽くし、後は全て天命に委ねるという清々しい気持ちが詠われています。


e0158128_19583291.jpg


幕吏は雲浜を駕籠で連行しようとしますが、雲浜は「俯仰天地に恥じることはない。」と言って駕籠を拒否し、縄付のまま堂々と奉行所まで闊歩したといいます。

さすがは、吉田松陰から「『靖献遺言』で固めた男」と呼ばれた人物といえるエピソードです。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-05-02 00:04 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その42 「古高俊太郎邸跡」

池田屋跡から500mほど南下した河原町通木屋町通の間の細い路地の一角に、「古高俊太郎邸跡」と刻まれた石碑が建っています。

古高俊太郎は攘夷派の志士で、池田屋事件の発端となった人物です。


e0158128_17584798.jpg


古高俊太郎は近江国大津出身で、京都に移住したのち梅田雲浜に師事し、尊皇攘夷思想を学びます。

その後、同士のひとりだった湯浅五郎兵衛の依頼で、湯浅喜右衛門の養子となり、小道具の「桝屋」を継いで枡屋喜右衛門と名乗ります。

その「桝屋」のあった場所が、このあたりだったそうです。


e0158128_17585331.jpg


現在は「しる幸」という名の料理屋があります。


e0158128_17585672.jpg


小道具の「桝屋」の主となった古高でしたが、それは表向きの仮の姿で、密かに武器を集めて尊攘派を援助するなど、諜報活動の大元締めとして活動していました。

しかし、元治元年6月5日(1864年7月8日)、新選組に踏み込まれて捕縛され、武器弾薬を押収された上に、諸藩浪士との書簡血判書が発見されてしまいます。

新選組屯所に連行された古高は、近藤勇土方歳三から直々に厳しい取り調べを受け、当初は口を閉ざしていたものの、2階から逆さ吊りにされて足の甲から五寸釘を打たれ、貫通した足の裏の釘に百目蝋燭を立てられて火をつけられるなどの過酷な拷問を受け、ついに力尽きて自白します。

その内容は、数十人が徒党して、風向きを考えた上で御所に火を放ち、佐幕派公卿の中川宮朝彦親王を幽閉して京都守護職の松平容保ら佐幕派大名を殺害し、天皇を長州へ連れ去ろうという超過激な計画で、しかも、近々市中で同志の集会があることも判明します。

その会場が、池田屋だったわけです。


e0158128_17590157.jpg


池田屋事件後も古高はに繋がれていましたが、同じ年の禁門の変の際における火災で獄舎近辺まで延焼、火災に乗じて逃亡することを恐れた役人により、判決が出ていない状態のまま他の囚人とともに斬首されました。

享年36。

現在、東山霊山には墓石があり、福勝寺には遺髪墓があります。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-04-26 23:59 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

幕末京都逍遥 その33 「長州藩邸跡」

京都市営地下鉄東西線「京都市役所前」駅をの地上にあるホテルオークラの南側に、「長州屋敷跡」と刻まれた石碑があります。

かつてこのホテルの敷地には、長州藩邸がありました。


e0158128_16581909.jpg


説明板によると、藩邸は、はじめ南北2か所に分かれ、北側屋敷は表口39間(約70m)、裏行31間(約56m)、南側屋敷は表口30間(約54m)、裏行8間(約14m)に及んだといいます。


e0158128_16582662.jpg


元治元年7月19日(1864年8月20日)の禁門の変(蛤御門の変)で、会津、薩摩を中心とする朝廷、幕府側に敗れた長州藩は、自らこの邸内に火を放ち、京都を逃れたそうです。

邸内の放火はたちまち市中に延焼し、晴天続きで乾燥状態にあった京のまちは、たちまち火の海と化します。

その戦火は3日に渡って燃え続け、堀川鴨川の間、一条通七条通の間の3分の2が焼き尽くされました。

『甲子兵燹図』に描かれたそのさまは地獄絵図さながらで、命からがら逃げおおせた人々も、山中から呆然と市中の火の海を眺めるばかりだったといいます。

一説には焼失戸数は4万2千戸ともいわれ、253の寺社、51の武家屋敷が焼けました。

市民は家を失い、家族と離れ離れになり、まちは蝿のたかる死体が積み上がりました。

後世に伝わる「禁門の変」「蛤御門の変」といった呼び名は、戦を起こした当事者であるのちの明治政府が、この戦いをなるべく小さくみせるためにつけた名称で、当時の呼び方では、干支をとって「甲子(きのえぬ)の戦争」といわれたそうです。

ホテルオークラ東面北側には、木戸孝允のほぼ等身大のがあります。


e0158128_16585744.jpg
e0158128_16590073.jpg


なかなかイケメンですね。

まあ、残されている写真を見ても、なかなかな伊達男ですしね。


e0158128_16590352.jpg


禁門の変の発端となったのは、その約1ヵ月、このすぐ近くにあった池田屋において、長州系の浪士たちが、京都でテロ事件を起こそうと密儀を行っていたところを、新選組が襲撃して浪士たちの多くが命を落とし、テロは未然に防がれたという事件、世にいう池田屋事件でした。

これを知った長州藩は、兵を率いて京都に乱入し、禁門の変となります。

その池田屋での密儀に、実は木戸孝允(当時は桂小五郎)も出席する予定だったといわれ、偶然、池田屋に行くことができず、難を逃れたといいます。

もし、池田屋の密儀に出席していれば、ここに銅像が立つこともなかったかもしれません。


e0158128_16590866.jpg


明治維新後、この藩邸跡は官有となり、明治初年には府下産業の振興を図るため、勧業場が設立され、後に常盤ホテル(京都ホテルの前身)が建てられました。

そして、現在はホテルオークラの高層ビルが建ちます。

この建物を建築するにあたっては、激しい景観論争が繰り広げられたそうです。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-04-14 00:53 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(2)  

太平記を歩く。 その157 「足利尊氏邸・等持寺跡」 京都市中京区

延元3年/暦応元年(1338年)、足利尊氏光明天皇(北朝第2代天皇)から征夷大将軍に任じられ、室町幕府が樹立します。

その、室町幕府発祥の地を訪れました。


e0158128_18281390.jpg

京都市中京区のオフィス街になかに、「足利尊氏邸・等持寺跡」と刻まれた石碑があります。

ビルの隅っこの植え込みのなかにあるその石碑は、気づかずに通り過ぎてしまうほど質素なものでしたが、かつてこのあたりに、尊氏の邸「三条坊門第」(二条万里小路第)があったとされています。


e0158128_18283344.jpg

現地説明板によると、尊氏邸の範囲については諸説ありますが、二条大路、三条坊門小路(御池通)、万里小路(柳馬場通)、高倉小路に囲まれた南北250m、東西120mの土地を占めていたと考えられているそうです。

実に約9000坪以上、これは邸というより、ほとんど城ですね。

尊氏はこの邸宅で政務をとり、延文3年(1358年)にここで薨じました。

のちにこの邸宅は「等持寺」という寺院に改められました。

尊氏は3つの寺院を建てることを願っていましたが実現できず、そのため「等持寺」という文字の中には3つの寺が含まれることになったと伝えられています。


e0158128_18283733.jpg

等持寺は足利氏の菩提寺として崇敬を集め、室町時代の政治・文化に大きな役割を果たしました。

しかし、応仁の乱以降は次第に衰退し、結局は別院であった等持院に合併されてしまったそうです。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-11-28 22:47 | 太平記を歩く | Trackback(1) | Comments(2)