人気ブログランキング |

タグ:鳥谷敬 ( 2 ) タグの人気記事

 

好走塁で勢いに乗って走塁ミスで終わったWBC・サムライジャパン。

第3回ワールド・ベースボール・クラシックは、優勝候補筆頭と前評判の高かったドミニカ共和国の優勝で幕を閉じました。
史上初の全勝優勝という結果ですから、文句のつけようがありませんね。
これにより大会3連覇の夢が潰えたサムライジャパンでしたが、それでも堂々の3位
ライバルの韓国キューバアメリカなどが、次々と予選で姿を消していくという波乱含みの大会のなか、2連覇中のディフェンディングチャンピオンとしてキッチリ決勝リーグまでコマを進めたわけですから、最低限の合格点といったところじゃないでしょうか?
まあ、もとより3連覇なんて夢のまた夢だと思っていたのですが、強豪国が次々と姿を消していってくれたので、もしかして3連覇あり???と色気を出した途端、足元をすくわれたといった感じです。
プエルトリコですか・・・(正直、眼中になかった・・・)。
おそらく、10回戦ったら8回までは日本が勝てる相手だと思うのですが、一発勝負だとこういうことが起こるんですよね。
ましてや、実力以上の結果を得て勢いに乗った格下の相手ほど、怖いもんはないですから。
まさしく、勝つと思うな、思えば負けよ・・・ですね。

ともあれ、結果を堂々の3位ですから、何も言わず拍手を贈りたいところですが、どうしても見逃せない話題は、プエルトリコ戦のあのダブルスチール崩れの挟殺プレーですよね。
ここ数日、TVもラジオもネットも、ありとあらゆる場所でこの話題がつきません。
そこで素人ながら私も少しだけあのプレーについて言わせてもらうと、正直言って「ありえない」という批判になっちゃいます。
挟殺された内川聖一選手やスタートを切らなかかった井端弘和選手に対してじゃないですよ。
いわばベンチワークに対してです。

あのプレーについて試合後の山本浩二監督は、「ダブルスチールをしてもいいというサインだったが、二塁ランナーの井端選手のスタートが遅れて、ああいう結果になった。」と説明していましたよね。
この談話を聞いて、素人の私にはよくわからないのですが、単独スチールならともかく、ダブルスチールで「してもいい」といった曖昧な指示なんてあるんですかね?
だって、二人の走者が打合せなく同時にスタートを切らないとダメなわけでしょう?
高校野球レベルではまずあり得ないサインだと思うのですが、仮にプロの世界では普通にあることだったとしても、走者二人の息が合わなければ、こういう結果になりますよね。
1年間ペナントレースを戦う同じチームの選手同士だったらまだしも(仮にシーズン中の井端・荒木コンビなら、あるいはアイコンタクトなどで意思の疎通ができるのかもしれませんね)、即席メンバーで構成された代表チームのメンバーでは、そこまでのコンビネーションは無理でしょう。
4番・阿部慎之助選手の打席でダブルスチールはないだろう、といった批判もあるようですが、私はそれ自体はいいと思うんですよ(相手投手は牽制やクイックも下手だったようですしね)。
でも、大事な逆転のチャンスだったわけですから、「してもいい」なんて選手任せの曖昧なサインではなく、「走る」なら「走れ」「待つ」なら「待て」といった、ハッキリした作戦でよかったんじゃないですかね。

あのプレーがあってもなくても、日本は負けていたかもしれませんが、あのプレーで意気消沈してしまったことは確かですよね。
できれば、そういった「たられば」が残る負け方はして欲しくなかったというのが率直な感想です。
思えば、波に乗れないままからくも2位通過で2次ラウンドに駒を進めたサムライジャパンを勢いづけたのは、延長まで突入した台湾戦で、9回土壇場で同点のホームを踏んだ鳥谷敬選手の盗塁だったと思います。
あの盗塁も、「いけたらいけ」というサインだったそうですが、あの場合、単独スチールですからそれもありでしょう。
あの鳥谷選手の盗塁が成功してあの試合に勝利して以降、日本チームは急激に強くなりましたよね。
もし逆に、あの盗塁がアウトで負けていたら、日本の決勝リーグ進出はなかったかもしれません。

