人気ブログランキング |

タグ:靖国神社公式参拝 ( 1 ) タグの人気記事

 

終戦記念日ドラマ、「歸國(きこく)」を観て。

 終戦記念日の特別ドラマ「歸國」を観た。物語の内容は、六十余年前に戦死した兵士たちが数時間だけ現代の日本に帰国し、その英霊たちの視点で現代社会を考えるというもの。国のために死んだ者にとって、今の日本は正しいのか、彼らが願った平和とはこのようなものだったのかといったテーマで、毎年この時期に制作される“反戦”をテーマとしたドラマとは趣を異にする内容だった。

 率直な感想から言うと、設定は面白かったが取り立てて何かを考えさせられるというものではなかった。そもそも戦前戦中の日本と、現代の日本のどちらが正しいかなどと比べること自体ナンセンスなこと。昔は昔の良いところ悪いところがあり、現代もまた同じ。「豊かさと引き換えに大切なものを失った。」などといった論調は使い古されたテーマで、そんなことは改めてドラマで伝えてもらうまでもなく、現代人は皆、大なり小なりそれを感じながら今を精一杯生きている。何かを得たら何かを捨てなければならないのは常で、問題を解決すれば、また新たな苦労や苦悩が生まれるのもまた常だ。昔の価値観で今を批判することも、また今の価値観で過去の罪を問うことも私は共感できない。終戦記念日にはこういったテーマのものよりも、例年どおり戦争を直視するような作品をつくり、それを観た個々がそれぞれに何かを感じることのほうが、戦争を風化させないということになるのでは、と私は思う。

 そんな中でも、いくつか印象に残るシーンがあった。8月15日の早朝、政府閣僚の靖国神社参拝に向けてマスコミが大勢集まって来ているのを見た英霊たちのの会話。
「国としての公式参拝が認められていないのか?」 
「この戦争の指導者が合祀されているから駄目だという人もいます。」
「国のために死んだ俺たちを、国の責任者が参拝するのは当然の義務なんじゃないのか!」 
「報道はどっちの味方だ?参拝するべきと思っているのか、するなと思っているのか?」
 
「どっちでもありません。奴らは要するにそんな国の要人の姿を世界に報道したいんでしょう。奴らに愛国心はないみたいですよ。」
 物語の本筋とは直接関係がなく、脚本家の意見を英霊たちの口を借りて述べた観がアリアリのシーンだが、確かに英霊たちにこれを言われるほど説得力のあることはない。そしてこのシーンを作っているのが“奴ら”呼ばわりされているマスコミだというのもまた面白いところだ。さらに、奇しくも今年の終戦記念日、この30年で初めて閣僚が一人も公式参拝しなかったという事実も加わって、よくぞ言ってくれた観あり。おそらく菅さんはドラマは観ていないだろうが・・・。

 もうひとつ印象に残ったシーン。ドラマ終盤で生瀬勝久さん扮する報道官の霊が言った言葉。
「人間は二度死ぬ。一度目は肉体的に滅んだとき。二度目は完全に忘れられたとき。」
 英霊であれ普通の霊であれ、この世に“霊魂”というものがあるとするならば、それは残された人の心の中にあるもの・・・だと私も思う。亡くなったその人を思い出してくれる人が生きているかぎり、その心の中に故人の霊も生き続ける。その心を持った人が全てこの世からいなくなったとき、霊魂も消えるときだと・・・。その論でいえば、もうすぐ戦死者たちを思い出すことのできる人たちがこの世からいなくなるわけで、英霊たちも英霊ではなくなるということ・・・。そうなったときの日本が、過去の戦争をどのように認識しているかは私にはわからない。

 こういった話題になると、私はいつも思うことがある。私たち戦後生まれの者には、戦前責任も戦中責任もない。しかし、未来に起こるかもしれない戦前責任は、私たちにもある・・・と。


ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2010-08-17 21:28 | その他ドラマ | Trackback | Comments(8)