一方で、日本の勢いを止めてしまったのは、このダブルスチールの走塁ミスだったといっていいでしょう。
野球というスポーツは、投手成績や打者の結果がどうしても注目されがちですが、実はこの「走塁」というのが結構キーポイントで、走塁が勝敗を左右することもままありますし、走塁がチームの雰囲気もガラッと変えます。
好走塁はチームを活気づかせますし、走塁ミスはチームの士気を一気に下げます。
その意味では、このたびのサムライジャパンは、好走塁で勢いに乗って走塁ミスで終わった・・・といっても過言ではないかもしれません。
内川選手の涙を見ていると、そう言ってしまうのは気の毒な気がしないでもないですが・・・。

ここで内川選手をフォローすると、4年前の世界一に輝いた決勝戦は、イチロー選手の逆転打ばかりが目立って記憶されていますが、その前に、内川選手のレフト守備でのスーパーファインプレーがあったから優勝できたんですよ。
そのことを思い出せば、差し引いてもあまりあります。
っていうか、今回の挟殺プレーも内川選手のせいじゃないですしね。
これを引きずらずに、ペナントレースに臨んでほしいものです。

とにもかくにも、4年に一度のWBCが終わりました。
また4年後に向けて日本野球も再出発となりますが、今大会前にも、一時は選手会が出場をボイコットしようとしたり、監督人事で揉めに揉めたり、メジャー移籍組がまったく参戦できなかったりと、まだまだシステムが確立されていない部分が多々見られました。
そういった経緯があったからか、心なしか第1回、第2回大会時より盛り上がりに欠けていた気がしないでもないのですが、私の思い過ごしでしょうか?
野球ファンの私としては、オリンピックの競技から除外されるなど、世界的に見ればマイナーな競技である野球を広く普及させるためにも、このWBCをぜひとも盛り上げて、サッカーのW杯のような位置づけの大会にしてほしい。
そのためには、第1回、第2回の覇者である日本が率先して大会を引っ張っていく・・・これは野球先進国として日本に課せられた当然の使命だと思います。
また4年後に同じようなゴタゴタを起こさないように、今から準備していく必要があるでしょうね。
WBCの今後の発展を心から願ってやみません。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

by sakanoueno-kumo | 2013-03-21 18:42 | プロ野球 | Comments(4)  

使い続けざるを得ない選手に!鳥谷敬の今後に期待。

 連日貧打の続く阪神。昨日ソフトバンク戦で8回、3番鳥谷に代打・桧山が送られた。これによって鳥谷選手が続けていた連続フルイニング出場は181試合で途絶えた。

 鳥谷選手の最近5試合の打率は、1割6分7厘。数字で見れば代打起用は当然の内容。むしろここまでスタメンで起用されてきたのも、この連続記録があるための温情だったとも思える。代打の桧山選手の結果は空振りの三振。しかしそれは結果論で、代打を送った真弓監督の決断は評価したい。
 鳥谷選手の連続フルイニング出場は、数々の取材の中でも語っているように、彼自身のプロ野球生活で最もこだわるところのようである。過去にも2005年から2007年まで398試合連続フルイニング出場を続けていて、遊撃手としてのプロ野球記録を持っている。(2007年のシーズン残り4試合を残して、わき腹に受けた死球の影響で欠場を余儀なくされた。)捕手に続いて難しいと思われる遊撃手としての連続出場に、彼の強い思いがあるようだ。

 連続1368試合フルイニング出場(2009年5月20日現在)の世界記録を更新中の金本知憲選手は、自身の著書「覚悟のすすめ」の中で「連続フルイニング出場なんて記録は、目指すべき記録ではない。」と語っている。「使い続けざるを得ない選手であり続ける。」ことが大切なのであり、その結果が連続出場記録となっているに過ぎないということ。「連続フルイニング出場」を目標の念頭に置くのは本末転倒だということである。
 まさしくそのとおりで、鳥谷選手はまだ「使い続けざるを得ない選手」という評価には及んでいないということなのだろう。今回の途中交代で、彼が「何を思いどう取り組むか」が問われる。
 今後の鳥谷選手の活躍を、今まで以上に期待したい。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090521-00000501-san-base


ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-05-21 15:04 | プロ野球 | Comments(0)